〇〇ダイエット情報部

ウェイトトレーニングダイエットの効果や口コミを徹底紹介!

ウェイトトレーニングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ウェイトトレーニングダイエット】どうしても痩せにくい体質にお悩みではありませんか?これまで数々のダイエットを試してきたけれども、納得のいく結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「代謝の悪さ」が原因かもしれません。代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼できず、体重もどんどん増えてしまいます。また、代謝が悪いせいで、体内に老廃物や毒素も溜まりやすくなり、最悪の場合、むくみや肌荒れ、太りやすく痩せにくい体質の原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ウェイトトレーニングダイエット」です。今回はそんなウェイトトレーニングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ウェイトトレーニングダイエットとは?

ウェイトトレーニングダイエット(1)

「ウェイトトレーニングダイエット」とは、筋肉に負荷を掛けることで筋肉量を増やし、代謝をぐんぐん上げて、痩せやすい身体を作り上げていくダイエット法です。ウェイトトレーニングは筋肉を増大するのに最適な運動であり、筋肉が増大することでリバウンドしにくい体を作り上げることができます。また、ウェイトトレーニングには美肌や美髪、便秘やむくみの解消にも効果的であり、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ウェイトトレーニングでダイエットする方法はとっても簡単で、毎日ウェイトトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、ウェイトトレーニングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ウェイトトレーニングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ウェイトトレーニングのMETsは『3~6(同じウェイトトレーニングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ウェイトトレーニングの消費カロリーが1時間で約157.5~315kcalになることが分かります。下にMETsを使ったウェイトトレーニングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのウェイトトレーニングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ウェイトトレーニングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ウェイトトレーニングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ウェイトトレーニングダイエットの評価は?

ウェイトトレーニングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 1.4
  • 即効性: 2.5
  • コスパ: 4.0
  • エネルギー消費: 1.9
  • 口コミ評価: 4.4

ウェイトトレーニングダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。また、ウェイトトレーニングダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、ウェイトトレーニングダイエットを始めるには多少なりとも準備や覚悟が必要です。また、ウェイトトレーニングダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ウェイトトレーニングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間に余裕があったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、ウェイトトレーニングダイエットにチャレンジしてみてください!

ウェイトトレーニングダイエットの口コミは?

口コミ(6)

ネット上で「ウェイトトレーニングダイエットを実践してみた」「ウェイトトレーニングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

2年ほど前まで私は結構肥満気味だったんですけど…ウェイトトレーニングをやり始めたら、1年で10キロ近くも痩せました。今は少しリバウンドして「やや痩せ気味」くらいなのですが…それでも、ウェイトトレーニングはオススメですよ☆

ウェイトトレーニングダイエットを始めて1カ月くらいで3キロ痩せました!意外と長続きしてるので、驚いています。ちなみに、ウェイトトレーニングには便秘を解消する効果もあるらしいので、今後も気長に続けて便秘もスッキリ解消したいと思います。

残念ながら、ウェイトトレーニングは長続きしませんでした。もう少し工夫してトレーニングしたりしながら軽めの有酸素運動もプラスしたりすれば良かったのかなぁと、今更になって後悔しています。

ウェイトトレーニングを始めて今日で2週間が経ちました。ウェイトトレーニングで体重は62kgから60kgに落ちています。また、ウェイトトレーニングのおかげで二の腕も引き締まってきました。でも、一番のネックはお腹まわりなので、ここが痩せるまで地道に頑張って続けていこうと思います。

※ウェイトトレーニングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ウェイトトレーニングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ウェイトトレーニングダイエットの体験談

ウェイトトレーニングダイエット体験談

今回は、ダイエットに成功した友人に触発されて「ウェイトトレーニングダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1 kg、体脂肪率が23.0 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日ウェイトトレーニングと軽めの有酸素運動をそれぞれ20分以上行うというもの。また、ウェイトトレーニングダイエット期間中は、軽めの有酸素運動もしっかりと取り入れるよう心がけていました。すると、ほんの少しずつですが、二の腕やウエスト、背中、ふくらはぎに筋肉もついてきて、見た目もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、ウェイトトレーニングダイエットを始めて数日が経つと、代謝も少しずつ良くなり、身体も心なしかリバウンドしにくくなりました。それから1週間後、ウェイトトレーニングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.5kg、体脂肪率が-2.1%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ウェイトトレーニングダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ウェイトトレーニングダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

ウェイトトレーニングダイエットの効果とは?

キュッと引き締めて理想のボディラインに!

スリムになる(2)

ウェイトトレーニングは全身をキュッと引き締めて理想のボディラインを作り上げるのに最適な運動です。ウェイトトレーニングにより筋肉が鍛えられることで血液やリンパの巡りが良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がって脂肪も燃えやすくなります。とくに、ウェイトトレーニングは運動強度が高く負荷も大きいので、短期間でも筋肉を効率よく鍛えることができます。また、筋肉を収縮させたり弛緩させたりすることで、血液の循環を促すこともできます。とくに、骨格筋の収縮&弛緩が繰り返されると、血液を心臓に押し戻す「筋ポンプ作用」が活発になり、血液も体の隅々まで行き渡るようになります。このように、血液が体の隅々まで行き渡るようになることで基礎代謝もぐんぐん上がり、体内に溜まる余分な脂肪も燃えやすくなるのです。

代謝を上げてより痩せやすい身体に!

代謝を上げる(4)

また、ウェイトトレーニングを毎日コツコツ熟していくことで、筋肉量を増やして代謝をぐんぐん上げ、より痩せやすい身体を作っていくこともできます。とくに、胸や背中、太腿は筋肉量が多く、これらの部位を重点的に鍛えることで、代謝を効率よく上げることができます。また、前述したように、骨格筋を収縮&弛緩させることで、「筋ポンプ作用」を活発にし、血液が体の隅々まで行き渡るようにすることもできます。このように、ウェイトトレーニングは代謝を上げて「痩せやすい身体」を作り上げていくのに最適なダイエット法なのです。

便秘やむくみの解消にも効果的!

便秘を解消する(5)

さらに、ウェイトトレーニングには内臓の働きを活発にする効果も期待できます。とういうのも、ウェイトトレーニングは本来はアウターマッスルを鍛えるのに適した運動なのですが、負荷を軽くし回数を増やすことでインナーマッスルも鍛えることができるからです。インナーマッスルは腸と密接な関係にあり、このインナーマッスルを鍛えることで、腸の蠕動運動を活発にし、腸内に溜まった便をスムーズに排出させることができます。また、ウェイトトレーニングによって「筋ポンプ作用」が活発になり血液やリンパの流れがスムーズになることで、体内に溜まる老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになり、むくみ解消などの効果も期待できるようになります。

リバウンドしにくい! 

ウエストを引き締める(1)

有酸素運動は体内に溜まる余分な脂肪を効率よく燃焼させるのに非常に適した運動です。しかし、有酸素運動だけ行っていては、筋肉量が徐々に減ってしまいます。筋肉量が減ってしまうと、次第に代謝も下がり、リバウンドしやすい身体に変わってしまいます。その分、ウェイトトレーニングは筋肉量を増やしながら代謝をぐんぐん上げてくれるので、リバウンドしないカラダ作りにはもってこいの運動です。ちなみ、このウェイトトレーニングと並行して有酸素運動もしっかりと行うことで、ダイエット効果をさらに倍増させることもできます。

美肌や美髪にも効果的!

美容・アンチエイジング(7)

実は、ウェイトトレーニングは美肌や美髪にも効果があるといわれています。というのも、筋肉を鍛えると、「成長ホルモン」や「コラーゲン」の生成が促されるからです。この成長ホルモンは別名「若返りのホルモン」とも呼ばれており、体組織の修復や再生を司っています。また、このホルモンにはシミやシワ、ソバカス、たるみを防ぎ、肌の新陳代謝を高める効果もあり、肌にハリや潤いを取り戻すことができます。一方、コラーゲンは肌にハリやツヤを与えるだけでなく、細い髪を太くしたり爪や骨を丈夫にするためにも必要不可欠な成分であり、ウェイトトレーニングには美髪への効果も期待できます。そのほか、コラーゲンにはメラニンの生成を抑える働きもあり、美肌効果だけでなく美白効果も期待できます。

スポンサードリンク

ウェイトトレーニングダイエットのやり方

ウェイトトレーニングは自分に合った回数で行おう!

ウェイトトレーニングダイエット(2)

ウェイトトレーニングでダイエットする方法はとっても簡単で、毎日ウェイトトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、ウェイトトレーニングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、全身の筋肉をバランスよく鍛える必要があります。とくに、腕や胸、背中、太腿は筋肉量が多いので、これらの筋肉を重点的に鍛えることで、基礎代謝を効率よく上げることができます。また、ウェイトトレーニングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができないので、ウェイトトレーニングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行うようにしましょう。おすすめのウェイトトレーニングメニューやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

有酸素運動も忘れずに!

適度な運動をする(8)

残念ながら、ウェイトトレーニングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいて「筋肉を鍛える」ことは決して無意味なことではないのですが、ウェイトトレーニングはあくまで筋肉量を増やして基礎代謝を上げるための一手段に過ぎません。ウェイトトレーニングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ウェイトトレーニングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動はウェイトトレーニング後に行うことをオススメします。ウェイトトレーニング後に有酸素運動を行うことで、ブドウ糖が枯渇した状態で脂肪を燃焼させることができます。有酸素運動は糖質や脂肪をエネルギー源とする運動です。ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、ウェイトトレーニングで予めブドウ糖を消費しておくことで、有酸素運動中に脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。

 

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(3)

ウェイトトレーニングの前後にはストレッチも忘れずに行いましょう。ウェイトトレーニングをする前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、ウェイトトレーニングをした後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして疲労や痛みも和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。この口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

ウェイトトレーニングダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(7)

ウェイトトレーニングはマラソンやランニング、サイクリングと比べると供給する酸素の量も少なく運動の持続時間も短いので、なかなかダイエット効果を実感できないかもしれません。ウェイトトレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けましょう。根気よく続ければ、あなたも必ずダイエット効果を実感できることでしょう。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(1)

ウェイトトレーニングの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。水分が不足すると、運動時に脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどから糖分を少量補給し、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく補給することで、ウェイトトレーニングのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。さらに、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する効果があり、これらを摂取してから有酸素運動を行うことで、脂肪をさらに燃焼させることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切です。ウェイトトレーニングを行うときは、水分補給も忘れずに行いましょう。

ウェイトトレーニングダイエットのメニュー

「ベンチプレス」

  1. ベンチの上に仰向けになり、両手でダンベル(バーベル)を持つ。
  2. 左右の肩甲骨を寄せるように肩を引き、胸を少し張って、両腕を真上にまっすぐに伸ばす(脚は上げていても下ろしていてもOK)。
  3. 肘を少しずつ曲げながら、二の腕が床と平行になるまで両腕をゆっくりと引いていく。
  4. 肘を少しずつ伸ばしながら、両腕をゆっくりと持ち上げて、元の姿勢に戻る。
  5. 2~4を10回×1~3セット繰り返す。

「デッドリフト」

  1. ダンベル(バーベル)を床におき、腰を低くしてしゃがむ。
  2. 両手でダンベル(バーベル)を握り、目線を前に向ける。
  3. 背筋をまっすぐに伸ばしながら、ダンベル(バーベル)を床からゆっくりと持ち上げていく。
  4. 腰を低くしてしゃがみながら、ダンベル(バーベル)を床にゆっくりと下ろしていく。
  5. 3~4を10回×1~3セット繰り返す。

「スクワット」

  1. バーベルを肩にかけて背筋をまっすぐに伸ばす。左右の肩甲骨を寄せるように肩を引いて胸を張り、お腹とお尻にキュッと力を入れる。足を肩幅よりも少し広めに開いて、つま先を少し外側に向ける。
  2. 鼻から息を吸いながら、太ももと床が平行になるように腰をゆっくりと落とす(8カウント)。バーベルの重力に逆らうようなイメージで。
  3. 口から息を吐きながら、元の姿勢にスッと戻る(1カウント)。ただし、膝を伸ばしきらないコト。
  4. 2~4を10回×3セット繰り返す。

まとめ

ウェイトトレーニングは筋肉量を増やして基礎代謝を上げるのに最適な運動であり、このウェイトトレーニングをダイエットに取り入れることでリバウンド知らずの身体を手に入れることができます。また、ウェイトトレーニングには美肌や美髪、便秘やむくみの解消にも効果的であり、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ウェイトトレーニングでダイエットする方法はとっても簡単で、毎日ウェイトトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、何度も言うようですが、ウェイトトレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ウェイトトレーニングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP