〇〇ダイエット情報部

野菜スープダイエットの効果や成功の秘訣、レシピを大公開!

野菜スープダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【野菜スープダイエット】なぜか太ってしまう―――、そんな体質にお悩みではありませんか?これまで数多くのダイエットを試してきたけれど、なかなか思うような成果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「代謝の悪化」や「腸内環境の悪化」、「エネルギー代謝の悪化」が原因かもしれません。代謝が悪くなると、脂肪も燃えにくくなり、どんどん「痩せにくい体質」になってしまいます。また、腸内環境が悪くなると、体内に老廃物や毒素がどんどん溜まり、便秘になりやすくなってしまいます。さらに、体内に老廃物や毒素が溜まると、血液やリンパの流れも悪くなり、基礎代謝もぐんぐん下がって、脂肪も落ちにくくなってしまいます。そして、エネルギー代謝が悪くなると、脂質や糖質が効率よく代謝されなくなり、脂肪も溜まりやすくなってしまいます。そんな悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「野菜スープダイエット」です。野菜スープには多種多様な野菜がたっぷりと入っており、ダイエットだけでなく美容や健康にも嬉しい効果が期待できます。今回はそんな野菜スープダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

野菜スープダイエットとは?

野菜スープダイエット(1)

野菜スープには多種多様な野菜がたっぷり入っており、さまざまなダイエット効果が期待できます。野菜スープダイエットは食前に野菜スープを食べるの簡単なダイエットなので、飽きっぽい方にもオススメです。ちなみに、どの野菜を入れるかによって、期待できる効果も変わるので、お好きな野菜・自分に合った野菜を選んでダイエットに臨みましょう。ただし、野菜スープダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。  

野菜スープのカロリーは?

野菜スープのカロリーは1杯(128g)当たり約67kcalで、これを100gに換算すると約52kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、野菜スープはとても低カロリーな食品です。また、野菜スープの糖質量は100g当たり約0gしかなく、この糖質量だけ見ても、野菜スープはダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

野菜スープダイエットの評価は?

野菜スープダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.9
  • 即効性: 3.0
  • コスパ: 1.5
  • 栄養バランス: 3.0
  • 口コミ評価: 3.3

野菜スープダイエットは栄養価がとても高いダイエット法です。また、野菜スープダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、野菜スープダイエットは「コスパ」がやや劣り気味なので、あまりお金をかけたくない方には不向きなダイエット法かもしれません。が、野菜スープダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もしお金に余裕があれば、ぜひ一度、野菜スープダイエットにチャレンジしてみてください!

野菜スープダイエットの口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「野菜スープダイエットを実践してみた」「野菜スープダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

野菜スープダイエットに軽めの有酸素運動もプラスして2カ月で7キロ痩せました。毎日夕食を野菜スープに置き換えています。野菜スープは腹持ちがよく食べ応え満点なので、間食や暴飲暴食も一切しませんでした。野菜スープにはダイエット以外にも色々と効果が期待できるそうなので、これからも続けていこうと思います。

野菜スープは美味しいし食べ応えもあるので、ダイエットに最適です。1日1食を野菜スープに置き換えるのに加えて、その他の食事量もできるだけ少なくして、野菜中心の食生活に変えました。おかげで、体重が5キロも減りました。

野菜スープダイエットをはじめて3ヶ月が経ちます。野菜スープは美容や健康にも最適で、体重も6キロ落ちました。あと、野菜もできるだけ食べるよう心がけています。野菜スープ好きにはオススメのダイエットかも♪

ちょっとデブってきたなぁと感じた時に野菜スープを食べるようにしています。体重は減ったり増えたりしていますが、野菜スープを食べ続けていたらお腹まわりがスッキリとしました。

※野菜スープダイエットの口コミをまだまだ募集しております。野菜スープダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

野菜スープダイエットの体験談

野菜スープダイエット体験談

今回は、野菜スープの効果を実感するために一週間の「野菜スープダイエット」にチャレンジしてみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5kg、体脂肪率が21.5%もありました。一週間チャレンジの内容はいたってシンプルで、食前に野菜スープを食べるというもの。「朝・昼は普通に食べて、夜は野菜スープのみ」といった感じです。また、一週間チャレンジ期間中は、飽きないように味も適度に変えるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、代謝や便通も良くなって、体質もほんのちょっぴり改善できたんです。さらに、一週間チャレンジを始めて数日が経つと、肌の調子も少しずつ良くなり、むくみも心なしか解消しました。それから一週間後、一週間チャレンジを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.9kg、体脂肪率が-2.7%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、一週間チャレンジを終えてからというもの、体質もすっかり改善しました。今回の一週間チャレンジを改めて振り返ってみると、野菜スープダイエットは美味しく健康的に痩せられるダイエットだったように思います。

野菜スープダイエットに最適な野菜!

No.1 もやし

もやしダイエット(1)

もやしにはビタミンB群が豊富に含まれています。このビタミンB群には脂質や糖質の分解を促す働きがあります。脂質や糖質の分解が促進されることで、脂肪も効率よく燃焼できるのです。また、もやしにはビタミンCや食物繊維、アスパラギン酸などもバランスよく含まれています。ビタミンCには体内のブドウ糖を脂肪ではなくエネルギーに変える働きが、食物繊維には腸内環境を整えて糖質の吸収を抑える働きが、そしてアスパラギン酸にはタンパク質のエネルギー源となって代謝を上げる働きがあり、痩せやすく太りにくいカラダ作りをサポートしてくれます。

No.2 レタス

野菜ダイエット(レタス)

レタスには食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維には体内で水分を吸収して何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。つまり、腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて、便秘も解消できるのです。また、食物繊維には腸内環境を整えて糖質や脂肪の吸収を抑える働きもあります。糖質や脂肪の吸収が抑えられることで、より”痩せやすい体質”に近づくことができるのです。そのほかにも、レタスにはビタミンやミネラルもたっぷりとふくまれており、ダイエットだけでなく美肌やデトックスにも効果バツグンです。

No.3 きゅうり

きゅうりダイエット(1)

きゅうりには『ホスホリパーゼ』という成分が豊富に含まれています。このホスホリパーゼには体内に溜まる脂肪を分解する働きがあります。つまり、体内に溜まる脂肪が分解されることで、効率よく脂肪や体重を落とすことができるのです。また、きゅうりには『フェイトケミカル』という成分もたっぷりと含まれています。このフェイトケミカルには強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれます。血液がサラサラになることで、血流も良くなり、基礎代謝も高めることができます。そのほかにも、きゅうりにはデトックスやむくみ解消に効果のある『シトルリン』なども豊富に含まれており、きゅうりはダイエットに最適な食材です。

No.4 白菜

野菜ダイエット(白菜)

白菜はカロリーがとても低く糖質も非常に少ない野菜です。このように、白菜は低カロリー&低糖質なので、いくら食べても1日の総摂取カロリーに影響が及ぶことはありません。また、白菜にはカリウムが豊富に含まれています。このカリウムには利尿作用があり、むくみを解消してくれます。そのほかにも、白菜にはビタミンCや食物繊維などもたっぷりと含まれており、体質改善やデトックスに効果抜群です。

No.5 セロリ

野菜ダイエット(セロリ)

セロリには『マグネシウム』が豊富に含まれています。このマグネシウムには体内の酵素の働きを活発にする働きがあります。体内の酵素の働きが活発になることで、エネルギーの生成や血液の循環が促進されて、痩せやすいカラダ作りをサポートしてくれます。また、セロリにはカリウムもたっぷりと含まれています。このカリウムには利尿作用があり、むくみを解消してくれます。そのほかにも、セロリには『アビオイル』や『セネリン』など精神を安定させる効果のある成分も多く含まれており、ダイエット中のイライラやストレスも鎮めてくれます。

No.6 ゴーヤ

野菜ダイエット(ゴーヤ)

ゴーヤには『共益リノール酸』という成分が豊富に含まれてます。この共益リノール酸には脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあり、お腹の脂肪を減らすだけでなく代謝も高めてくれます。また、ゴーヤには『不溶性食物繊維』と『水溶性食物繊維』の両方が含まれています。不溶性食物繊維には腸内で水分を吸収して何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を活発にして便通を促してくれます。水溶性食物繊維には腸内環境を整えて余分な脂質の吸収を抑える働きがあり、お腹に脂肪が付くのも防いでくれます。そのほか、ゴーヤにはビタミンやミネラルも豊富に含まれており、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果抜群です。

No.7 大根

大根ダイエット(1)

大根には『消化酵素アミラーゼ』が豊富に含まれています。この消化酵素アミラーゼにはデンプンを体に取り込みやすい糖に分解する働きがあります。つまり、デンプンが体に取り込みやすい糖に分解されることで、炭水化物の消化吸収を高めることができるのです。また、消化酵素アミラーゼにはこのようにして消化吸収を助けて腸内環境を整える働きもあり、便通を促して便秘も解消してくれます。さらに、大根には『イソチオシアネート』も多く含まれています。このイソチオシアネートには血液をサラサラにする効果があり、代謝促進だけでなく血栓の予防にも効果が期待できます。

No.8 トマト

トマトダイエット(1)

トマトには『リコピン』という成分が豊富に含まれています。このリコピンには新陳代謝を高めて脂肪の蓄積を抑える働きがあり、脂肪を付きにくくしてくれます。また、トマトには『クエン酸』もたっぷりと含まれています。このクエン酸には脂質や糖質を分解してエネルギーに変える働きがあります。脂質や糖質が効率よく分解されてエネルギーに変えられることで代謝も上がり、脂肪も効率よく落とすことができるのです。さらに、トマトには『ペクチン』という水溶性食物繊維も多く含まれており、このペクチンが腸内環境を整えて体内に溜まる余分な脂肪や老廃物をきれいに洗い出してくれます。

No.9 ほうれんそう

野菜ダイエット(ほうれん草)

ほうれんそうには『チラコイド』という成分が豊富に含まれています。このチラコイドには食欲をコントロールする効果があり、ダイエット中のドカ食いを防いでくれます。また、ほうれんそうには『カロテノイイド』や『α-カロテン』もたっぷりと含まれています。これらの成分には強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いて、代謝機能を高めてくれます。そのほか、ほうれんそうはGI値がとても低く、食べても血糖値が上がりにくく脂肪も付きにくいので、ダイエットに最適です。

No.10 キャベツ

キャベツダイエット(1)

キャベツはカロリーが低いにもかかわらず、噛みごたえも腹持ちも抜群です。キャベツをよく噛んで食べることで、脳の満腹中枢を刺激して、たった少量でも十分に満腹感を味わうことができるのです。また、キャベツには食物繊維も豊富に含まれています。この食物繊維には腸内で水分を吸収して何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を刺激してくれます。腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて、便秘も解消できるのです。さらに、キャベツにはビタミンやミネラルもバランスよく含まれており、体質改善をはじめ、代謝促進やデトックス、むくみ解消にも効果バツグンです。

No.11 アスパラガス

野菜ダイエット(アスパラガス)

アスパラガスには『アスパラギン酸』という成分が豊富に含まれています。このアスパラギン酸にはタンパク質の合成を助ける働きがあります。つまり、タンパク質の合成を助けることで筋肉量を維持し、新陳代謝も高めることができるのです。また、アスパラガスには『グルタチオン』というアミノ酸もたっぷりと含まれています。このグルタチオンには強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれます。血液がサラサラになることで、血液の循環も良くなり、新陳代謝も上げることができます。そのほかにも、グルタチオンには肝臓の解毒作用を促す働きもあり、脂肪肝なども防いでくれます。

No.12 きのこ類

野菜ダイエット(きのこ類)

きのこには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。この不溶性食物繊維には腸の中で水分を吸って何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動に働きかけてくれます。つまり、腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて便秘を解消できるのです。また、きのこには『キノコキトサン』という成分もたっぷりと含まれています。このキノコキトサンには腸内で油分の吸収を抑える働きがあります。腸内で油分の吸収が抑えられることで、脂肪も付きにくくなります。そのほか、キノコキトサンには血中の糖質やコレステロールを減らす働きもあり、きのこは脂肪を効率よく落とすのに最適な食材です。

No.13 パプリカ

パプリカ

パプリカには『カプサイシン』が豊富に含まれています。このカプサイシンには強い抗酸化作用があり、血管中の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。血管中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで、血液もサラサラになり、代謝を上げることができます。また、パプリカには『ビタミンP』もたっぷりと含まれています。このビタミンPには毛細血管の働きを活発にして代謝を促す効果があり、脂肪を燃えやすくしてくれます。そのほか、パプリカに含まれるビタミンCは熱に強く壊れにくいので、生でなくともスープで補給できます。

No.14 オクラ

野菜ダイエット(オクラ)

オクラのネバネバ成分には糖の消化吸収を抑える働きがあります。糖の消化吸収が抑えられることで、血糖値の急激な上昇も抑えられて、脂肪も付きにくくしてくれるのです。また、このネバネバ成分には胃の粘膜の保護やタンパク質の吸収促進、脳細胞の活性化、便秘の解消、デトックスなどにも効果があり、さまざまな面でダイエットに貢献してくれます。さらに、オクラには『マグネシウム』もたっぷりと含まれており、このマグネシウムが体脂肪の燃焼を促してくれます。

No.15 ブロッコリー

ブロッコリーダイエットアイキャッチ

ブロッコリーは栄養価が非常に高く、たった1本食べるだけでも1日の野菜不足のほとんどを補うことができます。また、ブロッコリーには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。この不溶性食物繊維には腸内で水分を吸収して何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて、便秘も解消できるのです。そのほか、ブロッコリーには筋肉の生成を促進してくれる『インドール』や脂質や糖質を分解してくれる『スルフォラファン』などもたっぷりと含まれており、これらのダイエット成分が痩せやすいカラダ作りをサポートしてくれます。

No.16 玉ねぎ

玉ねぎダイエットアイキャッチ

玉ねぎには『硫化アリル』という成分が豊富に含まれています。この硫化アリルにはビタミンB1の吸収を促す働きがあります。ビタミンB1は糖質の代謝に効果があり、このビタミンB1の吸収が促進されることで、脂肪も燃えやすくなります。また、玉ねぎには『ケルセチン』というポリフェノールもたっぷりと含まれています。このケルセチンには強い抗酸化作用があり、血管中の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。血管中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで、血液もサラサラになり、代謝を上げることができます。さらに、玉ねぎにはオリゴ糖や食物繊維も多く含まれており、これらの成分が腸内環境を改善して便秘も解消してくれます。

No.17 ごぼう

野菜ダイエット(ごぼう)

ごぼうには『イヌリン』という成分が豊富に含まれています。このイヌリンには整腸作用があり、腸内で糖の吸収を抑えてくれます。つまり、糖の吸収が抑えられることで、脂肪も付きにくくなるのです。また、ごぼうには『ヘミセルロース』という不溶性食物繊維もたっぷりと含まれています。このヘミセルロースには腸内で水分を吸収して何倍にも膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて、便秘も解消できるのです。そのほかにも、ごぼうには『サポニン』というポリフェノールも多く含まれており、このサポニンが腸内で糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。このように、ごぼうには脂肪を付きにくくしてくれる成分がたっぷりと含まれているのです。

No.18 アボカド

アボカドダイエットアイキャッチ

アボカドには『オレイン酸』と『リノール酸』という2種類の不飽和脂肪酸が含まれています。これら不飽和脂肪酸には血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。つまり、血中のコレステロールや中性脂肪を減少させることで、ドロドロになった血液をサラサラにして、代謝を高めてくれるのです。また、オレイン酸には脂肪や糖の吸収を抑える働きや脂質の代謝を促す働きもあり、脂肪を効率よく落とせるようにしてくれます。さらに、アボカドには『L-カルニチン』という成分もたっぷりと含まれており、このL-カルニチンが血中の遊離脂肪酸をミトコンドリアに取り込みエネルギーとして燃焼して脂肪燃焼を促してくれます。

スポンサードリンク

野菜スープダイエットのルール

食前に野菜スープを食べよう!

野菜スープダイエット(2)

野菜スープでダイエットするやり方はいたってシンプルで、食前に野菜スープを食べるだけでOKです。食前に野菜スープを食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪を付きにくくすることができます。また、食物繊維たっぷりの野菜を食前に食べることで、あらかじめお腹を満たしておくこともできます。とくに、夕食前に野菜スープを食べれば就寝時に血糖値が急激に上昇して脂肪が付いてしまうのを防ぐことができるのでオススメです。野菜スープは毎日必ず1杯以上食べるようにしましょう。毎日野菜スープを食べ続けることで、体内に溜まる老廃物や毒素をきれいに洗い出して体質を改善できます。野菜スープはどれだけ食べてもOKなので、空腹を感じないためにも野菜スープでしっかりとお腹を満たすようにしましょう。

野菜スープで一週間プチ断食しよう!

野菜スープダイエット(3)

どうしても短期間で成果を出したい方には、野菜スープで一週間のプチ断食をすることをオススメします。一週間野菜スープのみを食べ続けることで、摂取カロリーを抑えられるだけでなく、体内環境もリセットできます。ただし、このプチ断食を一週間以上続けると体調を崩してしまう恐れがあるので、決して一週間以上は続けないようにしてください。

飽きないように工夫しよう!

野菜スープダイエット(4)

長く食べ続けていると、どうしても”飽き”が来てしまいます。野菜スープダイエットを長く続けていくためにも、具材や味付けを適度に変えてみましょう。具材や味付けを適度に変えることで、味を楽しみながらダイエットも長く続けられるかと思います。

野菜スープダイエットの注意点

バランスのとれた食生活を心がけよう!

栄養バランスを考える(5)

野菜スープを食べるだけだと、どうしてもタンパク質が不足してしまいます。タンパク質が不足すると、筋肉を維持できず基礎代謝も落ちてしまいます。野菜スープでダイエットするときは、肉や魚、豆類、卵などからしっかりとタンパク質を補給して、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

2日目以降に頭痛が…!?

ダイエット_頭痛

野菜スープでプチ断食していると、2日目以降に頭痛がする場合があります。この頭痛は糖質が不足した状態になり、体脂肪を燃やしてエネルギーに変えているサインです。もし頭痛がしたとしても、慌てて頭痛薬や鎮痛剤を飲むのではなく、水分をしっかりと補給して適度に運動したり入浴したりしましょう。汗や尿をしっかりと出すことで、頭痛も解消できます。

野菜スープダイエットのレシピ

「脂肪燃焼スープ」

野菜スープダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・たまねぎ(大) … 3個
  • ・セロリ … 1本
  • ・キャベツ(大) … 半玉
  • ・トマト(大)(ホールトマト缶でもOK)… 3個(400g)
  • ・にんじん … 1本
  • ・ピーマン … 1個
  • ・水 … 2リットル
  • ・チキンスープの素 … 1個
  • ・塩コショウ … 少々

【作り方】

  1. タマネギ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンを食べやすい大きさにカットする。
  2. 鍋に1、チキンスープの素、水を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮る。
  3. 2に塩コショウを加えて、味を調える。

「野菜たっぷり生姜スープ」

野菜スープダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・人参 … 1/2本
  • ・キャベツ … 1/4本
  • ・タマネギ … 1個
  • ・ジャガイモ … 1個
  • ・生姜 … 適量
  • ・塩コショウ … 適量
  • ・コンソメスープの素(顆粒) … 1個

【作り方】

  1. 人参、キャベツ、タマネギ、ジャガイモを食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋にお湯を沸かして、1を煮る。
  3. ジャガイモが柔らかくなったら、生姜、塩コショウ、コンソメスープの素(顆粒)を加えて、味を調える。

「ピリ辛野菜スープ」

野菜スープダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・鶏胸肉 … 100g
  • ・シーチキン … 1缶
  • ・人参 … 1本
  • ・白菜(大葉) … 4枚
  • ・タマネギ … 1個
  • ・ジャガイモ … 2個
  • ・トマト … 1個
  • ・★塩 … 小さじ2
  • ・★コンソメスープの素(固形) … 2個
  • ・★豆板醤 … 大さじ1
  • ・★ケチャップ … 大さじ2
  • ・★粗挽き胡椒 … 少々
  • ・★オリーブオイル … ひとまわし
  • ・★ローリエ(月桂樹) … 1枚

【作り方】

  1. 人参、白菜(大葉)、トマト、鶏胸肉、タマネギ、ジャガイモを食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に水、塩、粗挽き胡椒、オリーブオイル、コンソメスープの素(固形)を入れて、よくかき混ぜる。
  3. 2に人参、白菜(大葉)、トマト、鶏胸肉、タマネギ、シーチキン、ジャガイモを入れる。
  4. 3豆板醤とケチャップを加えて、強火にかける。
  5. 沸騰したら、ローリエ(月桂樹)を加えて、弱火で5分間煮こむ。

まとめ

野菜スープにはダイエットだけでなく、美容や健康にも嬉しい成分が豊富に含まれており、野菜によって期待できる効果もさまざまです。野菜スープダイエットは食前に野菜スープを食べるだけの簡単なダイエットなので、飽きっぽい方でも長くダイエットを続けることができます。ちなみに、どの野菜を入れるかによって、期待できる効果も変わるので、お好きな野菜・自分に合った野菜を選んでダイエットに臨みましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「野菜スープダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP