〇〇ダイエット情報部

野菜ダイエットの効果や成功法、おすすめのレシピを大公開!

野菜ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【野菜ダイエット】みなさんは、どの野菜にダイエット効果があるのかをご存知ですか。今回は、本当にダイエット効果のある17種類の野菜と、その野菜のダイエット効果を最大限に引き出せるオススメの食べ方3種類をご紹介したいと思います。

野菜ダイエットとは?

野菜ダイエット(1)

野菜にはさまざまな種類があり、効果もそれぞれ異なります。これら野菜の中から自分に合った野菜を見つけてダイエットしようというのが「野菜ダイエット」です。また、野菜スープや野菜鍋、蒸し野菜などで一度に多くの野菜を摂取してしまうのも一つの手です。野菜でダイエットするやり方はとっても簡単で、夕食を野菜中心にするだけでOKです。ただし、野菜ダイエットにはいくつか注意点もあるので、しっかりとおさえていきましょう。

野菜のカロリーは?

野菜のカロリーは1個(358g)当たり約85kcalで、これを100gに換算すると約24kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、野菜はとても低カロリーな食品です。また、野菜の糖質量は100g当たり約2.7gしかなく、この糖質量だけ見ても、野菜はダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

野菜ダイエットの評価は?

野菜ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.4
  • 即効性: 2.4
  • コスパ: 3.0
  • 栄養バランス: 4.5
  • 口コミ評価: 4.0

野菜ダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「栄養バランス」や「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、野菜ダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。このように、野菜ダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もし今すぐ始めたい&気長に続けたいのであれば、ぜひ一度、野菜ダイエットにチャレンジしてみてください!

野菜ダイエットの口コミは?

口コミ(4)

ネット上で「野菜ダイエットを実践してみた」「野菜ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

野菜ダイエットに軽めのサラダチキンもプラスして、8日目で体重が4kgも落ちました。初日は空腹で目眩がしましたが、その後は体調もすこぶる快調です。もうあと1週間野菜ダイエットを続けようと思います。

先週末から野菜ダイエットを開始しました。現時点でマイナス2キロ減。この調子で来週からも野菜ダイエットを続けていこうと思います。

野菜ダイエットを始めてから1週間が経ちました(^O^)/もうすでに2kgの減量に成功しています。ただし、目標はあくまでマイナス10キロなので、それまで頑張って続けていきます。

野菜ダイエットを始めてたった3ヶ月で12も痩せました! 野菜のダイエットパワーってスゴすぎ!!

※野菜ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。野菜ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

野菜ダイエットの体験談

野菜ダイエット体験談

今回は、最近巷で話題の「野菜ダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.4kg、体脂肪率が21.3%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、夕食を野菜中心にするというもの。「朝・昼は普通に食べて、夜は野菜中心に」といった感じです。また、野菜ダイエット期間中は、よく噛んで食べるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、代謝や便通も良くなって、体質もほんのちょっぴり改善できたんです。さらに、野菜ダイエットを始めて数日が経つと、肌の調子も少しずつ良くなり、むくみも心なしか解消しました。それから1週間後、野菜ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.4kgから67.6kgに、体脂肪率が21.3%から18.7%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、野菜ダイエットを終えてからというもの、体質もすっかり改善しました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、野菜ダイエットはゆるく続けられるダイエットだったように思います。

ダイエットにいい野菜17選

野菜ダイエット(2)

今回は、本当にダイエット効果のある17種類の厳選野菜をご紹介したいと思います。ぜひ、これらの野生から自分に合った最高のダイエット野菜を見つけてみてください。

No.1 キャベツ

キャベツダイエットアイキャッチ

キャベツは低カロリーなだけでなく、噛みごたえもあって満腹感も得られるので、ダイエットに最適です。また、キャベツにはビタミンも豊富に含まれており、体質改善や体調維持に効果バツグンです。さらに、キャベツにはカリウムや食物繊維もたっぷりと含まれていて、デトックス効果や代謝アップ効果も期待できます。

No.2 トマト

トマトダイエットアイキャッチ

トマトにはリコピンという成分が含まれており、血液をサラサラにすることで新陳代謝を高めたり脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。また、トマトの酸味成分であるクエン酸には、糖質や脂質をエネルギーに変換する働きがあり、効率よく脂肪を燃やすことができるようになります。さらに、トマトにはビタミンやミネラル、ペクチンなども豊富に含まれており、便秘解消や成長・代謝の促進などの効果も期待できます。

No.3 きゅうり

きゅうりダイエットアイキャッチ

きゅうりにはホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれており、このホスホリパーゼには体内に溜まる脂肪を効率よく分解し代謝を上げる働きがあります。また、きゅうりに含まれるフェイトケミカル成分には強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去することで血液をサラサラにし、代謝を上げる効果があります。きゅうりにはシトルリンというアミノ酸や食物繊維も豊富に含まれており、むくみ解消や腸内環境の改善、血糖値やコレステロール値の減少、デトックス効果も期待できます。

No.4 玉ねぎ

玉ねぎダイエットアイキャッチ

玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれており、この硫化アリルにはビタミンB1の吸収を促進することで脂肪の燃焼を促す効果があります。また、硫化アリルには血中の中性脂肪やコレステロールを減少させる働きがあり、血糖値の上昇を抑えることで、体に脂肪をつきにくくしてくれます。さらに、トマトにはケルセチンやオリゴ糖、食物繊維などの栄養素も豊富に含まれており、血行促進やむくみ解消、デトックス効果、若返り効果も期待できます。

No.5 レタス

野菜ダイエット(レタス)

レタスは100gあたり12kcalととっても低カロリーです。キャベツの22.9kcal(100gあたり)とくらべても、圧倒的に低カロリーです。また、キャベツには劣りますが、たんぱく質や食物繊維も豊富に含まれており、ダイエット中の筋肉を維持したり、腸の蠕動運動を活発にして便通を促す効果があります。さらに、レタスにはビタミンやミネラルもたっぷりと含まれており、美肌効果やデトックス効果も期待できます。

No.6 ブロッコリー

ブロッコリーダイエットアイキャッチ

ブロッコリーの特徴はその栄養価の高さです。ブロッコリーはレモンに含まれる約2倍のビタミンCを含有しており、その他にもカロテンやビタミンB群、ビタミンK、ビタミンE、ミネラル、食物繊維などさまざまな栄養素が豊富にそなわっています。また、ブロッコリーにはクロミウム(クロム)という特殊なミネラルが含まれており、脂肪を燃やしたり筋肉の生成を活発にする効果があります。さらに、ブロッコリーは美肌づくりやシミ・ソバカスの予防、ガンの予防など多岐にわたって効果が期待できるとても優秀な野菜です。

No.7 大根

大根ダイエットアイキャッチ

大根に含まれる最大のダイエット成分といえば、なんといってもその「酵素」パワーです。とくに、消化酵素アミラーゼやイソチオシアネートには炭水化物の消化吸収を高める効果や整腸作用、代謝の活性化が期待できます。またイソチオシアネートには活性酵素を除去する働きがあり、代謝を上げるだけでなく、肌の老化を防ぎ美肌づくりもサポートしてくれます。このイソチオシアネートには血液をサラサラにする効果もあり、血栓やがんなども予防することができます。

No.8 白菜

野菜ダイエット(白菜)

白菜の栄養価は同じアブラナ科のキャベツには劣るものの、糖質量は圧倒的に少ないです。また、白菜にはカリウムや食物繊維も豊富に含まれており、利尿作用でむくみを解消したり腸の蠕動運動を活発にして便通を促す効果が期待できます。さらに、白菜には美容にうれしいビタミンCがリンゴの約5倍も含まれており、美肌効果だけでなく”若返りホルモン”の代謝を促進して痩せやすい体質をつくることができます。

No.9 ほうれん草

野菜ダイエット(ほうれん草)

ほうれん草には食物繊維がたっぷりと含まれています。この食物繊維には腸の蠕動運動を活発にする働きがあり、便秘を解消することができます。また、ほうれん草にはチラコイドという天然成分も含まれており、食物の消化や吸収を遅くし、食欲を抑える効果が期待できます。このチラコイドの食欲コントロール効果はスウェーデンのルント大学で長年研究されており、ほうれん草を食べることでドカ食いを防げる効果が研究の結果証明されています。さらに、チラコイドには血糖値の急激な上昇を抑える働きもあり、体に脂肪をつきにくくすることができます。

No.10 きのこ類

野菜ダイエット(きのこ類)

きのこには他の追随を許さないほどの豊富な食物繊維が含まれており、カロリーもとても低いので、少ない摂取カロリーで満腹感を味わうことができます。また、きのこにはキノコキトサンという成分も含まれており、腸内で油分の吸収を妨げる効果が期待できます。さらに、きのこにはビタミンB群も豊富に含まれており、脂肪燃焼効果も期待できます。

No.11 アボカド

アボカドダイエットアイキャッチ

アボカドにはオレイン酸とリノール酸という2種類の不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させたり、脂肪や糖の吸収を抑えることで脂肪のつきにくいカラダづくりをサポートしてくれます。また、オレイン酸には脂質の代謝を活発にする働きがあり、効率よく脂肪を落とすこともできます。アボカドには食物繊維もたっぷりと含まれており、満腹効果や整腸作用、デトックス効果が期待できます。さらに、アボカドには美容に嬉しいコエンザイムQ10という成分も含まれており、その強力な抗酸化作用が肌の錆びつきを防ぎ、シミやシワ、肌荒れ、吹き出物も予防することができます。

No.12 ゴーヤ

野菜ダイエット(ゴーヤ)

ゴーヤには共益リノール酸という成分が含まれています。この共益リノール酸には体脂肪の分解や消費をサポートする働きがあり、体に脂肪をつくにくくすることができます。また、ゴーヤには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、便秘解消や整腸作用が期待できます。さらに、ゴーヤにはビタミンCやビタミンB2、ビタミンK、葉酸、カロテン、カリウム、カルシウムも豊富に含まれており、脂肪燃焼や代謝促進も期待できます。

No.13 セロリ

野菜ダイエット(セロリ)

セロリは100gあたり15kcalしかなく、とっても低カロリーです。また、セロリに含まれるマグネシウムには体内の酵素を活発にする働きがあり、痩せやすいカラダづくりをサポートしてくれます。さらに、セロリには食物繊維も豊富に含まれており、腸を刺激して便をスムーズに排出する効果も期待できます。その他にも、セロリ―には血行促進や肝機能の活性化、美肌効果、解毒作用の効果もあり、ダイエットだけでなく美容や健康にも最適な野菜です。また、セロリには妊婦にうれしい葉酸も豊富に含まれており、妊婦や胎児に好影響を与えてくれます。

No.14 もやし

もやしダイエットアイキャッチ

もやしにはビタミンB群が豊富に含まれており、このビタミンB群は脂質や糖質の分解を促進し、体内で脂肪の溜め込みを防いだり、脂肪を効率よく代謝してくれます。ビタミンB群は”痩せるカラダづくり”に必須の栄養素なのです。また、もやしには食物繊維も豊富に含まれており、便秘解消や腸内環境の改善が期待できます。さらに、もやしにはビタミンCやアスパラギン酸も豊富に含まれており、肌にハリや潤いを与える美容効果や疲労物質を分解する疲労回復効果も期待できます。

No.15 オクラ

野菜ダイエット(オクラ)

オクラにはペクチンやムチン、ガラクタン、アラバンなどのネバネバ成分が含まれています。ペクチンには糖の消化や吸収を抑える働きがあり、血糖値の急激な上昇を抑えることで脂肪の付きにくいカラダづくりをサポートしてくれます。また、ムチンには胃の粘膜を保護する働きやたんぱく質の吸収を促す働き、脳細胞を活性化させる働きがあり、便秘解消やデトックス効果、疲労回復、胃潰瘍の予防、認知症の予防、ガン細胞の抑制などさまざまな効果が期待できます。さらに、オクラに含まれるβカロテンには強力な抗酸化作用があり、代謝アップだけでなく、美容効果や健康効果も期待できます。

No.16 ごぼう

野菜ダイエット(ごぼう)

ごぼうにはイヌリンやカリウムが含まれています。イヌリンやカリウムには腸内で糖の吸収を遅らせる働きがあり、脂肪をつきにくくしてくれます。また、このイヌリンは水溶性の食物繊維であり、整腸作用やデトックス効果も期待できます。さらに、ごぼうにはヘミセルロースという不溶性食物繊維も含まれており、腸を刺激して便をスムーズに促してくれます。その他にも、ごぼうにはサポニンやポリフェノールも豊富に含まれており、若返り効果や老化防止効果も期待できます。

No.17 アスパラガス

野菜ダイエット(アスパラガス)

アスパラガスにはアスパラギン酸という成分が含まれています。アスパラギン酸にはたんぱく質の合成を助ける働きがあり、新陳代謝を活発してくれます。また、アスパラガスにはビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ルチンなども豊富に含まれており、ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できます。

スポンサードリンク

野菜ダイエットのやり方

夕食を野菜中心にしよう!

野菜ダイエット(3)

野菜でダイエットするやり方はとっても簡単で、夕食を野菜中心にするだけでOKです。夕食を野菜中心にすることで大幅なカロリーカットが期待できます。また、消化吸収が停滞しがちな「夜」に野菜だけを食べるので、脂質や糖質をほとんど摂取することなく、脂肪の蓄積も抑えることができます。そして、何よりも野菜からダイエット成分をたっぷりと補給することで、より痩せやすい体質を作ることができます。

野菜ダイエットを成功率を上げる食べ方とは?

野菜ダイエット(5)

野菜でダイエットする場合は、以下の3つの食べ方がオススメです。

  • ・野菜スープ

  • ・野菜鍋

  • ・蒸し野菜

野菜スープや野菜鍋、蒸し野菜にすることで、一度に多くの野菜を摂取することができます。また、多くの野菜が1ヵ所に凝縮しているので、食べ応えも満点です。さらに、野菜スープや野菜鍋は味も自由自在に変えることができるので、飽きずにダイエットを長く続けることもできます。

 

野菜ダイエットの注意点

よく噛んで食べよう!

栄養バランスを考える(6)

野菜の中には腹持ちのあまりよくないモノもあります。また、野菜には肉や魚、炭水化物のような満足感もあまりありません。しかし、野菜をよく噛んで食べることによって、満腹中枢を刺激し満腹感を味わうことができます。野菜ダイエットを行うときは、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

腹八分目に抑えよう!

野菜ダイエット(4)

野菜がダイエットに向いているからといって、食べ過ぎるとダイエットに逆効果となってしまいます。また、普段の食事も腹いっぱい食べてしまうと、ダイエットになりません。野菜ダイエットでは、『腹八分目』を心がけるようにしましょう。日常的に腹八分目を意識して食生活を行うことで、ダイエット終了直後に起こる反動的な暴飲暴食を防ぐことができ、リバウンドすることもなくなります。

たんぱく質もしっかり摂ろう!

ささみダイエットアイキャッチ

野菜の中には植物性たんぱく質が含まれるモノもありますが、野菜だけの食生活では決定的に動物性たんぱく質が不足してしまいます。動物性たんぱく質は筋肉の生成など生命活動の維持において不可欠な栄養素です。野菜オンリーの夕食以外では肉や魚などのたんぱく質もしっかりと摂るようにしましょう。

野菜ダイエットのレシピ

「脂肪燃焼スープ」

野菜ダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・たまねぎ(大) … 3個
  • ・セロリ … 1本
  • ・キャベツ(大) … 半玉
  • ・トマト(大)(ホールトマト缶でもOK)… 3個(400g)
  • ・にんじん … 1本
  • ・ピーマン … 1個
  • ・水 … 2リットル
  • ・チキンスープの素 … 1個
  • ・塩コショウ … 少々

【作り方】

  1. タマネギ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンを食べやすい大きさにカットする。
  2. 鍋に1、チキンスープの素、水を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮る。
  3. 2に塩コショウを加えて、味を調える。

「野菜たっぷり春雨スープ」

野菜ダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・人参 … 1/4本
  • ・タマネギ(大) … 1個
  • ・キャベツ … 5枚
  • ・ブロッコリー … 1/2株
  • ・水 … 5カップ
  • ・鶏がらスープの素 … 大さじ3
  • ・生姜(チューブ) … 小さじ1
  • ・春雨 … ひとつかみ

【作り方】

  1. 人参をさいの目切りにする。
  2. タマネギを半分に切り、上下のヘタを取って、横に4等分、縦に4等分する。
  3. キャベツを芯の部分から半分に切り、重ねてさらに半分に切って、横に4等分する。
  4. 鍋にお湯を沸かし、人参、ブロッコリー、タマネギ、キャベツを順に入れて、火を通していく。
  5. 沸騰しすぎたら、弱火にする。
  6. 具材全てに火が通ったら、鶏がらスープの素と生姜(チューブ)を加え、軽くかき混ぜて味を調える。
  7. フライパンにお湯を沸かし、春雨を入れて茹でる。
  8. 沸騰したら火を止めて、5分間そのままにする。
  9. 春雨に火が通ったら、ザルにあげて水気を切り、器に盛りつける。
  10. 9に6をかけて、お好みでブラックペッパーもふりかける。

「野菜のみ炒め」

野菜ダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・人参 … 1/3本
  • ・キャベツ … 3枚
  • ・ピーマン … 2個
  • ・タマネギ … 1/2個
  • ・油 … 適量
  • ・酒 … 大さじ1
  • ・創味シャンタン … 小さじ2
  • ・塩 … 少々
  • ・胡椒 … 少々
  • ・醤油 … 大さじ1/2

【作り方】

  1. 人参を縦半分に切り、さらに薄くスライスする。
  2. キャベツを食べやすい大きさに切る。
  3. ピーマンを細切りにする。
  4. タマネギを薄くスライスする。
  5. フライパンに油をひき、人参、キャベツ、ピーマン、タマネギを入れて炒める。
  6. 野菜に火が通ったら、酒と創味シャンタンを加えて、野菜がしんなりとするまで炒める。
  7. 塩、胡椒、醤油を加えて、さっと炒める。

「野菜ポタージュ」

【材料】

  • ・人参 … 2本
  • ・玉ねぎ … 3個
  • ・キャベツ … 1/2個
  • ・ミネラルウォーター … 1~2ℓ
  • ・自然塩 … 少々
  • ・★ハーブ(お好みで) … 適量
  • ・★バジル(お好みで) … 適量
  • ・★スパイス(お好みで) … 適量

【作り方】

  1. 人参、玉ねぎ、キャベツを適当な大きさに切る。
  2. 人参、玉ねぎ、キャベツを鍋に入れる。
  3. 鍋にミネラルウォーターをたっぷりと加え入れる。
  4. 鍋に火をかけて、コトコトと煮込む。
  5. 野菜が柔らかくなったら、汁ごとミキサーに移して、攪拌する。
  6. 自然塩と、お好みでハーブ、バジル、スパイスなどで味を調える。

「野菜たっぷり味噌汁」

【材料】

  • ・大根 … 1/4本
  • ・茄子 … 1本
  • ・人参 … 1本
  • ・玉ねぎ … 1個
  • ・キャベツ … 1/4個
  • ・高野豆腐 … 2個
  • ・水 … 1ℓ
  • ・粉末ダシ … 小さじ2
  • ・味噌 … 大さじ2
  • ・とろろ昆布 … ひとつまみ

【作り方】

  1. 大根、茄子、人参、玉ねぎ、キャベツを適当な大きさに切る。
  2. 高野豆腐を一口大に切る。
  3. 鍋に水と粉末ダシを入れて、火にかける。
  4. 沸騰したら、大根、茄子、人参、玉ねぎ、キャベツを鍋に入れる。
  5. 野菜が柔らかくなったら、高野豆腐を加える。
  6. さらに味噌ととろろ昆布を加えて、1~2分間煮込む。
  7. お好みで七味唐辛子をかける。

「野菜たっぷり豆乳ドリア」

【材料】

  • ・玉ねぎ … 1/2個
  • ・お好み野菜 … 適量
  • ・ココナッツオイル … 大さじ1
  • ・塩 … 少々
  • ・水 … 100ml
  • ・豆乳 … 100ml
  • ・コンソメ … 1/3個
  • ・米粉 … 大さじ1
  • ・塩コショウ … 少々
  • ・卵 … 1個
  • ・とろけるチーズ … 適量

【作り方】

  1. 玉ねぎとお好みの野菜を食べやすい大きさに切る。
  2. お好みの野菜を電子レンジに入れて、500Wで3~5分間加熱する。
  3. 鍋に玉ねぎ、ココナッツオイル、塩を入れて、弱火で炒める。
  4. 鍋に水、豆乳、コンソメを加えて、よく混ぜる。
  5. 混ぜながら、米粉を加えて、トロっとするまでさらに混ぜる
  6. 鍋に塩コショウを加えて、味を調える。
  7. お好みの野菜の上に6をかけて、その上に卵ととろけるチーズものせる。
  8. 7をオーブンで10~15分間加熱する。

まとめ

野菜にもさまざまな種類があり、それぞれ異なったダイエット効果が期待されています。野菜ダイエットでは、いろいろ野菜でダイエットを試してみるのもよし、自分に合ったダイエット野菜を見つけるのもよし、自分の好きなスタイルでダイエットができます。また、鍋や野菜スープ、蒸し野菜で食べることで、たくさんの野菜を一度に摂取することもできます。野菜でダイエットするやり方はとっても簡単で、夕食を野菜中心にするだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこの野菜ダイエットに興味を持たれた方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP