〇〇ダイエット情報部

TRFダンササイズダイエットの効果や方法、口コミを徹底紹介!

TRFダンササイズダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【TRFダンササイズダイエット】見るも無残な「リンゴ型体型」にお悩みではありませんか?これまで色々なダイエットを試してきたけれども、満足のいく結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率や筋トレ効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。また、筋トレ効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、ダイエット効果を十分に得ることができず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「TRFダンササイズダイエット」です。今回はそんなTRFダンササイズダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

TRFダンササイズダイエットとは?

TRFダンササイズダイエット(1)

「TRFダンササイズダイエット」とは、ダンスを中心とした日本の5人組音楽グループ『TRF』が振り付けを考案した『イージードゥダンササイズ』を踊ることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら”しなやかなボディライン”を作り上げていくダイエット法です。TRFダンササイズはアウターマッスルだけでなくインナーマッスルを鍛えるにも最適な運動であり、これらの筋肉をバランスよく鍛えることで脂肪燃焼の効率を上げることができます。また、TRFダンササイズはストレスを発散しながら楽しくダイエットできるので、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食も未然に防ぐことができます。TRFダンササイズでダイエットするやり方はとっても簡単で、DVDやインストラクターの指示に従って毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。ただし、TRFダンササイズダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

TRFダンササイズの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。TRFダンササイズのMETsは『8.1~13.5(同じTRFダンササイズでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)TRFダンササイズの消費カロリーが1時間で約425.25~708.75kcalになることが分かります。下にMETsを使ったTRFダンササイズの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのTRFダンササイズの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、TRFダンササイズの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、TRFダンササイズでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

TRFダンササイズダイエットの評価は?

TRFダンササイズダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 0.1
  • 即効性: 5.0
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 2.8
  • 口コミ評価: 3.8

TRFダンササイズダイエットは非常に短期間で効果を得られるだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、TRFダンササイズダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、TRFダンササイズダイエットを始めるには多少なりとも準備や覚悟が必要です。が、TRFダンササイズダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間に余裕があれば、ぜひ一度、TRFダンササイズダイエットにチャレンジしてみてください!

TRFダンササイズダイエットの口コミは?

口コミ(3)

ネット上で「TRFダンササイズダイエットを実践してみた」「TRFダンササイズダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

TRFダンササイズを先週末から始めました。この1週間で体重が2.5kg減、体脂肪率が3%減しました。ちなみに、今までキツキツだったスカートもすんなりと履けるようになりました。

週5日TRFダンササイズをし続けて3か月、体重は13kg・体脂肪は15%近くも減りました。とくに食事制限はしていません。ただし、甘い物や脂っこい物はできるだけ控えるようにしていました。

高校時代のときに、TRFダンササイズでダイエットしてましたが、体重は結構落ちましたよ、48kg→43kgとか。あと、お腹まわりも多少引き締まったような気がします。ただ、卒業後は全く運動しなくなったので、3年で太ってしまいましたが(・_・;)

私の旦那が昨年末からTRFダンササイズを始めて、5カ月でなんと20キロも痩せていました。同じようなもの食べてたはずなのに…流石、TRFダンササイズのダイエット効果は計り知れないですね。ちなみに、ウエストまわりもスッキリして、旦那が若い頃に戻ったような気がします。

※TRFダンササイズダイエットの口コミをまだまだ募集しております。TRFダンササイズダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

TRFダンササイズダイエットの体験談

TRFダンササイズダイエット体験談

今回は、TRFダンササイズの効果を(実際に)確かめるために1週間のTRFダンササイズダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.8 kg、体脂肪率が22.3 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日「イージードゥダンササイズ」を本やDVDの指示に従って一通り踊るというもの。また、TRFダンササイズを行う時は、水分もしっかりと補給するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、頑固な脂肪も落ちて、ボディラインもほんのちょっぴりしなやかになったんです。さらに、TRFダンササイズダイエットを始めて数日が経つと、代謝も少しずつ良くなり、脂肪も心なしか落ちやすくなりました。それから1週間後、TRFダンササイズダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.8kgから65.9kgに、体脂肪率が22.3%から16.7%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、TRFダンササイズダイエットを終えてからというもの、ボディラインもすっかりしなやかになりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、TRFダンササイズダイエットは本当に痩せられるダイエットだったように思います。

TRFダンササイズダイエットの効果とは?

楽しくダイエットできる!

TRFダンササイズダイエット(2)

TRFダンササイズの最大のメリットは「ストレスを発散しながら楽しくダイエットできる」ことです。とくに、ストレスはダイエットの敵です。ダイエット中にストレスが溜まると、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまいがちになるためダイエットにならなくなってしまいます。また、最悪の場合、ストレスの溜まり過ぎで体調を崩してしまう恐れもあります。しかし、TRFダンササイズはストレスを発散しながら楽しくダイエットできるので、このような症状に陥りにくく、ダイエットも長続きさせやすく成功させやすいです。

「しなやかなボディライン」を作れる!

スリムになる(4)

TRFダンササイズは姿勢や動作、ポーズを流れるように変えながら全身の筋肉をバランスよく使うため、「しなやかなボディライン」を作るのに最適なダイエット法です。一定の「型」に従って筋肉をガチガチに鍛える無酸素運動と違って、TRFダンサイサイズはしなやかで滑らかな動きから柔軟な筋肉を鍛え上げることができます。また、TRFダンササイズは全身のバランスを保つために、表層の筋肉=アウターマッスルではなく深層の筋肉=インナーマッスルをよく使います。インナーマッスルには脂肪をエネルギー源とする『赤筋』が集中しており、この赤筋には多くの毛細血管が詰まっていて、酸素の供給や脂肪の代謝が活発に行われています。つまり、この赤筋繊維が豊富に詰まったインナーマッスルを徹底的に鍛えることで、脂肪も効率よく燃焼させることができるのです。このように、TRFダンササイズは「しなやかなボディライン」を作り上げるのに最適なダイエット法です。

代謝を上げて「痩せやすい身体」に!

代謝を上げる(1)

前述したように、TRFダンササイズを実践することで全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。全身の筋肉がバランスよく鍛えられることで、血液の巡りも良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がって、脂肪も落ちやすくなります。また、TRFダンササイズは大量の酸素を体内に取り込みながら行う運動であり、大量の酸素を体内に取り込むことで、クエン酸回路やエネルギー産生を活性化させることができます。このクエン酸回路やエネルギー産生が活性化することで、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になり、代謝もぐんぐん高まっていきます。このように、TRFダンササイズは代謝を上げて「痩せやすい身体」を作り上げるのにも最適なダイエット法なのです。

ダンスは認知症予防にも効果的!?

健康を維持する(4)

TRFダンササイズでは、姿勢や動作、ポーズを流れるように変えながら全身をスピーディーに動かします。TRFダンササイズを始めた当初は、なかなか振り付けに身体がついてこないことが多いのではないでしょうか。しかし、TRFダンササイズのようなダンスを毎日コツコツ踊り続けることで、脳から身体への指令伝達も徐々に速くなり、身体もスムーズに動くようになります。このように、ダンスによって脳が活性化することで、認知症なども未然に防ぐことができるかもしれないのです。

スポンサードリンク

TRFダンササイズダイエットのやり方

TRFダンササイズでダイエットするには?

TRFダンササイズダイエット(3)

TRFダンササイズでダイエットするやり方はとっても簡単で、DVDやインストラクターの指示に従って毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。ただし、TRFダンササイズダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも1か月以上は根気よく続けるようにしましょう。TRFダンササイズのプログラム一覧やワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

目的に応じてプログラムを選ぼう!

TRFダンササイズダイエット(4)

こちらは「TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ」に収録されているプログラムの一覧です。プログラムは合計で4種類(収録DISKは7種類)あり、それぞれで引き締める部分が異なります。つまり、アナタの引き締めたい部分に応じてプログラムを選ぶことで、その部分を効率よく引き締めることができるのです。

「TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ」に収録されているプログラム一覧

  • DISK1:EZ DO DANCE<上半身集中プログラム>
  • DISK2:survival dAnce~no no cry more~<ウエスト集中プログラム>
  • DISK3:BOY MEETS GIRL<下半身集中プログラム>
  • DISK4:寒い夜だから…<体幹集中プログラム>
  • DISK5:Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~<上半身集中プログラム>
  • DISK6:masquerade<ウエスト集中プログラム>
  • DISK7:CRAZY GONNA CRAZY<下半身集中プログラム>

ちなみに、各プログラムは「ウォーミングアップパート」「エクササイズパート」「ダンスパート」「クールダウンパート」(「キッズダンスプログラム」)に分かれており、インストラクターが手順をわかりやすく解説してくれるので、ダイエット初心者でも気軽に挑戦できます。兎にも角にも、TRFダンササイズダイエットを始める前には、必ずアナタが一体どの部分を引き締めたいのかをしっかりと把握してからダイエットに臨むようにしましょう。

ダンス前にストレッチをしよう!

ストレッチをする(10)

TRFダンササイズの前後にストレッチをしましょう。TRFダンササイズ前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、TRFダンササイズ後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節も伸びて、疲労も残りにくくなります。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。この口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

TRFダンササイズダイエットの注意点

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(8)

TRFダンササイズの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。水分が不足すると、運動時に脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどから糖分を少量補給し、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく補給することで、筋トレのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。さらに、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する効果があり、これらを摂取してから有酸素運動を行うことで、脂肪をさらに燃焼させることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切です。TRFダンササイズを行うときは、水分補給も忘れずに行いましょう。

ダンス前にアルコールは飲まない!

飲酒を控える(2)

TRFダンササイズのようなダンスの前にはアルコールを摂取してはいけません。ダンス前にアルコールを摂取すると、全身にアルコールが回り、血液の循環が急激に促進されて、頭痛や吐き気、めまいを引き起こす恐れがあります。また、アルコールの作用により関節を痛めてしまう恐れもあり、アルコールの摂取によって怪我のリスクも高まってしまいます。アルコールを摂取した後は、絶対にTRFダンササイズを行わないようにしましょう。

まとめ

TRFダンササイズはしなやかで滑らかな動きから柔軟な筋肉を鍛え上げるのに最適な運動であり、このようにして全身の筋肉をバランスよく鍛えることで”しなやかなボディライン”を作り上げることができます。また、TRFダンササイズはストレスを発散しながら楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎてやけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうのも未然に防ぐことができます。TRFダンササイズでダイエットするやり方はとっても簡単で、DVDやインストラクターの指示に従って毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「TRFダンササイズダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP