〇〇ダイエット情報部

トランポリンダイエットの効果ややり方、口コミを徹底紹介!

トランポリンダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【トランポリンダイエット】オシャレな服も着こなせないそのぽっちゃり体型にお悩みではありませんか?これまで数多くのダイエットを試してきたけれど、期待通りの結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「脂肪燃焼の効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼の効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、十分に脂肪や体重を落とすことができず、なかなか痩せることができません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「トランポリンダイエット」です。毎日トランポリンを使ったエクササイズを続けることで、代謝を上げながら脂肪を効率よく燃焼させることができます。今回はそんなトランポリンダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

トランポリンダイエットとは?

トランポリンダイエット(1)

「トランポリンダイエット」とは、毎日トランポリンを使ったエクササイズを続けることで、代謝を上げながら脂肪をぐんぐん燃焼していくダイエット法です。トランポリンは全身の筋肉をフルに使える理想的な有酸素運動で、全身の筋肉を鍛えながら全身をキュッと引き締めることができます。また、トランポリンには体幹やバランス感覚を鍛える効果もあり、これらを鍛えることで腰痛や肩こり、関節痛、下半身太りなども解消できます。トランポリンでダイエットするやり方はとっても簡単で、トランポリンを1日5分以上跳ぶだけでOKです。ただし、トランポリンダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

トランポリンの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。トランポリンのMETsは『3.5~4.5(同じトランポリンでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)トランポリンの消費カロリーが1時間で約183.75~236.25kcalになることが分かります。下にMETsを使ったトランポリンの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのトランポリンの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、トランポリンの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、トランポリンでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

トランポリンダイエットの評価は?

トランポリンダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.4
  • 即効性: 0.4
  • コスパ: 4.0
  • エネルギー消費: 1.7
  • 口コミ評価: 4.0

トランポリンダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、トランポリンダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、トランポリンダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、トランポリンダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、トランポリンダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、トランポリンダイエットにチャレンジしてみてください!

トランポリンダイエットで痩せた口コミは?

口コミ(9)

ネット上で「トランポリンダイエットを実践してみた」「トランポリンダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

トランポリンを毎日コツコツ続けています。今のところ体重に目立った変化はありませんが、トランポリンの楽しさを少しずつ感じています。気のせいかもしれませんが、お腹まわりが少し引き締まったような気がします。

3日前から2,30分のトランポリンを続けていますが、いきなり-2kg減。ウエストもだんだんと細くなってきて絶好調です。これからも頑張って続けていきたいです。

先々月末からトランポリンを始めました! 週2、3回程度で回数や時間はその日の気分で決めています。 軽い食事制限とも相まってマイナス9キロ達成しました! 今後の目標として、体重15キロ減を掲げたいと思います。

1日20分くらいトランポリンを続けて8キロ減量しました。食べたい物をしっかりと食べて痩せられたのは、とても嬉しかったです。ここ4ヶ月ほど全然トランポリンしていないので、今週末からでも再開したいと思います!

※トランポリンダイエットの口コミをまだまだ募集しております。トランポリンダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

トランポリンダイエットの体験談

トランポリンダイエット体験談

今回は、以前からよく耳にしていた「トランポリンダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.0kg、体脂肪率が20.3%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日トランポリンを5分以上跳ぶというもの。また、トランポリンを跳ぶ時は、騒音や振動にも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、頑固な脂肪も落ちて、見た目もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、トランポリンダイエットを始めて数日が経つと、バランス感覚も少しずつ身に付いてきて、姿勢も心なしか良くなりました。それから1週間後、トランポリンダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.6kg、体脂肪率が-0.9%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、トランポリンダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、トランポリンダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

トランポリンダイエットの効果とは?

トランポリンで全身を引き締められる!

スリムになる(3)

トランポリンを使って運動することで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。とくに、トランポリンは太ももやふくらはぎなど下半身の筋肉を鍛えるのに最適です。また、トランポリンはたった5分跳ぶだけで1kmジョギングするのと同じカロリーを消費できます。毎日コツコツ跳び続けることで、わざわざジョギングしなくても、脂肪を効率よく落とすことができるのです。このように、トランポリンは筋肉を鍛えながら脂肪を落とし、全身を引き締めるのに最適な有酸素運動です。

代謝を上げて「痩せやすい体質」に!

代謝を上げる(2)

トランポリンを跳ぶことで、血液やリンパの流れを良くすることができます。血液やリンパの流れが良くなれば、基礎代謝も上がり、体内に溜まる余分な脂肪も燃えやすくなります。また、トランポリンはインナーマッスルを鍛えるのにも効果的です。インナーマッスルを鍛えることで、代謝も活発になり、痩せやすい体質になることができます。

トランポリンはむくみ解消や美脚にも効果的!

むくみを解消する(8)

トランポリンを跳ぶことで、血液やリンパの流れを良くするができます。血液やリンパの流れが良くなると、体内に溜まる老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになります。この老廃物や毒素が体外に排出されることで、むくみも解消できるのです。このように、トランポリンは下半身の筋肉を鍛えたり脂肪を燃焼させるだけでなく、むくみも取ることができ、スッキリ美脚に効果的です。

トランポリンで姿勢も良くなる!

姿勢を良くする(2)

トランポリンはバランス感覚と体幹の両方を鍛えることができます。トランポリンを跳び始めた頃は、なかなか上手に跳ぶことができないかもしれません。なぜなら、まだあなたにトランポリンを跳ぶのに十分なバランス感覚や体幹が備わっていないからです。しかし、毎日トランポリンをコツコツ跳び続けることで、バランス感覚や体幹を少しづつ鍛えることができます。体幹やバランス感覚が鍛えられると、自然と姿勢も良くなり、腰痛や肩こり、関節痛も改善できます。ちなみに、トランポリンには骨盤の歪みを正す効果もあり、骨盤の歪みを正すことで、脂肪の蓄積も防ぐことができます。

トランポリンは美容にも効果的!

美容・アンチエイジング(4)

トランポリンには血液やリンパの流れを良くする効果があります。血液やリンパの流れが悪くなると、体内に老廃物や毒素が溜まるようになります。体内に老廃物や毒素が溜まると、肌の新陳代謝も悪くなり、敏感肌や乾燥肌、肌荒れの原因にもなってしまいます。しかし、トランポリンを跳ぶことで、血液やリンパの流れを良くし、体内に溜まる老廃物や毒素を排出して、肌の新陳代謝を高めることができます。このように、トランポリンは美肌作りに最適な有酸素運動なのです。

トランポリンはストレス解消にも効果的!

ストレスを解消する(4)

また、トランポリンを跳ぶことで、ストレスを発散させながら楽しくダイエットすることができます。ダイエット中にストレスが溜まると、甘い物を摂り過ぎてしまったり暴飲暴食に走ったりして、ダイエットに逆効果となってしまいます。ストレスはダイエットの敵です。ストレス太りを解消したいときは、ぜひトランポリンを使ったダイエットに挑戦してみましょう。

スポンサードリンク

トランポリンダイエットの方法

トランポリンを1日5分以上跳ぼう!

トランポリンダイエット(3)

トランポリンでダイエットするやり方はとっても簡単で、トランポリンを1日5分以上跳ぶだけでOKです。ただし、トランポリンダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。トランポリンのおすすめエクササイズやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

おすすめエクササイズ

トランポリンダイエット(2)

以下の①~④を順に行うことでより効率的にダイエットできます。①~④を各1分ずつ行った場合、計5分間跳ぶことになり、1kmジョギングするのと同じカロリーを消費できます。このエクササイズに慣れてきたら、さらに高度なエクササイズにも挑戦してみましょう。

①普通にジャンプ

まずは、トランポリンの上で普通にジャンプしてみましょう。「身体の力を抜き」「リズム良く」「まっすぐ」「上下に」跳ぶことを意識します。上下のジャンプ運動は血液やリンパの流れを良くする効果があり、むくみも解消させることができます。このジャンプはトランポリンエクササイズのウォームアップやクールダウンとして取り入れるとよいでしょう。

②足踏み

次に、トランポリンの上で足踏みしてみましょう。この足踏みは簡単そうに見えて意外に難しいです。不安定な足場で片足ずつ足踏みすることで、太ももやふくらはぎの筋肉を効率よく鍛えることができます。

③片足跳び

足踏みができるようになったら、片足跳びにも挑戦してみます。2回ずつ片足で交互にジャンプします。この片足跳びでも、「リズム良く」「まっすぐ」「上下に」跳ぶことを意識しましょう。片足跳びを行うことで、太ももやふくらはぎをさらに鍛えることができます。とくに、太ももは全身で最も大きな筋肉なので、この部位を鍛えることで基礎代謝をグンっとアップさせることができます。

④ウエストねじり

最後に、ウエストを交互に捻りながらジャンプしてみましょう。ジャンプしながらウエストを右に捻り、次のジャンプでウエストを今度は左に捻ります。これを交互に繰り返すことで、ウエストをキュッと引き締めることができます。

トランポリンの前後にストレッチを!

ストレッチをする(4)

トランポリンの前後にストレッチを行いましょう。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足など心臓から遠い部位から順にゆっくりと伸ばしていきます。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から吐くようにしましょう。口から息を吐くときに、腱や関節をゆっくりと時間をかけて伸ばすとより効果的です。トランポリン前にストレッチを行うことで、トランポリン中の怪我を防ぐことができます。また、トランポリン後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、関節をしっかりと伸ばしてクールダウンさせることができ、疲れも残りにくくなります。

トランポリンで「ながらダイエット」をしよう!

音楽を聴きながら(2)

トランポリンの魅力のひとつは、「ながらダイエット」ができることです。テレビを観たり音楽を聴きながらトランポリンを跳べば、ストレスを発散しながら楽しくダイエットすることができます。また、トランポリンで「ながらダイエット」をすれば、時の流れも早く感じることでしょう。もし、トランポリンで「ながらダイエット」をする場合は、テレビは楽しい番組(ドラマや映画でも可)を、音楽はアップテンポな曲を選ぶとより効果的です。ちなみに、私は英単語を覚えながらトランポリンを跳んでいます。

トランポリンダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(3)

トランポリンはランニングと比べると体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。トランポリンダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(3)

有酸素運動の前後には水分補給(+塩分補給)も忘れずに行ってください。水分が不足すると、運動中に脱水症を引き起こし、それが引き金となって熱中症や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットを行うことができるのです。ちなみに、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどの糖質を少量補給し、運動後に良質なタンパク質やビタミンを補給することで、ダイエット効果をさらにアップさせることもできます。また、コーヒに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する働きがあり、有酸素運動と組み合わせることで、脂肪も効率よく燃やすことができるようになります。いずれにせよ、有酸素運動を行うときは、水分補給も忘れず行うようにしましょう。

騒音に注意しよう!

騒音・振動に気をつける(2)

トランポリンダイエットのデメリットは「音や振動がする」ことです。防音環境や防振環境が整っていればよいのですが、もしこれらの環境が整っていないと、時間帯によっては近所迷惑になってしまう可能性があります。とくに、マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方は、トランポリンの使用には十分な注意が必要です。

怪我に注意しよう!

怪我に気をつける(2)

トランポリンは誰でも簡単にできる運動ですが、場合によっては、膝や足首などに負荷がかかり過ぎて怪我を引き起こしてしまう危険性もあります。トランポリンを跳ぶ前には、必ずストレッチなどの準備運動を行うようにしましょう。また、トランポリンの周囲や足元には何も置かないようにしてください。

食後は控えるように!

食後の運動を控える(2)

食後のトランポリンには注意が必要です。食後すぐにトランポリンを跳ぶと、胃が揺さぶられて腹痛や吐き気を引き起こしてしまう危険性があります。食後すぐにトランポリンを跳ぶのは控えるようにしましょう。ちなみに、お腹が空いている食前に有酸素運動を行うと、体内にブドウ糖が不足しているため、すぐに脂肪をエネルギーとして消費できます。トランポリンダイエットはできるだけ食前に行うようにしましょう。

トランポリンダイエットのメニュー

「トランポリンエクササイズ(1)」

  1. 両足跳びをする(1~3分)。
  2. 休憩する。
  3. 駆け足跳びをする(1~3分)。
  4. 休憩する。
  5. 両腕を前後に大きく振りながら(腕と床が平行になるまで上げる)ジャンプする(1~3分)。
  6. 休憩する。
  7. 3をしながらウエストを左右にひねる(1~3分)。
  1. 1~7を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

「トランポリンエクササイズ(2)」

  1. 軽くジャンプする(1~3分)。
  2. 休憩する。
  3. 足を左右交互に開閉しながらジャンプする(1~3分)。
  4. 休憩する。
  5. 腰を左右にひねりながらジャンプする(1~3分)。
  6. 休憩する。
  7. 足を前後に踏み出しながらジャンプする(1~3分)。
  8. 休憩する。
  9. 数回ジャンプする毎に45度回転する(1~3分)。
  10. 休憩する。
  11. 数回ジャンプする毎にスクワットをする(1~3分)。
  12. 休憩する。
  13. 数回ジャンプする毎に足を踏み替えながらケンケンをする(1~3分)。
  1. 1~13を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

「トランポリンエクササイズ(3)」

【やり方】

  1. 軽くジャンプする(5分)。
  2. 本気でハイジャンプする(5分)。
  3. 駆け足しながらジャンプする(3分)。
  4. 左右交互にキックしながらジャンプする(3分)。
  5. トランポリンの上で四股を踏む(3分)。
  6. 軽くジャンプする(5分)。
  7. 本気でハイジャンプする(5分)。
  1. 1~7を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

まとめ

トランポリンを使って楽しく体を動かすことで、全身の筋肉をバランスよく鍛えて全身をキュッと引き締めることができます。また、トランポリンには体幹やバランス感覚を鍛えたり骨盤の歪みを矯正する効果もあり、ダイエットだけでなく美容や健康にも最適な運動法です。トランポリンでダイエットするやり方はとっても簡単で、トランポリンを1日5分以上跳ぶだけでOKです。ただし、トランポリンは場所によってはご近所さんの迷惑になったり、大きな怪我に繋がる可能性もあるので、十分に注意しましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「トランポリンダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP