〇〇ダイエット情報部

ストレッチダイエットの効果や成功のコツ、口コミを大公開!

ストレッチダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ストレッチダイエット】何をやっても痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今までありとあらゆるダイエットを試してきたけれど、なかなか思うような結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「血液やリンパの流れの悪さ」や「骨盤の歪み」が原因かもしれません。血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼させることができません。また、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ストレッチダイエット」です。運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを行うことで、血液やリンパの流れを良くして代謝を上げながら、脂肪の燃えやすい体質を作り上げていくことができます。また、ストレッチには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れも良くなり、体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。今回はそんなストレッチダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ストレッチダイエットとは?

ストレッチダイエット(1)

「ストレッチダイエット」とは、運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを行うことで、基礎代謝を上げながら脂肪の燃えやすい体質を作り上げていくダイエット法です。ストレッチで各部位の筋肉を解したり骨盤の歪みを矯正しながら、血液やリンパの流れを良くして代謝を上げることで、体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。また、ストレッチには自律神経の乱れを調える効果もあり、とくに副交感神経が優位に働くことで、不安や緊張を鎮めて気持ちを落ち着かせながら、ストレスを溜めずにダイエットに取り組むことができます。ストレッチでダイエットする方法はとっても簡単で、運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを行うだけでOKです。ただし、ストレッチダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ストレッチの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ストレッチのMETsは『2.3~3.5(同じストレッチでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ストレッチの消費カロリーが1時間で約120.75~183.75kcalになることが分かります。下にMETsを使ったストレッチの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのストレッチの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ストレッチの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ストレッチでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ストレッチダイエットの評価は?

ストレッチダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.8
  • 即効性: 0.4
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.9
  • 口コミ評価: 4.6

ストレッチダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、ストレッチダイエットは手軽で続けやすいので、なかなか時間が取れない方にもオススメです。ただし、ストレッチダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、ストレッチダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ストレッチダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、ストレッチダイエットにチャレンジしてみてください!

ストレッチダイエットの口コミは?

口コミ(7)

ネット上で「ストレッチダイエットを実践してみた」「ストレッチダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

ストレッチとエアロバイクを毎日欠かさず実施しています。体重が2カ月で7キロほどしか減っていませんが、腰まわりは何だかスッキリしたような気がします。ちょっとここ最近、食べ過ぎたような気がするので、これからは食生活にも気をつけてダイエットしていきたいと思います。

ストレッチダイエットはかれこれ2年近くやってます。毎日15~20分間音楽を聴きながら続けていたら、いつの間にか体重が5キロも落ちていました。最近ではストレッチするのが、むしろ快感になっています。おすすめです(^^)ノ

昨年、ストレッチと食事制限で4ヶ月で-8㎏に成功しましたが、ここ最近忙しすぎてダイエットをさぼり過ぎていたら見事にリバウンドしました (-.-;) また始めます o(^-^)o

学生時代にサウナスーツを着て踏み台昇降運動を1時間ほどした後に毎日ストレッチをやっていたら、1年弱で80キロ代から60キロ代まで体重を落とすことができました。

※ストレッチダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ストレッチダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ストレッチダイエットの体験談

ストレッチダイエット体験談

今回は、つい最近友人に勧められた「ストレッチダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.3kg、体脂肪率が23.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを10~15分行うというもの。また、ストレッチを行う時は、軽めの有酸素運動もしっかりと取り入れるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、筋肉や関節も柔らかくなって、血液やリンパの流れもほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、ストレッチダイエットを始めて数日が経つと、血液やリンパの流れも少しずつ良くなり、身体も心なしか疲れにくくなりました。それから1週間後、ストレッチダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.6kg、体脂肪率が-0.9%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ストレッチダイエットを終えてからというもの、血液やリンパの流れもすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ストレッチダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

ストレッチダイエットの効果とは?

ストレッチで「痩せやすい体質」を作れる!

スリムになる(1)

ストレッチで体の各部位を伸ばすことで、「痩せやすい体質」を作ることができます。とくに、ストレッチで各部位の筋肉をほぐすことで、血液やリンパの流れが良くなり、代謝も上がって、各部位の体脂肪も落ちやすくなります。また、ストレッチはバストアップやヒップアップ、二の腕のシェイプアップにも効果があり、”女性らしさ”を磨くこともできます。さらに、ストレッチを行うことで、骨盤や関節の歪みを矯正したり、自律神経のバランスを整えることもでき、むくみ解消や冷え性解消、小顔・美顔効果、リラックス効果なども期待できます。このように、ストレッチは美容や健康、ダイエットに最適な運動です。

肩甲骨ストレッチで脂肪の燃えやすい体に!?

脂肪を燃焼する(3)

肩甲骨やその周辺には褐色脂肪細胞が多く集まっています。褐色脂肪細胞には脂質や糖質をエネルギーに変換する働きがあり、この褐色脂肪細胞の働きが活発になることで体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。実は、ストレッチで肩甲骨をほぐすことで、この褐色脂肪細胞に刺激を与えて活性化させることができるのです。肩甲骨ストレッチと有酸素運動を組み合わせれば、脂肪もますます燃えやすくなります。ちなみに、肩甲骨は骨盤と密接な関係があり、肩甲骨をほぐし可動域を広げることで、骨盤の開閉もスムーズになります。骨盤の歪みが矯正されれば、基礎代謝も上がり、脂肪もさらに燃えやすくなります。

股関節ストレッチでむくみや冷え性も解消できる!

むくみを解消する(7)

ストレッチを行うことで、股関節の歪みを正すことができます。股関節はリンパが集中しており老廃物が溜まりやすい部分です。この股関節が歪むと、股関節まわり老廃物が溜まってむくみや冷え性、セルライトの原因になってしまいます。つまり、ストレッチは股関節の歪みを正し、むくみや冷え性、セルライトを解消するのに最適な運動なのです。毎日ストレッチをコツコツ続けることで、リンパの流れを良くして、体に溜まる老廃物を流し、下半身をスッキリさせることができます。ちなみに、ストレッチには顔の歪みを正す効果もあるので、小顔や美顔などへの効果も期待できます。

ストレッチで自律神経も整えられる!

リラックスをする(1)

ストレッチを行うことで、自律神経を整えることもできます。自律神経は身体の働きを活発にする「交感神経」と身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つに分類されます。現代人は外界からさまざまな刺激を受けているため、交感神経優位から副交感神経優位に切り替えることが難しく、なかなか身体をリラックスさせることができません。交感神経と副交感神経のバランスはダイエットと密接な関係にあります。交感神経と副交感神経のバランスが整うことで、体循環や体機能のON/OFFもスムーズになり、より健康的に痩せることができるようになるのです。ストレッチを行うことで、この交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。とくに、入浴後や夜寝る前にストレッチを行うことで、血液の巡りも良くなって代謝も上がり、成長ホルモンの分泌も活発になって、一層痩せやすい体を作り上げることができます。

スポンサードリンク

ストレッチダイエットの方法

ストレッチは運動前や入浴後、夜寝る前がオススメ!

ストレッチダイエット(3)

ストレッチでダイエットする方法はとっても簡単で、運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを行うだけでOKです。気になる部位に重点を置きながらも、全身を満遍なく伸ばす&ほぐすとダイエットにより効果的です。とくに、肩甲骨や股関節のストレッチにはさまざまなメリットがあるので非常にオススメです。ただし、ストレッチダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。各部位のストレッチ方法やワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ストレッチは「呼吸法」も大切!

正しい呼吸をする(2)

正しい呼吸法でストレッチを行わないと、効果も半減してしまいます。ストレッチは正しい呼吸法で行うようにしましょう。呼吸を正しく行うことで、筋肉や腱を効率よく伸ばせるだけでなく、交感神経と副交感神経のバランスも整えることができます。ストレッチを行うときは、伸ばすときに口から息を吐き、元に戻すときに鼻で息を吸うようにしましょう。また、腹式呼吸を意識してストレッチすることで、ダイエット効果をさらに引き出すこともできます。

ストレッチダイエットの注意点

反動をつけてストレッチしない!

ストレッチダイエット(2)

反動をつけてストレッチすると、筋肉も急激に伸ばされた分、反動で収縮してしまいます。筋肉が収縮すると、折角の努力も水の泡になってしまい、ダイエットにも逆効果です。ストレッチは筋肉や腱をゆっくりと引き延ばしていくイメージで行いましょう。

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(1)

ストレッチは体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。ストレッチダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よくコツコツ続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。また、ストレッチだけでは大したダイエット効果が得られないかもしれません。ストレッチだけでなく、有酸素運動や筋トレも組み合わせて実践するようにしましょう。

ストレッチダイエットのメニュー

「腰回りストレッチ」

  1. タオルを1枚用意。両手でタオルの端を掴み(タオルを両端に引っ張るようにして)、片膝をついて、両腕を肩の高さまで持ち上げる。また、背筋をまっすぐに伸ばして、顔、おへそ、膝、つま先をまっすぐ前に向ける。
  2. 鼻から息を吸いお腹にキュッと力を入れて、タオルを掴んだ両腕を体にしっかりと固定しながら、上半身をゆっくりと左(右)に捻る。
  3. 口から息を吐きながら、元の姿勢にスッと戻る。
  4. 鼻から息を吸いお腹にキュッと力を入れて、タオルを掴んだ両腕を体にしっかりと固定しながら、上半身をゆっくりと右(左)に捻る。
  5. 口から息を吐きながら、元の姿勢にスッと戻る。
  6. 2~5を左右交互に5回ずつ繰り返す。

「タオルを使った肩甲骨ストレッチ」

  1. タオルを1枚用意。床か椅子に座り、両手でタオルの端を掴んで(タオルを両端に引っ張るようにして)、そのまま高く持ち上げる。
  2. 口から息を吐きながら、肘を曲げてタオルを首の後ろから肩の位置まで下げる。
  3. 鼻から息を吸いながら、もう一度、両腕を高く持ち上げる。
  4. 2~3を10回×3セット繰り返す。

「寝ながら肩甲骨ストレッチ」

  1. 仰向けになり、両手を肩の真横に広げる。
  2. 肘を曲げないように左(右)腕を持ち上げて、左(右)手を天井にまっすぐ伸ばす。
  3. そのまま、左(右)の肩甲骨を引っ張るようなイメージで左(右)腕を右(左)腕の方向に持っていき、両掌を合わせる。
  4. 左(右)腕を元の位置にゆっくりと戻す。
  5. 肘を曲げないように右(左)腕を持ち上げて、右(左)手を天井にまっすぐ伸ばす。
  6. そのまま、右(左)の肩甲骨を引っ張るようなイメージで右(左)腕を左(右)腕の方向に持っていき、両掌を合わせる。
  7. 右(左)腕を元の位置にゆっくりと戻す。
  8. これを左右交互に10回ずつ繰り返す。

「寝ながら股関節ストレッチ」

  1. 床に仰向けになり、右足の脛(すね)が床と平行になるように右膝を90度に曲げる。
  2. 円を描くように右足を大きく回す(外回り・内回り各3回ずつ)。
  3. 今度は、左足の脛(すね)が床と平行になるように左膝を曲げて、円を描くように左足を大きく回す(外回り・内回り各3回ずつ)。
  4. 両足の脛(すね)が床と平行になるように膝を90度に曲げる。
  5. 肩が浮かないように両足を左右交互にゆっくりと倒す(各10回ずつ)。ただし、膝が離れないようにするコト。

「寝ながら骨盤矯正ストレッチ」

  1. 床に仰向けになり、両腕を広げて床につけ、左(右)膝を立てる。
  2. 立てた左(右)膝を両手でおさえて、腰を捻るように上体を右側にゆっくりと倒す。
  3. 2の姿勢を30秒キープする。
  4. 元の姿勢にゆっくりと戻す。
  5. 今度は、右(左)膝を立てて両手でおさえ、腰を捻るように上体を左側にゆっくりと倒す。
  6. 5の姿勢を30秒キープする。
  7. 元の姿勢にゆっくりと戻す。
  8. 2~7を左右交互に5回ずつ繰り返す。

まとめ

ストレッチで全身の筋肉を解したり骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れがスムーズになって代謝も上がり、脂肪の燃えやすい体になることができます。また、ストレッチには自律神経の乱れを調える効果もあり、交感神経や副交感神経のバランスが調うことで、体循環や体機能のON/OFFもスムーズになり、より健康的に痩せることができるようになります。ストレッチでダイエットする方法はとっても簡単で、運動前や入浴後、夜寝る前にストレッチを行うだけでOKです。ちなみに、ストレッチと並行して有酸素運動や筋トレも行えば、ストレッチのダイエット効果もさらに引き出すことができます。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ストレッチダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP