〇〇ダイエット情報部

シャドーボクシングダイエットの効果や成功のコツを大公開!

シャドーボクシングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【シャドーボクシングダイエット】変わり果てた「ベイマックス体型」にお悩みではありませんか?これまでいくつものダイエットを試してきたけれども、良好な結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率や筋トレ効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。また、筋トレ効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、ダイエット効果を十分に得ることができず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「シャドーボクシングダイエット」です。今回はそんなシャドーボクシングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

シャドーボクシングダイエットとは?

シャドーボクシングダイエット(1)

「シャドーボクシングダイエット」とは、相手が目の前に立っているものと想定しながら様々なパンチを繰り出すことで気になる部分をキュッと引き締めながら脂肪を効率よく燃焼させていくダイエット法です。また、シャドーボクシングなら無理なく楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎて、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうこともありません。シャドーボクシングでダイエットするやり方はとっても簡単で、シャドーボクシングを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、シャドーボクシングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

シャドーボクシングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。シャドーボクシングのMETsは『5~12.8(同じシャドーボクシングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)シャドーボクシングの消費カロリーが1時間で約262.5~672kcalになることが分かります。下にMETsを使ったシャドーボクシングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのシャドーボクシングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、シャドーボクシングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、シャドーボクシングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

シャドーボクシングダイエットの評価は?

シャドーボクシングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 0.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.1
  • 口コミ評価: 3.9

シャドーボクシングダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。また、シャドーボクシングダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、シャドーボクシングダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、シャドーボクシングダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、シャドーボクシングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、シャドーボクシングダイエットにチャレンジしてみてください!

シャドーボクシングダイエットの口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「シャドーボクシングダイエットを実践してみた」「シャドーボクシングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

シャドーボクシングを2ヶ月続けて体重が約8キロ減りました!また、シャドーボクシングのおかげで二の腕やウエストも細くなって、ヒップラインも綺麗になりました。ただ、ここ最近サボっていたので来週末からでもまた再開しようと思います。

今、シャドーボクシングダイエットをやっています。体重の変化はまだまだですが、ウエストが引き締まってきているのが自分でもわかります!あと、以前は食欲が強かったのですが、シャドーボクシングをやり始めてからやけ食いやストレス食いも減りました!とりあえずあと1ヶ月は続けていきたいです!

毎晩仕事から帰って来てしばらくしたらシャドーボクシングやってます。ただ、土日は一応休むようにしています。シャドーボクシングを始めて1ヶ月もすると、体つきが変わり始めて、ウエストやお尻も引き締まってきます。シャドーボクシングのおかげで毎日が充実しますよ~♪

シャドーボクシングは即効性もあるし、コツさえ覚えれば、誰でも気軽に挑戦できます。私がシャドーボクシングを挑戦した時は、体重が10kg、体脂肪率が12%も落ちました。シャドーボクシングはオススメのダイエット法です。

※シャドーボクシングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。シャドーボクシングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

シャドーボクシングダイエットの体験談

シャドーボクシングダイエット体験談

今回は、シャドーボクシングの効果を試すために1週間のシャドーボクシングダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.0 kg、体脂肪率が22.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日シャドーボクシングを20分以上行うというもの。また、シャドーボクシングを行う時は、ストレッチも忘れずに行うよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、頑固な脂肪も落ちて、見た目もほんのちょっぴりスッキリしたんです。さらに、シャドーボクシングダイエットを始めて数日が経つと、イライラやストレスも少しずつ解消して、暴飲暴食ややけ食いも心なしか抑えられるようになりました。それから1週間後、シャドーボクシングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70kgから69.6kgに、体脂肪率が22.8%から22.2%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、シャドーボクシングダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、シャドーボクシングダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

シャドーボクシングダイエットの効果とは?

シャドーボクシングは消費カロリーが高い!?

シャドーボクシングダイエット(6)

シャドーボクシングは消費カロリーがとても高く、たった10分間続けるだけでなんと300キロカロリーも消費できます。ちなみに、ウォーキングの消費カロリーは10分間で100キロカロリーも満たしません。つまり、ウォーキングよりもシャドーボクシングのほうがカロリーを多く消費できるのです。

シャドーボクシングは脂肪燃焼に最適!

脂肪を燃焼する(5)

シャドーボクシングは無酸素運動と有酸素運動の2つの要素を兼ね備えています。無酸素運動は心拍数を維持した状態で筋肉に負荷を掛けることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることができる運動です。一方、有酸素運動は酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷を掛けて行う運動であり、脂肪燃焼に絶大な効果を発揮します。ちなみに、脂肪を効率よく燃焼させるのに最適な心拍数は、最大心拍数の60~80%とされています。つまり、これら2つの運動を組み合わせることで、脂肪燃焼に最適な心拍数を維持しながら多くの酸素を血中に取り込み、脂肪燃焼をより促すことができるのです。このように、シャドーボクシングは脂肪燃焼に最適な運動です。

全身を引き締めて理想のスリムボディに!

スリムになる(3)

シャドーボクシングは無酸素運動と有酸素運動の複合運動であるため、全く違う二つのダイエット効果を一度に味わうことができます。無酸素運動には筋肉量を増やして代謝を促し、脂肪を落としやすくする効果が期待できます。また、有酸素運動には酸素を体内に取り込むことで血液やリンパの流れを良くして、体に溜まる余分な脂肪を効率よく燃焼させる効果が期待できます。つまり、この2つの運動が組み合わさることで、全身をキュッと引き締めて理想のボディラインを作り上げることができるのです。

ストレスを発散しながら楽しくダイエットできる!

ストレスを解消する(4)

シャドーボクシングでは「ストレスを発散しながら楽しくダイエットできる」のも魅力のひとつです。空を思いっきり殴ったり蹴ったりすることで、日頃のストレスを上手く発散させることができます。ストレスはダイエットの敵です。ストレスを溜め込むと、甘い物が欲しくなったり、過食に頼りたくなり、ダイエットに逆効果となってしまいます。シャドーボクシングはストレスを発散しながら楽しくダイエットできるので、まさに一石二鳥です。

シャドーボクシングにはこんな効果も…!?

シャドーボクシングダイエット(5)

実は、シャドーボクシングにはバストアップ効果も期待できます。というのも、シャドーボクシングはパンチをパンチを打つときに腕の筋肉だけでなく胸の筋肉も一緒に使うからです。もちろん、シャドーボクシングは腕の筋肉も使うので、二の腕のシェイプアップ効果も期待できます。

スポンサードリンク

シャドーボクシングダイエットのやり方

毎日シャドーボクシングを20分以上行おう!

シャドーボクシングダイエット(4)

シャドーボクシングでダイエットするやり方はとっても簡単で、シャドーボクシングを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、シャドーボクシングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、シャドーボクシングを正しいフォームで行う必要があります。また、シャドーボクシングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。シャドーボクシングの正しいフォームやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

シャドーボクシングの基本姿勢

シャドーボクシングのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でシャドーボクシングすることで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してシャドーボクシングダイエットに取り組んでください。

右利きの場合

  • ・脚を肩幅より少し広めに開く
  • ・体の力を抜いてリラックスさせる
  • ・左足を右足より前に出す/(左利き)右足を左足より前に出す
  • ・左足のつま先を内側に向ける/(左利き)右足のつま先を内側に向ける
  • ・右足のつま先を45°外側に向ける
  • ・胴は正面ではなく斜め横を向く
  • ・膝を軽く曲げる
  • ・手を軽く握って拳をつくり、顔の高さまで上げる
  • ・左手を顔の前に出す
  • ・右手を顎の横に添える
  • ・脇を締める

左利きの場合

  • ・脚を肩幅より少し広めに開く
  • ・体の力を抜いてリラックスさせる
  • ・右足を左足より前に出す
  • ・右足のつま先を内側に向ける
  • ・左足のつま先を45°外側に向ける
  • ・胴は正面ではなく斜め横を向く
  • ・膝を軽く曲げる
  • ・手を軽く握って拳をつくり、顔の高さまで上げる
  • ・右手を顔の前に出す
  • ・左手を顎の横に添える
  • ・脇を締める

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずシャドーボクシングのダイエット効果を実感できるかと思います。

パンチの正しい打ち方

ストレートの打ち方

ストレートは、基本姿勢から利き腕を前に突き出すパンチの打ち方です。右利きの方は右ストレート、左利きの方は左ストレートになります。腕を前に突き出すと同時に上体を大きく捻ると、ウエストもより効果的に絞ることができます。ただし、目線はしっかりと前を向き、顎もちゃんと引いておくようにしましょう。また、ストレートを打つときにもう片方の腕が下がりやすいので、顔の傍にしっかりと添えておくようにしましょう。

ジャブの打ち方

まず、左脚(左利きの方は右脚)を少し前に踏み出します。次に、左脚を少し前に踏み出したと同時に、左腕(左利きの方は右腕)を伸ばします。このとき、拳は軽く握ったままで、手の甲が上を向くようにするのがポイントです。そして、伸ばした腕を曲げると同時に、右脚(左利きの方は左脚)を基本姿勢のポジションにまで引きつけます。ちなみに、右利きの方は左ジャブ、左利きの方は右ジャブになります。

フックの打ち方

まず、身体を左側(左利きの方は右側)に捻り、体重を左脚(左利きの方は右脚)に乗せます。次に、捻った身体を元に戻しながら左手(左利きの方は右手)で相手の頬を真横から打ち抜くようにパンチします。ポイントは、肘を90°に曲げたまま、伸ばしきらないようにキープすることです。また、フックを打ち出すときにもう片方の腕が下がりやすいので、顔の傍にしっかりと添えておくようにしましょう。ちなみに、右利きの方は左フック、左利きの方は右フックになります。

アッパーの打ち方

まず、身体を左側(左利きの方は右側)に捻り、体重を左脚(左利きの方は右脚)に乗せます。次に、軽く左膝(左利きの方は右膝)を曲げて、少し姿勢を低くします。そして、捻った身体を元に戻しながら右腕(左利きの方は左腕)を下から上に向かって振り上げます。ポイントは、相手の顎めがけてアッパーを命中させるイメージをすることです。アッパーの動きは非常に複雑ですが、身体を大きく動かすことができるパンチなので、ゆっくりと動きを確かめながら身体に覚えさせていくようにしましょう。ちなみに、右利きの方は右アッパー、左利きの方は左アッパーになります。

音楽を聴きながら楽しく!

音楽を聴きながら(4)

音楽を聴きながら楽しくシャドーボクシングすることで、多少キツイ運動でも最後まで頑張り切ることができるかと思います。リズムに乗ってパンチを打ったりステップを踏んだりすることで、ダイエットもいつの間にか終わっちゃってるどころか、いつまでも続けたいと思うかもしれません。シャドーボクシングでダイエットするときは、音楽を聴きながら楽しくダイエットすることを強くオススメします。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(10)

シャドーボクシングの前後にストレッチをしましょう。シャドーボクシング前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、シャドーボクシング後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして疲れや痛みも和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

シャドーボクシングダイエットの注意点

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(10)

シャドーボクシングの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどから糖分を、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく補給することで、筋トレのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。さらに、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する効果があり、これらを摂取してから有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、運動中の水分補給はとても大切です。シャドーボクシングを行うときは水分補給もしっかりと行いましょう。

食後は控えるように!

食後の運動を控える(2)

食後のシャドーボクシングには十分な注意が必要です。食後すぐにシャドーボクシングをしてしまうと、胃が揺さぶられて腹痛や吐き気を引き起こしてしまう危険性があります。逆に、お腹が空いている時は体内のブドウ糖が不足しているので、この状態で有酸素運動を行えばすぐに脂肪をエネルギーとして消費できます。なので、シャドーボクシングダイエットは食後ではなく食前に行うよう心がけましょう。

無理しすぎないように!

注意を喚起する(4)

ただし、普段あまり運動をしない人がいきなりシャドーボクシングを無理し過ぎてしまうと、普段あまり使われていない筋肉や関節に負担を掛けてしまい、思わぬ大怪我に繋がってしまうかもしれません。シャドーボクシングを始めるときは、自分の運動レベルから様子を見ながら、少しづつ回数やセット数を増やしていきましょう。

シャドーボクシングダイエットのメニュー

「シャドーボクシングエクササイズ(1)」

  1. ウォーミングアップ(柔軟・ストレッチ)
  2. シャドーボクシング(基本のパンチ中心)
  3. シャドーボクシング(コンビネーション中心)
  4. シャドーボクシング(ディフェンスを交えたコンビネーション中心)
  5. クールダウン(整理体操)

「シャドーボクシングエクササイズ(2)」

  1. ウォーミングアップ(柔軟・ストレッチ)
  2. シャドーボクシング(基本のパンチ中心→コンビネーション中心)
  3. ロープスピッキング(縄跳び)
  4. 筋力トレーニング
  5. クールダウン(整理体操)

「シャドーボクシングエクササイズ(3)」

  1. ウォーミングアップ(柔軟・ストレッチ)
  2. ロールスピッキング(縄跳び)
  3. ニーアップ(もも上げ)
  4. シャドーボクシング(基本のパンチ中心→コンビネーション中心)
  5. サンドバッグ打ち
  6. ミット打ち
  7. 筋力トレーニング
  8. クールダウン(整理体操)

まとめ

シャドーボクシングは気になる部分をキュッと引き締めながら脂肪を効率よく燃焼させて、理想のスリムボディを作り上げていくのに最適な運動です。また、シャドーボクシングなら無理なく楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎて、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうこともありません。シャドーボクシングでダイエットするやり方はとっても簡単で、シャドーボクシングを1日20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「シャドーボクシングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP