〇〇ダイエット情報部

縄跳びダイエットの効果や成功する方法、口コミを徹底紹介!

縄跳びダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【縄跳びダイエット】オシャレな服も着こなせないそのぽっちゃり体型にお悩みではありませんか?これまで数多くのダイエットを試してきたけれど、期待通りの結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「脂肪燃焼の効率の悪さ」や「筋トレの効率の悪さ」、「代謝の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼の効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、十分に脂肪や体重を落とすことができず、なかなかシェイプアップできません。また、筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。さらに、代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼させることができず、体内に老廃物も溜まりやすくなって、なかなか痩せることができません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「縄跳びダイエット」です。毎日縄跳びを続けることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら代謝を上げて、脂肪もぐんぐん燃焼させていくことができます。今回はそんな縄跳びダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

縄跳びダイエットとは?

縄跳びダイエット(1)

「縄跳びダイエット」とは、毎日20分以上の縄跳びを続けることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら代謝を上げて、脂肪もぐんぐん燃焼させていくダイエット法です。縄跳びは全身の筋肉をバランスよく鍛えるのに最適な有酸素運動であり、全身の筋肉量が増えることで、血液の巡りも良くなり、代謝もぐんぐん上がって、脂肪も燃えやすくなります。また、縄跳びは畳一枚分のスペースさえあればどこでもできるので、これを利用して適度に場所を変えることで、景色や風景を楽しみながら飽きずにダイエットを長続きさせることもできます。縄跳びでダイエットするやり方はとっても簡単で、縄跳びを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、縄跳びダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

縄跳びの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。縄跳びのMETsは『8~12.3(同じ縄跳びでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)縄跳びの消費カロリーが1時間で約420~645.75kcalになることが分かります。下にMETsを使った縄跳びの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたの縄跳びの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、縄跳びの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、縄跳びでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

縄跳びダイエットの評価は?

縄跳びダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: A  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 4.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 4.7
  • 口コミ評価: 3.9

縄跳びダイエットは非常に短期間で効果を得られるだけでなく、「コスパ」や「エネルギー消費」にも優れているダイエット法です。また、縄跳びダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。このように、縄跳びダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もし短期間で効果を出したいのであれば、ぜひ一度、縄跳びダイエットにチャレンジしてみてください!

縄跳びダイエットの口コミは?

口コミ(10)

ネット上で「縄跳びダイエットを実践してみた」「縄跳びダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

週に4,5回縄跳びやってます。 縄跳びを始めた初週で下半身に変化が! 縄跳びは効果も実感しやすいし、ダイエットも苦にならないので長続きしています◎

縄跳びダイエット8日目です! ぽっこりお腹だったのが少しスッキリしました!ただ、それほど痩せられたとは思っていないので、今後も気ままに続けていこうと思います!!

週3日ほど縄跳びでダイエットしていますが、体重が5キロも落ちました。また、お腹まわりも少しづつ引き締まっているような気がします。

縄跳びダイエットをスタートして1ヶ月で4kg痩せました!1日20分弱くらい縄跳びしています。最近、毎朝体重計を見て一喜一憂するのが癖になっています!縄跳びダイエットは案外続けられそうです!

※縄跳びダイエットの口コミをまだまだ募集しております。縄跳びダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

縄跳びダイエットの成功談

縄跳びダイエット体験談

今回は、最近流行りの「縄跳びダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1 kg、体脂肪率が23.0 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日縄跳びを20分以上跳ぶというもの。また、縄跳びを跳ぶ時は、水分もしっかりと補給するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、二の腕や太ももに筋肉もついてきて、見た目もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、縄跳びダイエットを始めて数日が経つと、バランス感覚も少しずつ身に付いてきて、姿勢も心なしか良くなりました。それから1週間後、縄跳びダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-2.2kg、体脂肪率が-3.1%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、縄跳びダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、縄跳びダイエットは楽しく健康的に痩せられるダイエットだったように思います。

縄跳びダイエットの効果とは?

縄跳びで脂肪を効率よく燃焼できる!

脂肪を燃焼する(2)

縄跳びは全身をバランスよく鍛えるのに最適な有酸素運動です。全身の筋肉が鍛えられることで、代謝も上がり、脂肪も燃えやすくなります。また、縄跳びはウォーキングよりも息が上がる運動なので、心肺機能も高まります。心肺機能が高まれば、血液の巡りも良くなり、代謝も上がって、脂肪もさらに燃えやすくなるのです。このように、縄跳びは脂肪燃焼に最適な運動です。

縄跳びで全身を引き締められる!

スリムになる(2)

縄跳びを跳ぶことで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。とくに、縄跳びは太ももやふくらはぎなど下半身の筋肉を鍛えるのに効果的で、下半身も引き締めることができます。また、太ももは全身で最も筋肉量の多い部位です。この部位を縄跳びを跳んで重点的に鍛えることで、代謝をグングン上げて、痩せやすい体質になることができます。さらに、縄跳びは腕の筋肉もよく使います。縄跳びを回せば回すほど、腕の筋肉が使われて、二の腕まわりの脂肪も落ちるので、二の腕の引き締めにも効果が期待できます。そのほかにも、縄跳びは上体のバランスを一定に保ちながらジャンプするので、インナーマッスルも同時に鍛えることができ、全身も引き締めることができます。

縄跳びはどこでもできる!

縄跳びダイエット(2)

ウォーキングやランニングを行うには長い距離を走れる広いスペースが必要なのに対し、縄跳びは畳一枚分のスペースさえあればどこでも跳ぶことができます。また、これを利用して適度に場所を変えることで、景色や風景を楽しみながら飽きずにダイエットを続けることもできます。このように、縄跳びはどこでもできる点は大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

スポンサードリンク

縄跳びダイエットの方法

縄跳びを1日20分以上行おう!

縄跳びダイエット(4)

縄跳びでダイエットするやり方はとっても簡単で、縄跳びを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、縄跳びダイエットの効果を最大限に引き出すためには、縄跳びを正しい跳び方で行う必要があります。また、縄跳びダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。縄跳びの正しい跳び方やワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

縄跳びの正しい跳び方

縄跳びダイエット(3)

縄跳びダイエットの効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢で縄跳びを跳ぶことで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意して縄跳びダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・胸を少し張る
  • ・顎を軽く引く
  • ・膝を少し曲げる
  • ・あまり高く跳ばない
  • ・踵を少し浮かせてつま先で跳ぶ
  • ・肩ではなく腕で縄を回す
  • ・縄を床に強く打ちつけない
  • ・目線は10~15m先の路面を見る
  • ・こまめにインターバルを挟む
  • ・適度に跳び方を変えてもOK

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ず縄跳びダイエットの効果を実感できるかと思います。

縄跳びの前後にストレッチを!

ストレッチをする(8)

縄跳びの前後にストレッチを行いましょう。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足など心臓から遠い部位から順にゆっくりと伸ばしていきます。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から吐くようにしましょう。口から息を吐くときに、腱や関節をゆっくりと時間をかけて伸ばすとより効果的です。縄跳び前にストレッチを行うことで、縄跳び中の怪我を防ぐことができます。また、縄跳び後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、関節をしっかりと伸ばしてクールダウンさせることができ、疲れも残りにくくなります。

縄跳び前に筋トレしよう!

筋力トレーニングをする(7)

縄跳び前に筋トレをしましょう。縄跳び前に筋トレを行うことで、ブドウ糖よりも脂肪がエネルギーとして消費されるようになり、脂肪も効率よく燃焼させることができます。ただし、筋トレ自体はブドウ糖をエネルギー源とする無酸素運動なので、脂肪を直接燃やすことはできません。有酸素運動前に無酸素運動を行うことで、予めブドウ糖をエネルギーとして消費させておき、縄跳び直後から脂肪を燃焼させることができるのです。

縄跳びダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(3)

縄跳びはランニングと比べると体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。縄跳びダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(6)

有酸素運動の前後には水分補給(+塩分補給)も忘れずに行ってください。水分が不足すると、運動中に脱水症を引き起こし、それが引き金となって熱中症や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットを行うことができるのです。ちなみに、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどの糖質を少量補給し、運動後に良質なタンパク質やビタミンを補給することで、ダイエット効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、有酸素運動を行うときは、水分補給も忘れず行うようにしましょう。

縄跳びダイエットのメニュー

「縄跳びエクササイズ(1)」

  1. 前跳びをする(2分)。
  2. 休憩する(30秒)。
  3. 前跳びをする(2分)。
  4. 休憩する(30秒)。
  5. 前跳びをする(2分)。
  6. 休憩する(30秒)。
  7. 前跳びをする(2分)。
  8. 1~7を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

「縄跳びエクササイズ(2)」

  1. 前跳びをする(2分)。
  2. 休憩する(30秒)。
  3. 駆け足跳びをする(2分)。
  4. 休憩する(30秒)。
  5. 片足跳びをする(2分)。
  6. 休憩する(30秒)。
  7. 交差跳びをする(2分)。
  8. 休憩する(30秒)。
  9. 二重跳びをする(2分)。
  10. 1~9を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

「縄跳びエクササイズ(3)」

  1. 前跳びをする(3分)。
  2. 休憩する(30秒)。
  3. 二重跳びをする(2分)。
  4. 休憩する(30秒)。
  5. 前跳びをする(3分)。
  6. 休憩する(30秒)。
  7. 二重跳びをする(2分)。
  8. 休憩する(30秒)。
  9. 前跳びをする(3分)。
  10. 休憩する(30秒)。
  11. 二重跳びをする(2分)。
  12. 1~11を1日1セット、余裕があれば1日2,3セット行う。

まとめ

縄跳びは全身の筋肉をバランスよく鍛えるのに最適な有酸素運動であり、全身の筋肉量を増やすことで、血液の巡りを良くして代謝をぐんぐん上げ、「痩せにくい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。また、縄跳びは畳一枚分のスペースさえあればどこでもできるので、天候や環境にも左右されず、「ながら運動」でダイエットも長続きさせることができます。縄跳びでダイエットするやり方はとっても簡単で、縄跳びを1日20分以上行うだけでOKです。ちなみに、縄跳びなどの有酸素運動と並行してストレッチや筋トレも行えば、縄跳びのダイエット効果もさらに引き出すことができます。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「縄跳びダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP