〇〇ダイエット情報部

加圧トレーニングダイエットの効果や成功のコツを徹底紹介!

加圧トレーニングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【加圧トレーニングダイエット】どうしても痩せにくい体質にお悩みではありませんか?これまで数々のダイエットを試してきたけれども、納得のいく結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「筋トレ効率の悪さ」が原因かもしれません。筋トレ効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、ダイエット効果を十分に得ることができず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「加圧トレーニングダイエット」です。今回はそんな加圧トレーニングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

加圧トレーニングダイエットとは?

加圧トレーニングダイエット(1)

「加圧トレーニングダイエット」とは、腕や太腿の付け根を適切な圧力で締め血流を制限しながら筋力トレーニングに取り組むことで、成長ホルモンの分泌を促進しながら筋力トレーニングの効率を上げて、“しなやかなボディライン”をより短期間で作り上げていくダイエット法です。また、加圧トレーニングは過度なトレーニングを必要としないので、女性でも気軽に実践できます。加圧トレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、加圧トレーニングを週2,3回20分以上行うだけでOKです。ただし、加圧トレーニングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

加圧トレーニングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。加圧トレーニングのMETsは『2.8~8(同じ加圧トレーニングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)加圧トレーニングの消費カロリーが1時間で約147~420kcalになることが分かります。下にMETsを使った加圧トレーニングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたの加圧トレーニングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、加圧トレーニングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、加圧トレーニングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

加圧トレーニングダイエットの評価は?

加圧トレーニングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.8
  • 即効性: 1.4
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 3.1
  • 口コミ評価: 3.9

加圧トレーニングダイエットはとても手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」や「エネルギー消費」にも優れているダイエット法です。また、加圧トレーニングダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、加圧トレーニングダイエットは「即効性」がやや劣り気味なので、短期間で効果を出したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、加圧トレーニングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したいのであれば、ぜひ一度、加圧トレーニングダイエットにチャレンジしてみてください!

加圧トレーニングダイエットの口コミは?

口コミ(10)

ネット上で「加圧トレーニングダイエットを実践してみた」「加圧トレーニングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

週に1回加圧トレーニングジムに通ってみたのですが、気づいたら体重が5キロも減っていました。私は飽きっぽい性格なので、加圧トレーニングを毎週続けるのに多少の抵抗がありましたが、何とか乗り越えることができました。ちなみに、加圧トレーニングダイエットは普段あまり運動しない方や女性にもオススメのダイエット法です。

以前は体重が60キロもあったのですが、加圧トレーニングダイエットを続けて1ヶ月でその体重を55キロまで落とすことができました。体型に未だ目立った成果は見られませんが、もう少し続ければウエストまわりもちょっとは引き締まるのかなぁと期待しています。

週に2回加圧トレーニングジムに通っています。加圧トレーニングダイエットをスタートしてから今までに体重が7キロも落ちました。当初の目標はマイナス5キロだったので、思わぬ大収穫となりました。

去年の半ばから今月の中旬まで加圧トレーニングダイエットを続けて10kg近くも痩せました!途中途中で手を抜いたことは認めますが、結果として体重が減ったこと、二の腕やお腹が引き締まったことは嬉しい誤算でした。目標は達成してしまいましたが、折角なのでもう10kg体重を落としてみようと思います(笑)

※加圧トレーニングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。加圧トレーニングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

加圧トレーニングダイエットの体験談

加圧トレーニングダイエット体験談

今回は、最近巷で話題の「加圧トレーニングダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.4 kg、体脂肪率が21.3 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、週に2,3回ジムに通い加圧トレーニングをじっくり行うというもの。また、加圧トレーニングを行う時は、できるだけ専門のトレーナーから直接指導を受けるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、筋肉もついてきて、代謝もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、加圧トレーニングダイエットを始めて数日が経つと、肌の代謝も少しずつ活発になり、肌にハリや潤いも心なしか出てきました。それから1週間後、加圧トレーニングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.9kg、体脂肪率が-1.3%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、加圧トレーニングダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。(上がりました。)今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、加圧トレーニングダイエットは誰でも楽に痩せられるダイエットだったように思います。

加圧トレーニングダイエットの効果とは?

筋力アップで基礎代謝もぐんぐん向上!

代謝を上げる(1)

加圧トレーニングは女性にとって筋力をアップさせるのに最適な運動です。男性は少し頑張るだけで簡単に筋肉をつけることができるのですが、女性はホルモンの関係上、なかなか男性のように筋肉をつけることができません。しかし、加圧トレーニングを行うことで、女性でも簡単に筋肉量をアップさせることができます。というのも、加圧トレーニングは体を締め付けることで血流を制限し、さらに運動を行うことで体内の血中乳酸濃度を高めることができるからです。加圧トレーニング終了時に専用ベルトを外すと、体内に溜まっていた高濃度の乳酸が一気に流れ出し、成長ホルモンの分泌が活発になります。つまり、成長ホルモンの分泌が活発になることで、筋肉の修復も活発になり、筋肉量もどんどん増加していくのです。このように、筋肉量が増加すれば、基礎代謝も自然に上がり、より「痩せやすい身体」になることができます。

実はアンチエイジングにも効果的!?

美容・アンチエイジング(2)

加圧トレーニングで血流を制限することで、血管の拡張や収縮も活発になります。すると、血管の弾力も次第に蘇り、新鮮な酸素や栄養が身体の隅々まで行き渡るようになります。新鮮な酸素や栄養が身体の隅々まで行き渡るようになれば、肌の新陳代謝も活発になり、美容効果やアンチエイジング効果も期待できるようになるのです。また、前記したように、加圧トレーニングには成長ホルモンの分泌を活発にする効果もあり、肌の修復も活発に行われるようになります。

有酸素運動と組み合わせれば脂肪の効率もアップ!

脂肪を燃焼する(3)

さらに、加圧トレーニングと有酸素運動を組み合わせることで、脂肪燃焼の効率をアップさせることもできます。というのも、加圧トレーニングには元々、体内の血中乳酸濃度を高めて成長ホルモンの分泌を促したり、血管の拡張や収縮を活発にして血行を良くする効果があり、これにより有酸素運動で脂肪を燃焼させるための準備を整えることができるからです。成長ホルモンの分泌が活発になり、血液やリンパの巡りも良くなれば、基礎代謝や新陳代謝も次第に高くなり、脂肪もより燃えやすくなります。

過度なトレーニングをしなくても痩せられる!

加圧トレーニングダイエット(2)

前記したように、加圧トレーニングを行うことで女性でも簡単にスリムで引き締まった筋肉を身に付けることができます。加圧トレーニングは普通に筋トレするのと違い、体を引き締めて血流を一時的に塞き止めるのですから、体内の血中乳酸濃度もぐんぐん高まっていきます。その乳酸が専用ベルトを外したときに体内に一気に流れ出し、成長ホルモンの分泌、さらには筋肉の修復も通常の筋トレとは比べ物にならないほど活発になります。このように、加圧トレーニングは過度なトレーニングを要せずとも、簡単に筋肉をつけることができるのです。

スポンサードリンク

加圧トレーニングダイエットのやり方

加圧トレーニングでダイエットするには?

加圧トレーニングダイエット(3)

加圧トレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、加圧トレーニングを週2,3回20分以上行うだけでOKです。ただし、加圧トレーニングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、加圧トレーニングだけでなく有酸素運動もしっかりと行う必要があります。また、加圧トレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。加圧トレーニングダイエットのワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(3)

加圧トレーニングの前後にはストレッチもしっかりと行いましょう。加圧トレーニング前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、加圧トレーニング後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして疲れや痛みも和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐くようにします。この口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすと、ストレッチもより効果的になります。

有酸素運動もしっかりと行おう!

適度な運動をする(5)

残念ながら、加圧トレーニングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。というのも、ダイエットにおいて加圧トレーニングは決して無意味なことではないのですが、加圧トレーニングはあくまで成長ホルモンの分泌を活発にして筋肉をつきやすくするための一手段に過ぎないからです。加圧トレーニングのダイエット効果を最大限に引き出すためには、加圧トレーニングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動は加圧トレーニング後に行うとよいでしょう。加圧トレーニング後に有酸素運動を行うことで、ブドウ糖が枯渇した状態で脂肪を効率よく燃焼させることができます。

 

加圧トレーニングダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(5)

加圧トレーニングはランニングやサイクリングなどの有酸素運動と比べると供給する酸素の量も少なく運動の持続時間も短いので、すぐには痩せることができません。加圧トレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたも必ず加圧トレーニングのダイエット効果を実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(10)

加圧トレーニングの前後には水分補給もしっかりと行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こしてしまい、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、運動前に消化の良いバナナやヨーグルトを、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく摂取することで、加圧トレーニングのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切なので、加圧トレーニングの前後には水分をしっかりと補給するようにしましょう。

専門のトレーナーに直接指導を受けよう!

加圧トレーニングダイエット(4)

加圧トレーニングは決して自己流で行ってはいけません。というのも、血流を止めるという行為は、ひとつ間違えればとても危険な行為に変わってしまうからです。ですので、加圧トレーニングを行うときは、しっかりとした知識や経験を持っている専門のトレーナーに直接指導を受けるようにしましょう。

トレーニング後に脂っこいものを食べない!

食べ過ぎに注意する(1)

加圧トレーニング終了時は非常に吸収が良くなっています。最低でも加圧トレーニング終了時から2時間は脂っこいものや甘いものを控えるようにしましょう。

加圧トレーニングダイエットのメニュー

「加圧トレーニング(1)」

  1. 両腕に加圧ベルトを装着する。
  2. 掌のグーパー運動をする。
  3. 前後に腕伸ばし運動をする。
  4. 肩を前後にぐるぐる回す。
  5. ゴムベルトを伸ばす。
  6. 左右から力を加えて、エクササイズリングをぎゅっと押す。
  7. 肘を上げて、体を左右にツイストする。
  8. 両腕を真横に広げて、手のひらを表裏にひっくり返すように捩る。
  9. ゴムベルトを後ろに引く。
  10. 椅子に腰かけて両脚を上げたまま、お腹を丸めるように両脚を胸に引き寄せる。
  11. 両脚に加圧ベルトを装着する。
  12. 足指のグーパー運動をする。
  13. つま先を上下に動かす。
  14. かかとを上下に動かす。
  15. 足を上げる。
  16. 左右にキックする。
  17. 腹筋(クランチ)をする。
  18. ひなり腹筋(ツイストクランチ)をする。
  19. お尻をきゅっと引き締めて、かかとを上げ下げする。
  20. マットの上で歩く、走る、歩く、走る、歩くを繰り返す。
  21. うつ伏せになって、足上げ運動をする。
  22. 仰向けになって、足上げ運動をする
  23. 仰向けのまま、膝を顔の近くまで寄せる運動をする。
  24. 仰向けのまま両膝でボールを挟み、お尻を床から持ち上げる。
  25. 仰向けのまま両膝でボールを挟み、左右から力を加えてボールをぎゅっと押す。
  26. 仰向けのまま脚を上げて、腹筋をする。
  27. 加圧トレーニング後に、エアロバイクを20分以上漕ぐ。

「加圧トレーニング(2)」

  1. 両腕に加圧ベルトを装着する。
  2. 掌のグーパー運動をする。
  3. 前後に腕伸ばし運動をする。
  4. 肩を前後にぐるぐる回す。
  5. 肩もみをする。
  6. 左右から力を加えて、エクササイズリングをぎゅっと押す。
  7. 肘を上げて、体を左右にツイストする。
  8. ゴムベルトを後ろに引く。
  9. 両手にダンベルを持って、上下左右に動かす。
  10. 両手にダンベルを持ったまま、前屈みになって、羽ばたく鳥のように両腕を上げ下げする。
  11. 椅子に腰かけて両脚を上げたまま、お腹を丸めるように両脚を胸に引き寄せる。
  12. 両脚に加圧ベルトを装着する。
  13. 足指のグーパー運動をする。
  14. つま先を上下に動かす。
  15. かかとを上下に動かす。
  16. 足を上げる。
  17. 左右にキックする。
  18. 腹筋(クランチ)をする。
  19. ひなり腹筋(ツイストクランチ)をする。
  20. うつ伏せになって、腕立て伏せをする。
  21. うつ伏せのまま、バタ足をする。
  22. うつ伏せのまま、足を外側・内側に回す。
  23. うつ伏せのまま、足上げ運動をする。
  24. 仰向けになって、足上げ運動をする
  25. 仰向けのまま、膝を顔の近くまで寄せる運動をする。
  26. 仰向けのまま両膝でボールを挟み、左右から力を加えてボールをぎゅっと押す。
  27. 仰向けのまま、「脚を開く」と「脚をクロスさせる」を交互に繰り返す。
  28. 加圧トレーニング後に、エアロバイクを20分以上漕ぐ。

「加圧トレーニング(3)」

  1. 両腕に加圧ベルトを装着する。
  2. 掌のグーパー運動をする。
  3. 前後に腕伸ばし運動をする。
  4. 腕と肩を前後にぐるぐる回す。
  5. 左右から力を加えて、エクササイズリングをぎゅっと押す。
  6. 肘を上げて、体を左右にツイストする。
  7. 両手にダンベルを持って、腕を上に高く持ち上げる。
  8. 両手にダンベルを持ったまま、腕を前後に伸ばす。
  9. 両手にダンベルを持ったまま、前屈みになって、羽ばたく鳥のように両腕を上げ下げする。
  10. 両腕を真横に広げて、手のひらを表裏にひっくり返すように捩る。
  11. 椅子に腰かけて両脚を上げたまま、お腹を丸めるように両脚を胸に引き寄せる。
  12. ゴムベルトを後ろに引く。
  13. 両脚に加圧ベルトを装着する。
  14. 足指のグーパー運動をする。
  15. つま先を上下に動かす。
  16. かかとを上下に動かす。
  17. 足を上げる。
  18. 左右にキックする。
  19. 腹筋(クランチ)をする。
  20. ひなり腹筋(ツイストクランチ)をする。
  21. うつ伏せになって、足を上げ下げする。
  22. うつ伏せのまま、片足ずつ上げ下げする。
  23. うつ伏せのまま、バタ足をする。
  24. うつ伏せのまま、足を外側・内側に回す。
  25. うつ伏せのまま、足上げ運動をする。
  26. 仰向けで足上げ運動をする
  27. 仰向けのまま、膝を顔の近くまで寄せる運動をする。
  28. 仰向けのまま両膝でボールを挟み、お尻を床から持ち上げる。
  29. 仰向けのまま両膝でボールを挟み、左右から力を加えてボールをぎゅっと押す。
  30. 仰向けのまま脚を上げて、腹筋をする。
  31. 仰向けのまま、「脚を開く」と「脚をクロスさせる」を交互に繰り返す。
  32. 加圧トレーニング後に、エアロバイクを20分以上漕ぐ。

まとめ

加圧トレーニングは成長ホルモンの分泌を促進しながら筋力トレーニングの効率を上げて、“しなやかなボディライン”をより短期間で作り上げていくのに最適な運動です。また、加圧トレーニングは過度なトレーニングを必要としないので、女性でも気軽に実践できます。加圧トレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、加圧トレーニングを週2,3回20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「加圧トレーニングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP