〇〇ダイエット情報部

じゃがいもダイエットの効果や成功の秘訣、レシピを大公開!

じゃがいもダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【じゃがいもダイエット】もしかして、あなたはそのポッコリお腹にお悩みではありませんか?今まで色々なダイエットに挑戦してきたけれど、なかなか満足のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「食べ過ぎ」や「カロリーの過剰摂取」、「糖質の過剰摂取」が原因かもしれません。ついつい食べ過ぎてしまうと、エネルギーを消費し切れなくなり、体脂肪がどんどん溜まって、みるみる太ってしまいます。また、カロリーを過剰に摂取してしまうと、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、消費しきれなかったカロリーが体脂肪になって、体にどんどん蓄積されてしまいます。さらに、糖質を過剰に摂取してしまうと、血糖値が急激に上昇し、インスリンの分泌も活発になって、脂肪も付きやすくなってしまいます。そんな悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「じゃがいもダイエット」です。じゃがいもはカロリーや糖質がとても低いだけでなく、ペプチドやレジスタントスターチも豊富に含んでおり、ダイエットに最適な食材です。今回はそんなじゃがいもダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

じゃがいもダイエットとは?

じゃがいもダイエット(1)

じゃがいもにはペプチドが豊富に含まれており、少量食べるだけでも満腹感を味わうことができます。また、じゃがいもにはレジスタントスターチという成分もたっぷりと含まれており、脂質や糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇も緩やかにしてくれます。じゃがいもでダイエットするやり方はとっても簡単で、食事の30分前にじゃがいもを1個食べるだけでOKです。じゃがいもは蒸すか冷やすかすればレジスタントスターチの含有量も2倍になるので、お好きな方でダイエットに取り入れてみてください。ただし、じゃがいもダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

じゃがいものカロリーは?

じゃがいものカロリーはM1個(135g)当たり約103kcalで、これを100gに換算すると約76kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、じゃがいもはとても低カロリーな食品です。しかし、その一方で、じゃがいもの糖質量は100g当たり約16.3gもあるので、じゃがいもは糖質制限ダイエットにはあまり向かないかもしれません。

じゃがいもダイエットの評価は?

じゃがいもダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.8
  • 即効性: 1.7
  • コスパ: 3.0
  • 栄養バランス: 2.5
  • 口コミ評価: 3.0

じゃがいもダイエットはとても手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、じゃがいもダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、じゃがいもダイエットは「即効性」がやや劣り気味なので、短期間で効果を出したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、じゃがいもダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したいのであれば、ぜひ一度、じゃがいもダイエットにチャレンジしてみてください!

じゃがいもダイエットの口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「じゃがいもダイエットを実践してみた」「じゃがいもダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

じゃがいもを食べてダイエットできることを知ってから、1年くらいが経ちました。じゃがいもは大好物なので、とくにストレスを感じることもなく続けることができました。ちなみに、私は1年で12キロも痩せました!じゃがいもダイエットは私にピッタリのダイエット法です。

私はじゃがいもダイエットで体重をあまり落とすことができませんでしたが、ウエストまわりの脂肪は少し落ちたと思います。もう少し続ければ体重ももう少し落ちたのかなぁと後悔しています。

どれだけ頑張っても落ちなかった脂肪が、じゃがいもを食べ始めてから一気に落ちました。しかも、体重が5キロも減ったのには、驚きを隠せませんでした((((;゚Д゚)))))))びっくり!じゃがいもダイエット、最高!

僕はじゃがいもダイエットで-2kgの減量に成功し、ウエストも-2cmダウンしました。これからも頑張って続けていこうと思います。

※じゃがいもダイエットの口コミをまだまだ募集しております。じゃがいもダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

じゃがいもダイエットの体験談

じゃがいもダイエット体験談

今回は、じゃがいもの効果をもっと(詳しく)調べるために1週間の「じゃがいもダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5kg、体脂肪率が21.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、食前にじゃがいもを1個食べるというもの。「朝食前に1個、昼食前に1個、夕食前に1個」といった感じです。また、じゃがいもダイエット期間中は、カロリーが高くなりすぎないように調理法もできるだけ工夫するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、満腹感も感じやすくなって、食べる量もほんのちょっぴり減ったんです。さらに、じゃがいもダイエットを始めて数日が経つと、お腹の調子も少しずつ良くなり、腸内環境も心なしか改善しました。それから1週間後、じゃがいもダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.8kg、体脂肪率が-1.2%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、じゃがいもダイエットを終えてからというもの、食べる量もすっかり減りました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、じゃがいもダイエットは気長にコツコツ続けられるダイエットだったように思います。

じゃがいもダイエットの効果とは?

じゃがいもが食べ過ぎを防いでくれる!

じゃがいもダイエット(2)

じゃがいもには『ペプチド』という成分が豊富に含まれています。このペプチドには小腸を刺激して脳から満腹ホルモンを分泌させる働きがあります。脳から満腹ホルモンが分泌されることで、脳をリセットして食べ過ぎを防ぐことができるのです。また、じゃがいもは水分を吸収しやすく粘度(とろみ)の強い食品です。つまり、水分を吸収して粘度の強くなったじゃがいもは胃や腸の中をゆっくりと時間をかけて流れるので、その分満腹感も持続するというわけです。

じゃがいもは低カロリー&低糖質!

じゃがいもダイエット(3)

じゃがいもは100gあたり76kcalしかなく、これはご飯168kcal(100gあたり)の実に半分以下に相当します。また、じゃがいもは糖質量も16.3gしかなく、ご飯に含まれる糖質量31gより圧倒的に少なくなっています。つまり、じゃがいもはカロリーも低く糖質量も少ないダイエットに適した食品だったのです。また、先ほどもご紹介したとおり、じゃがいもは腹持ちもよく、食べ過ぎ防止にも効果抜群です。低カロリーでありながら満腹感も十二分に得ることができるので、じゃがいもはダイエットに最適な食材といえるでしょう。

じゃがいもが体内環境を整えてくれる!

じゃがいもダイエット(4)

じゃがいもには『レジスタントスターチ』という難消化性のでんぷんが豊富に含まれています。このレジスタントスターチには脂質や脂肪の吸収を抑える働きがあり、血糖値の上昇も緩やかにしてくれます。また、レジスタントスターチには整腸作用もあり、便秘解消や体質改善などの効果も期待できます。

スポンサードリンク

じゃがいもダイエットのやり方

食前にじゃがいもを1個食べよう!

じゃがいもダイエット(5)

じゃがいもでダイエットするやり方はとっても簡単で、食事の30分前にじゃがいもを1個食べるだけでOKです。食前にじゃがいもを食べることで、脳から満腹ホルモンが分泌されて食べ過ぎを防ぐことができます。また、じゃがいもと一緒に水分もしっかりと取ることで、じゃがいもが水分を吸って膨らんでくれるので、たった1個でも十分にお腹を満たすことができます。さらに、このように食べ過ぎを防いで食事の量を減らすことで、1日の総摂取カロリーを大きくカットすることもできます。

じゃがいもの調理法にも工夫を!

じゃがいもダイエット(6)

ただし、じゃがいもの調理法には注意が必要です。というのも、じゃがいもを調理するときに揚げたり炒めたりしてしまうと、カロリーが増えてダイエットに逆効果となってしまうのです。ですので、じゃがいもは蒸すか茹でる、あるいは焼いて調理するようにしましょう。また、じゃがいもは皮にもビタミンや食物繊維、クロロゲン酸などの栄養素がたっぷりと入っています。じゃがいもを調理するときは皮付きで蒸すようにしましょう。ちなみに、じゃがいもを冷やすと『レジスタントスターチ』の含有量が2倍になります。じゃがいもは蒸しても冷やしてもダイエット効果を得られるので、ぜひお好きな調理法で挑戦してみてください。

じゃがいもダイエットの注意点

食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(4)

いくらじゃがいもがダイエットに効果的だからといって、じゃがいもばかり食べ過ぎてしまうと、大きくカロリーをオーバーしてしまう恐れがあります。じゃがいもの食べ過ぎには十分に注意しましょう。

バランスのとれた食生活を心がけよう!

栄養バランスを考える(3)

いくらじゃがいもがダイエットに効果的だからといって、じゃがいもばかり食べ続けてしまうと、栄養が偏ってしまいます。”じゃがいも”だけにこだわらず、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

じゃがいもダイエットのレシピ

「ダイエットポテトサラダ」

じゃがいもダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・プレーンヨーグルト … 大さじ4
  • ・タマネギ … 1/4個
  • ・ジャガイモ(男爵) … 3個(450g)
  • ・ニンジン … 50g
  • ・キュウリ … 1本
  • ・レタス … 3枚
  • ・塩 … 適量
  • ・コショウ … 適量
  • ・酢 … 大さじ2
  • ・アーモンド(スライス) … 10g

【作り方】

  1. ヨーグルトはザルの上にペーパータオルを敷き、写真のように水気をきる。タマネギはみじん切りにする。ジャガイモはラップをせずに、600Wの電子レンジで約12分加熱し、熱いうちに皮をむき、ボウルに入れてつぶし、Aを加えて混ぜておく。[コツ・ポイント] ボウルの中にザルを入れ、ペーパータオルを敷き、ヨーグルトを入れて量が半分ぐらいになるまでほうっておくだけ。急いでいるときは、ヨーグルトをペーパータオルで包み、ボウルなどで重しをすると早く水がきれます。
  2. ニンジンはいちょう切りにし、キュウリは輪切りにして軽く塩(分量外)をふってもみ、水気を絞る。レタスはちぎる。
  3. 1のボウルに、ニンジン、キュウリ、タマネギを加え、塩、コショウで調味し、ヨーグルトを入れてざっくり混ぜる。
  4. 器にレタスを敷き、ポテトを盛ってアーモンドを散らす。

「じゃがいも羊羹」

じゃがいもダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・ジャガイモ … 400g
  • ・砂糖 … 120g
  • ・★水 … 200cc
  • ・★粉寒天 … 5g
  • ・バニラエッセンス(お好みで) … 10滴

【作り方】

  1. ジャガイモを水洗いして、そのままラップで包み、600Wの電子レンジで7~8分間加熱する(竹串がスッと通ればOK)。
  2. ジャガイモの皮を剥き、ジャガイモをボウルに入れて、熱いうちにマッシュする。
  3. 2が熱いうちに砂糖を練り込む。
  4. 耐熱容器に水、粉寒天を入れて、電子レンジで5分間加熱する。ただし、途中、泡立て器で2~3回かき混ぜること。
  5. ヘラでならしながら、4の耐熱容器に3を少しずつ流し入れる。また、お好みでバニラエッセンスも加える。
  6. 5を冷蔵庫で冷やし固める。

「じゃがいもソテー」

じゃがいもダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・ジャガイモ … 250g
  • ・にんにく … 1片
  • ・オリーブオイル … 大さじ1
  • ・乾燥タイム(ハーブ) … 適量
  • ・塩 … 適量

【作り方】

  1. ジャガイモを皮ごと蒸す。
  2. ジャガイモの皮を剥いて、1cm幅にスライスする。
  3. ニンニクを縦半分に切り、芯を取り除いて、さらに薄くスライスする。
  4. フライパンにオリーブオイルをひき、2と3を入れて、にんにくに焦げ目が付くまで炒める。
  5. 4に乾燥タイム(ハーブ)を散らす。
  6. 5に塩をふりかけて、味を調える。

まとめ

じゃがいもにはペプチドやレジスタントスターチが豊富に含まれており、十分に満腹感を得ながら脂肪の蓄積も抑えることができます。また、じゃがいもはカロリが低く糖質量も少ないので、食べても太りにくいです。じゃがいもでダイエットするやり方はとっても簡単で、食事の30分前にじゃがいもを1個食べるだけでOKです。ただし、レジスタントスターチをはじめ、栄養価を十分に得るためには、ジャガイモを蒸すか冷やすかしないといけないので、お好きな方でダイエットに挑戦してみてください。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「アーモンドダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP