〇〇ダイエット情報部

ピラティスダイエットの効果や成功のコツ、口コミを大公開!

ピラティスダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ピラティスダイエット】どうしても太ってしまうその体質にお悩みではありませんか?これまで様々なダイエットを試してきたけれど、満足のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「脂肪燃焼の効率の悪さ」や「血液やリンパの流れの悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼の効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、十分に脂肪や体重を落とすことができず、なかなか痩せることができません。また、血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼させることができません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ピラティスダイエット」です。毎日ピラティスを続けることで、血液やリンパの流れを良くしながら代謝をぐんぐん上げて、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。今回はそんなピラティスダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ピラティスダイエットとは?

ピラティスダイエット(1)

「ピラティスダイエット」とは、毎日20分以上のピラティスを続けることで、代謝を上げながら「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくダイエット法です。ピラティスは呼吸を深めながら小さく簡単な動きをリズミカルに行う有酸素運動で、酸素を体内に取り入れながら血行や代謝を促進して、脂肪の燃えやすい体を作り上げることができます。また、ピラティスには自律神経の乱れを調える効果もあり、交感神経と副交感神経のバランスを調えることで、ストレスを発散しながらダイエット効果を倍増させることもできます。ピラティスでダイエットする方法はとっても簡単で、ピラティスを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、ピラティスダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ピラティスの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ピラティスのMETsは『3』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ピラティスの消費カロリーが1時間で約157.5kcalになることが分かります。下にMETsを使ったピラティスの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのピラティスの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ピラティスの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ピラティスでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ピラティスダイエットの評価は?

ピラティスダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 1.0
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 1.2
  • 口コミ評価: 4.2

ピラティスダイエットはネットでの評価が非常に高いダイエット法です。また、ピラティスダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。ただし、ピラティスダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、ピラティスダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ピラティスダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、ピラティスダイエットにチャレンジしてみてください!

ピラティスダイエットの口コミは?

口コミ(4)

ネット上で「ピラティスダイエットを実践してみた」「ピラティスダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

ピラティスと有酸素運動との併用で、毎日続けて、2ヶ月で8Kg痩せることができました。

ピラティスを始めてから3週間くらい経ちましたが、 少しずつウエストが引き締まってきました!これからも、続けていこうと思います!

毎日自分のペースでピラティスをしています。 ピラティスダイエットを始めて1ヵ月になりますが、少し体重が落ちてお腹まわりも引き締まってきました。もう少し慣れてきたら、ピラティスの時間をもっと増やしてみようと思います。

テレビでとある芸能人がピラティスを毎日していると訊いて、私もマネして続けてみた結果、ウエストが2センチも縮まりました。かなり嬉しいです♪

※ピラティスダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ピラティスダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ピラティスダイエットの体験談

ピラティスダイエット体験談

今回は、ピラティスの効果を(実際に)確かめるために1週間の「ピラティスダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1kg、体脂肪率が23.0%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日ピラティスを20分以上行うというもの。また、ピラティスを行う時は、ひとつひとつの動作を丁寧に行うよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、血行も良くなって、代謝もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、ピラティスダイエットを始めて数日が経つと、体温も少しずつ上がり、むくみも心なしか解消しました。それから1週間後、ピラティスダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70.1kgから69.4kgに、体脂肪率が23%から22%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ピラティスダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。(上がりました。)今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ピラティスダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

ピラティスダイエットの効果とは?

代謝アップで「痩せやすい体」に!

代謝を上げる(4)

ピラティスを行うことで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。全身の筋肉量が増えると、血行も良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がります。また、ピラティスは心肺機能や循環機能を高めるのにも最適な運動です。心肺機能や循環機能が高まれば、酸素や血液も体の隅々まで行き渡るようになり、代謝も活発になります。このように、ピラティスを行うことで、代謝機能を高めて、「痩せやすい体」を手に入れることができるのです。

ピラティスで骨盤の歪みも解消!

骨盤の歪みを矯正する(4)

ピラティスを行うことで、骨盤の歪みも解消できます。骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。この骨盤の歪みはインナーマッスルの委縮が原因の一つとして考えられています。つまり、この骨盤の歪みをピラティスでインナーマッスルを鍛えることで解消できるのです。腰痛や肩こり、下半身太りにお悩みの方は、今日からでもピラティスを始めてみてはいかがでしょうか。

ピラティスはストレス解消や冷え性改善にも効果が…

ストレスを解消する(6)

ピラティスは呼吸を深めながら小さく簡単な動きをリズミカルに行う運動です。このピラティスを行いながら呼吸を深めることで、自律神経のバランスを整えることができます。自律神経のバランスが整うと、交感深海と副交感神経の切り替えもスムーズになり、ストレスも解消できます。とくに、この副交感神経を高めることで、不安や緊張を鎮めて気持ちを落ち着かせることができます。また、ピラティスには心肺機能や循環機能を高める効果もあり、このピラティスを行うことで、血液も体の隅々まで行き届くようになります。血液が手先からつま先まで行き届くようになれば、手足も温まり、冷え性も改善できるのです。このように、ピラティスダイエットはストレスや冷え性にお悩みの方にもおすすめのダイエット法です。

スポンサードリンク

ピラティスダイエットのやり方

ピラティスを1日20分以上行おう!

ピラティスダイエット(2)

ピラティスでダイエットする方法はとっても簡単で、ピラティスを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、ピラティスダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ピラティスを正しい呼吸法で行う必要があります。また、ピラティスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。ピラティスのおすすめエクササイズやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ゆっくりと丁寧に取り組もう!

ピラティスダイエット(3)

ピラティスダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ひとつひとつの動作を確認しながらゆっくりと丁寧にこなしていく必要があります。ひとつひとつの動作がゆっくりだと、少し物足りなく感じる方もいるかもしれません。しかし、鍛えたい部分や引き締めたい部分をしっかりと意識しながら取り組むことで、ピラティスのダイエット効果をしっかりと引き出すことができます。また、ひとつひとつの動作を確認しながらゆっくりと丁寧にこなすことで、筋肉が肥大化することもなく、女性らしい「しなやかな筋肉」をつけることもできます。

ピラティス前後のストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(9)

ピラティスの前後にはストレッチも必ず行いましょう。ピラティス前にストレッチをすることで、怪我を未然に防ぐことができます。また、ピラティス後にストレッチをすることで、筋肉や腱、靭帯、関節をしっかりと伸ばして、運動による筋肉痛や疲労を和らげることもできます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部分から順番にゆっくりと伸ばしていきましょう。また、ストレッチをするときは、鼻から息を吸って口から息を吐くのが基本です。この「口から息を吐く」ときに筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすと、ストレッチもより効果的になります。

ピラティスダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(8)

ピラティスはランニングと比べると体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。ピラティスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

水分をしっかり補給しよう!

水分を補給する(6)

ピラティスの前後には水分補給も必ず行いましょう。運動中に水分が不足すると、汗をかけなくなるため体に熱がこもり、脱水症や熱中症を引き起こしてしまいます。また、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。運動中の水分補給はとても大切です。ピラティスを行うときは水分も忘れずに補給するよう心がけましょう。

いきなり長時間ピラティスするのは控えよう!

ピラティスダイエット(4)

普段あまり運動をしない人がいきなりピラティスを始めてしまうと、普段あまり使われていない筋肉や関節に大きな負担を掛けてしまい、最悪の場合、思わぬ怪我に発展してしまうこともあります。ピラティスを始めるときは、まず自分の運動レベルを把握して、様子を見ながら少しづつ回数やセット数を増やしていくようにしましょう。

ピラティスダイエットのメニュー

「お腹まわりを引き締めるピラティス」

  1. ヨガマットの上に座り、膝を軽く曲げて、膝もしくは脹脛をくっつける。
  2. 踝(くるぶし)辺りに手を添えて、つま先をまっすぐに伸ばす。
  3. お尻を軸にして、鼻から息を吸いながら、背中から床に倒れ込む。
  4. 口から息を吐きながら起き上がり、元の姿勢にゆっくりと戻る。
  5. 3~4を10回×1~3セット繰り返す。

「ぽっこり下腹を解消するピラティス」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、両腕を横に広げて、両脚を腰幅2つ分くらいにひらく。
  2. 鼻から息を吸いながら、ウエストを反時計回りにねじり左を向く。
  3. 口から息を吐きながら、右手の指先を左足のつま先の方へと伸ばす(出来る範囲でOK)。
  4. 鼻から息を吸いながら、お腹(丹田)にキュッと力を入れてお腹を凹まし、上半身を起こす。
  5. 口から息を吐きながら、上体を正面に向けて、元の姿勢に戻る。
  6. 今度は、鼻から息を吸いながら、ウエストを時計回りにねじり右を向く。
  7. 口から息を吐きながら、左手の指先を右足のつま先の方へと伸ばす(出来る範囲でOK)。
  8. 鼻から息を吸いながら、お腹(丹田)にキュッと力を入れてお腹を凹まし、上半身を起こす。
  9. 口から息を吐きながら、上体を正面に向けて、元の姿勢に戻る。
  10. 2~9を左右交互に10回×1~3セット繰り返す。

「お腹と太ももを同時に引き締めるピラティス」

  1. 床に仰向けになり、両膝を抱える。
  2. おデコと膝を近づけるように上半身を持ち上げる。
  3. 鼻から息を吸う。
  4. 口から息を吐きながら、両手で左膝を抱えて、右足をまっすぐに伸ばす。
  5. 鼻から息を吸いながら、手足をパッとチェンジする。
  6. 口から息を吐きながら、両手で右膝を抱えて、左足をまっすぐに伸ばす。
  7. 3~6を左右交互に1分間×1~3セット繰り返す。

「上半身をシェイプアップするピラティス」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばしてヨガマットの上に座り、腕を肩の高さに、手のひらと肘を正面で合わせる。
  2. 鼻から息を吸いながら、左右の肩甲骨を寄せるように肩と腕をゆっくりと引いていく。ただし、肘の高さは変えないように。
  3. 口から息を吐きながら、腕を元の位置に戻していき、手のひらと肘を正面で合わせる。ただし、肘の高さは変えないように。
  4. 2~3を10回×1~3セット繰り返す。

「下半身をシェイプアップするピラティス」

  1. 四つん這いになる。
  2. 鼻から息を吸いながら、右脚を軽く持ち上げる。
  3. 口から息を強く吐きながら、右脚をまっすぐ後ろにゆっくりと伸ばす。
  4. 口から息を吐ききりながら、右脚を元の位置にゆっくりと戻す。
  5. 鼻から息を吸いながら、左脚を軽く持ち上げる。
  6. 口から息を強く吐きながら、左脚をまっすぐ後ろにゆっくりと伸ばす。
  7. 口から息を吐ききりながら、左脚を元の位置にゆっくりと戻す。
  8. 2~7を左右交互に10回×1~3セット繰り返す。

まとめ

ピラティスは呼吸を深めながら全身の筋肉をバランスよく鍛えて代謝をぐんぐん上げるのに最適な運動法です。また、ピラティスには自律神経のバランスを調える効果もあり、とくに副交感神経が優位に働くことで、不安や緊張を鎮めて気持ちも落ち着かせることができます。ピラティスでダイエットする方法はとっても簡単で、ピラティスを1日20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ピラティスダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP