〇〇ダイエット情報部

骨盤矯正ダイエットの効果や成功の方法、口コミを徹底紹介!

骨盤矯正ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【骨盤矯正ダイエット】何をやっても太ってしまうその体質にお悩みではありませんか?これまで数々のダイエットを試してきたけれど、望んでいた通りの結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「血液やリンパの流れの悪さ」や「代謝の悪さ」、「骨盤の歪み」が原因かもしれません。血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼させることができません。また、代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼させることができず、体内に老廃物も溜まりやすくなって、なかなか痩せることができません。さらに、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「骨盤矯正ダイエット」です。毎日骨盤の歪みを矯正し続けることで、血行を促しながら基礎代謝をぐんぐん上げて、「痩せにくい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。今回はそんな骨盤矯正ダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

骨盤矯正ダイエットとは?

骨盤矯正ダイエット(1)

「骨盤矯正ダイエット」とは、毎日骨盤の歪みを矯正し続けることで、血行を促しながら基礎代謝をぐんぐん上げて、「痩せにくい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくダイエット法です。骨盤の歪みを矯正することで、骨盤の中を通る血管も広がり、血液やリンパの流れもスムーズになるので、基礎代謝もぐんぐん上がって脂肪も燃えやすくなります。また、血液やリンパの流れがスムーズになることで、筋肉の凝りも解消して、腰痛や肩こりも未然に防ぐことができます。骨盤矯正でダイエットする方法はとっても簡単で、毎日骨盤の歪みを矯正するエクササイズやストレッチを行うだけでOKです。ただし、骨盤矯正ダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

骨盤矯正の消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。骨盤矯正のMETsは『2.3~3.5(同じ骨盤矯正でもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)骨盤矯正の消費カロリーが1時間で約120.75~183.75kcalになることが分かります。下にMETsを使った骨盤矯正の消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたの骨盤矯正の消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、骨盤矯正の消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、骨盤矯正でダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

骨盤矯正ダイエットの評価は?

骨盤矯正ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.7
  • 即効性: 0.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.9
  • 口コミ評価: 3.9

骨盤矯正ダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、骨盤矯正ダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、骨盤矯正ダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、骨盤矯正ダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、骨盤矯正ダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、骨盤矯正ダイエットにチャレンジしてみてください!

骨盤矯正ダイエットの口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「骨盤矯正ダイエットを実践してみた」「骨盤矯正ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

私は文化部で学校から家も近いので、普段は全然運動をしていません。でも、骨盤矯正エクササイズを始めてみたら、それだけで太らなくなりました!ただ、骨盤矯正だけでは物足りないかもしれないので、軽めの有酸素運動もプラスしたほうが良さそうです(笑)兎にも角にも、骨盤矯正ダイエットはすごいオススメです!

2年半前、 毎日30分くらい骨盤矯正エクササイズをしてました。 他にも、ジョギングとか体幹トレーニングとかをしてたこともあり、2週間で3(4?)kg体重が落ちました。 今月からでも骨盤矯正エクササイズ、また始めようと思います。

毎日2,30分骨盤矯正ダイエットしていますが、体重が少しずつ減ってきたような気がします。 休日はプラス10分骨盤矯正しています。骨盤矯正ダイエットなら全然ダイエットが嫌にならないので、これからも続けていきたいです。

週に5回は骨盤矯正エクササイズをしてます。 最低でも20分は、調子のいい時は30分程骨盤矯正エクササイズをしてます。夏頃から軽めの有酸素運動と並行して骨盤矯正エクササイズをしてますが、4,5kg減量することができました。

※骨盤矯正ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。骨盤矯正ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

骨盤矯正ダイエットの体験談

骨盤矯正ダイエット体験談

今回は、あの有名女性誌にも取り上げられた「骨盤矯正ダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.2 kg、体脂肪率が20.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、骨盤矯正エクササイズを1日10分するというもの。また、骨盤矯正ダイエットを行う時は、栄養バランスのとれた食事を常に心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、骨盤の歪みも改善して、血行もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、骨盤矯正ダイエットを始めて数日が経つと、血液やリンパの流れも少しずつ良くなり、腰痛や肩こり、下半身太りも心なしか解消しました。それから1週間後、骨盤矯正ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.5kg、体脂肪率が-0.7%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、骨盤矯正ダイエットを終えてからというもの、血行もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、骨盤矯正ダイエットはずっと続けられるダイエットだったように思います。

骨盤矯正ダイエットの効果とは?

代謝を上げて理想のメリハリBODYに!

スリムになる(4)

「骨盤矯正」は「血行」と深く関係しています。骨盤が歪むと、骨盤の中を通る血管が圧迫されて、血液の流れも悪くなってしまいます。また、血液の流れが滞ると、体内に老廃物や毒素が溜まって、便秘やむくみの原因にもなってしまいます。この血行不良は骨盤の歪みを矯正して、骨盤の中を通る血管を広げることで解消できます。また、骨盤の歪みを矯正することで、関節の可動域を広げることもできます。関節の可動域が広がると、筋肉も柔らかくなり、血液の流れもさらに良くなります。このように、血行が良くなれば、基礎代謝もぐんぐん上がり、脂肪も燃えやすくなるのです。

骨盤矯正で「ぽっこりお腹」や「垂れ尻」も解消!

ぽっこりお腹を解消する(2)

ちなみに、「ぽっこりお腹」や「垂れ尻」も、骨盤の歪みで筋肉が凝り固まり、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまうことで引き起こされる症状です。これらの症状は骨盤の歪みを矯正し、筋肉を解して柔らかくする、乃至(ないし)は内臓を本来あるべき位置に戻すことで解消できます。

骨盤矯正で便秘やむくみも解消!

便秘を解消する(3)

骨盤矯正には便秘やむくみを解消する効果もあります。骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまいます。内臓が下に垂れると、臓器の下に位置する腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、内臓下垂によって腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。この便秘は骨盤の歪みを正し、内臓を本来あるべき位置に戻すことで解消できます。ちなみに、内臓が本来あるべき位置に戻り、内臓の働きが活発になることで、脳卒中や心筋梗塞を未然に防ぐこともできます。

骨盤矯正で腰痛や肩こりも解消!

ヒップアップ(5)

骨盤矯正には腰痛や肩こりを解消する効果もあります。骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも滞り、肩や腰に十分な血液を送ることができなくなってしまいます。また、血液やリンパの流れが滞ると、筋肉も凝り固まり、最悪の場合、腰痛や肩こり、さらには下半身太りの原因にもなってしまいます。この腰痛や肩こりは骨盤の歪みを正し、血液やリンパの流れを促すことで解消できます。ちなみに、血液やリンパの流れが良くなると、基礎代謝もぐんぐん上がるので、より痩せやすい体を作ることもできます。

骨盤矯正で疲れにくくなる!

疲れにくくなる(3)

骨盤の歪みを矯正することで、身体への負担を減らしてパフォーマンスを上げることができます。骨盤が歪んでいる状態で身体を動かすと、首や肩、腰、股関節、膝などに大きな負担をかけてしまい、身体の痛みや疲れを感じやすくなってしまいます。また、骨盤が歪んでいると、運動のパフォーマンスも下がってしまうので、ダイエットの効率もガクッと落ちてしまいます。これらの症状は骨盤の歪みを矯正し、身体への負担を軽減することで解消できます。

骨盤矯正には女性にも嬉しい効果が…

バストアップ(3)

骨盤は股関節と密接な関係にあり、骨盤が歪むことで股関節も硬くなって痛みを感じやすくなってしまいます。股関節が硬くなると、股関節まわりの体温も下がり、ホルモンバランスも乱れてしまいます。ホルモンバランスが乱れると、生理中の情緒も不安定になり、最悪の場合、生理不順や不正出血、更年期障害の原因にもなってしまいます。また、骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまい(内臓下垂)、子宮や卵巣に大きな負担をかけてしまいます。子宮や卵巣に大きな負担がかかると、不妊や生理痛、生理不順などの症状を引き起こす恐れもあります。これらの女性特有の悩みは骨盤の歪みを矯正し、股関節を解して柔らかくする、乃至(ないし)は内臓を本来あるべき位置に戻すことで解消できます。

スポンサードリンク

骨盤矯正ダイエットのやり方

毎日骨盤矯正エクササイズを行おう!

骨盤矯正ダイエット(2)

骨盤矯正でダイエットする方法はとっても簡単で、毎日骨盤の歪みを矯正するエクササイズやストレッチを行うだけでOKです。ただし、骨盤矯正ダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。また、骨盤矯正を長時間続けると骨盤を痛めてしまう恐れもあるので、骨盤矯正のやり過ぎには十分な注意が必要です。骨盤矯正のおすすめエクササイズやストレッチ、ワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

骨盤矯正ダイエットは寝る前がベスト!

睡眠を取る(1)

骨盤矯正エクササイズや骨盤矯正ストレッチは夜寝る前がダイエットに最も効果的です。逆に、就寝時間からあまりにもかけ離れてしまうと、ストレッチで伸ばした筋肉や関節が再び縮こまってしまったり、エクササイズで和らげた疲労がまたどんどん蓄積されてしまったりして、折角のダイエット効果も半減してしまいます。「夜寝る何分前までにストレッチを終えておかなければいけない」というシバリは特にありませんが、骨盤矯正エクササイズや骨盤矯正ストレッチは夜寝る1時間ほど前を目途に行うよう心がけましょう。

なかなか効果を実感できないときは?

骨盤矯正ダイエット(3)

骨盤矯正エクササイズや骨盤矯正ストレッチのダイエット効果をなかなか実感できない場合は、姿勢や手順を改めて見直してみましょう。もしかすると、姿勢や手順が間違っているせいで、骨盤の歪みをきちんと整えることができていないのかもしれません。もし、いまいち骨盤矯正エクササイズや骨盤矯正ストレッチのイメージが掴めない場合は、書籍やDVD、インターネット等で正しいフォームを再度確認してみてください。

骨盤矯正ベルトについて

骨盤矯正ベルト

骨盤矯正ベルトを使えば、装着して普段どおり生活するだけで骨盤の歪みを解消できます。また、骨盤矯正ベルトには妊娠や出産におけるリスクを回避する効果もあるので、最近では産婦人科でも重宝されています。骨盤矯正ベルトには「骨盤に巻き付けるタイプ」と「下着と一体になったタイプ」の2種類があるので、自分に合ったベルトを選ぶようにしましょう。ただし、骨盤矯正ベルトを長期間装着し続けると、腹筋や背筋など姿勢を保つ筋肉が衰えてしまうので、長期間の装着には十分に注意してください。

骨盤矯正ダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(7)

骨盤矯正エクササイズはマラソンやランニング、サイクリングと比べると体への負荷が小さい分運動強度も低いので、なかなか痩せることができません。骨盤矯正ダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けましょう。根気よく続けていけば、あなたも必ずダイエット効果を実感できることでしょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけよう!

栄養バランスを考える(6)

いくら骨盤矯正エクササイズにダイエット効果があるからといって、栄養の偏った食事を続けてしまうと、代謝機能や循環機能が悪化し、エネルギー消費もどんどん滞って、ダイエットしても痩せにくい体になってしまいます。また、栄養の偏った食事を続けてしまうと、体に必要な栄養も不足してしまい、最悪の場合、体調を崩してしまう恐れもあります。このように、栄養バランスのとれた食事が骨盤矯正ダイエットの成功を大きく左右してしまう可能性も少なくありません。骨盤矯正ダイエットを行うときは、栄養のバランスをしっかりと考えて食事を摂るよう心がけましょう。

骨盤矯正ダイエットのメニュー

「骨盤矯正ストレッチ」

  1. 床に仰向けになり、両腕を広げて床につけ、左(右)膝を立てる。
  2. 立てた左(右)膝を両手でおさえて、腰を捻るように上体を右側にゆっくりと倒す。
  3. 2の姿勢を30秒キープする。
  4. 元の姿勢にゆっくりと戻す。
  5. 今度は、右(左)膝を立てて両手でおさえ、腰を捻るように上体を左側にゆっくりと倒す。
  6. 5の姿勢を30秒キープする。
  7. 元の姿勢にゆっくりと戻す。
  8. 2~7を左右交互に5回ずつ繰り返す。

「骨盤スクワット(蟹股)」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、胸を少し張って、お腹とお尻にキュッと力を入れる。両腕を肩の高さまで上げて、両足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し外側に向ける。
  2. 両腕を後ろに振り下ろしながら、椅子に腰かけるようにお尻を突き出して、膝を45秒かけてゆっくりと90度に曲げる。
  3. 太腿と床が平行になるまで腰を落としたら、上体をキープしてひと呼吸おく。
  4. 両腕を肩の高さまで振り上げながら、曲げた膝を15秒かけてゆっくりと伸ばし、元の姿勢に戻る。
  5. 2~4を10回×1~3セット繰り返す。

「骨盤スクワット(内股1)」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、胸を少し張って、お腹とお尻にキュッと力を入れる。両腕を肩の高さまで上げて、両足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し内側に向ける。
  2. 両腕を後ろに振り下ろしながら、椅子に腰かけるようにお尻を突き出して、膝を45秒かけてゆっくりと90度に曲げる。
  3. 太腿と床が平行になるまで腰を落としたら、上体をキープしてひと呼吸おく。
  4. 両腕を肩の高さまで振り上げながら、曲げた膝を15秒かけてゆっくりと伸ばし、元の姿勢に戻る。
  5. 2~4を10回×1~3セット繰り返す。

「骨盤スクワット(内股2)」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、胸を少し張って、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  2. 両腕を肩の高さまで上げて、両足を“肩幅”に開き、つま先をできるだけ内側に向ける。
  3. 両腕を後ろに振り下ろしながら、椅子に腰かけるようにお尻を突き出して、膝を45秒かけてゆっくりと90度に曲げる。
  4. 太腿と床が平行になるまで腰を落としたら、その姿勢をキープして一呼吸置く。
  5. 両腕を肩の高さまで振り上げながら、曲げた膝を15秒かけてゆっくりと伸ばし、元の姿勢に戻る。
  6. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

まとめ

骨盤矯正には骨盤の中を通る血管を広げて血行を促す効果があり、血液やリンパの流れが良くなることで、基礎代謝もぐんぐん上がり脂肪もどんどん燃えやすくなります。また、骨盤矯正には内臓を本来あるべき位置に戻す効果もあり、内臓が本来あるべき位置に戻ることで、内臓の働きも活発になり、脳卒中や心筋梗塞も未然に防ぐことができます。骨盤矯正でダイエットする方法はとっても簡単で、毎日骨盤の歪みを矯正するエクササイズやストレッチを行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「骨盤矯正ダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP