〇〇ダイエット情報部

片足立ちダイエットの効果や成功の方法、口コミを徹底紹介!

片足立ちダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【片足立ちダイエット】何をやっても痩せられない「おデブ体質」にお悩みではありませんか?これまで数あるダイエットを試してきたけれども、あまり良い結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「骨盤の歪み」や「血液やリンパの流れの悪さ」が原因かもしれません。骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。また、血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「片足立ちダイエット」です。今回はそんな片足立ちダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

片足立ちダイエットとは?

片足立ちダイエット(1)

「片足立ちダイエット」とは、片足を上げて直立した状態を一定時間キープし続けることで、下半身の筋肉を鍛えながら骨盤の歪みを正し、血液やリンパの流れを少しずつ良くして、より痩せやすい身体を作り上げていくダイエット法です。片足立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、片足立ちを左右交互に1日1分×2~4セット行うだけでOKです。ただし、片足立ちダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

片足立ちダイエットの評価は?

片足立ちダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.5
  • 即効性: 0.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.1
  • 口コミ評価: 4.0

片足立ちダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、片足立ちダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、片足立ちダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、片足立ちダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、片足立ちダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、片足立ちダイエットにチャレンジしてみてください!

片足立ちダイエットの口コミは?

口コミ(6)

ネット上で「片足立ちダイエットを実践してみた」「片足立ちダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

兎に角、騙されたと思って片足立ちダイエットを始めてみてください。私は片足立ちで体重が-5kg、体脂肪率が-6%痩せましたよ。今は楽しくて楽しくて、片足立ちが癖になっています。

片足立ちを先週末から始めました。この2週間で体重が4kg減、体脂肪率が5.5%減しました。ちなみに、今までキツキツだったズボンもすんなりと履けるようになりました。

毎日、片足立ちしてます。私は食べることが大好きで、普段も食べる量が多いのですが、その分を消費するために毎日30~50分ほど片足立ちするよう心がけています。体重はあまり変わりませんが、腰まわりはスッキリしました。

私も以前は片足立ちしてたんだけど、あの頃はいくら食べても太らなかった!でも、片足立ちを辞めたら途端に太ってきて…。継続は力なり、片足立ちは続けなくちゃ意味がないっ(`・ω・´) 少し時間に余裕ができたら、また片足立ちを始めようって思ってます。

※片足立ちダイエットの口コミをまだまだ募集しております。片足立ちダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

片足立ちダイエットの体験談

片足立ちダイエット体験談

今回は、つい最近友人に勧められた「片足立ちダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.6 kg、体脂肪率が21.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日片足立ちを1分×2~4セット行うというもの。また、片足立ちダイエットを行う時は、軽めの有酸素運動もしっかりと取り入れるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、脚のむくみも取れて、脚もほんのちょっぴり細くなったんです。さらに、片足立ちダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ解消し、猫背も心なしか改善しました。それから1週間後、片足立ちダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.4kg、体脂肪率が-0.6%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、片足立ちダイエットを終えてからというもの、脚もすっかり細くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、片足立ちダイエットは一生続けられるダイエットだったように思います。

片足立ちダイエットの効果とは?

片足立ちは下半身の引き締めに最適!

むくみを解消する(8)

片足立ちでは上半身を支えるために下半身の筋肉が多く使われます。とくに、片足立ちは大殿筋や中殿筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋、ハムストリングを鍛えるのに効果的で、太腿やお尻を効率よく引き締めることができます。また、片足立ちには腓腹筋やヒラメ筋を鍛える効果もあり、ふくらはぎの”むくみ”や”たるみ”も簡単に解消させることができる。このように、片足立ちは下半身の引き締めに最適な運動なのです。

片足立ちで骨盤の歪みも矯正!

骨盤の歪みを矯正する(5)

また、片足立ちを毎日コツコツ続けることで、骨盤の歪みを矯正することもできます。というのも、片足を上げて股関節を緩めることで、骨盤の緊張を解すことができるからです。骨盤は日常生活の中でどうしても固まり緊張しがちになってしまいます。しかし、片足立ちを毎日コツコツ続けることで骨盤の緊張を解して、骨盤の歪みも解消できるのです。また、片足立ちには体幹を鍛える効果もあります。この体幹が鍛えられると、骨盤や肩甲骨も本来の正しい位置に戻り、猫背も改善されて姿勢も次第に良くなります。このように、片足立ちは骨盤矯正や姿勢矯正にも最適な運動なのです。

片足立ちで血行も促進!

代謝を上げる(5)

さらに、骨盤矯正には血流を良くする効果も期待できます。というのも、骨盤の歪みを矯正することで硬くなった筋肉を柔らかくして、圧迫された血管やリンパ管を拡げることができるからです。血行が良くなると、血液も体の隅々まで行き渡るようになり、基礎代謝もぐんぐん上がって、脂肪も燃えやすくなります。また、血行が良くなることで、体内に溜まった老廃物もスムーズに排出されるようになり、便秘やむくみ、冷え性、肩こりなども解消できるようになります。

片足立ちで体幹も効果的に鍛えられる!

片足立ちダイエット(2)

片足立ちには体幹を鍛える効果も期待できます。体幹が鍛えられると、骨盤や肩甲骨も本来あるべき位置に戻り、猫背も改善されて姿勢も次第に良くなります。また、猫背が改善されると、姿勢が良くなるだけでなく内臓下垂も改善されるので、内臓機能も良くなり食欲も抑えることができるようになります。

スポンサードリンク

片足立ちダイエットのやり方

片足立ちでダイエットするには?

片足立ちダイエット(3)

片足立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、片足立ちを左右交互に1日1分×2~4セット行うだけでOKです。ただし、片足立ちのダイエット効果を最大限に引き出すためには、片足立ちと並行して有酸素運動もしっかりと行う必要があります。また、片足立ちダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。片足立ちダイエットのワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

有酸素運動もしっかりと行おう!

適度な運動をする(8)

残念ながら、片足立ちダイエットだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいて片足立ちは決して無意味なことではないのですが、片足立ちはあくまで下半身の筋肉量を増やして骨盤の歪みを矯正するための一手段に過ぎません。片足立ちのダイエット効果を最大限に引き出すためには、片足立ちと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動は片足立ちエクササイズ後に行うことをオススメします。片足立ちエクササイズ後に有酸素運動を行うことで、ブドウ糖が消費された状態で脂肪を燃やし始めることができます。

片足立ちで「ながらダイエット」をしよう!

音楽を聴きながら(6)

片足立ちは好きなテレビ番組を観たり好きな音楽を聴きながら実践できるので、集中力に自信がない方にもオススメです。また、片足立ちは通勤や通学、買い物など日々のちょっとした時間を有効に活用するだけでも実践できます。このように、片足立ちは「ながらダイエット」に最適な運動なので、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

片足立ちダイエットの注意点

なかなか効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(1)

片足立ちはウォーキングやランニングなどと比べると供給する酸素の量も少なく運動の持続時間も短いので、なかなか効果を実感できないかもしれません。片足立ちダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたも必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

周囲に気をつけよう!

足元・周囲に注意する(1)

片足立ちダイエットをするときは、周囲に危険な物が置いていないかチェックする必要があります。もし誤って転倒したときに周囲に危険な物が置いてあると、それに頭や腹をぶつけて、思わぬ怪我に繋がってしまうかもしれません。片足立ちダイエットをするときは、周囲に危険な物が置いていないかを必ずチェックするようにしましょう。

腰や膝に痛みを抱えている人は…

腰痛・膝痛に気をつける(3)

片足立ちは腰や膝に痛みを抱えている人にとっては不向きな運動かもしれません。というのも、腰に痛みを抱えていると姿勢を保つのが難しくなり、そのせいで背中も丸くなって膝にまで負担を掛けてしまうからです。もし腰や膝に痛みを抱えている場合は、片足立ちを控えるようにしましょう。

片足立ちダイエットのメニュー

「片足立ちトレーニング」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、両足を肩幅に開いて、両手を腰に添える。
  2. 右足を床から10cmほど上げて、その姿勢を1分間キープする。
  3. 今度は、左足を床から10cmほど上げて、その姿勢を1分間キープする。

「木のポーズ」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、両足を肩幅に開く。
  2. 右足を床から上げて、右足の裏を左足の太腿の内側につける。
  3. 両手のひらを胸の前で合わせて(or両手のひらを頭の上で合わせて)、その姿勢を30秒間キープする。
  4. 今度は、左足を床から上げて、左足の裏を右足の太腿の内側につける。
  5. 両手のひらを胸の前で合わせて(or両手のひらを頭の上で合わせて)、その姿勢を30秒間キープする。

「片足スクワット」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、片足を前方に放り出して、片足立ちになる。両手は腰に添えるか、肩の高さまで上げて、体の前に突き出す。
  2. 体を支えている足の膝を(90度を目標に)ゆっくりと曲げながら、お尻を後ろに突き出していく。
  3. 膝を曲げるまで曲げたら(90度を目標に)、上体をキープしてひと呼吸おく。
  4. 曲げた膝をゆっくりと伸ばして、元の姿勢に戻る。
  5. 2~4を左右交互に10回×3セット繰り返す。

まとめ

片足立ちは下半身の筋肉を鍛えながら骨盤の歪みを正し、血液やリンパの流れを少しずつ良くして、より痩せやすい身体を作り上げていくのに最適な運動です。片足立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、片足立ちを左右交互に1日1分×2~4セット行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「片足立ちダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP