〇〇ダイエット情報部

オチョダイエットの効果や成功する方法、口コミを徹底紹介!

オチョダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【オチョダイエット】どうしても痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今まで色々なダイエットを試してきたけれど、納得のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「筋トレの効率の悪さ」が原因かもしれません。筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「オチョダイエット」です。毎日オチョダイエットを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら内臓脂肪を少しづつ減らし、ウエストを効率よく引き締めることができます。今回はそんなオチョダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

オチョダイエットとは?

オチョダイエット(1)

「オチョダイエット」とは、アルゼンチンタンゴ講師の進藤学氏が考案した、8の字を意識して腰を捻ることでウエストを効率よく引き締めていくダイエット法です。オチョダイエットは、とくにインナーマッスルの引き締めに効果があり、腰を8の字に大きく捻ることで、内臓脂肪をどんどん減らしてぽっちゃり体質から抜け出すことができます。また、オチョダイエットは骨盤矯正にも効果があり、骨盤の歪みを矯正することで、腸の動きも活発になり、体質改善だけでなく便秘解消への効果も期待できます。オチョダイエットのやり方はとっても簡単で、「立ちオチョ」というエクササイズを1日8セット行うだけでOKです。ただし、オチョダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

オチョの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。オチョのMETsは『1.4~3.2(同じオチョでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)オチョの消費カロリーが1時間で約73.5~168kcalになることが分かります。下にMETsを使ったオチョの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのオチョの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、オチョの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、オチョでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

オチョダイエットの評価は?

オチョダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.7
  • 即効性: 0.2
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 1.5
  • 口コミ評価: 4.0

オチョダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、オチョダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、オチョダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、オチョダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、オチョダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、オチョダイエットにチャレンジしてみてください!

オチョダイエットで痩せた口コミは?

口コミ(3)

ネット上で「オチョダイエットを実践してみた」「オチョダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

以前は体重が55キロもあったのですが、オチョダイエットを続けて1ヶ月でその体重を51キロまで落とすことができました。体型に未だ目立った成果は見られませんが、もう少し続ければウエストまわりもちょっとは引き締まるのかなぁと期待しています。

毎日1時間くらいのオチョダイエットを続けて体脂肪率3%減。体重はあんまり変わっていないけど、お腹まわりは少しスッキリしてきた。目標体重の50kg台目指して、今日からオチョダイエットの時間をもう少しだけ増やそうと思います。

今月でオチョダイエット3か月目に入りました。オチョダイエットをスタートしてから7㌔減です。オチョダイエットは1日8セット欠かさず行っています。体脂肪はあまり減っていませんが、体重は順調に減ってきているので、今後も気長に続けていこうと思います。

オチョダイエットで目標体重の50キロ台に到達しました。一応、オチョダイエットと並行してジョギングも一緒に行うようにしていたので、どちらがダイエットに効果的だったのか分かりませんでしたが、とりあえずダイエットに成功できたので大満足です。

※オチョダイエットの口コミをまだまだ募集しております。オチョダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

オチョダイエットの体験談

オチョダイエット体験談

今回は、読者からのご要望が多かった「オチョダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.6kg、体脂肪率が21.8%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、「立ちオチョ」を1日8セット行うというもの。また、オチョダイエットを行う時は、引き締めたいパーツを常に意識するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、腰まわりの脂肪も落ちて、ウエストもほんのちょっぴりくびれてきたんです。さらに、オチョダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ改善し、脂肪も心なしか付きにくくなりました。それから1週間後、オチョダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.5kg、体脂肪率が-0.7%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、オチョダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかりくびれました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、オチョダイエットは無理なく楽しく痩せられるダイエットだったように思います。

オチョダイエットの効果とは?

オチョダイエットでインナーマッスルが鍛えられる!

ウエストを引き締める(4)

オチョダイエットを行うことで、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルが衰えると、内臓脂肪が付きやすくなり、ぽっちゃり体質の原因にもなってしまいます。しかし、このインナーマッスルをオチョダイエットで鍛えることで、内臓脂肪を効率よく落とすことができるのです。

オチョダイエットで骨盤を矯正できる!

骨盤の歪みを矯正する(1)

腰を8の字に回すことで、骨盤を正常な位置に戻すことができます。骨盤が歪むと、脂肪も付きやすくなり、肥満体質の原因にもなってしまいます。しかし、この骨盤をオチョダイエットで矯正することで、脂肪も付きにくくなるのです。

オチョダイエットはウエスト痩せに最適!

ウエストを引き締める(5)

腰の筋肉を大きく捩じることで、腰回りの脂肪を効率よく落とすことができます。腰回りの筋肉が衰えると、腰回りに脂肪が付きやすくなってしまいます。しかし、この腰回りの筋肉をオチョダイエットで鍛えることで、ウエストを効率よく絞ることができるのです。また、ウエスト痩せに即効性があるのもオチョダイエットの魅力です。毎日オチョダイエットをコツコツ続けることで、たった1,2週間でも効果を実感できるかと思います。

オチョダイエットは便秘解消にも最適!

便秘を解消する(1)

腰を8の字に大きく捻ることで、便秘解消への効果も期待できます。お腹まわりが大きく捩じれることで、腸が刺激されて、腸の蠕動運動も活発になり、便もスムーズに排出されるようになるのです。また、腰を8の字に回すことで骨盤を正常な位置に戻すこともできるので、腸内に溜まった老廃物もスムーズに流れ出るようになります。このように、オチョダイエットは便秘解消にも最適な運動なのです。

スポンサードリンク

オチョダイエットのやり方

毎日「立ちオチョ」を8セット行おう!

オチョダイエット(4)

オチョダイエットのやり方はとっても簡単で、「立ちオチョ」を1日8セット行うだけでOKです。ただし、オチョダイエットの効果を最大限に引き出すためには、「立ちオチョ」を正しいフォームで行う必要があります。また、オチョダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。「立ちオチョ」の基本姿勢や腰の回し方、ワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

正しい基本姿勢

オチョダイエット(2)

オチョダイエットの効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でオチョダイエットに取り組むことで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してオチョダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・足を肩幅に開く
  • ・お腹とお尻に力を入れる
  • ・頭から一本の糸で吊るされるイメージで

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずオチョダイエットの効果を実感できるかと思います。

正しい腰の回し方

オチョダイエット(3)

こちらは最も基本的な「立ちオチョ」のひとつです。この「立ちオチョ」を行うときに「どの部分を鍛えたいのか」「どの部分を引き締めたいのか」をしっかりと意識することで、鍛えたい部分をちゃんと鍛えて、引き締めたい部分をきちんと引き締めることができます。はじめは焦らずに、ひとつひとつの動作を確認しながら引き締めたいパーツをしっかりと意識してゆっくりと「立ちオチョ」に取り組むようにしましょう。「立ちオチョ」の手順は以下の通りです。

  1. 左の腰を左斜め前に突き出す
  2. 突き出した左腰を弧を描くように後ろへ回す
  3. 右の腰を右斜め前に突き出す
  4. 突き出した右腰を弧を描くように後ろへ回す
  5. 1~4を8回繰り返す

この「立ちオチョ」は、腰で(上から見て)8の字を描くようなイメージで流れるように回すと、腰の筋肉も大きく捩じれて、ウエストの脂肪も効率よく燃焼させることができます。また、「立ちオチョ」を「1・2・3・4・5・6・7・オチョ!」とカウントしながら実践すると、より楽しくダイエットできます。

オチョダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(8)

オチョダイエットは、ランニングと比べると、体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。オチョダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。継続は力なり。継続こそがダイエット成功の鍵です。

なかなか効果を実感できない場合は?

チェック(1)

なかなか効果を実感できない場合は、姿勢や腰の回し方を改めて見直しましょう。もしかすると、姿勢や腰の回し方が間違っているせいで、骨盤の歪みを治せず、ウエストの脂肪もなかなか落ちないのかもしれません。もし、いまいち腰の回し方のイメージが掴めない場合は、書籍やDVD、インターネット等で正しいフォームをチェックし直してみてください。

オチョダイエットのメニュー

「立ちオチョ(基本)」

  1. 両足を肩幅に開き、まっすぐ前を向いて、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  2. 左の腰を斜め前に突き出す。
  3. 突き出した左の腰を後ろへ回す。
  4. 右の腰を斜め前に突き出す。
  5. 突き出した右の腰を後ろへ回す。
  6. 2~5を8回×8セット繰り返す(腰で8の字を描くように)。

「二の腕オチョ」

  1. 両腕をまっすぐに横へ伸ばす(腕と床が平行になるように)。
  2. 腕で8の字を描くように、腕を大きく回す。
  3. 2を8回×8セット繰り返す。

「太ももオチョ」

  1. 床に仰向けになり、右(左)足を床と垂直になるように上げる。
  2. 右(左)足で8の字を描くように、右(左)足を大きく回す。
  3. 右(左)足を床に下ろして、左(右)足を床と垂直になるように上げる。
  4. 左(右)足で8の字を描くように、左(右)足を大きく回す。
  5. 2~4を8回×8セット繰り返す。

まとめ

腰を8の字に大きく捻ることでウエスト周りのインナーマッスルを効率よく鍛えることができ、オチョダイエットはウエストの引き締めに最適なダイエット法です。また、オチョダイエットには骨盤を矯正する効果もあり、骨盤の歪みを矯正することで、腸内環境を整えて便秘も解消できます。オチョダイエットのやり方はとっても簡単で、「立ちオチョ」を1日8セット行うだけでOKです。ちなみに、オチョダイエットには「立ちオチョ」以外にも、「脚オチョ」や「腕オチョ」、「ヒップオチョ」などの別バージョンもあり、これらを組み合わせることで、部位ごとに全身をバランスよく鍛えることもできます。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「オチョダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP