〇〇ダイエット情報部

ナッツダイエットの効果や成功するやり方、レシピを大公開!

ナッツダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ナッツダイエット】ダイエットしているのに間食がやめられない、とまらない。こんな悩みをお持ちではありませんか?間食をしてしまうと、たとえ普段の食事の量を減らしたり、しっかりと運動をしたとしても、なかなか痩せることができません。そこで今回、注目していただきたいダイエット法が『ナッツダイエット』です。ダイエット中に『ナッツ』を食べることで、間食を楽しみながらも効率的に痩せることができるんです。

ナッツダイエットとは?

ナッツダイエット(1)

ナッツダイエットは、ダイエット中でも間食がやめられないという人のためのダイエット法といっても過言ではありません。みなさんがよく食べるポテトチップスやチョコレートよりも低カロリーということもありますが、ナッツ自体にもさまざまなダイエット効果が含まれています。このナッツでダイエットするやり方はとっても簡単で、間食にナッツを食べるだけでOKです。ただし、ダイエット効果を最大限に引き出すにはいくつかのルールがありますので、覚えておくようにしましょう。

ナッツのカロリーは?

ナッツのカロリーは1日の摂取量目安(25g)当たり約153kcalで、これを100gに換算すると約612kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、ナッツはやや高カロリーな食品です。しかし、その一方で、ナッツの糖質量は100g当たり約4.4gしかなく、この糖質量だけ見れば、ナッツはダイエットに向いている食品だと言えます。

ナッツダイエットの評価は?

ナッツダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.5
  • 即効性: 1.4
  • コスパ: 4.5
  • 栄養バランス: 3.5
  • 口コミ評価: 3.0

ナッツダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、ナッツダイエットは栄養価も高くネットでの評価も高いので、食生活が乱れがちな方やできるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、ナッツダイエットは「即効性」がやや劣り気味なので、短期間で効果を出したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ナッツダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したいのであれば、ぜひ一度、ナッツダイエットにチャレンジしてみてください!

ナッツダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「ナッツダイエットを実践してみた」「ナッツダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

海外のセレブがナッツでダイエットしているって話はよく聞くけど、私は味気のなさに耐えられず長続きしませんでした。

食べ過ぎにさえ注意すれば、痩せられるのでは?私もナッツを毎日食べてた時期ありましたが、2週間で6kgも体重が減ったような覚えがあります。ただし、ナッツは無塩じゃないとダメです。あと、モデルの人とかがやっているエクササイズをネットで調べてまねしてみたりもしてました。ナッツ好きにはオススメのダイエット法だと思います。

ナッツダイエットはメタボ解消に効果があるとアメリカのルイジアナ大学の研究でしっかりと証明されています。長く食べ続けられるかどうかは個人の忍耐力次第かとは思いますが...

ナッツを使っていろいろなレシピに挑戦してみました。とっても美味しいです。味を楽しみながら3キロも痩せられたので、とっても嬉しかったです。これからも末永く続けようと思います。

※ナッツダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ナッツダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ナッツダイエットの体験談

ナッツダイエット体験談

今回は、以前からよく耳にしていた「ナッツダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.1kg、体脂肪率が20.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、間食にナッツを食べるというもの。「朝食前に1/3つまみ、昼食前に1/3つまみ、夕食前に1/3つまみ」といった感じです。また、ナッツダイエット期間中は、食べ過ぎにも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、お腹も空きにくくなって、食べ過ぎもちょっぴり防げるようになったんです。さらに、ナッツダイエットを始めて数日が経つと、血液も少しずつサラサラになり、代謝も心なしか良くなりました。それから1週間後、ナッツダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.1kgから66.7kgに、体脂肪率が20.5%から17%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ナッツダイエットを終えてからというもの、食べ過ぎもすっかり抑えられるようになりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ナッツダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

ナッツダイエットの効果とは?

ナッツなら少量でも満腹感を得られる!

ナッツダイエット(2)

ナッツはタンパク質や食物繊維ををたっぷり含んでいます。タンパク質や食物繊維はゆっくりと消化されるので、ポテトチップスやチョコレートを食べるよりも腹持ちがよく低カロリーです。堅いナッツを選べば、よく噛んで食べなければいけないので、さらに満腹中枢を刺激できます。食物繊維のメリットは腹持ちだけでなく、血糖値の上昇を抑えたり、その繊維質が腸内環境を正常に整えて、便秘も解消できます。

ナッツでコレステロール値を下げられる!

ナッツダイエット(3)

ナッツにはファイトケミカルやビタミンEなど、強い抗酸化作用をもった成分が含まれています。この抗酸化作用は血管や代謝の老化を防ぐことができます。血行が良くなることによって、全身に血液が行き渡りやすくなって体温が上昇し、痩せやすいカラダにしてくれます。また、抗酸化作用は血管や代謝の老化を防ぐだけでなく、コレステロールが酸化してしまうのを抑制する働きがあります。こうして血液がサラサラになることで、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病を予防できます。

ナッツはミネラルも豊富!

ナッツダイエット(4)

ナッツにはカリウムやカルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルも豊富に含まれています。ミネラルは脂質の代謝を促したり、血液中の糖分をエネルギーに変える働きがあるので、ダイエットにおいて非常に優秀な成分といえます。ナッツを食べるだけでも十分なミネラルを得ることができるので、海外のセレブにも大変好まれています。

『不飽和脂肪酸』で代謝をアップできる!?

代謝を上げる(5)

米・ハーバード大学の実験で、ナッツに含まれる『不飽和脂肪酸』には悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、ダイエットに非常に効果のある成分であることが判明しました。コレステロールが低下することで血液がサラサラになり、血液が全体に行き渡りやすくなることで体温が上昇し、脂肪が燃えやすいカラダになるのです。

スポンサードリンク

ナッツダイエットのやり方

間食をナッツに置き換えよう!

ナッツダイエット(5)

ナッツでダイエットするやり方はとっても簡単で、間食をナッツに置き換えるだけでOKです。間食をほとんどしない方は、食前にナッツを食べるだけでもかまいません。間食をナッツに置き換えたり食前にナッツを食べたりすることで満腹中枢を刺激して、少量のナッツでも十分に満腹感を得られると同時に、普段の食事の量も大幅に減らすことができます。また、ナッツを食べる時は、水も一緒に飲むようにしましょう。ナッツと一緒に水を飲むことで、食物繊維がお腹の中で膨らんで、さらに満腹感を得ることができます。

ナッツダイエットは「量」と「種類」がカギ!

ナッツダイエットを成功させる鍵は「量」と「種類」にあります。まず「量」に関してですが、ナッツは1日あたり25gを目安に食べるようにしてください。代表的なナッツを25gに換算すると、

  • ・「アーモンド」なら25粒くらい
  • ・「カシューナッツ」なら10~17粒くらい
  • ・「クルミ」なら8粒くらい
  • ・「タイガーナッツ」なら8~10粒くらい
  • ・「ピーカンナッツ」なら18粒くらい
  • ・「ピスタチオナッツ」なら50粒くらい
  • ・「ピーナッツ」なら30粒くらい
  • ・「ヘーゼルナッツ」なら17粒くらい
  • ・「マカダミアナッツ」なら13粒くらい
  • ・「ミックスナッツ」なら30粒くらい

になります。ナッツは食べれば食べるほど痩せるわけではなく、脂質を多く含んだナッツがほとんどなので、決して食べ過ぎないように注意してください。また、「種類」に関してですが、上記に挙げたナッツであれば、どれを選んでいただいてもかまいません。が、塩味の付いたものや油で炒めたものはダイエットに逆効果になるので、ナッツはできるだけシンプルなものを選ぶようにしてください。各ナッツの特徴については以下をご覧ください。

ダイエットにおすすめのナッツは?

「アーモンド」

アーモンドはカシューナッツやヘーゼルナッツと並んで「(世界」三大ナッツ)」と呼ばれています。このアーモンドにはオレイン酸やビタミンB2、ビタミンE、不溶性食物繊維などがバランスよく豊富に含まれています。とくに、ビタミンEには抗酸化作用があり、これが肌や細胞などの酸化を防いで老化も抑えてくれます。また、ビタミンB2には脂質やたんぱく質を分解してエネルギーに変換する働きがあり、これが脂肪を溜まりにくくしてくれます。そのほかにも、オレイン酸は高血圧や心疾患、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善にも効果があり、アーモンドはダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ちなみに、アーモンドにはメラトニンも含まれており、このメラトニンが体内時計に働きかけて「覚醒」と「睡眠」の切り替えを行い、良質な睡眠を自然に誘ってくれます。

「カシューナッツ」

カシューナッツはアーモンドやヘーゼルナッツと並んで「(世界」三大ナッツ)」と呼ばれています。このカシューナッツにはビタミンやミネラル、鉄分、食物繊維、そして何よりも良質な植物性たんぱく質がバランスよく豊富に含まれています。とくに、良質な植物性たんぱく質はダイエット中でも筋肉を作る栄養になってくれるので、“代謝”を落とすことなく“体重”を落としていくことができます。また、オレイン酸には善玉コレステロールを維持しながら悪玉コレステロールを減らす効果があり、これがどろどろになった血液をサラサラにし、代謝をぐんぐん上げて、脂肪が燃えやすい体を作ってくれます。さらに、オレイン酸には心疾患や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善する効果があり、カシューナッツはダイエットと健康の両方にいいナッツです。

「クルミ」

クルミには「オメガ3脂肪酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。このオメガ3脂肪酸には腸内に溜まる悪玉菌を体外に排出し、血中の中性脂肪やコレステロールを減らす働きがあり、これがどろどろになった血液をサラサラにして、代謝をぐんぐん上げ、脂肪が燃えやすい体を作ってくれます。また、クルミにはビタミンやミネラル、食物繊維、メラトニンも豊富に含まれています。とくに、メラトニンは体内時計に働きかけて「覚醒」と「睡眠」を切り替える働きがあり、これが自然で良質な睡眠を誘ってくれます。ちなみに、クルミは糖質が非常に低くコレステロールも全く含まれていないので、ダイエット中でも気兼ねなく摂取できます。

「タイガーナッツ」

タイガーナッツは実は“ナッツ”ではなく、カヤツリグサの塊茎なので“野菜”に該当します。しかし、タイガーナッツにはアーモンドの3倍以上の食物繊維と2.5倍のビタミンEをはじめ、鉄分やミネラル、マグネシウム、オレイン酸なども豊富に含まれており、一般的なナッツよりも栄養価が非常に高くなっています。また、タイガーナッツには難消化性デンプンも多く含まれており、これが血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、食べても脂肪が溜まりにくくなります。

「ピーカンナッツ」

ピーカンナッツはクルミ科に属しており、クルミと同様に「オメガ3脂肪酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。このオメガ3脂肪酸には血中の中性脂肪やコレステロールを減らす効果があり、これがどろどろになった血液をサラサラにして、代謝をぐんぐん上げ、脂肪が燃えやすい体を作ってくれます。また、ピーカンナッツは抗酸化成分を多く含んでおり、これが高血圧や心疾患、動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善してくれます。そのほかにも、ピーカンナッツにはビタミンやミネラルも豊富に含まれており、他のナッツと比べても栄養価が非常に高いです。

「ピスタチオナッツ」

ピスタチオナッツは「ナッツの女王」と呼ばれており、ビタミンやミネラル、食物繊維、たんぱく質、リン、チアミン、ルティン、オレイン酸、リノール酸、ゼアキサンチンなどの栄養素を驚くほど多く含んでいます。とくに、カロテノイドの一種である「ルテイン」には抗酸化作用があり、これが肌や細胞などの酸化を防いで老化も抑えてくれます。ちなみに、ピスタチオナッツにはβカロテンも多く含まれており、このβカロテンにもルティンと同じ“強い抗酸化作用によるアンチエイジング効果”が期待できます。また、βカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換される性質を持ち、このビタミンAが皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。このように、ピスタチオナッツには女性に嬉しい成分がたっぷりと詰まっているのです。

「ピーナッツ」

ピーナッツは実は“ナッツ(木の実)”ではなく “豆類”に該当します。しかしながら、ピーナッツにはオレイン酸やリノール酸、ビタミンEなどが豊富に含まれており、その栄養価は他のナッツにも引けを取りません。ちなみに、ピーナッツの薄皮にはポリフェノールも多く含まれているので、ピーナッツを皮ごと食べることで抗酸化作用によるダイエット効果や美容効果、健康効果も期待できるようになります。

「ヘーゼルナッツ」

ヘーゼルナッツはカシューナッツやアーモンドと並んで「(世界」三大ナッツ)」と呼ばれています。このヘーゼルナッツにはオレイン酸やカルシウム、たんぱく質、マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンEなどがバランスよく豊富に含まれています。とくに、ビタミンEには抗酸化作用があり、これが肌や細胞などの酸化を防いで老化も抑えてくれます。また、オレイン酸は高血圧や心疾患、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善にも効果があり、ヘーゼルナッツはダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。

「マカダミアナッツ」

マカダミアナッツにはオレイン酸やパルミトレイン酸が豊富に含まれています。とくに、オレイン酸には善玉コレステロールを維持しながら悪玉コレステロールを減らす効果があり、これがどろどろになった血液をサラサラにし、代謝をぐんぐん上げて、脂肪が燃えやすい体を作ってくれます。また、オレイン酸には心疾患や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善する効果も期待できます。そのほかにも、パルミトレイン酸には髪や肌に潤いを与える効果があり、マカダミアナッツはダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。

ナッツダイエットの注意点

食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(6)

ナッツがいくらダイエットに効果があるといっても、ナッツ自体、脂肪分の多くカロリーの高い食品なので、食べ過ぎると逆に太ってしまいます。一日の摂取カロリーは、100~200kcal程度に抑えるようにしましょう。だいたい手のひらひとつかみ分くらいの量になるかとおもいます。

ナッツは無塩のものを選ぼう!

ナッツダイエット(6)

塩分は普段の食生活でも十分に摂取します。なので、塩分の過多にならないためにも、ナッツは塩分の少ないもの(無塩ナッツ)を選ぶようにしましょう。塩分は水分と一緒に過剰に摂取してしまうと「むくみ」を生じてしまう可能性があります。塩分過多には十分に注意しましょう。無添加のナッツであれば、どれを選んでいただいてもかまいません。ちなみに、油で炒めたナッツもダイエットにあまり良くないので、こちらもできるだけ控えるようにしてください。

ナッツだけ食べるダイエットはNG!

いくらナッツにダイエット効果があるといっても、ナッツだけ食べるダイエットはNGです。というのも、ナッツダイエットはあくまで食物繊維の腹持ちの良さを利用して普段の食事量を減らすことだけが目的なので、ナッツだけではダイエット効果を実感できないかもしれないからです。また、ナッツだけでは1日に必要な栄養をすべて補うことができないので、ナッツだけでなく他の食事もしっかりと摂る必要があります。なので、ナッツだけ食べるようなダイエットはしないようにしましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけよう!

栄養バランスを考える(6)

いくらナッツにダイエット効果があるからといって、ナッツばかり食べていると、体調を崩してしまう危険性があります。また、栄養が偏ると代謝機能や循環機能も悪くなり、エネルギー消費もどんどん滞って、ダイエットしても痩せにくくなってしまいます。このように、栄養バランスのとれた食事がナッツダイエットの成功を大きく左右する場合も少なくありません。ナッツでダイエットする時は、栄養のバランスをしっかりと考えて食事を“摂る”よう心がけましょう。

ナッツダイエットのレシピ

「ナッツの蜂蜜漬け」

ナッツダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・アーモンド … 100g
  • ・カシューナッツ … 100g
  • ・クルミ … 100g
  • ・ハチミツ … 500g

【作り方】

  1. アーモンドとカシューナッツ、クルミを160℃に予熱したオーブンで約10分間ローストする。
  2. 瓶に1を詰めて、ひたひたになるまで蜂蜜を注ぐ。
  3. 最低でも7~10日間、しっかりと味をなじませる。

「ミックスナッツクッキー」

ナッツダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・おから … 100g
  • ・ミックスナッツ … 35g
  • ・ドライフルーツ … 35g
  • ・ホットケーキミックス … 75g
  • ・卵白 … 1個
  • ・ハチミツ … 20g

【作り方】

  1. おからをレンジで1分間加熱してほぐす、これをおからがパラパラになるまで2,3回繰り返す。もしくは、おからをフライパンで乾煎りする。
  2. お好みのミックスナッツやドライフルーツを適当な大きさに刻む。
  3. ホットケーキミックスと卵白を入れて混ぜ合わせる。
  4. 3におからを加えて、さらによく混ぜる。
  5. 4にミックスナッツとドライフルーツを加えて、さらに軽く混ぜる。
  6. ハチミツを混ぜ合わせて、生地にラップをし、棒状に成形する。
  7. 生地を冷蔵庫で1時間寝かす。
  8. オーブンを180度に予熱する。
  9. 冷蔵庫から生地を取り出し、5mm幅にカットする。
  10. 天板にオーブンペーパーを敷き、カットした生地を並べて、180度に予熱したオーブンで13~15分間焼く。

「ビーガンクッキー」

ナッツダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・デーツ … 70g
  • ・バナナ(完熟) … 1本
  • ・塩 … ひとつまみ
  • ・重曹 … 小さじ1/2
  • ・ライ麦粉 … 大さじ2
  • ・オートミール … 100g
  • ・すりおろし黒ゴマ … 30g
  • ・プロテイン … 30g
  • ・レーズン … ふたつまみ
  • ・シナモン … ふたつまみ
  • ・ココアパウダー … 大さじ1
  • ・ココナッツオイル … 大さじ1
  • ・ナッツ類 … 適量

【作り方】

  1. オーブンを180度に予熱する。
  2. デーツを水に1時間浸ける。
  3. デーツとバナナをミキサーにかけてペースト状にする(水を足してもOK)。
  4. 塩と重曹、ライ麦粉、オートミール、すりおこし黒ゴマ、プロテインを混ぜ合わせる。
  5. 3にレーズンとシナモン、ココアパウダーを加えて、よく混ぜる。
  6. 2と4、ココナッツオイルを混ぜ合わせる。
  7. クッキー生地を食べやすい大きさにカットする。
  8. 天板にクッキングシートを敷き、クッキー生地を並べる。
  9. クッキー生地にお好みのナッツ類をトッピングして、オーブンで15分間焼く。

まとめ

ナッツでダイエットするやり方はとっても簡単で、スーパーなどで買ってきたナッツをちょこっと机の上に置いておいて、間食時にちびりちびり食べるだけでOKです。ナッツは有名な大学でもその効果が実証されているので、ダイエットにおける信頼性も十分にあります。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこのナッツダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP