〇〇ダイエット情報部

鍋ダイエットの効果や成功のコツ、おすすめレシピを大公開!

鍋ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【鍋ダイエット】ダイエット中は野菜をたっぷりと食べなければいけない。しかし、そんな野菜をいちいち一つずつ調理するのは非常に面倒です。こんなお悩みをお持ちの方に今回オススメしたいのが、「鍋ダイエット」です。鍋ダイエットを行うことで、ダイエット成分を豊富に含んだいろんな野菜を一度にたっぷりと摂取することができるんです。

鍋ダイエットとは?

鍋ダイエット(1)

温かい鍋を食べて体温や代謝を上げることはもちろんのこと、野菜を多く摂取することで腸内環境を整え、太りにくいカラダを作ることができるので、鍋はダイエットにはもってこいの食事法です。鍋でダイエットするやり方はとっても簡単で、1日3食のうちの1食を鍋に置き換えるだけでOKです。ただし、鍋ダイエットは、食材に何を選ぶか、どの順番で食べるか、どのように食べるかで、ダイエットが成功するかしないかが大きく変わってしまいます。鍋ダイエットを成功するためにも、重要ポイントはしっかりとおさえるようにしましょう。

鍋のカロリーは?

鍋のカロリーは1人前(700g)当たり約426kcalで、これを100gに換算すると約61kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、鍋はとても低カロリーな食品です。また、鍋の糖質量は100g当たり約3.4gしかなく、この糖質量だけ見ても、鍋はダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

鍋ダイエットの評価は?

鍋ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.6
  • 即効性: 3.3
  • コスパ: 1.0
  • 栄養バランス: 4.0
  • 口コミ評価: 3.6

鍋ダイエットは栄養価が非常に高いだけでなく、「手軽さ」や「続けやすさ」にも優れているダイエット法です。また、鍋ダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、鍋ダイエットは「コスパ」がやや劣り気味なので、あまりお金をかけたくない方には不向きなダイエット法かもしれません。が、鍋ダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もしお金に余裕があれば、ぜひ一度、鍋ダイエットにチャレンジしてみてください!

鍋ダイエットの口コミは?

口コミ(9)

ネット上で「鍋ダイエットを実践してみた」「鍋ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

1日1回鍋を食べ続けたら3カ月で5キロ痩せました。効果が出てくるのがやや遅めだったので、体重に変化がないと萎えていしまいそうになるときがありましたが、確実に痩せられる方法だと思います。忍耐強く待つことが大切です。あと適度に有酸素運動するのも必要かも。

体重減りました。他のダイエットだと食事制限とかがあって、どうしても長続きしなかったんですよ。でも、鍋ダイエットならお腹いっぱい食べることができたし、お通じも日に日に良くなっていきました。野菜がたくさんとれるので鍋ダイエット、おすすめです。

3週間ぽっきりで-7キロの減量に成功しました。鍋ダイエット最高!

冬の寒い時期のダイエットは鍋にかぎりますよね。野菜中心の鍋にして三週間続けたところ、5.5キロ体重が減りました。

※鍋ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。鍋ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

鍋ダイエットの体験談

鍋ダイエット体験談

今回は、鍋の効果を試すために1週間の「鍋ダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9kg、体脂肪率が22.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、夕食を鍋に置き換えるというもの。「朝・昼は普通に食べて、夜は鍋のみ(ただし、普段の食事は腹八分目を心がけること!)」といった感じです。また、鍋ダイエット期間中は、残り2食の食事量にも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、血行も良くなって、代謝もちょっぴり良くなったんです。さらに、鍋ダイエットを始めて数日が経つと、肌の代謝も少しずつ良くなり、肌トラブルも心なしか解消しました。それから1週間後、鍋ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-2.3kg、体脂肪率が-3.3%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、鍋ダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、鍋ダイエットはずっと続けられるダイエットだったように思います。

鍋ダイエットの効果とは?

鍋は代謝アップに最適!

代謝を上げる(3)

温かい鍋を食べることで、血行を促進して、体のなかから温めることができます。このように血行を促進することで、冷え性改善や発汗作用、デトックス効果も期待できます。体温が高まることで、代謝も上がり、脂肪の燃焼しやすいカラダを作ることができるんです。

鍋で腸内環境も改善できる!

便秘を解消する(1)

野菜をたっぷり食べることで、お通じが良くなり、腸内環境を改善できます。腸内環境の改善は便秘解消などのダイエット効果も見込めます。

低カロリーなのに満腹感も味わえる!

鍋ダイエット(2)

野菜はほとんどが低カロリーにもかかわらず、食物繊維のおかげで満腹感を得ることができます。食べる量も少なく済むので、効率よく体重を落としていくことができるんです。

鍋は美容や健康にも最適!

美容・アンチエイジング(4)

先程も述べましたが、温かい鍋を食べることで血行を促進できます。血行が良くなれば、肌の調子も良くなります。また、ビタミンを多く含む野菜を食べることで、保湿効果も見込めます。また、ミネラルが肌のくすみなども解消してくれます。鍋には美肌効果もたっぷりと含まれているんです。

スポンサードリンク

鍋ダイエットのやり方

鍋に入れる食材の選び方

鍋ダイエット(3)

鍋でダイエットするやり方はとっても簡単で、1日3食のうちの1食を鍋に置き換えるだけでOKです。鍋ダイエットを行う時は、野菜やキノコもしっかりと食べるようにしましょう。野菜やキノコには食物繊維やビタミンが豊富に含まれていますので、ダイエット効果だけでなく美容効果も期待できます。どうしても野菜やキノコだけでは物足りないという方には、白身魚や豆腐などの低脂肪食材もオススメです。鶏肉も低脂肪食材なのですが、鶏の皮は高カロリーですので、使う際は皮はとるようにしましょう。また、タレを使う際にも注意が必要です。「ゴマだれ」はとてもおいしいのですが、カロリーが意外と高いです。鍋では、できるだけ「ポン酢」を選ぶようにしましょう。

鍋を食べる順番は?

鍋ダイエット(4)

食べる順番は、食物繊維→タンパク質→炭水化物がオススメです。炭水化物はできるだけ控えた方が良いのですが、どうしても鍋に入れたいという場合は、この順番で食べるようにしましょう。この順番で食べることで、血糖値の上昇を抑え、体に脂肪をためにくくできます。

一週間お試しで一人鍋をやってみよう!

鍋料理は大勢でお鍋を囲んでつつき合いながら食べるイメージが強くて、一人暮らしの鍋ダイエットは難しいと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、実は一人鍋のほうが同じ具材を使いまわしたり、気軽に味付けを変えたりできるので、大勢で食べるよりも鍋ダイエットに適しています。また、一人鍋なら一週間分の鍋の具材を買って使いまわせば節約もできるので、一人鍋ダイエットはお財布にも優しいです。一人鍋ダイエットに興味をお持ちの方は、ぜひ一度一週間お試しで一人鍋を続けてみてください。

鍋ダイエットの注意点

鍋ダイエットでやってはいけないコト!

鍋ダイエット(5)

鍋ダイエットを行う上で一番NGなことが、シメで雑炊を食べてしまうことです。食材から染み出た脂は、スープにしっかりと溶け込んでしまっています。また、白ご飯は一膳でなんと235kcalもあるんです。雑炊は、脂がしっかりと溶けたスープと高カロリーな白ご飯が入っているにもかかわらず、ぺろりと食べることができてしまうのでとても危険です。シメで雑炊を食べてしまうと、知らず知らずのうちに大きくカロリーオーバーして、ぶくぶくと太ってしまいます。ですので、シメに雑炊を食べるのはできる限り控えた方がよいでしょう。もし、どうしても炭水化物を取りたい場合は、ごはんの代わりに「うどん」入れましょう。また、うどんを食べるときは、スープはあまり飲まないことをオススメします。

鍋を食べた分だけ残りの食事量を減らそう!

カロリーを抑える(2)

鍋を食べた分だけ残りの食事量を減らしましょう。1日3食しっかりと食べたほうが健康的に痩せることができるのですが、鍋を食べた他にもガッツリ食べてしまうと、カロリーの過剰摂取で逆に太ってしまう恐れがあります。鍋でダイエットするときは、鍋を食べた分だけ残りの食事量を減らすよう心がけましょう。

鍋ダイエットのレシピ

「生姜鍋」

鍋ダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・豆腐 … 1丁
  • ・水菜 … 1束
  • ・豚肉 … 500g
  • ・お好みの野菜&キノコ類 … 適量
  • ・★水 … 1ℓ
  • ・★白ダシ … 100cc
  • ・★薄口醤油 … 10cc
  • ・★ショウガ(すりおろし) … 大さじ3
  • ・★昆布茶(ほんだしでもOK) … 小さじ1
  • ・★ニンニク(スライス) … 1かけ

【作り方】

  1. 鍋に水、白ダシ、薄口醤油、ショウガ(すりおろし)、昆布茶(ほんだしでもOK)、ニンニク(スライス)を入れる(→だし汁)。
  2. 1に豆腐、水菜、お好みの野菜&キノコ類を入れる。
  3. 2に豚肉をしゃぶしゃぶして食べる。

「豆乳鍋」

鍋ダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・鶏胸肉 … 300g
  • ・イカ(冷凍) … 100g
  • ・焼き豆腐 … 1丁
  • ・エビ … 10尾
  • ・タマネギ … 1/2個
  • ・白菜 … 1/4個
  • ・人参 … 1/2本
  • ・エリンギ … 1袋
  • ・水 … 200ml
  • ・豆乳 … 200ml
  • ・塩こしょう … 少々
  • ・コンソメキューブ … 2個

【作り方】

  1. 鶏胸肉、イカ、焼き豆腐を食べやすい大きさに切る。
  2. エビを下処理する。
  3. タマネギと白菜をざく切りにする。
  4. 人参を薄切りにする。
  5. エリンギを食べやすい大きさに裂く。
  6. 鍋に水と豆乳を入れる。
  7. 1~5を6に加えて、火加減を調節しながら煮込む。
  8. 塩コショウとコンソメキューブを加えて、味を調える。

「チゲ鍋」

鍋ダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・豆腐 … 1/2丁
  • ・野菜・きのこ類 … 200g
  • ・胡麻油 … 小さじ1/2
  • ・★キムチ … 50g
  • ・★おろし生姜 … 小さじ1/2
  • ・★おろしにんにく … 小さじ1/2
  • ・★鶏がらスープ(顆粒) … 200㏄
  • ・コチュジャン … 大さじ1
  • ・味噌 … 大さじ1

【作り方】

  1. 豆腐と野菜・きのこ類を食べやすい大きさに切る。
  2. 野菜・きのこ類を電子レンジで4分間加熱する。
  3. フライパンに胡麻油をひき、キムチ、おろし生姜、おろしにんにくを入れて中火で炒める。
  4. 香りが立ってきたら、鶏ガラスープ(顆粒)を加える。
  5. 豆腐、野菜・きのこ類、スープ(4)、味噌、コチュジャンを鍋に入れて火にかける。
  6. 鍋の中が沸騰して具材すべてに火が通る(温まる)のを待つ。

まとめ

鍋ダイエットでは、一度にたくさんの野菜を食べることができるので食事における満足度も大きいですし、代謝をあげることもできるので一石二鳥です。鍋でダイエットするやり方はとっても簡単で、1日3食のうちの1食を鍋に置き換えるだけでOKです。また、鍋ダイエットは食材や味付けをいくらでも変えることができるので、いろいろとアレンジしてみるのもダイエットを長く続けていく秘訣(ひけつ)かと思います。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこの鍋ダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP