〇〇ダイエット情報部

味噌汁ダイエットの効果や成功するやり方、レシピを大公開!

味噌汁ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【味噌汁ダイエット】みなさんは毎日、味噌汁を飲んでいますか?実は、味噌汁は健康によいだけでなく、ダイエットにも効果があるんです。今回は、その味噌汁の知られざるダイエット効果や取り組み方をご紹介したいと思います。

味噌汁ダイエットとは?

味噌汁ダイエット(1)

味噌の原材料である大豆は、体内環境を整え、痩せやすいカラダ作りをサポートする、ダイエットに最適な食材です。また、味噌汁には美容効果もあるので、女性にとってもオススメのダイエット食となっています。味噌汁でダイエットする方法はとっても簡単で、1日3食のうちの1食、とくに朝食か昼食を味噌汁に置き換えるだけでOKです。味噌汁のダイエット効果を最大限に引き出すには、いくつかの守らなければならないルールが存在しますので、しっかりとおさえましょう。

味噌汁のカロリーは?

味噌汁のカロリーは1杯(163g)当たり約45kcalで、これを100gに換算すると約28kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、味噌汁はとても低カロリーな食品です。また、味噌汁の糖質量は100g当たり約2.7gしかなく、この糖質量だけ見ても、味噌汁はダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

味噌汁ダイエットの評価は?

味噌汁ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.0
  • 即効性: 3.1
  • コスパ: 4.5
  • 栄養バランス: 1.5
  • 口コミ評価: 3.5

味噌汁ダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、味噌汁ダイエットは短期間で効果を得やすくネットでの評価も高いので、できるだけ早く効果を実感したい方やできるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、味噌汁ダイエットは「栄養バランス」がやや劣り気味なので、できるだけ健康的に痩せたい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、味噌汁ダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし栄養バランスを上手く考えて食事を摂れるのであれば、ぜひ一度、味噌汁ダイエットにチャレンジしてみてください!

味噌汁ダイエットの口コミは?

口コミ(1)

ネット上で「味噌汁ダイエットを実践してみた」「味噌汁ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

会社で食べるお昼はいつもお味噌汁を持参しています。案外すぐに満腹になりますし、腹持ちも良いです。お昼に味噌汁を飲むようにしてから便秘も解消しましたし、体重も減りました。

夕食は炭水化物抜きで、たっぷりと具の入った味噌汁とおかずだけ食べています。美味しいし、お通じにもいいし、おなかもいっぱいになるし、あったまるしで最高です!

味噌汁にはアンチエイジング効果があると聞いて毎日飲み始めました。赤味噌と玉葱を入れるのはオススメです。ダイエット効果があるかどうかは正直グレーですが、デトックスの作用はあると思います。

味噌汁ダイエットを始めて1週間で1.5㌔も痩せました!!この調子で就活まで頑張ってもっと痩せたいと思います。

※味噌汁ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。味噌汁ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

味噌汁ダイエットの体験談

味噌汁ダイエット体験談

今回は、味噌汁の効果をもっと(詳しく)知るために1週間の「味噌汁ダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9kg、体脂肪率が22.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、朝食か昼食を味噌汁に置き換えるというもの。「朝は味噌汁のみ、昼は普通に食べて、夜は控えめに」といった感じです。また、味噌汁ダイエット期間中は、栄養バランスのとれた食生活も心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、腸内環境も良くなって、脂肪もちょっぴり溜まりにくくなったんです。さらに、味噌汁ダイエットを始めて数日が経つと、肌の調子も少しずつ良くなり、シミやシワ、くすみ、たるみ、ソバカスも心なしか解消しました。それから1週間後、味噌汁ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.5kg、体脂肪率が-2.1%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、味噌汁ダイエットを終えてからというもの、脂肪もすっかり溜まりにくくなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、味噌汁ダイエットは誰でも簡単に痩せられるダイエットだったように思います。

味噌汁ダイエットの効果とは?

味噌には大豆タンパク質が豊富!

味噌汁ダイエット(2)

味噌の原料である大豆には、大豆タンパク質が豊富に含まれています。この大豆タンパク質は、アミノ酸に変わっていく過程で「大豆ペプチド」という物質になります。大豆ペプチドには筋肉の量を増やす働きがあり、それによって基礎代謝が向上しますので、体脂肪の燃焼を促進できます。また、ペプチドには腸内環境を整える働きがあり、脂肪の吸収を抑えるだけでなく、腸を刺激して交感神経の働きを高め、代謝を上げる効果も期待できます。大豆タンパク質を摂取することによって、痩せやすいカラダを作ることができるんです。

大豆サポニンが脂肪をためにくくする!?

ウエストを引き締める(6)

味噌に含まれる「大豆サポニン」という成分には、腸内環境を整え、余分な脂肪分の吸収を抑える働きがあります。サポニンが脂肪を吸収しやすくする酵素の働きを抑えてくれるので、結果として体に脂肪をためにくくできるんです。また、大豆サポニンには、血中のコレステロールの上昇を抑える働きもあります。血中のコレステロールの上昇を抑えることで、血液をサラサラにし、血行を良くすることができます。そして、血行が良くなることで、代謝を高めることができるんです。

味噌汁は美容にもいい!?

美容・アンチエイジング(5)

味噌には「遊離リノール酸」という成分が含まれていて、メラニンの増加を抑える働きがあります。普通、太陽の強い日差しを浴びると、皮膚が紫外線の刺激を受けてしまい、メラニンが増加してしまいます。メラニンが増加してしまうと、肌は日焼けをして色が黒くなってしまい、のちのちこれがシミやソバカスの原因になってしまいます。そこで、この遊離リノール酸はメラニンの合成を抑えることで、肌を白く保ち、シミやソバカスを防ぐことができるんです。また、味噌にはビタミンEも含まれており、細胞膜や血液中の脂質、コレステロールが酸化してしまうのを防ぐ働きがあり、血管内をキレイにすることで血流を良くしてくれます。さらに、味噌の茶色い色素のもとである「メラノイジン」には、強い抗酸化作用があり、肌の酸化を防いでくれるので、アンチエイジング対策にも効果が期待できます。

スポンサードリンク

味噌汁ダイエットの方法

朝食か昼食を味噌汁に置き換えよう!

味噌汁ダイエット(3)

味噌汁でダイエットする方法はとっても簡単で、1日3食のうちの1食、とくに朝食か昼食を味噌汁に置き換えるだけでOKです。あとの食事は普段通りとっていただいて構いません。味噌汁だけでは物足りないと感じる方は、生野菜のサラダなどをつけ加えるといいかもしれません。食事を味噌汁だけに置き換えることによって、大幅なカロリーカットが見込めます。

最もダイエットに最適な味噌とは?

味噌汁ダイエット(4)

味噌汁で使うみそは、「赤味噌」でも「白味噌」でもどちらでもかまわないのですが、「赤味噌」のほうがややダイエットに適しています。赤みそは、他の味噌に比べて発酵の時間が長く、栄養がたっぷり含まれています。特に多く含まれているのが、先ほども紹介しました「メラノイジン」という成分で、抗酸化作用が胃腸のバランスを整えてくれるので、ダイエットだけでなく美容にも効果が期待できます。「白味噌」の麹には「GABA」という成分が多く含まれており、空腹を抑える作用があります。ダイエットに直接影響を与えてくれるのは、腸内環境を整えることができる「赤味噌」のほうなのですが、「白味噌」の空腹感を抑える作用も決してダイエットに適していないわけではありません。夕食の時間帯は空腹になりやすいので、「白味噌」は夕食の味噌汁に使う方がベターでしょう。

味噌汁ダイエットの効果を上げる「具」の選び方

味噌汁ダイエット(5)

味噌汁には栄養価の高い野菜やきのこ、海藻類を中心に入れましょう。キャベツやサトイモ、カボチャなどの温野菜は基本、どれでも味噌汁に合いますので、いろいろと具材を変えてみるのも、ダイエットを長く続ける秘訣(ひけつ)かもしれません。

納豆味噌汁もダイエットに効果的!

味噌汁に納豆を入れることで、味噌汁のダイエット効果をさらにアップできます。まず、納豆には「ナットウキナーゼ」という成分が含まれており、このナットウキナーゼが血栓を融解して血液もサラサラにしてくれます。これが味噌汁に含まれる大豆ペプチドや大豆サポニンと相まって、代謝をどんどん上げて、痩せやすい体を作ってくれるのです。ちなみに、大豆ペプチドは納豆にも含まれているので、代謝アップ効果も2倍期待できます。また、その大豆ペプチドには腸内環境を整える働きもあり、納豆に含まれる食物繊維との相乗効果で、便秘もスッキリ解消できます。そのほかにも、納豆味噌汁には大豆たんぱく質やビタミンB群も豊富に含まれており、脂肪燃焼にも大変効果的です。

味噌汁ダイエットの注意点

味噌汁の味付けに注意しよう!

注意を喚起する(7)

味噌汁の味付けには十分な注意が必要です。というのも、味噌汁の味付けを濃くし過ぎてしまうと、塩分過多の原因になってしまうからです。塩分過多になると、細胞内外の浸透圧のバランスが崩れて、体に水分をどんどん溜め込んでしまい、最悪の場合、浮腫みの原因にもなってしまいます。また、浮腫みは代謝の低下やセルライトと密接な関係にあり、塩分過多が太りやすく痩せにくい身体を作ってしまいます。このように、味噌汁をどのような味にするかでダイエットの成功を大きく左右してしまうので、味付けには十分に注意するようにしましょう。

味噌汁だけ飲むのはNG!?

栄養バランスを考える(3)

いくら味噌汁にダイエット効果があるからといって、味噌汁ばかりに頼っていると、体調を崩してしまう危険性があります。また、栄養が偏ると消化や代謝もどんどん悪くなって、ダイエットしても痩せにくい体になってしまいます。このように、栄養バランスのとれた食事は味噌汁ダイエットの成功を大きく左右しかねないのです。なので、味噌汁でダイエットする時でも、その他の食事は栄養バランスをしっかりと考えて取るようにしましょう。

適度な運動を心がけよう!

適度な運動をする(8)

ただ味噌汁を食べるだけで簡単に痩せられたら、みんなこんなに苦労しません。味噌汁のダイエット効果を最大限に引き出すためにも、適度な運動をしっかりと行う必要があります。味噌汁を食べることで大豆ペプチドが代謝を上げて痩せやすい身体を作ってくれるので、この代謝の良さを生かしてウォーキングやジョギング、エアロバイク、水泳、ヨガなどの有酸素運動を行って脂肪を効率よく燃焼させましょう。

味噌汁ダイエットのレシピ

「にんにく風味の豚汁」

味噌汁ダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・豚肉 … 150g
  • ・水 … 4カップ
  • ・味噌 … 大さじ4
  • ・★ニンジン … 1本
  • ・★ニンニク … 2片
  • ・★大根 … 1/3本
  • ・★レンコン … 1/3本

【作り方】

  1. ニンジン、ニンニク、大根、レンコンを薄切りにする。また、豚肉はひと口大にカットしておく。
  2. 鍋に油をひいて、豚肉を炒める。
  3. 豚肉の色が変わったら、1を加えて混ぜる。
  4. 3に水を加えて、具材すべてに火が通るまで煮る。
  5. 具材すべてに火が通るまで煮たら、火を止めて、4に味噌を溶かす。

「おから入り味噌スープ」

味噌汁ダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・人参 … 1本
  • ・カブ(小) … 2個
  • ・ネギ … 1本
  • ・出し汁 … 1ℓ
  • ・生おから … 120g
  • ・味噌 … 大さじ4
  • ・生姜(すりおろし) … 1/2かけ

【作り方】

  1. 人参をいちょう切りにする。
  2. カブを実と葉に切り分けて、実をくし切りに、葉を2mm幅に細切りにする。
  3. ネギを斜め薄切りにする。
  4. 鍋に出し汁を注ぎ、人参とカブの実を入れて火にかける。
  5. 人参とカブの実が柔らかくなってきたら、生おからとカブの葉、ネギを入れて、軽く煮立てる。
  6. ネギとカブの葉がしんなりしてきたら、味噌と生姜(すりおろし)を加えて、さらに軽く煮立てる。

「とろろ昆布の味噌汁」

味噌汁ダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・キャベツの葉 … 2枚
  • ・高野豆腐 … 1個
  • ・エノキ … 1/2袋
  • ・水 … 2カップ
  • ・和風だしの素 … 小さじ1
  • ・味噌 … 大さじ2
  • ・みりん … 小さじ1
  • ・とろろ昆布 … 2つかみ

【作り方】

  1. キャベツの芯を薄くスライスし、葉はざく切りにする。
  2. 高野豆腐を食べやすい大きさに切る。
  3. エノキを適当な幅に切る。
  4. 鍋にお湯を沸かし、キャベツ、エノキ、和風だしの素を入れて煮立てる。
  5. キャベツがしんなりしてきたら、高野豆腐を加える。
  6. 鍋に味噌とみりんを加えて、よく混ぜ合わせる。
  7. 火を止め、汁椀に味噌汁を入れて、とろろ昆布を添える。

「具だくさん味噌汁」

【材料】

  • ・水 … 2ℓ
  • ・鶏胸肉 … 1枚
  • ・塩コショウ … 少々
  • ・キャベツ … 150g
  • ・シメジ … 適量
  • ・長ネギ … 2本
  • ・白菜 … 2~3枚
  • ・味噌 … おたま1杯
  • ・料理酒 … 大さじ2
  • ・だしの素 … 大さじ1~2
  • ・すりごま … 適量
  • ・七味唐辛子 … 適量

【作り方】

  1. 鍋にお湯を沸かす。
  2. 鶏胸肉にフォークを刺して柔らかくし、塩コショウで下味をつける。
  3. 鶏胸肉、キャベツ、シメジ、長ネギ、白菜を食べやすい大きさに切る。
  4. 鶏胸肉、キャベツ、シメジ、長ネギ、白菜を鍋に入れる。
  5. 鶏胸肉に火が通ったら、味噌、料理酒、だしの素を加える。
  6. お好みですりごまや七味唐辛子を加える。

まとめ

私たちが普段よく食べる味噌汁は、実はダイエットに非常に効果的な食事だったんです。食事スタイルや味噌の種類、具材の選び方によって、ダイエット効果をさらにアップさせることができるので、いろいろとアレンジしてみて、自分に合った最高のダイエット味噌汁を作ってみても良いかと思います。味噌汁でダイエットする方法はとっても簡単で、1日3食のうちの1食、とくに朝食か昼食を味噌汁に置き換えるだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこの味噌汁ダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP