〇〇ダイエット情報部

ロングブレスダイエットの効果ややり方、口コミを徹底紹介!

ロングブレスダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ロングブレスダイエット】どうしても痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今まで色々なダイエットを試してきたけれど、納得のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「筋トレの効率の悪さ」や「代謝の悪さ」、「骨盤の歪み」が原因かもしれません。筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。また、代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼させることができず、体内に老廃物も溜まりやすくなって、なかなか痩せることができません。さらに、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ロングブレスダイエット」です。毎日ロングブレスダイエットを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら代謝を上げて、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。また、ロングブレスダイエットには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れも良くなり、体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。今回はそんなロングブレスダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ロングブレスダイエットとは?

ロングブレスダイエット(1)

「ロングブレスダイエット」とは、毎日ロングブレスエクササイズを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら代謝を上げて、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくダイエット法です。ロングブレスは、とくにバストアップやヒップアップ、ウエストのシェイプアップに最適な運動法です。また、ロングブレスは骨盤矯正にも効果があり、骨盤の歪みを矯正することで、腰痛や肩こり、内臓下垂、下半身太りなども未然に防ぐことができます。ロングブレスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ロングブレスエクササイズを1日6セット行うだけでOKです。ただし、ロングブレスダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ロングブレスの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ロングブレスのMETsは『5.1~6.1(同じロングブレスでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ロングブレスの消費カロリーが1時間で約267.75~320.25kcalになることが分かります。下にMETsを使ったロングブレスの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのロングブレスの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ロングブレスの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ロングブレスでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ロングブレスダイエットの評価は?

ロングブレスダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.7
  • 即効性: 0.3
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 2.4
  • 口コミ評価: 3.8

ロングブレスダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、ロングブレスダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、ロングブレスダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。が、ロングブレスダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したいのであれば、ぜひ一度、ロングブレスダイエットにチャレンジしてみてください!

ロングブレスダイエットの口コミは?

口コミ(1)

ネット上で「ロングブレスダイエットを実践してみた」「ロングブレスダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

あれから2週間ぐらいロングブレスを続けていたら、体重や体型に少しづつ変化が。ウエスト-3cm、ふとももも-3cm、体重は微減ですが-2kg。私はとりあえずロングブレスを1日5セットくらいやっています。来夏までには、ビキニきても恥ずかしくない体型になれればいいなぁー(´・ω・`)

ウエストラインが気になってロングブレスを始めたら、結果、ウエストがキュッと引き締まりました!1日6セットして、その後すぐにエアロバイクを漕ぐよう心がけていたのが功を奏したのかなぁ。食事制限も夜ご飯を少し控えたくらいなので、ストレスも特に感じていないです。

ロングブレスを始めて5日目です。食事制限を少ししながら最初は4,5セット、久々の運動でかなりキツいけど、ロングブレスを続ければポッコリお腹も解消できるらしいので頑張れます!5日目で筋肉痛が(とくにお腹に)遅れてやってきました。皆さん頑張りましょうね♪

ロングブレスダイエットを少し前から始めてる高校2年生です! 私は「クラスの人数/5セットロングブレスするようにしています! あと、クラスメイトに「デブッ!」と罵倒されるのを想像しながら、そうならないように続けています。ロングブレスダイエットでお腹まわりがキュッと引き締まります!これからもロングブレスダイエット、頑張って続けていきます。

※ロングブレスダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ロングブレスダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ロングブレスダイエットの体験談

ロングブレスダイエット体験談

今回は、最近巷で話題の「ロングブレスダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5kg、体脂肪率が21.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、ロングブレスエクササイズを1日6セット行うというもの。また、ロングブレスダイエットを行う時は、猫背にならないように十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、インナーマッスルもついてきて、ウエストもほんのちょっぴりくびれてきたんです。さらに、ロングブレスダイエットを始めて数日が経つと、姿勢も少しずつ良くなり、腰痛や肩こりも心なしか解消しました。それから1週間後、ロングブレスダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.6kg、体脂肪率が-0.9%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ロングブレスダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかりくびれました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ロングブレスダイエットは誰でも簡単に痩せられるダイエットだったように思います。

ロングブレスダイエットの効果とは?

全身を引き締めてくびれのあるBODYに!

ウエストを引き締める(3)

ロングブレスは深層の筋肉=インナーマッスルを鍛えるのに最適な運動法です。このインナーマッスルには脂肪をエネルギー源とする『赤筋』が集中しています。赤筋には毛細血管が多く詰まっており、酸素の供給や脂肪の代謝が活発に行われています。つまり、この赤筋繊維が豊富に詰まったインナーマッスルを鍛えることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、ロングブレスはバストアップやヒップアップ、ウエストのシェイプアップにも効果的です。とくに、丹田やお尻に力を入れることで、脂肪を落としながらウエストやお尻の筋肉を鍛えることができます。さらに、ロングブレスにはデコルテの筋肉を鍛える効果もあり、バスト全体を上に引き上げることで、理想のバストラインを作り上げることもできます。このように、ロングブレスは引き締まったくびれのあるBODYをつくるのに最適な運動なのです。

代謝を上げて「痩せやすい体質」に!

代謝を上げる(5)

ロングブレスは酸素を体内に取り入れながら低度または中等度の負荷をかけて行う「有酸素運動」です。酸素が体内に取り込まれると、クエン酸回路やエネルギー産生が活性化します。このクエン酸回路やエネルギー産生が活性化することで、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になり、脂肪もぐんぐん燃焼されていきます。また、ロングブレスには心肺機能や循環機能を高める効果もあります。心肺機能や循環機能が高まると、酸素や血液も体の隅々まで行き渡るようになり、体内に溜まる老廃物や毒素も体外に排出されて、代謝もぐんぐん上がっていきます。この代謝がぐんぐん上がることで、脂肪も燃えやすくなり、「痩せやすい体質」になることができるのです。ちなみに、心肺機能が向上すると、体も疲れにくくなり持久力もアップするので、多少きつい運動も楽にこなせるようになり、ダイエットの効率もうんっと上がります。

ロングブレスで腰痛や肩こりも解消!

ヒップアップ(3)

ロングブレスには腰痛や肩こりを解消する効果もあります。とくに、ロングブレスにはお尻を締める動きがあり、お尻を締めることで骨盤底筋を鍛えることができます。この骨盤底筋が鍛えられると、姿勢も安定し、腰痛や肩こりも解消できるのです。また、ロングブレスには僧帽筋やその周辺の筋肉を動かす動きもあります。これらを動かすことで、肩まわりの血行も良くなり、肩こりも解消できます。このように、ロングブレスは腰痛や肩こりの解消にも最適な運動なのです。ちなみに、骨盤が安定しウエストの筋肉が鍛えられることで、腸の蠕動運動も活発になり、体内に溜まる便もスムーズに排出されるようになるので、便秘解消への効果も期待できます。

スポンサードリンク

ロングブレスダイエットのやり方

ロングブレスエクササイズを1日6セット行おう!

ロングブレスダイエット(5)

ロングブレスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ロングブレスエクササイズを1日6セット行うだけでOKです。ただし、ロングブレスダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ロングブレスを正しいフォームで行う必要があります。また、ロングブレスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。ロングブレスの正しいフォームやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ロングブレスの基本姿勢

ロングブレスダイエット(2)

ロングブレスのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でロングブレスに取り組むことで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してロングブレスダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・胸を少し張る
  • ・顎を軽く引く
  • ・お尻をキュッと締めて「えくぼ」をつくる
  • ・丹田(へその下三寸)に力を入れる
  • ・足を前後に交差させる(右足の土踏まずを左足のかかとに合わせる)
  • ・後ろ足に重心をかける(前足:後ろ足=10%:90%)

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずロングブレスのダイエット効果を実感できるかと思います。

ロングブレスエクササイズ(1)

ロングブレスダイエット(3)

こちらは最も基本的なロングブレスエクササイズのひとつです。こちらは呼吸に重きを置いた最もスタンダードなロングブレスエクササイズなので、まずこれができるようになってから次のステップへと進めていきましょう。ロングブレスエクササイズ(1)の手順は以下の通りです。

  1. 基本姿勢をとる
  2. 両腕を頭上に持ち上げながら、3秒かけて鼻からゆっくりと息を吸う
  3. 両腕を真横から前に振り下しながら、7秒かけて口から強く息を吐く(最初の3秒で強く息を吐き、残りの4秒でゆっくりと息を吐き切る)

以上を1セットとして、最低でも1日6セットは行うようにしましょう。もしこのエクササイズをマスターできたのであれば、次は「丹田」を意識したロングブレスエクササイズにも挑戦してみましょう。

ロングブレスエクササイズ(2)

ロングブレスダイエット(4)

こちらも最も基本的なロングブレスエクササイズのひとつです。こちらは主に丹田を意識したエクササイズになっているので、ポッコリお腹の解消にも効果覿面(?)です。ロングブレスエクササイズ(2)の手順は以下の通りです。

  1. 基本姿勢をとる
  2. お腹を凹ませて丹田に力を入れながら、3秒かけて鼻からゆっくりと息を吸う
  3. さらにお腹を凹ませて全身に力を入れながら、7秒かけて口から強く息を吐く(最初の3秒で強く息を吐き、残りの4秒でゆっくりと息を吐き切る)

以上を1セットとして、最低でも1日6セットは行うようにしましょう。以上が最も基本的なロングブレスエクササイズの2種類となります。なかなか効果を実感できなかったり、いまいちイメージが掴めない場合は、ロングブレスに関する書籍やDVD等を購入してフォームを再度確認してみてください。

ロングブレスダイエットの注意点

すぐには効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(3)

ロングブレスエクササイズはウォーキングやランニングのような有酸素運動と比べると、運動強度や負荷が小さい上に運動の継続時間も短いので、すぐには効果を実感できないかもしれません。ロングブレスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続けていけば、あなたも必ずロングブレスエクササイズのダイエット効果を実感できるかと思います。

猫背にならないように!

姿勢を良くする(1)

何度も言うように、ロングブレスエクササイズのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。もちろん、猫背なんて以ての外です。いくら猫背でロングブレスエクササイズを続けても、一向に痩せることはありませんし、ましてや体重や体脂肪率が減ることもありません。ロングブレスエクササイズを行うときは、鍛えたい部分や引き締めたい部分だけでなく、正しい姿勢もしっかりと意識してダイエットに取り組むようにしましょう。

ロングブレスダイエットのメニュー

「ロングブレスエクササイズ(1)」

  1. 顎を軽く引き、背筋をまっすぐ伸ばして胸を少し張り、お腹(丹田)とお尻にキュッと力を入れる。また、両脚を前後に交差させて、右(左)足に9割、左(右)足に1割の重心をかける。
  2. 両腕を頭の上に持ち上げながら、鼻から息をゆっくりと吸う(3秒)。
  3. 両腕を体の横から前に振り下しながら、口から息を強く吐く(7秒)。最初の3秒で息を強く吐き、残りの4秒で息をゆっくりと吐ききるイメージで。
  4. 2~3を1日6セット繰り返す。

「ロングブレスエクササイズ(2)」

  1. 顎を軽く引き、背筋をまっすぐ伸ばして胸を少し張り、お腹(丹田)とお尻にキュッと力を入れる。また、両脚を前後に交差させて、右(左)足に9割、左(右)足に1割の重心をかける。
  2. お腹を凹ませて丹田に力を入れながら、鼻から息をゆっくりと吸う(3秒)。
  3. お腹をさらに凹ませて全身に力を入れながら、口から息を強く吐く(7秒)。最初の3秒で息を強く吐き、残りの4秒で息をゆっくりと吐ききるイメージで。
  4. 2~3を1日6セット繰り返す。

「ロングブレスウォーキング」

  1. 顎を引き、目線は10~15m先の地面を見る。また、背筋をまっすぐに伸ばして、胸を少し張り、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  2. 鼻から息を吸い込みながら、4歩進む。
  3. 今度は、口から息を吐きだしながら、4歩進む。
  4. 2~3を交互に20分以上繰り返す。

「座りながらロングブレスエクササイズ」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、膝と踵を椅子にくっつけて座る。
  2. お尻をキュッと引き締めて、お尻にえくぼをつくる。
  3. お腹を凹ませて丹田に力を入れながら、鼻から息をゆっくりと吸う(3秒)。
  4. お腹をさらに凹ませて全身に力を入れながら、口から息を強く吐く(15秒)。最初の数秒で息を強く吐き、残りの数秒で息をゆっくりと吐ききるイメージで。

まとめ

ロングブレスダイエットは大量の酸素を体内に取り入れることでクエン酸回路やエネルギー産生を活性化させて代謝をぐんぐん高めることができます。また、ロングブレスにはインナーマッスルを鍛える効果もあり、このインナーマッスルを鍛えることで脂肪をエネルギー源とする『赤筋』を活性化させて脂肪も効率よく燃焼させることができます。ロングブレスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ロングブレスエクササイズを1日6セット行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ロングブレスダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP