〇〇ダイエット情報部

レモネードダイエットの効果や成功の秘訣、レシピを大公開!

レモネードダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【レモネードダイエット】なかなか痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今までありとあらゆるダイエットに挑戦してきたけれど、なかなか思わしい結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「体内環境の悪化」や「エネルギー代謝の悪化」が原因かもしれません。腸内環境が悪くなると、体内に老廃物や毒素がどんどん溜まり、便秘になりやすくなってしまいます。また、体内に老廃物や毒素が溜まると、血液やリンパの流れも悪くなり、基礎代謝もぐんぐん下がって、脂肪も落ちにくくなってしまいます。さらに、エネルギー代謝が悪くなると、脂質や糖質が効率よく代謝されなくなり、脂肪も溜まりやすくなってしまいます。そんな悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「レモネードダイエット」です。レモネードにはビタミンやクエン酸が豊富に含まれており、ダイエットだけでなく美容や健康にも嬉しい効果が期待できます。今回はそんなレモネードダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

レモネードダイエットとは?

レモネードダイエット(1)

レモネードを飲むことで、体内に溜まった老廃物や毒素を体外に排出して体内環境を整えることができます。また、レモネードには体内循環を活発にする効果もあり、体内循環が活性化することで、脂質や糖質も効率よくエネルギーに変換できるようになります。レモネードでダイエットするやり方はとっても簡単で、3日間のプチ断食でレモネードを2時間おきに飲むだけでOKです。ただし、レモネードダイエットを成功させるためには、ダイエットを決められたスケジュール通りに進める必要がありますまた、レモネードダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

レモネードのカロリーは?

レモネードのカロリーはコップ一杯(198.5g)当たり約145kcalで、これを100gに換算すると約73kcalになります。オレンジジュースが100g当たり41kcalであることを考えると、レモネードはやや高カロリーな飲み物です。また、レモネードの糖質量は100g当たり約10gもあるので、レモネードは糖質制限ダイエットにもあまり向かないかもしれません。

レモネードダイエットの評価は?

レモネードダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.0
  • 即効性: 4.2
  • コスパ: 1.0
  • 栄養バランス: 2.0
  • 口コミ評価: 3.0

レモネードダイエットは非常に短期間で効果を得られるダイエット法です。また、レモネードダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、レモネードダイエットは「コスパ」がやや劣り気味なので、あまりお金をかけたくない方には不向きなダイエット法かもしれません。が、レモネードダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もしお金に余裕があれば、ぜひ一度、レモネードダイエットにチャレンジしてみてください!

レモネードダイエットの口コミは?

口コミ(7)

ネット上で「レモネードダイエットを実践してみた」「レモネードダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

レモネードで2,3kg痩せられましたが、停滞期であえなく断念してしまいました。もっとレシピを工夫したり運動もプラスしたりすべきだったのかなぁと、今更になって後悔しています。

レモネードダイエット中は極力、炭水化物を減らして野菜中心にしました。レモネードを食べ始めて1ヶ月くらいで、体重が3キロ減りました。炭水化物を控えてたおかげなのかどうかは分かりませんが、レモネードダイエットおすすめです。

3日間レモネードを飲むだけのプチ断食に挑戦しました。 このプチ断食に挑戦したことで、体重が2.5kg落ちました。 目標の40キロ台まで道のりはまだまだ長いですが、また来週末にでもプチ断食に挑戦したいと思います。

レモネードを飲んでプチ断食したら、3日間で3キロも痩せました。回復食を食べながら少しずつ食生活を戻していく期間はやや苦痛でしたが、ダイエットできた喜びに比べたらどうてことありませんでした。また、機会があれば再挑戦したいと思います。

※レモネードダイエットの口コミをまだまだ募集しております。レモネードダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

レモネードダイエットの体験談

レモネードダイエット体験談

今回は、レモネードの効果を(実際に)体感するために1週間の「レモネードダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9kg、体脂肪率が22.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、3日間レモネードを2時間おきに飲み続けるというもの。「朝起きて1杯、朝食に1杯、昼食の2時間前に1杯、昼食に1杯、夕食の2時間前に1杯、夕食に1杯、夜寝る前に1杯」といった感じです。また、レモネードダイエット期間中は、「脱水症」にも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、体内環境も良くなって、新陳代謝もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、レモネードダイエットを始めて数日が経つと、エネルギー代謝も少しずつ良くなり、脂肪も心なしか落ちやすくなりました。それから1週間後、レモネードダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-4kg、体脂肪率が-5.7%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、レモネードダイエットを終えてからというもの、新陳代謝もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、レモネードダイエットは短期間で確実に痩せられるダイエットだったように思います。

レモネードダイエットの効果とは?

レモネードはデトックスに最適!

レモネードダイエット(2)

レモネードには体内に溜まる毒素を洗い流す効果があります。体内に溜まる毒素を洗い流すことで、体の内側から働きかけて体質を変えることができるのです。また、体質を変えて体内環境をリセットすることで、新陳代謝も高めることができます。つまり、レモネードを飲んで毒素を排出することで、新陳代謝を高め、痩せやすい体質を手に入れることができるのです。

レモネードが体内環境を整えてくれる!

レモネードダイエット(3)

レモネードを飲むことで食道から胃、腸までの消化管をきれいに掃除できます。とくに、腸内がきれいに掃除されることで、栄養の吸収も良くなり、私たちの身体に本来備わっている「免疫力」を取り戻すことができます。また、腸内環境が整えられることで、血流の巡りも良くなります。つまり、レモネードを飲むことで血液の巡りも良くなり、新陳代謝も高めることができるのです。

レモネードがクエン酸回路を活発にしてくれる!

レモネードダイエット(4)

レモンには『クエン酸』が豊富に含まれています。このクエン酸にはクエン酸回路(サイクル)を活性化させる働きがあります。クエン酸回路とは食べたものをエネルギーに変えて、最終的にクエン酸に還元させるまでの過程のことをいい、クエン酸がこのクエン酸回路の潤滑油になります。つまり、クエン酸が不足すると、クエン酸回路が上手く回らず、脂質や糖質も十分にエネルギーに変換できないのです。レモンからクエン酸をしっかりと補給することで、脂質や糖質を効率よくエネルギーに変換できます。

また、クエン酸が脂質や糖質を効率よくエネルギーに変換してくれることで、血糖値の急激な上昇も抑えることができます。血糖値の急激な上昇が抑えられることで、インスリンの分泌も防ぐことができ、脂肪も付きにくくなるのです。そのほかにも、クエン酸がエネルギ代謝を促してくれることで、基礎代謝向上も期待できます。

レモネードにはその他にも…

レモネードダイエット(5)

そのほか、レモンにはビタミンCをはじめ、ビタミンAやビタミンE、カルシウム、マグネシウムなどもたっぷりと含まれています。これらの栄養素は美肌やアンチエイジング、骨粗鬆症の予防、リラックス、疲労回復、便秘解消などさまざまな効果が期待でき、レモネードはダイエットだけでなく美容や健康にも最適な飲み物です。

スポンサードリンク

レモネードダイエットのやり方

レモネードを2時間おきに飲もう!

レモネードダイエット(6)

レモネードでダイエットするやり方はとっても簡単で、3日間のプチ断食でレモネードを2時間おきに飲むだけでOKです。ただし、レモネードを飲み始めてから飲み終わるまでいくつかのルールを守る必要があるので、しっかりとおさえましょう。

レモネードダイエット準備期

レモネードダイエット(8)

レモネードダイエットを始める1週間前から食事を少しづつ野菜や果物中心に変えていきましょう。というのも、極端に食事を変えると身体に大きな負担をかけてしまう恐れがあるからです。しかし、ダイエットを始める数日前から野菜や果物を中心に食べて体を慣らしていくことで、より健康的にダイエットを実施できます。また、レモネードダイエット開始1週間前から極端に甘いモノや辛いモノ、刺激の強いモノも控えるようにしましょう。

レモネードダイエット前夜

レモネードダイエット(9)

レモネードダイエットを始める前日の夜は、ハーブティーやミントティーを飲みましょう。ハーブティーやミントティーは腸内洗浄に効果があり、これらを前日に飲んで寝ることで、その後3日間、レモネードのダイエット効果をより強く実感できます。

レモネードダイエット初日の朝

水ダイエット(1)

レモネードダイエット初日、朝起きたらすぐに塩水を1L飲みましょう。この塩水を飲むことで腸内を洗浄でき、デトックスに向けた最終準備が完了します。この方法は「ソルト・ウォーター・バッシング」とよばれており、消化器官の一部のみを洗浄するのに最適です。塩水の作り方はとっても簡単で、1リットルの蒸留水(やや温め、35~37度くらい)に天然塩を小さじ2杯を入れて混ぜるだけでOKです。ただし、市販の食塩はすでに生成されているので、このソルト・ウォーター・バッシングには不向きです。また、冷たい蒸留水だとお腹を冷やしてしまう可能性もあるので、必ず蒸留水は温めてから使用しましょう。

レモネードダイエット本番(1日目~3日目)

レモネードダイエット(7)

2時間おきにレモネードを300cc飲む、これをたった3日間続けるだけでOKです。また、どうしても空腹を感じたときは、おやつの代わりにレモネードを飲んでもOKです。2時間おきに飲んだり空腹を感じたときに飲んだりしていると、1日あたり6~12杯程度飲むことになるかと思います。このようにレモネードダイエットを続けることで、体内が徐々にデトックスされて、レモンに含まれるさまざまな成分がダイエット効果を与えてくれます。レモネードの作り方は下記を参考にしてください。

レモネードの作り方(1杯)

  • ・レモン果汁…大さじ2杯
  • ・純粋メープルシロップ…大さじ2杯
  • ・唐辛子…小さじ1/10
  • ・蒸留水…300cc

(注)レモンジュースや砂糖入りのメープルシロップは使用しないでください。砂糖が含まれていると、折角のダイエットが無効になってしまいます。

レモネードは上記の素材を混ぜ合わせるだけでOKなので、お時間があるときにぜひ一度作ってみてください。

レモネードダイエット3日目(最終日)の夜

野菜スープダイエット(2)

レモネードダイエット3日目の夕食時から回復食を食べ始めましょう。もしこの(ある意味)プチ断食終了後に刺激の強い食べ物を食べてしまうと、胃や腸にかなりの負担をかけてしまいます。レモネードダイエットは回復食を食べて胃や腸を回復させるまでがダイエットです。回復食には野菜スープなどがオススメです。この野菜スープは緑黄色野菜を中心にして、味付けもできるだけ薄くしましょう。断食後は非常に味覚が敏感になっているので、このタイミングで味の濃いスープを食べてしまうと、食欲が増進されて、再び暴飲暴食に走ってしまう恐れがあるからです。野菜スープは極力味を薄くしましょう。ちなみに、野菜スープには緑黄色野菜だけでなく、玄米や豆腐などを混ぜ合わせてもOKです。

 

レモネードダイエット終了後(4日目~5日目)

野菜ジュースダイエットアイキャッチ

レモネードダイエット終了後の翌朝は野菜ジュースやフルーツジュースを飲みましょう。市販のジュースには砂糖が含まれている場合が多いので、しっかりと野菜や果物をミキサーで混ぜ合わせて手作りしましょう。また、レモネードダイエット終了後2日間は野菜や果物を中心にした食事を摂りましょう。レモネードダイエット準備期と同様、野菜や果物を中心に食べることで、体内環境を調整しながら普段どおりの食生活に戻していくことができます。ちなみに、野菜や果物といっしょに玄米のお粥を食べてもOKです。5日目以降は普段どおりの食事をしていただいてもかまいません。ただし、食べ過ぎたり飲み過ぎたりして肥満体型に逆戻りしてしまうことがないよう、十分に注意しましょう。

レモネードダイエットの注意点

プチ断食は4日以上続けない!

注意を喚起する(2)

レモネードダイエットのプチ断食期間は3日間です。決して4日以上断食を続けないでください。プチ断食を4日以上続けてしまうと、貧血や栄養失調、脱水症状などを引き起こしてしまう危険性があります。何事においても”ほどほど”がダイエット成功への近道です。レモネードダイエットのプチ断食は3日できっぱりとやめて、「複食期(回復食を食べながら食生活を徐々に普段通りに戻していく期間)」に専念するよう心がけましょう。

「脱水症」に要注意!

水分を補給する(5)

いくらレモネードにダイエット効果があるからといって、レモネードばかり飲んでいると、体の中の水分が不足して脱水症状を引き起こしてしまう危険性があります。レモネードには多少の水分が含まれているのですが、これだけでは1日に必要な水分摂取量をカバーしきれません。とくに、プチ断食期間中は食事から水分を補給できないので、脱水症状も引き起こしやすいです。1日に必要な水分摂取量は体重によって決まりますが、およそ1.5~3ℓとされています。プチ断食期間中に起こりがち脱水症を未然に防ぐためにも、レモネードを飲むだけでなく水分もしっかりと摂取するよう心がけましょう。

レモネードダイエットのレシピ

「ホットレモネード」

レモネードダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・レモン … 1/2個
  • ・レモンスライス … 1枚
  • ・お湯 … コップ1杯
  • ・ハチミツ (お好みで) … 適宜

【作り方】

  1. コップのお湯にレモンを絞り、よく混ぜる。
  2. 1にレモンスライスを浮かべる。
  3. 2にお好みでハチミツを加える。

「レモンシロップ」

レモネードダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・レモン(国産) … 4個
  • ・砂糖 … 120g
  • ・ハチミツ(国産) … 大さじ4

【作り方】

  1. レモンをよく水洗いし、水気を切って、薄くスライスする。
  2. 保存瓶を煮沸消毒し、その中に1の1/3、砂糖40g、ハチミツ大さじ1を順に入れて、これを3回繰り返す。
  3. 2をしばらく置いておく。
  4. 砂糖が溶けてレモン果汁が出てきたら、保存瓶に蓋をし瓶を適度に振って、レモン果汁が全体に混ざる(なじむ)ようにする。
  5. 4を直射日光が当たらない風通しの良い場所に置く(常温保存)。その間も、保存瓶を適度に振って、レモン果汁が全体に混ざる(なじむ)ようにする。
  6. 瓶の半分までレモン果汁が出てきたら、5を冷蔵庫に入れて保存する(冷蔵保存)。その間も、保存瓶を何回か適度に振って、レモン果汁が全体に混ざる(なじむ)ようにする。
  7. 砂糖が十分に溶けてレモンスライスがひたひたになったらできあがり。

「野菜ポタージュ(回復食)」

レモネードダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・人参 … 2個
  • ・キャベツ … 1/2玉
  • ・タマネギ … 3個
  • ・自然塩… 少々
  • ・お好みのハーブ・スパイス … 少々

【作り方】

  1. 人参、キャベツ、タマネギを食べやすい大きさに切る。
  2. 1を鍋に入れて、ミネラルウォーターでじっくりコトコトと煮込む。
  3. 野菜が煮えて柔らかくなったら、汁ごとミキサーに入れて、滑らかになるまで攪拌する。
  4. 3に自然塩とお好みのハーブ・スパイスを加えて、味を調える。

まとめ

レモネードを飲むことで、体内に溜まった老廃物や毒素を体外に排出して体内環境を整えることができます。また、レモネードには体内循環を活発にする効果もあり、体内循環が活性化することで、脂質や糖質も効率よくエネルギーに変換できるようになります。レモネードでダイエットするやり方はとっても簡単で、3日間のプチ断食でレモネードを2時間おきに飲むだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「レモネードダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP