〇〇ダイエット情報部

白湯ダイエットの効果や成功法、おすすめのレシピを大公開!

白湯ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【白湯ダイエット】みなさんは、白湯を飲むだけでダイエットができることをご存知ですか。白湯は水を沸かしただけのただのお湯であるにもかかわらず、さまざまなダイエット効果が期待できます。今回は、その白湯ダイエットの驚きの効果や正しいやり方、注意点などを詳しく解説いたします。

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエット(1)

白湯ダイエットは水をやかんで煮出しただけのお湯を飲むダイエット法です。白湯には基礎代謝をアップさせたり内臓機能を改善させたりする効果があり、ダイエットに最適です。白湯でダイエットするやり方はとっても簡単で、白湯を朝起きて1杯、1日3食の食事中に1杯ずつ、そして夜寝る前に1杯飲むだけでOKです。ただし、白湯のダイエット効果を十分に発揮させるためには、何点かおさえなければいけないポイントがあるので、今回はそれをしっかりと覚えていってもらえると嬉しいです。

「お湯」と「白湯」の違いは?

「お湯」と「白湯」の違いは、沸騰させた後の行程にあります。まず、「お湯」は水をただ沸騰させたものを言います。それに対して、「白湯」は水を沸騰させた後に飲めるくらいの温度(約40~50度)まで冷ましたものを言い、このことから、白湯は“湯冷まし”とも呼ばれています。水道水を一度沸騰させることで、水道水のカルキ臭が飛び、口当たりも柔らかくなるのです。白湯でダイエットする時は、必ず「お湯」ではなく「白湯」を飲むようにしましょう。

白湯のカロリーは?

白湯のカロリーは1杯(200g)当たり約0kcalで、これを100gに換算すると約0kcalになります。オレンジジュースが100g当たり41kcalであることを考えると、白湯はとても低カロリーな飲み物です。また、白湯の糖質量は100g当たり約0gしかなく、この糖質量だけ見ても、白湯はダイエットに最適な飲み物だと言えるでしょう。

白湯ダイエットの評価は?

白湯ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.9
  • 即効性: 2.1
  • コスパ: 4.5
  • 栄養バランス: 0.5
  • 口コミ評価: 3.0

白湯ダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。また、白湯ダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、白湯ダイエットは栄養価があまり高くありません。が、白湯ダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし栄養バランスを上手く考えて食事を摂れるのであれば、ぜひ一度、白湯ダイエットにチャレンジしてみてください!

白湯ダイエットの口コミは?

口コミ(8)

ネット上で「白湯ダイエットを実践してみた」「白湯ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

1週間くらい白湯ダイエットにチャレンジしてみましたが、1.5キロくらいは体重も減ったと思います。まだ、全然期間も短いので、もう少し続けてみて結果を見たいと思います。

簡単なダイエットでコストも全然かからないので、もうすでに3カ月は続けられています。運動もしたりしてますが、合計で5キロくらいは痩せられました。時間はかかりますが着実に痩せられていると思います。

白湯と有酸素運動の相性は抜群です!体の中が熱くなって汗もたっぷりでるし、脂肪も燃えてお腹まわりもスッキリした気がします。このペースなら、目標の40キロ台もあっという間に達成できそうです。

白湯を飲み続ける生活を3か月間続けて、6キロも痩せました!時々、体調を崩してしまうことがあったので、また次回挑戦するときは栄養のバランスをしっかりと考えて野菜ダイエットにも取り組もうと思います。

※白湯ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。白湯ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

白湯ダイエットの体験談

白湯ダイエット体験談

今回は、あの有名女性誌にも取り上げられた「白湯ダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.8kg、体脂肪率が22.3%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、白湯を朝起きて1杯、1日3回の食事中に1杯ずつ、そして夜寝る前に1杯飲むというもの。「朝起きて1杯、朝食後に1杯、昼食後に1杯、夕食後に1杯、夜寝る前に1杯」といった感じです。また、白湯ダイエット期間中は、こまめに飲むよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、血行も良くなって、代謝もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、白湯ダイエットを始めて数日が経つと、胃や腸の動きも少しずつ活発になり、消化も心なしか良くなりました。それから1週間後、白湯ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.8kgから68kgに、体脂肪率が22.3%から19.7%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、白湯ダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、白湯ダイエットは気長にコツコツ続けられるダイエットだったように思います。

白湯ダイエットの効果とは?

白湯は基礎代謝のアップに最適!

代謝を上げる(1)

白湯を飲むことで内臓を温めることができます。内臓が温まれば血行も促進され、基礎代謝もグンっとはね上げることができます。基礎代謝のアップは脂肪の燃焼にも繋がるので、白湯は痩せやすいカラダづくりに最適です。

白湯はデトックスにも効果的!

白湯ダイエット(2)

白湯には利尿作用もあります。ふつう、冷たい水を飲むと体はその水分を溜め込もうとするのですが、逆に温かい水を飲むと体は余分な水分を排出しようとするので、むくみ解消の効果が期待できます。また、白湯には体の中の老廃物を排出しやすくする作用もあるので、胃腸や肝臓、腎臓の働きも活発になり、デトックス効果も期待できるようになります。腸内機能の改善は消化力アップにも繋がるので、ダイエットに効果的です。

白湯は冷え性や夏バテの防止にも効果が…

白湯ダイエット(3)

白湯を飲み続けることで少しづつ内臓機能を改善し、基礎代謝アップや消化機能向上などの体質改善も期待できます。基礎代謝がアップしたり消化機能が向上すれば、冷え性や夏バテも着実に解消することができます。

スポンサードリンク

白湯ダイエットのやり方

白湯を飲むのは「朝」と「食事中」と「寝る前」!

白湯ダイエット(5)

白湯でダイエットするやり方はとっても簡単で、白湯を朝起きて1杯、1日3食の食事中に1杯ずつ、そして夜寝る前に1杯飲むだけでOKです。まず、朝起きてから白湯を飲むことで、内臓に負担をかけずに体を温めることができます。また、朝起きてから飲む白湯は、眠っていた内臓にスイッチを入れて、消化吸収やデトックス効果をアップさせるのにも効果的です。次に、食事中に白湯を飲むことで、内臓や消化機能が活発になり、食べた物もより効率的に消化吸収できるようになります。そして、夜寝る前に白湯を1杯飲むことで、就寝中の新陳代謝を高めて、脂肪も効率よく燃焼できるようになります。このように、白湯は「朝」と「食事中」と「寝る前」に飲むのが一番効果的なのです。

白湯の正しい作り方は?

白湯ダイエット(4)

白湯のダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しいやり方で白湯をつくらなければなりません。以下が白湯の正しい作り方です。

  1. やかんに水を入れて、強火にかけます。

  2. 沸騰し始めたら火を弱め、湯気が上がるようにやかんの蓋を開いて、10分間くらい放置します。

  3. 10分間くらい放置したら、お湯をコップに注ぎ、50℃くらいになるまでしばらく待ちます。

  4. 完成です!

この方法に従うことで、ダイエットにより最適な白湯をつくることができます。水道水ではなく、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを煮出せば、より純粋な白湯をつくることもできます。時間は多少かかりますがとっても簡単なので、ぜひ一度つくってみてください。

白湯は1日800mlが効果的!

白湯ダイエット(6)

白湯は1日800mlを目安に飲みましょう。飲み過ぎてしまうと、必要な栄養素まで体外に排出してしまい、ダイエットに逆効果となってしまいます。朝起きた時に白湯を1日分(800ml)作り置きしておき保温ポットなどに入れておけば、飲みたいときに飲むことができるのでオススメです。

レモン白湯ダイエットとは?

白湯を飲むだけでも十分にダイエット効果や健康効果を得ることができるのですが、その白湯にレモンを加えることで、さらなる効果も期待できます。とくに、レモンに含まれるポリフェノールには「アディポネクチン」という成分の分泌を促す働きがあり、このアディポネクチンは血管を修復して血液の流れをスムーズにしたり、糖の代謝を正常に保ってくれたりします。肥満の人の多くは血中のアディポネクチンの量が少ないことが分かっており、つまり、このアディポネクチンの分泌を促すことで肥満も予防できるのです。レモン白湯の作り方はとっても簡単で、無農薬の有機レモンを皮ごと輪切りにして、白湯にしばらく浮かべるだけでOKです。このレモン白湯は1杯1杯時間をかけてゆっくりと飲むようにしましょう。レモン白湯をゆっくりと飲むことで、胃や腸に負担をかけずに、身体もじわじわと温めることができます。

白湯ダイエットの注意点

白湯はダイエットに効果なし!?

白湯ダイエットは元々体温が高い人にはあまり効き目がないかもしれません。というのも、白湯ダイエットは内臓を温めることで代謝を上げて、体脂肪を燃えやすくするというダイエット法だからです。また、白湯を一気飲みしていたり、ぬるい白湯を飲んでいたりしても、白湯ダイエットの恩恵に与れません。白湯ダイエットは決して“飲めばすぐ痩せる”というダイエット法ではありません。白湯でダイエットする時は、最低でも3か月は根気よく飲み続けるようにしましょう。

白湯の効果が出るまでの期間は?

何度も言うようですが、白湯ダイエットは決して即効性があるダイエット法ではありません。白湯でダイエットする時は、最低でも3か月は根気よく飲み続けるようにしましょう。早い人では数週間から1ヶ月程度で冷え性が解消したり体の不調が改善したりする場合もあります。もし白湯のダイエット効果をなかなか得られない場合は、もう一度白湯ダイエットのルールをしっかりと確認してみましょう。白湯を一気飲みしていたり、温い白湯を飲んでいたりしても、一向にダイエット効果を得ることはできません。白湯でダイエットする時は、ちゃんと温かい白湯をゆっくりと時間をかけて、3か月間毎日ちびりちびり飲み続けるようにしましょう。

35℃以下の白湯は飲まない!

白湯ダイエット(7)

35℃以下の白湯を飲むのは、内臓を冷やしてしまったり体温を下げてしまう可能性があるので、あまりオススメしません。人肌よりも若干熱めの50℃前後の白湯を飲むよう心がけましょう。

朝白湯はゆっくりと時間をかけて飲もう!

白湯ダイエット(8)

起きた直後は胃や腸がまだ正常に機能していない場合が多いので、このタイミングで白湯を一気に飲むと胃や腸に大きく負担をかけてしまう可能性があります。朝方の白湯は10分間程度の時間をかけてゆっくり飲むことをオススメします。

食後に白湯は飲まない!

注意を喚起する(10)

食後すぐに白湯を飲むと、消化が遅れてしまう可能性があります。消化が遅れてしまうと、最悪、体重増加の原因にもなりかねません。もし食後に白湯を飲みたい場合は、食後30分くらい時間を空けて、胃が落ち着いてから飲むようにしましょう。

とりあえず1ヶ月続けてみよう!

白湯ダイエットは決して「飲めばすぐに痩せられる」ようなダイエットではありません。というのも、白湯ダイエットはあくまで基礎代謝をアップしたり内臓機能を改善したりするのが目的で、短期間で簡単に痩せられるわけではないからです。また、たとえ白湯のおかげで短期間で簡単に痩せられたとしても、「継続」しなければすぐにリバウンドしてしまいます。どのようなダイエットでも「継続」することが大切です。なので、白湯ダイエットはとりあえず最低でも1ヵ月(できれば3ヵ月以上)は続けるようにしましょう。

まとめ

白湯は体を温めながら新陳代謝をアップさせるだけでなく、デトックス効果や内臓機能の改善にも効果があるので、ダイエットに最適です。また、白湯は水を煮出しただけで簡単につくれるダイエット水なので、時間がなかなか取れない方にもオススメです。白湯でダイエットするやり方はとっても簡単で、白湯を朝起きて1杯、1日3食の食事中に1杯ずつ、そして夜寝る前に1杯飲むだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこの白湯ダイエットに興味を持たれた方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP