〇〇ダイエット情報部

股関節ストレッチダイエットの効果や成功のコツを徹底紹介!

股関節ストレッチダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【股関節ストレッチダイエット】どうしても体重が落ちにくい体質にお悩みではありませんか?これまで様々なダイエットを試してきたけれども、思わしい結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「血液やリンパの流れの悪さ」が原因かもしれません。血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「股関節ストレッチダイエット」です。今回はそんな股関節ストレッチダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

股関節ストレッチダイエットとは?

股関節ストレッチダイエット(1)

「股関節ストレッチダイエット」とは、股関節をストレッチで柔らかくほぐすことで血液やリンパの流れを良くし、体に溜まった老廃物や毒素をスムーズに排出して、とくに下半身を効率よく引き締めていくダイエット法です。また、股関節ストレッチはむくみや冷え性の解消にも効果があり、ダイエットだけでなく健康にも効果覿面です。股関節ストレッチでダイエットするやり方はとっても簡単で、運動前や入浴後、就寝前に股関節ストレッチを行うだけでOKです。ただし、股関節ストレッチダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

股関節ストレッチの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。股関節ストレッチのMETsは『2.3~3.5(同じ股関節ストレッチでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)股関節ストレッチの消費カロリーが1時間で約120.75~183.75kcalになることが分かります。下にMETsを使った股関節ストレッチの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたの股関節ストレッチの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、股関節ストレッチの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、股関節ストレッチでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

股関節ストレッチダイエットの評価は?

股関節ストレッチダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.5
  • 即効性: 0.5
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.9
  • 口コミ評価: 4.1

股関節ストレッチダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、股関節ストレッチダイエットは手軽で続けやすいので、なかなか時間が取れない方にもオススメです。ただし、股関節ストレッチダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、股関節ストレッチダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、股関節ストレッチダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、股関節ストレッチダイエットにチャレンジしてみてください!

股関節ストレッチダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「股関節ストレッチダイエットを実践してみた」「股関節ストレッチダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

股関節ストレッチは毎日続けることが大切です。はじめは、効果をいまいち実感できないかもしれませんが、毎日コツコツ続けていくことで疲れにくくなり、股関節ストレッチが真なるダイエット効果を発揮してくれるかもしれません。なので、股関節ストレッチは毎日続けることをオススメします。ちなみに、私はこの股関節ストレッチダイエットで3キロの減量に成功しました。

股関節ストレッチを始めて1カ月で腰まわりとお尻まわりが激変しました。まさにキュッと引き締まる感じです。股関節ストレッチを始めてホントに良かったです。

股関節ストレッチを始めてから3週間くらい経ちましたが、 少しずつ腰周りが引き締まってきました!これからも、続けていこうと思います!

ここ1週間股関節ストレッチを続けていたら下半身が少しスッキリしました!キツイ食事制限するより断然ラクでした!とっても簡単だったので、もし股関節ストレッチに興味があればぜひお試しあれ。

※股関節ストレッチダイエットの口コミをまだまだ募集しております。股関節ストレッチダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

股関節ストレッチダイエットの体験談

股関節ストレッチダイエット体験談

今回は、読者からのご要望が多かった「股関節ストレッチダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.4 kg、体脂肪率が21.3 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、運動前や入浴後、就寝前に股関節ストレッチを10~15分行うというもの。また、股関節ストレッチを行う時は、有酸素運動や筋トレもしっかりと取り入れるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、太ももやふくらはぎの血行も良くなって、下半身もほんのちょっぴりスッキリしたんです。さらに、股関節ストレッチダイエットを始めて数日が経つと、血液やリンパの流れも少しずつ良くなり、むくみや冷え性も心なしか解消しました。それから1週間後、股関節ストレッチダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.6kg、体脂肪率が-0.9%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、股関節ストレッチダイエットを終えてからというもの、下半身もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、股関節ストレッチダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

股関節ストレッチダイエットの効果とは?

股関節ストレッチは下半身痩せに最適!

むくみを解消する(9)

下半身太りの原因のひとつに「股関節の歪み」が挙げられます。股関節が歪んでいると、股関節の可動域も狭く開きっぱなしになり、太ももやふくらはぎの血行も悪くなって、下半身も太りやすくなってしまいます。つまり、下半身太りを解消するためには「股関節の歪み」を解消してあげることが必須事項なのです。実は、「股関節の歪み」は硬くなった股関節を柔らかくしてあげることで簡単に解消できます。股関節をしっかりと伸ばして柔らかくしてあげることで、股関節の可動域も広がり、太ももやふくらはぎの血行も良くなって、下半身も痩せやすくなります。

股関節ストレッチでむくみや冷え性も解消!

むくみを解消する(3)

股関節ストレッチにはむくみや冷え性を解消する効果もあります。股関節を柔らかくすることで、股関節の可動域も広がり、太ももやふくらはぎに血が通うようになります。また、股関節が柔らかくなると、体に溜まった老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになり、リンパの流れも良くなって、下半身もスッキリとしてきます。このように、股関節ストレッチはむくみや冷え性の解消にも最適なダイエット法なのです。

股関節ストレッチで疲れにくくなる!?

疲れにくくなる(2)

股関節が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、筋肉も凝り固まって、身体も疲れやすくなってしまいます。つまり、股関節ストレッチで股関節をしっかりと伸ばしてあげることで、「痩せやすい身体」だけでなく「疲れにくい身体」も手に入れることができるのです。もし「最近疲れやすくなったなぁ…」と感じた時は、ぜひ股関節ストレッチに挑戦してみてください。

股関節にはこんな効果も…!?

股関節ストレッチダイエット(2)

股関節ストレッチには顔の歪みを整える効果もあります。というのも、股関節から生じた歪みは骨盤から背骨、首へと広がり、頭蓋骨や顔面骨にまで悪影響を及ぼしてしまうからです。いくらフェイシャルケアに勤しんでも、顔がむくんでいては元も子もありません。顔の歪みを整えてむくみを解消したいときは、股関節ストレッチを行うようにしましょう。

また、股関節ストレッチを行うことで、O脚やX脚、XO脚も改善することができます。O脚やX脚、XO脚は股関節の歪みが原因のひとつに挙げられます。つまり、骨盤の歪みを矯正することで、股関節の開閉をスムーズになって、膝やふくらはぎもぴったりと閉まるようになるのです。

スポンサードリンク

股関節ストレッチダイエットのやり方

股関節ストレッチでダイエットするには?

股関節ストレッチダイエット(3)

股関節ストレッチでダイエットするやり方はとっても簡単で、運動前や入浴後、就寝前に股関節ストレッチを行うだけでOKです。ただし、股関節ストレッチダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。股関節ストレッチのワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

肩甲骨ストレッチと組み合わせよう!

股関節ストレッチダイエット(4)

股関節ストレッチと並行して肩甲骨ストレッチも行うことで、さらなるダイエット効果を期待できます。肩甲骨のまわりには白色脂肪細胞を燃焼する働きがある「褐色脂肪細胞」が密集しており、この脂肪細胞をストレッチで刺激してあげることでエネルギー代謝も活発になり、しつこい内臓脂肪や皮下脂肪も効率よく燃焼させることができます。また、肩甲骨ストレッチには猫背矯正やバストアップ、腰痛や肩こりの解消にも効果があり、股関節ストレッチと組み合わせることで、上半身・下半身ともに健康的にダイエットさせることができます。股関節ストレッチを行うときは、ぜひ肩甲骨ストレッチにも挑戦してみてください。

正しい呼吸法を意識しよう!

正しい呼吸をする(10)

股関節ストレッチを行うときは正しい呼吸法を意識するようにしましょう。正しい呼吸法で股関節ストレッチを行わないと、ダイエット効果も半減してしまいます。正しい呼吸法を意識することで、筋肉や腱をしっかりと伸ばすことができるだけでなく、交感神経や副交感神経のバランスを整えることもできます。股関節ストレッチを行うときは、伸ばすときに口から息を吐き、元に戻すときに鼻で息を吸うようにしましょう。また、腹式呼吸を意識して股関節ストレッチを行うことで、ダイエット効果をさらに引き出すこともできます。

有酸素運動や筋トレもしっかりと行おう!

適度な運動をする(6)

残念ながら、股関節ストレッチだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいて「股関節をストレッチする」ことは決して無意味なことではないのですが、股関節ストレッチはあくまで下半身を痩せやすくするための一手段に過ぎません。股関節ストレッチのダイエット効果を最大限に引き出すためには、股関節ストレッチと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動は股関節をストレッチさせた後に行うとよいでしょう。股関節をストレッチさせた後に有酸素運動を行うことで、下半身の脂肪が落ちやすくなった状態で脂肪を効率よく燃焼させることができます。

股関節ストレッチダイエットの注意点

なかなか効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(7)

股関節ストレッチはウォーキングやランニングなどの有酸素運動と比べると運動量も少なく負荷も小さいので、なかなか効果を実感できないかもしれません。股関節ストレッチダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。また、気づいたときに股関節をストレッチしてあげることで、骨盤の歪みを着実に解消して、下半身も格段に痩せやすくなります。股関節ストレッチダイエットにしても他のダイエットにしても、「どれだけ諦めずに続けることができるか」がダイエット成功の鍵です。股関節ストレッチを根気よく続けることで、あなたも必ず股関節ストレッチのダイエット効果を実感できるかと思います。

反動をつけてストレッチしない!

股関節ストレッチダイエット(5)

反動をつけてストレッチしないようにしましょう。反動をつけてストレッチすると、筋肉が急激に伸ばされた分、反動で収縮してしまいます。筋肉が収縮してしまうと、折角のストレッチも無意味になってしまい、ダイエット効果もなかなか実感できなくなってしまいます。ストレッチは絶対に反動をつけず、筋肉や腱をゆっくりと伸ばしていくイメージで行うようにしましょう。

股関節ストレッチダイエットのメニュー

「寝ながら股関節ストレッチ」

  1. 床に仰向けになり、右足の脛(すね)が床と平行になるように右膝を90度に曲げる。
  2. 円を描くように右足を大きく回す(外回り・内回り各3回ずつ)。
  3. 今度は、左足の脛(すね)が床と平行になるように左膝を曲げて、円を描くように左足を大きく回す(外回り・内回り各3回ずつ)。
  4. 両足の脛(すね)が床と平行になるように膝を90度に曲げる。
  5. 肩が浮かないように両足を左右交互にゆっくりと倒す(各10回ずつ)。ただし、膝が離れないようにするコト。

「胡坐(あぐら)をかいて股関節ストレッチ」

  1. ヨガマットの上にお尻をつけて座り、背筋をまっすぐに伸ばす。
  2. 左右の足の裏をくっつける。
  3. 両手を両膝に軽く添える。
  4. 踵を引きつける。
  5. 膝を上下に20回揺する。
  6. 膝の上に手をのせて、10秒数えながら真下にゆっくりと力を加えていく。
  7. これを1日5セット繰り返す。

「脚を縦にひらいて股関節ストレッチ」

  1. 右脚を立てて、左膝をつく。
  2. 両手を右膝にのせる。
  3. 左足のつま先を寝かせて、左足を後方に引く。
  4. 右足に重心をかけて左の鼠径部を伸ばし、まっすぐ前を見て、その姿勢を30~60秒間キープする。
  5. 左足を引いて、元の姿勢に戻る。
  6. 左脚を立てて、右膝をつく。
  7. 両手を左膝にのせる。
  8. 右足のつま先を寝かせて、右足を後方に引く。
  9. 左足に重心をかけて右の鼠径部を伸ばし、まっすぐ前を見て、その姿勢を30~60秒間キープする。
  10. 右足を引いて、元の姿勢に戻る。
  11. これを左右交互に1日1~3セット繰り返す。

「脚を横にひらいて股関節ストレッチ」

  1. 脚をひらく。
  2. 右手が右脚の上をスライドしていくように、上体を右足のつま先にめがけて倒す(左腕は左耳の横にくるように)。
  3. 上体を起こして、元の姿勢に戻る。
  4. 左手が左脚の上をスライドしていくように、上体を右足のつま先にめがけて倒す(左腕は左耳の横にくるように)。
  5. 上体を起こして、元の姿勢に戻る。
  6. 両手のひらを目の前につき、あぐらをかいて、骨盤から上体をゆっくりと倒す。

まとめ

股関節ストレッチは血液やリンパの流れを良くし体に溜まった老廃物や毒素をスムーズに排出して、とくに下半身を効率よく引き締めていくのに最適な運動です。また、股関節ストレッチはむくみや冷え性の解消にも効果があり、ダイエットだけでなく健康にも効果覿面です。股関節ストレッチでダイエットするやり方はとっても簡単で、運動前や入浴後、就寝前に股関節ストレッチを行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「股関節ストレッチダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP