〇〇ダイエット情報部

ヒンズースクワットダイエットの効果や成功のコツを大公開!

ヒンズースクワットダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ヒンズースクワットダイエット】なかなか痩せられない「肥満体質」にお悩みではありませんか?これまでたくさんのダイエットを試してきたけれども、有意な結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「代謝の悪さ」や「筋トレ効率の悪さ」が原因かもしれません。代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼できず、体重もどんどん増えてしまいます。また、代謝が悪いせいで、体内に老廃物や毒素も溜まりやすくなり、最悪の場合、むくみや肌荒れ、太りやすく痩せにくい体質の原因にもなってしまいます。さらに、筋トレ効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、ダイエット効果を十分に得ることができず、なかなか痩せることもできません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ヒンズースクワットダイエット」です。今回はそんなヒンズースクワットダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ヒンズースクワットダイエットとは?

ヒンズースクワットダイエット(1)

「ヒンズースクワットダイエット」とは、通常のスクワットに腕の振り上げ反動を利用したスクワットを行うことで、筋肉量の多い太腿や臀部の筋肉を集中的に鍛えながら代謝をぐんぐん上げて、脂肪燃焼の効率を少しずつ上げていくダイエット法です。また、ヒンズースクワットは猫背解消やポッコリお腹の解消、肌代謝の活性化にも効果があり、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ヒンズースクワットでダイエットするやり方はとっても簡単で、ヒンズースクワットを1日10回×1~3セット行うだけでOKです。ただし、ヒンズースクワットダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ヒンズースクワットの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ヒンズースクワットのMETsは『5』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ヒンズースクワットの消費カロリーが1時間で約262.5kcalになることが分かります。下にMETsを使ったヒンズースクワットの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのヒンズースクワットの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ヒンズースクワットの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ヒンズースクワットでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ヒンズースクワットダイエットの評価は?

ヒンズースクワットダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.8
  • 即効性: 0.8
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 1.9
  • 口コミ評価: 4.1

ヒンズースクワットダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、ヒンズースクワットダイエットは手軽で続けやすいので、なかなか時間が取れない方にもオススメです。ただし、ヒンズースクワットダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、ヒンズースクワットダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、カロリーをできるだけ多く消費したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ヒンズースクワットダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、ヒンズースクワットダイエットにチャレンジしてみてください!

ヒンズースクワットダイエットの口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「ヒンズースクワットダイエットを実践してみた」「ヒンズースクワットダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

ヒンズースクワットダイエットを始めて1週間が経過しました。多少の食事制限もしてるけど、体重はちゃんと減ってきています! ウエストが5センチも細くなりました。ヒンズースクワットダイエットなら痩せられる気がするので、このまま継続して頑張ります!

ヒンズースクワットを始めたら1週間もしないうちに2キロやせた!!何してもやせなかったのに…ちょっとびっくり。ヒンズースクワットならヒップラインも引き締めることができるので私にはあってるかも…

週に5,6回、時間が空いてる時にヒンズースクワットをやるよう心がけています! 1年経たないうちに10キロ弱も痩せました!! 食事制限は一切していません! 私的には、ヒンズースクワットダイエットは比較的バランスよく痩せられたダイエット法だと思います!

週に5回はヒンズースクワットしてます。 最低でも50回、調子のいい時は50回×3セット程ヒンズースクワットしてます。夏頃からジョギングと並行してヒンズースクワットしてますが、12kg減量することができました。

※ヒンズースクワットダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ヒンズースクワットダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ヒンズースクワットダイエットの体験談

ヒンズースクワットダイエット体験談

今回は、ヒンズースクワットの効果を実体験から紐解くために1週間のヒンズースクワットダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1 kg、体脂肪率が23.0 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日ヒンズースクワットを50回×3セット行うというもの。また、ヒンズースクワットダイエット期間中は、「正しいフォーム」を常に意識するよう心がけていました。すると、ほんの少しずつですが、太ももやふくらはぎにも筋肉がついてきて、下半身もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、ヒンズースクワットダイエットを始めて数日が経つと、代謝も少しずつ良くなり、身体も心なしか痩せやすくなりました。それから1週間後、ヒンズースクワットダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70.1kgから69.5kgに、体脂肪率が23%から22.1%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ヒンズースクワットダイエットを終えてからというもの、下半身もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ヒンズースクワットダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

ヒンズースクワットダイエットの効果とは?

ヒンズースクワットは下半身の引き締めに最適!

むくみを解消する(10)

ヒンズースクワットは下半身の引き締めに最適な運動です。とくに、ヒンズースクワットは大殿筋や大腿四頭筋、下腿三頭筋、ハムストリングスを鍛えるのに効果的で、下半身、とくに太ももを効率よく引き締めることができます。また、この太ももの筋肉はとても大きく全身の筋肉量の大部分を占めているので、ここが鍛えられることで筋肉量も大幅にアップし、基礎代謝もぐんぐん上がって、脂肪も燃えやすくなります。さらに、ヒンズースクワットには腓腹筋やヒラメ筋を鍛える効果もあり、これらの筋肉を鍛えることでふくらはぎを効率よく引き締めることもできます。

ヒンズースクワットはヒップアップにも効果的!

ヒップアップ(4)

また、ヒンズースクワットにはお尻を引き締める効果も期待できます。とくに、ヒンズースクワットは大殿筋や中殿筋を鍛えるのに効果的で、たるんだお尻もキュッと引き締めてヒップアップさせることができます。ちなみに、スクワットは筋力トレーニングの「BIG3(ビッグスリー)」のひとつであり、お尻や太もも、ふくらはぎを鍛えるのに最も適したトレーニング法とされています。このスクワットと並行して、胸筋を鍛える「ベンチプレス」や背筋を鍛える「デッドリフト」もいっしょにやることで、全身のほぼ全ての筋肉をバランスよく鍛えることができます。いずれにせよ、ヒンズースクワットはヒップアップに最適な運動です。お尻から太ももまでがキュッと引き締まることで、後ろからのシルエットも美しくなり、より女性らしい引き締まった下半身を手に入れることができます。

ヒンズースクワットで基礎代謝もアップ!

代謝を上げる(3)

太ももの筋肉はとても大きく、全身の筋肉量の大部分を占めています。ここが鍛えられることで筋肉量も大幅にアップし、基礎代謝もぐんぐん上がって、脂肪も燃えやすくなります。また、ふくらはぎは別名「第二の心臓」とも呼ばれており、ここが鍛えられることで、血液を心臓に押し戻す「筋ポンプ作用」が活発になります。この筋ポンプ作用が活発になると、血液も体の隅々まで行き渡るようになり、基礎代謝もさらにアップします。このように、基礎代謝がぐんぐん上がることで、脂肪も燃えやすくなり、より痩せやすい体質を作り上げることができます。

ヒンズースクワットでポッコリお腹も解消!

ぽっこりお腹を解消する(1)

腰まわりの筋肉が衰えると、お腹もぽっこりしてしまいます。しかし、ヒンズースクワットを行うことで、お尻や太もも、ふくらはぎの筋肉だけでなくお腹まわりの筋肉もいっしょに鍛えることができます。とくに、ヒンズースクワットは腹直筋や腹斜筋、腸腰筋を鍛えるのに効果的で、これらの筋肉を鍛えることで、ぽっこりお腹もスッキリ解消できます。ちなみに、スクワット15回は腹筋500回に相当すると言われており、ヒンズースクワットはお腹まわりの筋肉を腹筋運動よりも効果的に鍛えることができます。また、先に述べたように、ヒンズースクワットには基礎代謝をアップさせる効果もあり、基礎代謝がぐんぐん上がることで脂肪も燃えやすくなり、お腹に溜まった余分な脂肪もゴッソリと落とすことができます。このように、ヒンズースクワットはポッコリお腹の解消にも効果的でな運動なのです。

ヒンズースクワットで姿勢も良くなる!?

姿勢を良くする(3)

ヒンズースクワットには猫背解消効果も期待できます。まず、ヒンズースクワットは高いバランス感覚を必要とするため、このヒンズースクワットを毎日コツコツ続けることで、バランス感覚も次第に身についていきます。ちなみに、ヒンズースクワットは正しい姿勢をキープすればするほどダイエット効果が発揮されるので、否応なしに正しい姿勢を意識しなければいけません。また、ヒンズースクワットにはインナーマッスルを鍛える効果もあり、このインナーマッスルが鍛えられることで、体の芯もしっかりと安定し、姿勢も徐々に改善されていきます。このように、ヒンズースクワットは姿勢矯正にも最適な運動なのです。

ヒンズースクワットにはこんな効果も…

美容・アンチエイジング(9)

ヒンズースクワットによって大殿筋や大腿四頭筋のような大きな筋肉が鍛えられると、成長ホルモンの分泌も活発になります。成長ホルモンは別名「若返りホルモン」とも呼ばれており、この成長ホルモンの分泌が活発になることで、肌の再生や修復もスムーズに行われるようになります。また、ヒンズースクワットには代謝を上げる効果もあり、肌の代謝が活発になることで、肌のターンオーバーも活発になり、シミやシワ、くすみ、たるみなどの肌トラブルも防ぐことができます。このように、ヒンズースクワットには美肌効果やアンチエイジング効果も期待できるのです。

スポンサードリンク

ヒンズースクワットダイエットのやり方

ヒンズースクワットでダイエットするには?

ヒンズースクワットダイエット(2)

ヒンズースクワットでダイエットするやり方はとっても簡単で、ヒンズースクワットを1日10回×1~3セット行うだけでOKです。ただし、ヒンズースクワットダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ヒンズースクワットを正しいフォームで行う必要があります。また、ヒンズースクワットダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。ヒンズースクワットの正しいフォームやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ヒンズースクワットの正しい姿勢

ヒンズースクワットダイエット(3)

ヒンズースクワットのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でヒンズースクワットに取り組むことで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してヒンズースクワットに取り組んでください。

【基本姿勢】

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・胸を少し張る
  • ・足を肩幅よりもやや広めに開く
  • ・両腕を肩の高さに上げて、まっすぐ前に伸ばす
  • ・お腹とお尻にキュッと力を入れるとより効果的!

【手順】

  1. 両腕を後ろへ振り下ろしながら、椅子に腰掛けるようにお尻を突き出して膝をゆっくり90度に曲げる(注:背中が丸まらないように!上体を少し前傾させ背中をまっすぐ伸ばしながら、肩甲骨をよせて胸を張る)
  2. 太腿と床が平行になるまで腰を下げたら、上体を固定して一呼吸置く
  3. 両腕を肩の高さまで振り上げながら、曲げた膝をゆっくりと伸ばし元の姿勢に戻る(注:お尻をキュッと締めるイメージで)

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずヒンズースクワットのダイエット効果を実感できるかと思います。

ヒンズースクワットの正しい呼吸法

正しい呼吸をする(7)

ヒンズースクワットは正しい呼吸法で行わないと、折角のダイエット効果も半減してしまいます。ヒンズースクワットは正しい呼吸を意識して臨むようにしましょう。呼吸を正しく行うことで、より多くの酸素が心臓や肺に送り届けられて、筋肉細胞が正常に機能するために必要なエネルギーの生成が活発になります。また、より多くの酸素を体内に取り込むことで、血液やリンパの流れも良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がって、脂肪も燃えやすくなります。ヒンズースクワットを行うときは、膝を曲げるときに鼻で息を吸い、膝を伸ばすときに口から息を吐くようにしましょう。状況に応じて腹式呼吸や胸式呼吸、片鼻呼吸(ナーディ・ショーダナ)、ウジャイ呼吸、カパラバティ呼吸、シータリー呼吸などに切り替えることで、ヒンズースクワットのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。

有酸素運動もしっかりと行おう!

適度な運動をする(2)

残念ながら、ヒンズースクワットだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいてヒンズースクワットは決して無意味なことではないのですが、ヒンズースクワットはあくまで下半身の筋肉量を増やすための一手段に過ぎません。ヒンズースクワットのダイエット効果を最大限に引き出すためには、ヒンズースクワットと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動はヒンズースクワット後に行うことをオススメします。ヒンズースクワット後に有酸素運動を行うことで、ブドウ糖が枯渇した状態で脂肪を燃焼させることができます。有酸素運動は脂肪や糖質をエネルギー源とする運動です。ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、ヒンズースクワットで予めブドウ糖を消費しておくことで、有酸素運動中に脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(9)

ヒンズースクワットの前後にストレッチをしましょう。ヒンズースクワット前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、ヒンズースクワット後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節をしっかりと伸ばして、運動による疲労感や筋肉痛も和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばすようにしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐くのが一般的です。口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすと、ストレッチもより効果的になります。

ヒンズースクワットダイエットの注意点

無理し過ぎないように!

ヒンズースクワットダイエット(4)

ただし、ヒンズースクワットのやり過ぎには十分な注意が必要です。ヒンズースクワットをやり過ぎてしまうと、膝に負担がどんどん蓄積されてしまいます。また、ヒンズースクワットをやり過ぎてしまうことで、身体がヒンズースクワットに慣れてしまい、ダイエット効果も半減してしまいます。ヒンズースクワットを行うときは、回数やセット数をしっかりと守り、絶対に無理し過ぎないようにしましょう。ちなみに、ヒンズースクワットは腰や膝に痛みを抱えている人にとっては不向きな運動かもしれません。というのも、腰に痛みを抱えていると姿勢を保つのが難しくなり、そのせいで背中も丸くなって膝にまで負担を掛けてしまうからです。もし腰や膝に痛みを抱えている場合は、ヒンズースクワットを控えるようにしましょう。

すぐには効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(2)

ヒンズースクワットはウォーキングやランニングと比べると供給する酸素の量も少なく運動の持続時間も短いので、すぐにはダイエット効果を実感できないかもしれません。ヒンズースクワットダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたも必ずヒンズースクワットのダイエット効果を実感できるかと思います。

ヒンズースクワットダイエットのメニュー

「ヒンズースクワット」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、胸を少し張って、お腹とお尻にきゅっと力を入れる。
  2. 両腕を肩の高さまで上げて、足を肩幅よりも少し広めに開く。
  3. 両腕を後ろに振り下ろしながら、椅子に腰かけるようにお尻を突き出して、膝をゆっくりと90度に曲げる。
  4. 太腿と床が平行になるまで腰を落としたら、上体をキープして一呼吸置く。
  5. 両腕を肩の高さまで振り上げながら、曲げた膝をゆっくりと伸ばし、元の姿勢に戻る。
  6. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

「ジャンピングスクワット」

  1. 足を肩幅よりも少し広めに開いて、両手を頭の後ろに添える。
  2. 胸を少し張って、背筋をまっすぐに伸ばし、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  3. 膝を曲げて、腰を落とす。
  4. 太腿と床が平行になったと同時に、足の裏で床を蹴り上げて、真上にジャンプする。
  5. 着地したと同時に、再び膝を曲げて腰を落とし、太腿と床が平行になったら足の裏で床を蹴り上げてジャンプする。
  6. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

「フルボトムスクワット」

  1. 胸を少し張って、背筋をまっすぐに伸ばし、お腹とお尻にきゅっと力を入れる。
  2. 足を肩幅よりも少し広めに開いて、両手を頭の後ろに添える。
  3. 椅子に腰かけるようにお尻を突き出しながら、膝を曲げて腰をゆっくりと落としていく。
  4. お尻が床とすれすれになるまで腰を落としたら、上体をキープして一呼吸置く。
  5. 膝を伸ばしながら、姿勢を元にゆっくりと戻していく。
  6. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

まとめ

ヒンズースクワットは筋肉量の多い太腿や臀部の筋肉を集中的に鍛えながら代謝をぐんぐん上げて、脂肪燃焼の効率を少しずつ上げていくのに最適な運動です。また、ヒンズースクワットは猫背解消やポッコリお腹の解消、肌代謝の活性化にも効果があり、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ヒンズースクワットでダイエットするやり方はとっても簡単で、ヒンズースクワットを1日10回×1~3セット行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ヒンズースクワットダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP