〇〇ダイエット情報部

逆立ちダイエットの効果や成功する方法、口コミを徹底紹介!

逆立ちダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【逆立ちダイエット】どうしても太ってしまうその体質にお悩みではありませんか?これまで様々なダイエットを試してきたけれど、満足のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「筋トレの効率の悪さ」や「代謝の悪さ」、「骨盤の歪み」が原因かもしれません。筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。また、代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼させることができず、体内に老廃物も溜まりやすくなって、なかなか痩せることができません。さらに、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「逆立ちダイエット」です。毎日逆立ちを続けることで、上半身を引き締めながら代謝を上げて、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。また、逆立ちには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れも良くなり、体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。今回はそんな逆立ちダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

逆立ちダイエットとは?

逆立ちダイエット(1)

「逆立ちダイエット」とは、毎日逆立ちを3セット続けることで、上半身を引き締めながら代謝を上げて、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくダイエット法です。逆立ちは、とくに二の腕やウエストのシェイプアップ、バストアップに効果的な運動法です。また、逆立ちは骨盤矯正にも効果があり、骨盤の歪みが矯正されることで、腰痛や肩こり、内臓下垂、下半身太りなども未然に防ぐことができます。逆立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、逆立ちを1日3回行うだけでOKです。ただし、逆立ちダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

逆立ちダイエットの評価は?

逆立ちダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.7
  • 即効性: 0.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.1
  • 口コミ評価: 3.0

逆立ちダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、逆立ちダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、逆立ちダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、逆立ちダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、逆立ちダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、逆立ちダイエットにチャレンジしてみてください!

逆立ちダイエットで痩せた口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「逆立ちダイエットを実践してみた」「逆立ちダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

逆立ちダイエットを始めて1週間が経過しました。多少の食事制限もしてるけど、体重はちょっと減ってきています! ウエストが2センチも細くなりました。逆立ちダイエットなら痩せられる気がするので、このまま継続して頑張ります!

逆立ちを1週間続けたところ 、体重が54キロから52キロになってました(´・Д・)」ただ、まだ目標体重の40キロ台には届いていないので、とりあえずもう1,2週間頑張って続けますϵ( ‘Θ’ )϶

僕も最近逆立ちダイエットを始めました。 それで僕は1セットもしたらもう汗がたくさんでてきて、お腹まわりがキュッと引き締まったような気がしました。逆立ちはダイエットに超効果ありだと思います。

逆立ちはちゃんとダイエットになると思います。 ウエストに加えて、二の腕や胸まわりの引き締め効果もありました。 ついでに、普段の食事にカロリーの低い野菜を取り入れるようにも心がけていました。

※逆立ちダイエットの口コミをまだまだ募集しております。逆立ちダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

逆立ちダイエットの体験談

逆立ちダイエット体験談

今回は、逆立ちの効果を実感するために1週間の「逆立ちダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1kg、体脂肪率が23.0%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、逆立ちを1日3回するというもの。また、逆立ちを行う時は、食後を控えるように十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、二の腕や肩まわりに筋肉もついてきて、上半身もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、逆立ちダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ改善し、ぽっこりお腹も心なしか解消しました。それから1週間後、逆立ちダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.6kgから69kgに、体脂肪率が21.8%から20.9%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、逆立ちダイエットを終えてからというもの、下半身もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、逆立ちダイエットはゆるく続けられるダイエットだったように思います。

逆立ちダイエットの効果とは?

上半身を引き締めて理想のスリムBODYに!

スリムになる(2)

逆立ちすることで、上半身の筋肉を満遍なく鍛えることができます。とくに、逆立ちは腕や肩を存分に使うので、三角筋や僧帽筋を効率よく鍛えることができます。また、これらの筋肉を鍛えることで、二の腕のシェイプアップやバストアップも期待できます。このように、逆立ちは上半身を引き締めて理想のスリムBODYをつくるのに最適な運動なのです。

代謝を上げて「痩せやすい体質」に!

代謝を上げる(1)

逆立ちすることで、下半身の鬱血を取り除くこともできます。この鬱血が取れると、血液の流れもスムーズになり、代謝もぐんぐん上がります。このように、代謝が上がることで、体内に溜まる脂肪も落ちやすくなり、「痩せやすい体質」になることができるのです。また、血液の流れが良くなることで、脳にも血液や酸素、栄養が行き届くようになります。脳に血液や酸素、栄養が行き届くと、頭の中もスッキリして、頭痛やストレス、憂鬱感も解消できます。とくに、ストレスはダイエットの敵です。ストレスを溜め込むと、甘い物が欲しくなったり、暴飲暴食に走りたくなります。この「糖分の摂り過ぎ」や「暴飲暴食」がダイエットに逆効果となってしまうのです。逆立ちはそんなストレスを解消しながら代謝も上げてくれるので、ダイエットの効率もウンっと良くなります。このように、逆立ちは「痩せやすい体質」づくりに最適な運動法です。

逆立ちで骨盤の歪みも解消!

骨盤の歪みを矯正する(1)

逆立ちすることで、骨盤の歪みも解消できます。骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。また、骨盤が歪むことで、内臓下垂れを引き起こしてしまう恐れもあります。内臓下垂とは、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまった状態のことを言います。内臓が下に垂れると、臓器の下に位置する腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、内臓下垂によって腸の動きが悪くなり、便秘にもなりやすくなってしまうのです。これらの症状は骨盤の歪みを正し、内臓を本来あるべき位置に戻すことで解消できます。このように、逆立ちは骨盤矯正だけでなく腰痛や肩こり、下半身太り、便秘などの解消にも最適な運動法なのです。ちなみに、内臓が本来あるべき位置に戻り、内臓の働きが活発になることで、脳卒中や心筋梗塞を未然に防ぐこともできます。

逆立ちでポッコリお腹も撃退!

ぽっこりお腹を解消する(1)

逆立ちは骨盤の矯正にも最適な運動法です。骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまいます。内臓が下に垂れると、内臓まわりの筋肉も衰えて、下腹もポッコリしてしまいます。しかし、逆立ちには骨盤を矯正する効果があります。つまり、逆立ちすることで、骨盤の歪みも整い、内臓も本来あるべき位置に戻すことができます。内臓が本来あるべき位置に戻ることで、ポッコリお腹も解消できます。

逆立ちで便秘やむくみも解消!

便秘を解消する(1)

逆立ちすることで、血液やリンパの流れも良くなります。血液やリンパの流れが良くなると、体内に溜まる老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになります。この老廃物や毒素が体外に排出されることで、むくみも解消できるのです。また、逆立ちには腸の動きを活発にする効果もあります。腸の動きが活発になると、腸内に溜まる不純物も体外に押し出されるようになり、腸内環境も整って、便秘も解消できます。さらに、逆立ちには股関節の歪みを解消する効果もあります。股関節の歪みが解消することで、股関節まわりに溜まる老廃物もスムーズに排出されるようになり、むくみだけでなく冷え性やセルライトも解消できます。このように、逆立ちは便秘やむくみの解消にも最適な運動法なのです。

スポンサードリンク

逆立ちダイエットのやり方

逆立ちを1日3回行おう!

逆立ちダイエット(4)

逆立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、逆立ちを1日3回行うだけでOKです。逆立ちは朝、昼、晩の3回に分けて、1回あたり20~60秒程度で実施するとよいでしょう。ただし、逆立ちダイエットの効果を最大限に引き出すためには、逆立ちを正しいフォームで行う必要があります。また、逆立ちダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。逆立ちの正しいフォームやおすすめの逆立ち、ワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

倒立(逆立ち)の基本

逆立ちダイエット(2)

逆立ちのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢・正しい手順を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢・正しい手順で逆立ちすることで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意して逆立ちダイエットに取り組んでください。

  1. 両手を床につけて、肩幅に広げる
  2. 脚の力で壁に向かって脚を持ち上げる
  3. 両脚を壁に預けて、両腕・両脚をまっすぐ伸ばす
  4. 片脚を壁から離して、頭・骨盤・脚が一直線になるように調整する(お尻を軽く締めると効果的!)
  5. もう片方の脚を壁からゆっくりと離して、その状態を20~60秒キープする

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、姿勢が崩れてしまっていたり手順が間違ってしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢や手順を正してダイエットに取り組めば、必ず逆立ちのダイエット効果を実感できるかと思います。

おすすめの逆立ち

逆立ちダイエット(3)

今回はダイエットに最適なオススメの逆立ちを3種類ご紹介したいと思います。これらの逆立ちを行うときに「どの部分を鍛えたいのか」「どの部分を引き締めたいのか」をしっかりと意識することで、鍛えたい部分をちゃんと鍛えて、引き締めたい部分をきちんと引き締めることができます。はじめは焦らずに、ひとつひとつの動作を確認しながら引き締めたいパーツをしっかりと意識してゆっくりと逆立ちに取り組むようにしましょう。オススメの逆立ちの手順は以下の通りです。

三点倒立

  1. 両手を握り、拳から肘までを床にしっかりとつける
  2. おでこを床につける
  3. 身体を拳、肘、おでこでしっかりと支えて、壁に向かって脚を持ち上げる
  4. その状態を20~60秒キープする

背倒立

  1. 仰向けになる
  2. 両手で脚とお尻、背中を順に持ち上げる
  3. 両手を腰に添えて、肩甲骨あたりまで浮かせる
  4. つま先を天井に向かって真っ直ぐ伸ばす
  5. その状態を20~60秒キープする

孔雀のポーズ

  1. 四つん這いになる
  2. 拳を親指が上に来るように立てる
  3. 拳と肘で重心を支えながら、お尻を立てて膝を伸ばす
  4. バランスをとりながら、背中、お尻、両脚を順に持ち上げる
  5. その状態を20~60秒キープする

以上が私がオススメする逆立ちの3種類となります。なかなか効果を実感できなかったり、いまいちイメージが掴めない場合は、今一度フォームを再度確認してみてください。正しい姿勢を意識して毎日コツコツ根気よく続けていけば、あなたも必ず逆立ちのダイエット効果を実感できるかと思います。

逆立ちダイエットの注意点

長時間の逆立ちに要注意!

注意を喚起する(4)

長時間の逆立ちには注意が必要です。逆立ちを長時間し過ぎると、血が頭に上り過ぎてしまい、最悪の場合、頭痛や目眩、吐き気の原因にもなってしまいます。何事も”ほどほど”がダイエット成功への近道です。逆立ちは1回あたり20~60秒程度に抑えるようにしましょう。

食後の逆立ちに要注意!

食後の運動を控える(5)

食後の逆立ちにも注意が必要です。食後に逆立ちをすると、胃が逆流して気分も悪くなってしまいます。また、食後のお腹が満たされた状態だと、筋肉を上手く使うこともできないので、ダイエットの効率も悪くなってしまいます。逆立ちは「食後」ではなく「食前」に行うようにしましょう。

妊娠中や産後すぐの逆立ちに要注意!

妊婦(5)

妊娠中や産後すぐの逆立ちにも注意が必要です。当然のことながら、妊娠中に逆立ちをすると、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、産後すぐはお腹や背中の筋肉が衰えているので、逆立ちのような多少の筋力を要する運動に身体が耐えられない可能性もあります。妊娠中や産後すぐの逆立ちは控えるようにしましょう。

逆立ちダイエットのメニュー

「三点倒立」

  1. 床に正座する。
  2. 頭を床につける。
  3. 頭の位置よりも手前に両手のひらをつけて三角形をつくる。
  4. 両足を頭の方へ近づけながら腰を持ち上げていく。
  5. 両足を床からゆっくりと離し、頭と両手のひらに体重をかける。
  6. 慣れてきたら、両足を天井に向かってまっすぐに伸ばす。
  7. 7の状態を20~60秒間キープする。

「壁倒立」

  1. 壁に背を向けて、四つん這いになる。
  2. 壁に足をつけながら、足を少しずつ上に持ち上げていく。
  3. 両手を壁にゆっくりと近づける。
  4. 3の状態を20~60秒間キープする。
  5. 両手を壁から離し、ゆっくりと前に持っていく。
  6. 足を壁から床にゆっくりと下ろす。

「背支持倒立(首倒立)」

  1. 床に仰向けになる。
  2. 両足を持ち上げて、天井に向かってまっすぐに伸ばす。
  3. 腹筋をつかって腰を浮かす。
  4. 両手で腰を下から支える。
  5. 体を背中と両肘で支える。
  6. 5の状態を20~60秒間キープする。

「孔雀のポーズ」

  1. 四つん這いになる。
  2. 親指を立てて拳を握る。
  3. 拳と肘で体を支えながら、お尻を浮かせて膝を伸ばしていく。
  4. バランスをとりながら、背中→お尻→両脚を順に持ち上げていく。
  5. 4の状態を20~60秒間キープする。

まとめ

逆立ちすることで、鬱血も取れて血液の流れもスムーズになり、代謝もぐんぐん高まって、「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。また、逆立ちには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで腰痛や肩こり、内臓下垂、下半身太りなども未然に防ぐことができます。逆立ちでダイエットするやり方はとっても簡単で、逆立ちを1日3回行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「逆立ちダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP