〇〇ダイエット情報部

腰回しダイエットの効果や成功する方法、口コミを徹底紹介!

腰回しダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【腰回しダイエット】どうしても体重が増えやすい体質にお悩みではありませんか?これまで数多くのダイエットを試してきたけれども、望ましい結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「骨盤の歪み」や「血液やリンパの流れの悪さ」が原因かもしれません。骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。また、血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「腰回しダイエット」です。今回はそんな腰回しダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

腰回しダイエットとは?

腰回しダイエット(1)

「腰回しダイエット」とは、腰を回す運動を行うことで骨盤の歪みを正し、血液やリンパの流れを良くして、より痩せやすい身体を作り上げていくダイエット法です。腰回しでダイエットするやり方はとっても簡単で、腰回しエクササイズを1日5,6分行うだけでOKです。ただし、腰回しダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

腰回しの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。腰回しのMETsは『1.4~3.2(同じ腰回しでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)腰回しの消費カロリーが1時間で約73.5~168kcalになることが分かります。下にMETsを使った腰回しの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたの腰回しの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、腰回しの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、腰回しでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

腰回しダイエットの評価は?

腰回しダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.3
  • 即効性: 0.4
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 1.5
  • 口コミ評価: 4.0

腰回しダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、腰回しダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、腰回しダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、腰回しダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、腰回しダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、腰回しダイエットにチャレンジしてみてください!

腰回しダイエットの口コミは?

口コミ(3)

ネット上で「腰回しダイエットを実践してみた」「腰回しダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

半信半疑で始めた腰回しダイエットでしたが。もう見た目に変化が大分でてきました! 週に2,3回60分程度やっています。腰回しダイエットは年末年始まで続ける予定です。

腰回しでウエスト痩せチャレンジを始めて1週間が経ちました。体重はまだあまり変わりませんが、ウエストは3cm細くなりました!あと、お気に入りのズボンも少し緩くなってきました。今夏に向けて頑張ってウエストをもっと引き締めたいです!

腰回しが楽しくて2~3時間続けていたら、翌日ひどい筋肉痛になりました。それから、適度に腰回しを続けたのですが、お腹まわりの脂肪がゴッソリ落ちてビックリしました。腰回しダイエット、ぜひオススメしたいダイエット法です。

痩せなきゃマズイと思い、腰回しダイエットを始めました。 はじめはキツかったけど、だんだん腰回しが楽しくなってきました。 腰回しダイエットを3か月間続けて、ウエストが10センチ細くなりました。

※腰回しダイエットの口コミをまだまだ募集しております。腰回しダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

腰回しダイエットの体験談

腰回しダイエット体験談

今回は、腰回しの効果を(実際に)体感するために1週間の腰回しダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.0 kg、体脂肪率が20.3 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日腰回しエクササイズを5~10分行うというもの。また、腰回しエクササイズを行う時は、ひとつひとつの動作を丁寧に行うよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、腰まわりの脂肪も落ちて、ウエストもほんのちょっぴりくびれてきたんです。さらに、腰回しダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ解消し、血液やリンパの流れも心なしか良くなりました。それから1週間後、腰回しダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69kgから68.4kgに、体脂肪率が20.3%から19.4%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、腰回しダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかりくびれました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、腰回しダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

腰回しダイエットの効果とは?

腰回しでインナーマッスルを鍛えられる!

ウエストを引き締める(2)

腰回しダイエットを行うことで、深層筋=インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルには脂肪をエネルギー源とする『赤筋』が集中しており、この赤筋には毛細血管がぎっしりと詰まっていて、酸素の供給や脂肪の代謝が活発に行われています。この赤筋繊維が多く存在するインナーマッスルを徹底的に鍛えることで、脂肪を効率よく燃やすことができるのです。また、インナーマッスルは体の骨格を維持する効果があり、この骨格筋を収縮させたり弛緩させたりすることで、血液を心臓へと押し戻す『筋ポンプ作用』を活発にして、代謝をさらにアップさせることができます。代謝がアップすればエネルギー消費量も増えるので、次第に痩せやすい体質に変わっていきます。さらに、インナーマッスルには骨盤の歪みを矯正する効果もあります。骨盤が歪むと内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまい、臓器の下に位置する腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、この内臓下垂によって腸の動きも悪くなって、便秘にもなりやすくなってしまうのです。この便秘は骨盤の歪みを矯正し、内臓を本来あるべき位置に戻すことで解消できます。このように、腰回しダイエットは脂肪燃焼だけでなく便秘解消にも最適なダイエット法なのです。

腰回しはウエストも引き締められる!

ウエストを引き締める(3)

腰回しダイエットのメリットはいくつもありますが、その中でもとりわけ女性にとって魅力的なメリットは何といっても「ウエストの引き締め、ウエストのサイズダウン」でしょう。腰回しダイエットを行うことで、インナーマッスルとアウターマッスルを同時に鍛えて、お腹まわりをスッキリさせることができます。また、腰回しダイエットには骨盤の歪みを解消する効果もあり、骨盤の歪みが解消することで、垂れさがった内臓も元の位置に戻り、ポッコリお腹もスッキリ解消できます。このように、腰回しダイエットはウエストの引き締めにも最適な運動なのです。

腰回しで骨盤の歪みも解消!

骨盤の歪みを矯正する(4)

また、腰回しダイエットには骨盤の歪みを整える効果もあります。骨盤が歪むと血液やリンパの流れも悪くなり、十分な血液を体の隅々まで送り届けることができなくなってしまいます。また、血液やリンパの流れが悪くなると、筋肉も凝り固まり、最悪の場合、腰痛や肩こり、生理痛、さらには下半身太りの原因にもなってしまいます。この骨盤の歪みを解消する方法はいくつかあるのですが、その中でも特に簡単な方法が「腰回しダイエット」です。腰回しダイエットを毎日コツコツ続けることで、骨盤の歪みを整えて、血液やリンパの流れを促し、腰痛や肩こり、生理痛、下半身太りもスッキリ解消できます。

代謝を上げて「痩せやすい身体」に!

代謝を上げる(3)

骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、代謝機能も衰えてしまいます。しかし、腰回しダイエットには骨盤の歪みを解消する効果があり、骨盤の歪みが解消することで、血液やリンパの流れも良くなって、基礎代謝をぐんぐん上げることができます。また、腰回しダイエットにはインナーマッスルを鍛える効果もあり、このインナーマッスルを収縮&弛緩させることで、血液を心臓へと押し戻す『筋ポンプ作用』を活発にして、代謝をさらにアップさせることもできます。このように、腰回しダイエットは代謝を上げて「痩せやすい身体」を作るにも最適なダイエット法なのです。

腰回しで便秘も解消!

便秘を解消する(4)

骨盤の歪みを整えることで、血液やリンパの流れも良くなります。血液やリンパの流れが良くなると、内臓の働きも活発になり、体内に溜まる老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになります。この老廃物や毒素が体外に排出されることで、便秘やむくみもスッキリ解消できます。また、骨盤の歪みを整えることで、ポッコリお腹の原因である「内臓下垂」も改善できます。というのも、骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまい、臓器の下に位置する腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまうからです。また、内臓下垂になると腸の動きも悪くなり、便秘にもなりやすくなってしまいます。この便秘を解消する方法はいくつかあるのですが、その中でも特に簡単な方法が「腰回しダイエット」です。腰回しダイエットを毎日コツコツ続けることで、骨盤の歪みを整えて、内臓を本来あるべき位置に戻し、便秘やむくみもスッキリ解消させることができます。

スポンサードリンク

腰回しダイエットのやり方

腰回しでダイエットするには?

腰回しダイエット(2)

腰回しでダイエットするやり方はとっても簡単で、腰回しエクササイズを1日5,6分行うだけでOKです。ただし、腰回しダイエットの効果を最大限に引き出すためには、腰回しを正しいフォームで行う必要があります。また、腰回しダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。腰回しダイエットの基本姿勢や正しい回し方、ワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

腰回しの基本姿勢

腰回しダイエット(3)

腰回しのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢で腰を回すことで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意して腰回しダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・足を肩幅に開く
  • ・両手を腰にあてる
  • ・お腹とお尻に力を入れる
  • ・頭から一本の糸で吊るされるイメージで

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ず腰回しのダイエット効果を実感できるかと思います。

腰の正しい回し方

腰回しダイエット(4)

こちらは最も基本的な「腰の回し方」のひとつです。腰を回すときに「どの部分を引き締めたいのか」をしっかりと意識することで、引き締めたい部分をきちんと引き締めることができます。はじめは焦らずにひとつひとつの動作を確認しながら、引き締めたいパーツをしっかりと意識して、ゆっくりと腰を回すようにしましょう。腰の正しい回し方は以下の通りです。

  1. 足を肩幅に開き、両手を腰に添える
  2. 息を吸いながら腰を少し落とし、息を吐きながら腰を上げてお尻をキュッと締める
  3. 2を30秒間繰り返す
  4. 腰を前後に30秒間動かす(腰を前に動かす時に息を吐きお尻を締めるとさらに効果的!)
  5. 腰を左右に30秒間動かす
  6. 腰を時計回りに30秒間動かす
  7. 腰を反時計回りに30秒間動かす
  8. クッションを膝で挟んで、お腹とお尻に力を入れて30秒間キープする

以上が腰の正しい回し方です。1~8を1セットとして、最低でも1日1,2セットは行うようにしましょう。早い人だと10日目にはウエストの引き締め効果を目に見えて実感できるかと思います。ただし、腰回しダイエットの効果を最大限に引き出すためには、腰回しを正しい姿勢で行う必要があります。以上のポイントを意識しながら正しい姿勢で腰回しダイエットに取り組みましょう。

腰回しダイエットの注意点

すぐには効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(8)

腰回しダイエットはウォーキングやランニングなどの有酸素運動と比べると運動強度も低く酸素供給量も少ないので、すぐには効果を実感できないかもしれません。腰回しダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続けさえすれば、あなたも必ず腰回しダイエットの効果を実感できるかと思います。

腰痛には十分に注意しよう!

腰痛・膝痛に気をつける(2)

腰痛がひどい時は、腰回しダイエットを無理して続けないようにしましょう。腰回しダイエットを無理して続けると、腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。何事も「ほどほど」に無理し過ぎないことが、ダイエット成功への近道です。もし、腰回しダイエットをやり過ぎて腰痛がひどくなった場合は、一旦休止して回復に専念するか、専門の医師に診断あるいは治療してもらいましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけよう!

栄養バランスを考える(9)

いくら『腰回し』がダイエットに効果的だからといって、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食を続けてしまうと、摂取カロリーが消費カロリーを軽くオーバーしてしまいダイエットに逆効果になってしまいます。腰回しダイエットに取り組むときは、食べ過ぎには十分に気をつけて、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

腰回しダイエットのメニュー

「腰回しエクササイズ」

  1. 両足を肩幅に開いて、両手を腰に添える。
  2. 背筋をまっすぐに伸ばして、お腹とお尻にきゅっと力を入れる。
  3. 息を吸いながら腰を少し落とし、息を吐きながら腰を上げる。これを30秒間繰り返す。
  4. 腰を前後に30秒間動かす。
  5. 腰を左右に30秒間動かす。
  6. 腰を時計回りに30秒間動かす。
  7. 腰を反時計回りに30秒間動かす。
  8. 両膝でボールを挟んで、お腹とお尻にきゅっと力を入れる。
  9. 左右から力を加えて、クッションをぎゅっと押す。これを30秒間続ける。

「二の腕回しエクササイズ」

  1. 両腕を床と平行に、まっすぐに伸ばして直立する。
  2. 両腕を上下に30秒間動かす。
  3. 両腕を前後に30秒間動かす。
  4. 両腕を前回りに30秒間回す。
  5. 両腕を後ろ回りに30秒間回す。
  6. 両腕を8の字に30秒間動かす。 

「太もも回しエクササイズ」

  1. 床に仰向けになり、右(左)脚を床と垂直になるように上げる。
  2. 右(左)脚を前後に30秒間動かす。
  3. 右(左)脚を左右に30秒間動かす。
  4. 右(左)脚を時計回りに30秒間回す。
  5. 右(左)脚を反時計回りに30秒間回す。
  6. 右(左)脚を8の字に30秒間動かす。
  7. 今度は、左(右)脚を床と垂直になるように上げる。
  8. 左(右)脚を前後に30秒間動かす。
  9. 左(右)脚を左右に30秒間動かす。
  10. 左(右)脚を時計回りに30秒間回す。
  11. 左(右)脚を反時計回りに30秒間回す。
  12. 左(右)脚を8の字に30秒間動かす。

まとめ

腰回しは骨盤の歪みを正し血液やリンパの流れを良くして、より痩せやすい身体を作り上げていくのに最適な運動です。腰回しでダイエットするやり方はとっても簡単で、腰回しエクササイズを1日5,6分行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「腰回しダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP