〇〇ダイエット情報部

バランスボールダイエットの効果や方法、口コミを徹底紹介!

バランスボールダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【バランスボールダイエット】女性らしさの欠片もないその寸胴体型にお悩みではありませんか?これまであらゆるダイエットを試してきたけれど、思い通りの結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「脂肪燃焼の効率の悪さ」や「筋トレの効率の悪さ」、「骨盤の歪み」が原因かもしれません。脂肪燃焼の効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、十分に脂肪や体重を落とすことができず、なかなかシェイプアップできません。また、筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。さらに、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「バランスボールダイエット」です。毎日バランスボールを使ったエクササイズを続けることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら代謝をぐんぐん上げて、脂肪も効率よく燃焼させることができます。今回はそんなバランスボールダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

バランスボールダイエットとは?

バランスボールダイエット(1)

「バランスボールダイエット」とは、毎日バランスボールを使ってエクササイズし続けることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら代謝を上げて、脂肪もぐんぐん燃焼していくダイエット法です。バランスボールは全身の筋肉をバランスよく鍛えるのに最適な運動法です。また、バランスボールは骨盤矯正にも効果があり、骨盤の歪みを矯正することで腰痛や肩こり、下半身太りも解消できます。バランスボールでダイエットするやり方はとっても簡単で、バランスボールを使ったエクササイズを1日15分以上行うだけでOKです。ただし、バランスボールダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

バランスボールの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。バランスボールのMETsは『2.8』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)バランスボールの消費カロリーが1時間で約147kcalになることが分かります。下にMETsを使ったバランスボールの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのバランスボールの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、バランスボールの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、バランスボールでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

バランスボールダイエットの評価は?

バランスボールダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.3
  • 即効性: 0.7
  • コスパ: 4.0
  • エネルギー消費: 1.1
  • 口コミ評価: 3.0

バランスボールダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。また、バランスボールダイエットは手軽で続けやすいので、なかなか時間が取れない方にもオススメです。ただし、バランスボールダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、バランスボールダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、バランスボールダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、バランスボールダイエットにチャレンジしてみてください!

バランスボールダイエットの口コミは?

口コミ(1)

ネット上で「バランスボールダイエットを実践してみた」「バランスボールダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

年始より40分程度のバランスボールエクササイズを行っています。現在までに-7kgの減量に成功しましたが、個人的にはまだまだの成果です。最低でも50キロ台に近づくまでは続けていきたいです。

1週間本気でバランスボールダイエットに取り組みました。バランスボールダイエットが終わった後の達成感が半端ないです!結果、51kg→48kgになりました! これからも走り続けていきたいです(≧∇≦)

毎日1時間ほどバランスボール運動をしてます。バランスボール運動は疲れをそれほど感じずにできるので、運動嫌いの方にもオススメです。食べる系のダイエットと組み合わせれば、さらなるダイエット効果が期待できるのでは…

バランスボール運動は毎日続けることが大切です。はじめは、コツをなかなか掴めないかもしれませんが、毎日コツコツ続けていくことでいつでも気軽に取り組めるようになり、バランスボールの真なるダイエット効果も実感できるようになるかもしれません。なので、バランスボール運動は毎日続けることをオススメします。ちなみに、私はこのバランスボールダイエットで-5kgの減量に成功しました。

※バランスボールダイエットの口コミをまだまだ募集しております。バランスボールダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

バランスボールダイエットの体験談

バランスボールダイエット体験談

今回は、最近流行りの「バランスボールダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5kg、体脂肪率が21.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日バランスボールを使って15分以上エクササイズするというもの。また、バランスボールダイエットを使って運動する時は、足元や周囲に物が置いてないことを必ず確認するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、代謝も良くなって、ほんのちょっぴり瘦せやすくなったんです。さらに、バランスボールダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ改善し、腰痛や肩こり、下半身太りも心なしか解消しました。それから1週間後、バランスボールダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.7kg、体脂肪率が-1%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、バランスボールダイエットを終えてからというもの、(身体も)すっかり痩せやすくなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、バランスボールダイエットは無理なく楽しく痩せられるダイエットだったように思います。

バランスボールダイエットの効果とは?

全身の筋肉をバランスよく鍛えられる!

スリムになる(5)

バランスボールを使うことで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。とくに、バランスボールは腹筋と背筋をバランスよく鍛えるのに最適です。腹筋と背筋のバランスが悪いと姿勢もだんだん悪くなり、最悪の場合、猫背やぽっこりお腹の原因にもなってしまいます。この腹筋と背筋の不均衡をバランスボールを使うことで解消できるのです。また、全身の筋肉をバランスよく鍛えることで、基礎代謝もグングン上がります。基礎代謝が上がれば、脂肪も燃えやすくなり、痩せやすい体質を手に入れることができます。このように、バランスボールはダイエットに最適な運動器具です。

インナーマッスルを鍛えて代謝もアップ!

ウエストを引き締める(7)

バランスボールを使うことで、表層の筋肉(アウターマッスル)だけでなく深層の筋肉(インナーマッスル)も鍛えることができます。このインナーマッスルには「赤筋」とよばれる脂肪を燃焼させる筋肉が集中しています。赤筋には毛細血管が多く存在しており、酸素の供給やエネルギー代謝が活発に行われています。つまり、この赤筋が集中しているインナーマッスルを鍛えることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、インナーマッスルを鍛えることで、内臓の働きも活発にすることができます。とくに、インナーマッスルは腸と密接な関係にあり、このインナーマッスルを鍛えることで、腸の働きも良くなり、腸内に溜まった老廃物も体外に排出させることができます。ちなみに、腸内に溜まる老廃物が体外に排出されれば、むくみ解消などにも効果が期待できます。

骨盤の歪みも解消できる!

骨盤の歪みを矯正する(2)

全身の筋肉を満遍なく鍛えることで、骨盤の歪みも解消できます。骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。この骨盤の歪みはインナーマッスルの委縮が原因の一つとして考えられています。つまり、この骨盤の歪みをバランスボールを使ってインナーマッスルを鍛えることで解消できるのです。腰痛や肩こり、下半身太りにお悩みの方は、今日からでもバランスボールエクササイズを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

バランスボールダイエットの方法

バランスボールを使ってエクササイズしよう!

バランスボールダイエット(4)

バランスボールでダイエットするやり方はとっても簡単で、バランスボールを使ったエクササイズを1日15分以上行うだけでOKです。ただし、バランスボールダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。また、バランスボールは空気が少ないと運動効果が低くなり、空気を入れ過ぎると転がりやすく不安定になってしまうので、空気も多すぎず少なすぎず、丁度いい量に調節しましょう。バランスボールのおすすめエクササイズやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

正しい基本姿勢

バランスボールダイエット(2)

バランスボールのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でバランスボールエクササイズをすることで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してバランスボールダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・胸を少し張る
  • ・顎を軽く引く
  • ・ボールの真ん中に座る
  • ・膝を直角に曲げて、足の裏を床につける
  • ・頭と肩と腰のラインが一直線になるように

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずバランスボールエクササイズのダイエット効果を実感できるかと思います。

バランスボールの選び方

バランスボールダイエット(3)

また、バランスボールのダイエット効果をさらにアップさせるためには、自分に合ったバランスボールを選ぶ必要があります。そこで今回は身長別に適したバランスボールのサイズをご紹介したいと思います。気になる方はぜひ下記をご参考ください。

  • ・Sサイズ(直径55cm):身長が155cm未満の場合
  • ・Mサイズ(直径65cm):身長が155cm以上175cm未満の場合
  • ・Lサイズ(直径75cm):身長が175cm以上の場合

バランスボールの大まかなサイズを選択したら、今後実際に使っていくために空気圧を調節しましょう。空気圧を調節するときは、バランスボールの上に正しい姿勢で座った時に膝の角度が90度になるくらいを目安に膨らまします。自分に合ったバランスボールでエクササイズに取り組んではじめて、バランスボールのダイエット効果を最大限に引き出すことができるので、ぜひ上記で紹介したサイズ基準を参考にしてみてください。

バランスボールの前後にストレッチを!

ストレッチをする(6)

バランスボールの前後にストレッチを行いましょう。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足など心臓から遠い部位から順にゆっくりと伸ばしていきます。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から吐くようにしましょう。口から息を吐くときに、腱や関節をゆっくりと時間をかけて伸ばすとより効果的です。バランスボール前にストレッチを行うことで、バランスボール中の怪我を防ぐことができます。また、バランスボール後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、関節をしっかりと伸ばしてクールダウンさせることができ、疲れも残りにくくなります。

「ながらダイエット」をしよう!

音楽を聴きながら(3)

バランスボールダイエットの魅力のひとつは、「ながらダイエット」ができることです。テレビを観たり音楽を聴きながらバランボールを使ってエクササイズすることで、ストレスを発散しながら楽しくダイエットすることができます。また、バランスボールを使って「ながらダイエット」をすれば、時の流れも早く感じることでしょう。もし、バランスボールを使って「ながらダイエット」をする場合は、テレビは楽しい番組(ドラマや映画でも可)を、音楽はアップテンポな曲を選ぶとより効果的です。ちなみに、私は海外ドラマを観ながらバランスボールを使ってダイエットしています。

バランスボールダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(5)

バランスボールエクササイズはランニングと比べると体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。バランスボールダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

足元や周囲に障害物がないことを確認しよう!

足元・周囲に注意する(1)

室内のちょっとしたスペースを利用して楽しむことができるのがバランスボールエクササイズのメリットですが、ただし、足元や周囲には十分に注意する必要があります。床に何かが転がっていたり先が角ばったものが置いてあったりすると、転倒して捻挫してしまったり、大怪我をしてしまう恐れがあります。バランスボールを使ってエクササイズするときは、足元や周囲に障害物がないことを必ず確認するようにしましょう。

バランスボールダイエットのメニュー

「お腹痩せエクササイズ」

  1. 床に仰向けになり、膝を軽く曲げて、脹脛と床の間にバランスボールを挟む。
  2. 両手を太腿に添え、口から息をゆっくりと吐きながら、両手を太腿から膝へ滑らせるようにして上体を起こす。
  3. 鼻から息をゆっくりと吸いながら、上体を元に戻す。ただし、上体を元に戻す時、背中を床から少し浮かせるように。
  4. 2~3を10回×3セット繰り返す。

「脚痩せエクササイズ」

  1. 壁と背中の間にバランスボールを挟んで立つ。
  2. 右膝を90度に曲げる。
  3. 曲げた右膝を伸ばし、3秒間キープする。
  4. 今度は、左膝を90度に曲げる。
  5. 曲げた左膝を伸ばし、3秒間キープする。
  6. 2~5を左右交互に10回×3セット繰り返す。

「下半身痩せエクササイズ」

  1. 床に仰向けになり、両膝を曲げて、バランスボールに足の裏をつける。また、お腹と両腕との間のふところに余裕を持たせて、両手のひらを床につけ、体を固定する。
  2. 踵でバランスボールを頭とは反対方向にまっすぐ押し出すイメージで、脚(両膝)をまっすぐに伸ばす。
  3. バランスボールに足の裏をつけたまま、両膝を曲げて足を引き、元の状態に戻る。
  4. 2~3を10回×3セット繰り返す。

まとめ

バランスボールを使って毎日エクササイズし続けることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら代謝をぐんぐん上げて、脂肪の燃えやすい体を作ることができます。また、バランスボールには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、腰痛や肩こり、下半身太りにお悩みの型にもオススメです。バランスボールでダイエットするやり方はとっても簡単で、バランスボールを使ったエクササイズを1日15分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「バランスボールダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP