〇〇ダイエット情報部

枝豆ダイエットの効果や成功法、おすすめのレシピを大公開!

枝豆ダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【枝豆ダイエット】みなさんは、「枝豆」でダイエットができることをご存知ですか。枝豆は圧倒的に低カロリーなだけでなく、代謝促進や脂肪燃焼に効果のある栄養素がたっぷりと含まれています。枝豆は『お酒のつまみ』というイメージが強いですが、実はダイエットにとっても効果的な食材なのです。今回はこの枝豆ダイエットの知られざるダイエット効果と正しい取り組み方、注意すべき点などを徹底解説したいと思います。

枝豆ダイエットとは?

枝豆ダイエット(1)

枝豆には代謝促進や脂肪燃焼に効果のある成分が豊富に含まれており、さらに低カロリーで高たんぱくなので、ダイエットに最適です。枝豆ダイエットにはとくに決まったルールがなく、食事に取り入れたり、おやつとして食べるだけの気軽にできるダイエットなので、無理にダイエットを意識しなくてもチャレンジすることができます。ただし、枝豆は食べ過ぎると体に悪影響を与える場合があるので、注意が必要です。

枝豆のカロリーは?

枝豆のカロリーは1袋(枝無し)(138g)当たり約186kcalで、これを100gに換算すると約135kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、枝豆はとても低カロリーな食品です。また、枝豆の糖質量は100g当たり約3.8gしかなく、この糖質量だけ見ても、枝豆はダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

枝豆ダイエットの評価は?

枝豆ダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.5
  • 即効性: 2.4
  • コスパ: 4.5
  • 栄養バランス: 3.5
  • 口コミ評価: 3.9

枝豆ダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「栄養バランス」にも優れているダイエット法です。また、枝豆ダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。このように、枝豆ダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけお金をかけたくないのであれば、ぜひ一度、枝豆ダイエットにチャレンジしてみてください!

枝豆ダイエットで痩せた口コミは?

口コミ(9)

ネット上で「枝豆ダイエットを実践してみた」「枝豆ダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

1週間ほど続けて、3キロのダイエットに成功しました!茹で方も工夫して美味しい枝豆でチャレンジしたので、無理なく続けることができました。

今まで色々なダイエットを試したけど、どうやら〇〇〇ダイエットが1番みたいです♪ 体重が大きく変わった訳ではありませんが、体型は見る限り大分スッキリしました。〇〇〇ダイエット、非常にオススメです!

朝と昼は普通に食べて、夕食は枝豆に置き換え。ダイエット始めてから1週間目でマイナス3キロ!これからも頑張ります!

枝豆ダイエット続けて1カ月半で5キロも痩せた! 朝は枝豆+昼普通に食べて夜抜いて( ;∀;) 空腹に悩まされる時もあるけど、まだまだ頑張ります! あと10キロ痩せるまでとりあえず続けてみます(‘ω’)ノ

※枝豆ダイエットの口コミをまだまだ募集しております。枝豆ダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

枝豆ダイエットの体験談

枝豆ダイエット体験談

今回は、枝豆の効果を実体験から紐解くために1週間の「枝豆ダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.4kg、体脂肪率が21.3%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、普段の食生活に枝豆を取り入れるというもの。「朝食や昼食、夕食に枝豆をふんだんに使った料理を食べる」といった感じです。また、枝豆ダイエット期間中は、栄養バランスのとれた食生活も心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、代謝も良くなって、脂肪もほんのちょっぴり落ちやすくなったんです。さらに、枝豆ダイエットを始めて数日が経つと、体の調子も少しずつ良くなり、体質も心なしか改善できました。それから1週間後、枝豆ダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-2.9kg、体脂肪率が-4.2%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、枝豆ダイエットを終えてからというもの、脂肪もすっかり落ちやすくなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、枝豆ダイエットはずっと続けられるダイエットだったように思います。

枝豆ダイエットの効果とは?

枝豆は低カロリーで高たんぱく!

枝豆ダイエット(2)

枝豆は可食部のカロリーが1個3kcalととっても低カロリーな食材です。なので、いくら食べても一日の総摂取カロリーに大きく影響することはありません。また、枝豆は低カロリーにもかかわらず良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。この大豆たんぱく質の含有量は他の植物を圧倒しており、その量は牛バラ肉約106g分に相当します。たんぱく質には筋肉をつくる働きがあり、摂取することでダイエット中の筋肉量を維持し代謝を促進させることができます。また、たんぱく質にはアミノ酸もバランスよく入っており、とくに「メチオニン」という成分はアルコールの分解を助ける働きがあるので、2日酔いなどにも効果的です。

ビタミンB1が代謝を促してくれる!

代謝を上げる(4)

枝豆にはビタミンB群もたっぷりと含まれています。このビタミン群には糖質を分解してエネルギーに変換する働きがあります。糖質が分解されエネルギーに変わることで、エネルギー代謝を促し、脂肪を燃焼することができます。また、枝豆にはサポニンも含まれており、このサポニンには脂肪の吸収を抑える働きがあるので、ビタミンB群との相乗効果で脂肪をどんどん落とすことができます。

枝豆はデトックスにも効果的!

便秘を解消する(5)

枝豆にはカリウムも含まれています。このカリウムには体内のナトリウム濃度を調節し、余分なナトリウムを体外に排出する利尿作用があります。余分なナトリウムが体外に排出されることで、体内での余分な水分の蓄積を防ぎ、むくみを解消することができます。また、枝豆には食物繊維も豊富に含まれています。この食物繊維には腸の蠕動運動を活発にして便通を促す働きがあります。便通を促す際、体内に溜まる老廃物もいっしょに排出されるので、デトックス効果が期待できるのです。

枝豆は脂肪燃焼にも効果的!

脂肪を燃焼する(1)

枝豆には「大豆サポニン」という成分が含まれています。大豆サポニンには体内で脂質の酸化を抑え、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。つまり、血中のコレステロールを減少させることで、脂肪の吸収を抑えることができるのです。また、血中のコレステロール値が下がることで、内臓脂肪の減少や脂肪肝の予防が期待できます。

また、枝豆にはコリンやレシチン、オルニチンという成分も含まれています。コリンには脂肪の代謝を高める働きがあり、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐことができます。また、コリンは体内でレシチンを生成するための材料となります。このレシチンには肝臓に溜まる脂肪を溶かし血液中に放出して体外に排出する働きがあります。これにより、余分な脂肪をスムーズに排出できるようになるので、効率よく脂肪を落とすことができるようになるのです。

さらに、オルニチンという脂肪燃焼成分には、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。成長ホルモンが促されることで全身の筋肉量が増え、代謝を上げることができます。代謝が上がればエネルギーの消費量も増えるので、効率よく脂肪を燃やすことができるようになるということです。また、成長ホルモンの分泌は美肌や若返りにも効果があり、オルニチンはダイエットにも美容にも最適です。

枝豆にはビタミンやミネラルもたっぷり!

枝豆ダイエット(3)

枝豆にはビタミンやミネラルもたっぷりと含まれています。とくに、ビタミンCには腸内の善玉菌を活発にする働きがあります。腸内の善玉菌が活発になることで、腸の働きも活発になり、便秘を解消することができるのです。また、ミネラルには女性に不足しやすい鉄分がたっぷりと含まれており、貧血などを防止することができます。ちなみに、枝豆は大豆の成長過程で未熟なときに収穫されているのでビタミンやミネラルが含まれているのですが、大豆はすでに成熟してしまっておりビタミンやミネラルはほとんど入っておりません。ビタミンやミネラルは枝豆だからこそ摂れる栄養素なのです。

スポンサードリンク

枝豆ダイエットのルール

普段の食生活に枝豆を取り入れよう!

枝豆ダイエット(4)

枝豆は1個3kcalしかないので、普段の食事にとり入れても何ら影響はありません。枝豆は腹持ちも良いので食前に食べれば食事の量を減らすこともできます。また、枝豆には植物性たんぱく質も含まれており、ダイエット期間中でも代謝に必要な筋肉を維持することができます。ただし、植物性たんぱく質だけに頼って動物性たんぱく質が不足すると体調を崩す可能性もあるので、肉類もしっかりと食べるようにしましょう。 

間食に枝豆を食べよう!

枝豆ダイエット(5)

また、枝豆をおやつなどの間食として食べるのもオススメです。スナックやチョコレートは高カロリーなので食べると太ってしまいますが、枝豆は圧倒的に低カロリーなのでいくら食べても体重にほとんど影響を及ぼすことはありません。また、間食に枝豆を食べることで満腹感を味わうことができ、食事の量を減らすことができるかもしれません。

美味しい枝豆の茹で方!

枝豆ダイエット(6)

枝豆もできるだけ美味しくなければダイエットも長続きしません。そこで、今回は枝豆を美味しく茹でる方法をご紹介したいと思います。

「材料」

  • ・枝豆 … 250g

  • ・水 … 1ℓ

  • ・塩 … 40g

「茹で方」

  1. まず、枝豆のさやの両端を切り落とし、塩10gで塩もみします。

  2. 次に、鍋に水1ℓと塩30gを入れて沸騰させます。

  3. お湯が沸騰したら、1で塩もみした枝豆を入れて3~5分間茹でます。

  4. 枝豆が茹であがったらざるで上げうちわなどで冷まします。

  5. 完成です!

ちょうどいい塩加減なので、そのままでも十分食べられるかと思います。

枝豆ダイエットの注意点

枝豆の食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(5)

枝豆には大豆イソフラボンやサポニンが含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをもっています。この大豆イソフラボンを過剰に摂取すると、ホルモンバランスを崩してしまう可能性があるのです。また、プリン体は痛風の原因とされており、尿酸値が高めの方はできるだけ摂取を控えたほうがよいです。とにかく、枝豆は低カロリーで高たんぱくですが、過剰な摂取は控えるようにしましょう。

枝豆だけに頼るのはNG!?

栄養バランスを考える(2)

枝豆には高いダイエット効果が期待できます。ただし、いくらダイエットに効果があるからといって、枝豆だけに頼るのはNGです。枝豆に頼ってばかりいると、栄養に偏りができてしまい、代謝機能や循環機能もどんどん悪くなって、ダイエットしても痩せにくくなってしまいます。また、動物性たんぱく質が不足すると筋肉に十分なエネルギーを供給できなくなり、基礎代謝もどんどん下がって、いくらダイエットしても痩せない身体になってしまいます。このように、栄養バランスが偏った食生活や動物性たんぱく質不足は枝豆のダイエット効果を半減しかねません。枝豆でダイエットするときは、枝豆だけでなくお肉や野菜もしっかりと食べるようにしましょう。

枝豆ダイエットのレシピ

「枝豆のポタージュ風」

枝豆ダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・枝豆(加熱処理済み) … 20g
  • ・豆乳 … 100g
  • ・木綿豆腐 … 50g
  • ・コンソメの素 … 小さじ1
  • ・塩コショウ … 少々
  • ・ガラムマサラ … 少々
  • ・カレー粉 … 少々
  • ・★クルミ … 1個
  • ・★カシューナッツ … 1個
  • ・七味唐辛子 … 少々

【作り方】

  1. ミキサーに枝豆、豆乳、木綿豆腐、コンソメの素、塩コショウ、ガラムマサラ、カレー粉を入れて、なめらかになるまで攪拌する。
  2. 1をコップに注ぎ、軽くラップをかけて、レンジで約3分間加熱する。
  3. 2にクルミとカシューナッツを添える。
  4. 3に七味唐辛子をかける。

「枝豆のポタージュ」

枝豆ダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・枝豆(塩ゆで) … 200g
  • ・タマネギ … 1/2個
  • ・バター … 5g
  • ・水 … 100cc
  • ・コンソメ(固形/顆粒) … 1個(小さじ1)
  • ・低脂肪乳(豆乳でもOK) … 300cc
  • ・塩 … 少々
  • ・胡椒 … 少々
  • ・パセリ … 少々

【作り方】

  1. 枝豆を鞘から取り出す。
  2. タマネギを薄くスライスする。
  3. コンソメを水(分量外)に浸すか、包丁で砕くかして溶かす。
  4. 鍋にバターをひいて、タマネギを炒める。
  5. タマネギが飴色になったら、枝豆を入れて、さらに炒める。
  6. 水とコンソメを加えて、2~3分間茹でる。
  7. 火を止めて、粗熱を取る。
  8. 7をミキサーに入れて、滑らかになるまで攪拌する。
  9. 8を鍋に戻し、低脂肪乳を加えて、沸騰させないように火にかける。
  10. 塩と胡椒を加えて、味を調える。
  11. 火を止め、10を器に盛りつけて、刻んだパセリをトッピングする。

「鮭と枝豆のチャーハン」

枝豆ダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・米 1合
  • ・★水1 … 185ml
  • ・★昆布つゆ1 … 大さじ1
  • ・☆タマネギ(粗みじん切り) … 180g
  • ・☆ゴボウ(みじん切り) … 60g
  • ・☆コンニャク(1cm幅角切り) … 300g
  • ・☆水2 … 30ml
  • ・☆昆布つゆ2 … 小さじ1.5
  • ・胡麻油 … 小さじ1.5
  • ・鮭フレーク … 大さじ2
  • ・枝豆(冷凍) … 80g

【作り方】

  1. お米を研いで、水1を昆布つゆ1と一緒に炊飯する。
  2. タマネギを粗みじん切りにする。
  3. ゴボウをみじん切りにする。
  4. コンニャクを1cm幅に角切りにする。
  5. フライパンにタマネギ、ゴボウ、コンニャク、水2、昆布つゆ2を入れて、中火にかける。
  6. よくかき混ぜながら、水分を飛ばしていく。
  7. 水分が十分に飛んだら、胡麻油を加えて、強火で炒める。
  8. 7に1と鮭フレーク、枝豆(冷凍)を加えて、手早く炒める。
  9. 全体が混ざったら、火を止めて、器に盛りつける。

まとめ

枝豆にはたんぱく質や食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなどの栄養素や、コリンやレシチン、オルニチンなどの特殊なダイエット成分が豊富に含まれており、食べ続けることで代謝を上げたり脂肪を燃焼させたりすることができます。また、枝豆ダイエットは枝豆を食事にとり入れたりおやつに食べたりするだけの簡単なダイエットなので、ダイエット初心者にもオススメです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこの枝豆ダイエットに興味を持たれた方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP