〇〇ダイエット情報部

サイクリングダイエットの効果ややり方、口コミを徹底紹介!

サイクリングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【サイクリングダイエット】目も当てられない「寸胴体型」にお悩みではありませんか?これまでたくさんのダイエットを試してきたけれども、有意な結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「サイクリングダイエット」です。今回はそんなサイクリングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

サイクリングダイエットとは?

サイクリングダイエット(1)

「サイクリングダイエット」とは、自転車で遠乗り走行を楽しむことで脂肪をどんどん燃焼させていくダイエット法です。また、サイクリングなら無理なく楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎて、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうこともありません。サイクリングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サイクリングを1日40分以上行うだけでOKです。ただし、サイクリングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

サイクリングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。サイクリングのMETsは『3~16(同じサイクリングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)サイクリングの消費カロリーが1時間で約157.5~840kcalになることが分かります。下にMETsを使ったサイクリングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのサイクリングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、サイクリングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、サイクリングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

サイクリングダイエットの評価は?

サイクリングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 0.3
  • 即効性: 4.7
  • コスパ: 4.0
  • エネルギー消費: 2.7
  • 口コミ評価: 3.7

サイクリングダイエットは非常に短期間で効果を得られるだけでなく、「コスパ」にも優れているダイエット法です。また、サイクリングダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。ただし、サイクリングダイエットを始めるには多少なりとも準備や覚悟が必要です。が、サイクリングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間に余裕があれば、ぜひ一度、サイクリングダイエットにチャレンジしてみてください!

サイクリングダイエットの口コミは?

口コミ(4)

ネット上で「サイクリングダイエットを実践してみた」「サイクリングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

仕事から帰ってきたら、そのまますぐ4,50分ほどサイクリングに取り組むようにしています。「疲れたなぁ…でも、どうせならっ!」みたいな感じです(笑)サイクリングに取り組むようになってから体重が13kg減、体脂肪率が15%減しました。

サイクリングは毎日続けてもそれ程苦じゃありませんし、音楽を聴きながら取り組めば時間が経つのも忘れられます。ここ最近、お腹まわりが少し引き締まってきました。また、サイクリングを始めてから体重も7キロ落ちました。サイクリングはこれからも気長に続けていきたいです。

サイクリングを始めてまだ1週間ちょっとくらいしか経っていませんが、体重が3キロ程減りました。ウエストまわりの脂肪も落ちてキュッと引き締まった気がします。サイクリングをやってる時は汗をいっぱいかくしお腹に効いてるのもしっかりと感じるし、サイクリングのダイエット効果を犇々と感じてます。

本を読んで「これなら痩せれるかもっ」と思い、早速サイクリングダイエットを始めました。それから、頑張ってサイクリングダイエットを半年間続けました。おかげで、体重は思った以上に減り、気になっていた部分もキュッと引き締まりました。ちなみに、体重は15kg減、体脂肪率は17%減です。これからは、リバウンドしないような体質作りも心がけて、プランクやスクワットも取り入れていこうと思います。

※サイクリングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。サイクリングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

サイクリングダイエットの体験談

サイクリングダイエット体験談

今回は、あの有名女性誌にも取り上げられた「サイクリングダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.6 kg、体脂肪率が21.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日サイクリングを40分以上行うというもの。また、サイクリングを行う時は、心拍数を最大心拍数の60~80%で維持し続けるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、下半身の脂肪も落ちて、脚もほんのちょっぴり細くなったんです。さらに、サイクリングダイエットを始めて数日が経つと、持久力も少しずつついてきて、疲れも心なしか残りにくくなりました。それから1週間後、サイクリングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-2.3kg、体脂肪率が-3.3%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、サイクリングダイエットを終えてからというもの、脚もすっかり細くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、サイクリングダイエットは楽しく健康的に痩せられるダイエットだったように思います。

サイクリングダイエットの効果とは?

サイクリングは脂肪燃焼に最適!

脂肪を燃焼する(4)

サイクリングは体に溜まった脂肪をエネルギー源として使う運動=有酸素運動です。ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、サイクリングを毎日コツコツ続けることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、有酸素運動は酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷を掛けて行う運動でもあります。酸素が体内に取り込まれると、クエン酸回路やエネルギー産生が活性化し、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になります。これら脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝が活発になることで、体に溜まった脂肪もより一層燃えやすくなります。このように、サイクリングは脂肪燃焼に最適な運動なのです。

全身を引き締めて理想のスリムボディに!

スリムになる(1)

また、サイクリングは全身を筋肉をバランスよく鍛えるにも最適な運動です。とくに、サイクリングは太ももやふくらはぎ、足首の筋肉を鍛えるのに効果的で、このサイクリングを毎日コツコツ続けることで下半身も効率よく引き締めることができます。また、サイクリングではペダルの負荷が脚に掛かります。そのペダルの負荷をできるだけ軽くし、ペダルをくるくると素早く回すことで、脚痩せ効果も期待できます。ポイントは「負荷をできるだけ軽くしてペダルをくるくると素早く回す」ことです。ただし、負荷を重くし過ぎると、脚の筋肉が太くなってて脚痩せには逆効果になってしまいます。脚痩せ効果を引き出したいときは、ペダルの負荷をできるだけ軽くして、回転数を上げて、ペダルをくるくると素早く回すようにしましょう。ちなみに、上体を少し丸め込むようにして腹筋に力を入れながら自転車を漕ぐと、ウエストのシェイプアップ効果も期待できます。

無理なく楽しくダイエットできる!

サイクリングダイエット(2)

ウォーキングやジョギング、ランニングでは全体重が脚に掛かってしまいます。しかし、サイクリングはその全体重がサドルに掛かるので、疲れも残りにくく筋肉痛にもなりにくいです。このように、サイクリングは他の有酸素運動に比べて身体への負荷が少ないダイエット法なのです。また、疲れが残りにくかったり筋肉痛になりにくかったりするとダイエットも長続きさせやすいので、サイクリングは長期的(継続的)なダイエットにも最適です。そして、なんといっても、サイクリングは道中の景色を楽しみながら風を切って走る爽快感を味うことができるので、ダイエットも楽しく長続きさせることができます。

スポンサードリンク

サイクリングダイエットのやり方

毎日サイクリングを40分以上行おう!

サイクリングダイエット(3)

サイクリングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サイクリングを1日40分以上行うだけでOKです。ただし、サイクリングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、サイクリングを正しいフォームで行う必要があります。また、サイクリングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。サイクリングの運動時間や漕ぐスピード、心拍数については下記をご参照ください。

サイクリングのダイエット効果を上げるには?

サイクリングダイエット(4)

有酸素運動は20分以上続けないと脂肪を燃焼できないと言われていますが、サイクリングは最低でも40分以上続けないとダイエット効果を最大限に引き出すことはできません。ただし、サイクリングはいきなり40分以上も続けるのは難しいかもしれません。最初は1日20分から始めて、慣れてきたら30分、40分、50分、1時間と少しずつ運動時間を延ばしていくようにしましょう。

心拍数を意識して漕ごう!

心拍数を測る(2)

心拍数を意識して自転車を漕ぐことで、脂肪を効率よく燃焼させることができます。心拍数目安は最大心拍数の約60~80%程度です。この心拍数目安は「(200-年齢)×60~80%」で算出できます。心拍計やスポーツウォッチを見て心拍数を調節しながらペダルを漕ぐようにしましょう。

サイクリングダイエットの注意点

なかなか効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(3)

サイクリングは水泳やランニングなどと比べると運動強度も小さく負荷も少ないので、すぐには効果を実感できないかもしれません。サイクリングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続けることで、あなたもサイクリングのダイエット効果を必ず実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(9)

サイクリングの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する効果があり、これらを摂取してから有酸素運動を行うことで、脂肪をさらに効率よく燃焼させることもできます。運動中の水分補給はとても大切です。サイクリングを行うときは水分補給も忘れずに行うようにしましょう。

食後は控えるように!

食後の運動を控える(1)

食後のサイクリングには十分な注意が必要です。食後すぐにサイクリングをしてしまうと、胃が揺さぶられて腹痛や吐き気を引き起こしてしまう危険性があります。逆に、お腹が空いている時は体内のブドウ糖が不足しているので、この状態で有酸素運動を行えばすぐに脂肪をエネルギーとして消費できます。なので、サイクリングは食後ではなく食前に行うよう心がけましょう。

ペダルに負荷を掛け過ぎない!

サイクリングダイエット(5)

ペダルに負荷をかけ過ぎてしまうと、サイクリングダイエットが「有酸素運動」ではなく「無酸素運動」になってしまい、脂肪を燃焼するどころか筋肉太りの原因になりかねません。ペダルの負荷は決してかけ過ぎず、40~60分間漕ぎ続けても息切れしない程度の負荷、もしくは脚の筋肉に軽く負荷を感じる程度の負荷に調節するようにしましょう。

まとめ

サイクリングはとくに下半身をキュッと引き締めながら脂肪を効率よく燃焼させて、理想のスリムボディを作り上げていくのに最適な運動です。また、サイクリングなら無理なく楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎて、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうこともありません。サイクリングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サイクリングを1日40分以上行うだけでOKです。ただし、何度も言うようですが、サイクリングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「サイクリングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP