〇〇ダイエット情報部

コアトレーニングダイエットの効果や成功のコツを徹底紹介!

コアトレーニングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【コアトレーニングダイエット】どうしても体重が落ちにくい体質にお悩みではありませんか?これまで様々なダイエットを試してきたけれども、思わしい結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「代謝の悪さ」や「脂肪燃焼効率の悪さ」が原因かもしれません。代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼できず、体重もどんどん増えてしまいます。また、代謝が悪いせいで、体内に老廃物や毒素も溜まりやすくなり、最悪の場合、むくみや肌荒れ、太りやすく痩せにくい体質の原因にもなってしまいます。さらに、脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「コアトレーニングダイエット」です。今回はそんなコアトレーニングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

目次

コアトレーニングダイエットとは?

コアトレーニングダイエット(1)

「コアトレーニングダイエット」とは、身体の根幹(コア)を集中的に鍛えることで代謝を活発にして脂肪燃焼の効率を上げていくダイエット法です。また、コアトレーニングには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで血液やリンパの流れを良くして、腰痛や肩こり、冷え性、生理痛、内臓下垂、下半身太りなどもスッキリ解消させることができます。コアトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、毎日コアトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、コアトレーニングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

コアトレーニングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。コアトレーニングのMETsは『2.8~8(同じコアトレーニングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)コアトレーニングの消費カロリーが1時間で約147~420kcalになることが分かります。下にMETsを使ったコアトレーニングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのコアトレーニングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、コアトレーニングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、コアトレーニングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

コアトレーニングダイエットの評価は?

コアトレーニングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 1.4
  • 即効性: 3.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 2.3
  • 口コミ評価: 4.5

コアトレーニングダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、コアトレーニングダイエットは短期間で効果を得られるので、できるだけ早く効果を実感したい方にもオススメです。ただし、コアトレーニングダイエットは「手軽さ」や「続けやすさ」がやや劣り気味なので、今すぐ始めたい&気長に続けたい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、コアトレーニングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間に余裕があれば、ぜひ一度、コアトレーニングダイエットにチャレンジしてみてください!

コアトレーニングダイエットの口コミは?

口コミ(1)

ネット上で「コアトレーニングダイエットを実践してみた」「コアトレーニングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

コアトレーニングダイエットを始めたら、見た目がスリムになりました!食事制限は特にしていません。ただ、できるだけコアトレーニングと並行してウォーキングやランニングも取り組むよう努力していました。ちなみに、コアトレーニングは1日3,40分くらいしています。コアトレーニングならこれからも続けられそうです♪

コアトレーニングは今までで1番長続きしています。コアトレーニングを9ヶ月ほど続けてますが、何と15キロ体重が減り、体脂肪は17%減りました。まだまだこれからも頑張って続けます!

コアトレーニングにはかなりの時間と努力を費やしましたが、コアトレーニングのダイエット効果を実感した一人です。週に3,4回くらいやってます。体重が大きく減った訳ではありませんが、お腹まわりは引き締まってきましたし、友人からも痩せたねと言われるようになりました。夕食は野菜中心にするよう心がけています。あと、夜寝る前にストレッチを必ず行うようにしてます。

昨日からコアトレーニングを始めました\(^o^)/このコアトレーニングはウエストに効きそうですね♪今日から1カ月くらい続けて、コアトレーニングのダイエット効果を確かめたいと思います。

※コアトレーニングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。コアトレーニングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

コアトレーニングダイエットの体験談

コアトレーニングダイエット体験談

今回は、コアトレーニングの効果を実感するために1週間のコアトレーニングダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.4 kg、体脂肪率が23.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日コアトレーニングと軽めの有酸素運動をそれぞれ20分以上行うというもの。また、コアトレーニングを行う時は、軽めの有酸素運動もしっかりと取り入れるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、血行も良くなって、代謝もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、コアトレーニングダイエットを始めて数日が経つと、骨盤の歪みも少しずつ解消し、体の不調も心なしか良くなりました。それから1週間後、コアトレーニングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70.4kgから68.7kgに、体脂肪率が23.8%から21.4%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、コアトレーニングダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。(上がりました。)今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、コアトレーニングダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

コアトレーニングダイエットの効果とは?

コアを鍛えて代謝をアップ!より「痩せやすい体質」に!

代謝を上げる(5)

コアトレーニングは血流を促して基礎代謝を上げるのに最適な運動です。とくに、腕や胸、背中、太腿の筋肉はとても大きく、これらの筋肉を重点的に鍛えることで基礎代謝を効率よく上げることができます。また、骨格筋を収縮あるいは弛緩させることで、血液を心臓へと押し戻す「筋ポンプ作用」を活発にすることもできます。この筋ポンプ作用が活発になると、血液も体の隅々まで行き届くようになり、基礎代謝も次第に上がっていきます。このように、コアトレーニングを行うことで基礎代謝をぐんぐん上げて、より「痩せやすい体質」を作り上げていくことができるのです。

コアトレーニングで腰痛や肩こりも解消!

ヒップアップ(3)

また、コアトレーニングには骨盤の歪みを矯正する効果もあります。骨盤が歪むと血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。この骨盤の歪みはコアマッスルの委縮が原因の一つに考えられています。つまり、このコアマッスルを鍛えることで骨盤の歪みを矯正して、腰痛や肩こり、下半身太りも解消できるのです。

コアトレーニングで冷え性や生理痛も解消!

冷え性を解消する(3)

さらに、コアマッスルを鍛えることで、冷え性や生理痛も解消できます。先ほど既に述べたように、骨盤が歪むと血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。血液やリンパの流れが悪くなると、体温も次第に下がり、最悪の場合、冷え性や生理痛の原因にもなってしまいます。つまり、コアトレーニングを行うことで骨盤の歪みを矯正して、体温を高め、冷え性や生理痛も解消できるのです。

「内臓下垂」を解消してウエストもシェイプアップ!

ウエストを引き締める(4)

骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまいます。内臓が下に垂れると、臓器の下にある腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、内臓下垂によって腸の働きも悪くなり、便秘にもなりやすくなってしまうのです。また、内臓下垂が原因でお腹まわりも冷えてしまい、その冷えから内臓を守るために下腹に脂肪が付きやすくなってしまいます。さらに、骨盤が歪むと内臓を包み込む「腹横筋」まで緩んでしまい、お腹まわりの筋肉や内臓、骨盤を安定させることができなくなり、お腹まわりの脂肪も重力に引っ張られてたるんでしまいます。これらの症状はコアマッスルを鍛えることで簡単に解消できます。

スポンサードリンク

コアトレーニングダイエットのやり方

コアトレーニングでダイエットするには?

コアトレーニングダイエット(2)

コアトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、毎日コアトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、コアトレーニングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、全身のコアマッスルをバランスよく鍛える必要があります。とくに、腕や胸、背中、太腿の筋肉はとくに大きいので、これらの筋肉を重点的に鍛えることで基礎代謝をより効率的に上げることができます。また、コアトレーニングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができないので、コアトレーニングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行うようにしましょう。おすすめのコアトレーニングメニューやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

フォームチェックをしよう!

コアトレーニングダイエット(3)

コアトレーニングにおいて最も大切なことは、「正しいフォーム」でトレーニングに臨むことです。間違ったフォームでトレーニングを続けてしまうと、なかなか効果を実感できないどころか、思わぬ怪我の原因にもなってしまいます。コアトレーニングを行うときは、鏡などでチェックしたり、トレーナーの方にチェックしてもらったりしながら、正しいフォームでトレーニングに臨むようにしましょう。

負荷は少しづつ上げていこう!

コアトレーニングダイエット(4)

負荷は少しづつ上げていきましょう。コアがまだ安定していないのに負荷をいきなり上げると、肉離れや筋肉痛、思わぬ大怪我を引き起こしてしまう恐れがあります。これらを防ぐためにも、いきなり負荷を上げるようなことはせず、自分に合ったレベルから少しづつ上げていくようにしましょう。

呼吸を意識しよう!

正しい呼吸をする(5)

コアトレーニングをするときは、呼吸もしっかりと意識するようにしましょう。具体的には、筋肉に力が入るときに息を吐いて、筋肉の力が抜けるときに息を吸うとより効果的です。筋肉が弛緩するときに酸素を取り込んでおくことで、筋肉が収縮するときの筋トレ効果を高めることができます。コアトレーニングをするときは、呼吸もしっかりと意識しましょう。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(7)

コアトレーニングを行う前後にはストレッチもしっかりと行いましょう。コアトレーニングを行う前にストレッチをしっかりと行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、コアトレーニングを行った後にストレッチをしっかりと行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして、痛みや疲れも和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐くようにします。口から息を吐くときに筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

有酸素運動もしっかりと行おう!

適度な運動をする(9)

残念ながら、コアトレーニングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいて「コアを鍛える」ことは決して無意味なことではないのですが、コアトレーニングはあくまでコアマッスルを鍛えて基礎代謝を上げるための一手段に過ぎません。コアトレーニングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、コアトレーニングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。有酸素運動はコアトレーニング後に行うことをオススメします。コアトレーニング後に有酸素運動を行うことで、ブドウ糖が枯渇した状態で脂肪を燃焼させることができます。有酸素運動は糖質や脂肪をエネルギー源とする運動です。ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、コアトレーニングで予めブドウ糖を消費しておくことで、有酸素運動中に脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。

コアトレーニングダイエットの注意点

なかなか効果を実感できないかも!?

注意を喚起する(10)

コアトレーニングはウォーキングやランニングなどの有酸素運動と比べると供給する酸素の量も少なく運動の持続時間も短いので、なかなか効果を実感できないかもしれません。コアトレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたも必ずコアトレーニングのダイエット効果を実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(6)

コアトレーニングの前後には水分補給もしっかりと行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こしてしまい、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、運動前に消化の良いバナナやヨーグルトを、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく摂取することで、コアトレーニングのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切なので、コアトレーニングの前後には水分をしっかりと補給するようにしましょう。

コアトレーニングダイエットのメニュー

「クランチ」

  1. 仰向けになり、膝を90度に曲げる。この時、両手はお腹の上か耳の横に添えておくように。
  2. お腹にキュッと力を入れて息を吐きながら、上体を丸めて、頭をゆっくりと持ち上げる。この時、目線はおへそに向けておくように。
  3. 息を吸いながら、上体を元の位置にゆっくりと戻す。
  4. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

「プランク(フロントポジション)」

  1. うつ伏せになる。
  2. 前腕を床につけて、脚をまっすぐに伸ばし、前腕と足先で支えながら上体を床から浮かせる。
  3. 体幹に力を入れながら、首からつま先までを一直線にして、その姿勢を10~30秒間キープする。
  4. これを1日1~3セット繰り返す。

「プランク(サイドポジション)」

  1. 横向きに寝転がる。
  2. 床側の前腕と足で体を支えて、体幹に力を入れ、腰を床から浮かせる。
  3. 首からつま先までを一直線にして、その姿勢を10~30秒間キープする。
  4. これを左右交互に1日1~3セット繰り返す。

「サイドブリッジ」

  1. 横向きに寝そべる。
  2. 床側の肘を立てて、肘と足先で体を浮かせる。
  3. 反対側の脚を持ち上げて、同様に、反対側の腕を正面にまっすぐに伸ばす。
  4. この姿勢を10~30秒間キープし、これを1日1~3セット繰り返す。

「バックブリッジ(片足)」

  1. 仰向けになり、片膝を立てる。
  2. 肩と足で体を支えながら、お尻を浮かせる。
  3. お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  4. 肩から腰、膝までを一直線にして、その姿勢を10~30秒間キープする。
  5. これを1日1~3セット繰り返す。

「ニートゥエルボー」

  1. 直立して、足を肩幅に開く。
  2. 両手を頭の後ろで組む。
  3. 片脚を上げて、肘と膝をくっつけるように上体を捻る。
  4. これを左右交互に1日10回×1~3セット繰り返す。

「フライングドッグ」

  1. 四つん這いになり、目線を数m先に向ける。
  2. 右手と左足を床から浮かせて、ゆっくりとまっすぐに伸ばし、その姿勢を数秒間キープする。この時、指先からつま先までが一直線になるよう意識すること。
  3. 今度は、左手と右足を床から浮かせて、ゆっくりとまっすぐに伸ばし、その姿勢を数秒間キープする(以下同文)。
  4. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

「リバースクランチ」

  1. 仰向けになり、手のひらを床につける。
  2. 脚を床と垂直になるように上げて、膝を軽く曲げる。
  3. 床につけた手のひらで上体を支えて、膝と股関節の角度を維持したまま、腹筋に力を入れて、お尻を床からゆっくりと浮かせる。
  4. お尻を床から数cmの高さまで浮かせたら、その姿勢を数秒間キープする。
  5. 膝と股関節の角度を維持したまま、腹筋に力を入れて、お尻を床にゆっくりと下ろす。
  6. これを1日10回×1~3セット繰り返す。

「ショルダーブリッジ(スタンダード)」

  1. 仰向けになる。
  2. 足を腰幅に開き、膝を曲げて、足の裏を床につける。
  3. 両腕を少し開き、両手のひらを床につけて、身体を支える。
  4. 体幹に力を入れて、背中と腰を床から浮かせ、その姿勢を10~30秒間キープする。
  5. これを1日1~3セット繰り返す。

「ショルダーブリッジ(レッグリーチ)」

  1. 仰向けになる。
  2. 足を腰幅に開き、膝を曲げて、足の裏を床につける。
  3. 両腕を少し開き、両手のひらを床につけて、身体を支える。
  4. 体幹に力を入れて、背中と腰を床から浮かせる。
  5. 体幹に力を入れたまま、片足を上げてまっすぐに伸ばし、その姿勢を10~30秒間キープする。
  6. 今度は、もう一方の足を上げてまっすぐに伸ばし、その姿勢を10~30秒間キープする。
  7. これを左右交互に1日1~3セット繰り返す。

「ダイアゴナルバランス」

  1. 腕立て伏せの姿勢になる。
  2. 右手と左足を床から浮かせてまっすぐに伸ばし、その姿勢を10~30秒間キープする。この時、指先からつま先までが一直線になるよう意識すること。
  3. 今度は、左手と右足を床から浮かせてまっすぐに伸ばし、その姿勢を10~30秒間キープする(以下同文)。
  4. これを左右交互に1日1~3セット繰り返す。

まとめ

コアトレーニングは身体の根幹(コア)を鍛えるのに最適な運動であり、この根幹(コア)を集中的に鍛えることで代謝を活発にして脂肪燃焼の効率を上げることができます。また、コアトレーニングには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで血液やリンパの流れを良くして、腰痛や肩こり、冷え性、生理痛、内臓下垂、下半身太りなどもスッキリ解消させることができます。コアトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、毎日コアトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数で行うだけでOKです。ただし、何度も言うようですが、コアトレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「コアトレーニングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP