〇〇ダイエット情報部

コアリズムダイエットの効果や成功のコツ、口コミを大公開!

コアリズムダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【コアリズムダイエット】女性らしさの欠片もない「肥満体型」にお悩みではありませんか?これまで多くのダイエットを試してきたけれども、十分な結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「代謝の悪さ」や「脂肪燃焼効率の悪さ」が原因かもしれません。代謝が悪いと、脂肪も効率よく燃焼できず、体重もどんどん増えてしまいます。また、代謝が悪いせいで、体内に老廃物や毒素も溜まりやすくなり、最悪の場合、むくみや肌荒れ、太りやすく痩せにくい体質の原因にもなってしまいます。さらに、脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「コアリズムダイエット」です。今回はそんなコアリズムダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

コアリズムダイエットとは?

コアリズムダイエット(1)

「コアリズムダイエット」とは、ヤーナ・クニッツ氏とジュリア・パワーズ氏の二人が考案したダンスをベースにしたエクササイズプログラム『コアリズム』に取り組むことで身体の根幹(コア)を集中的に鍛えて代謝を活発にし、脂肪を効率よく燃焼させていくダイエット法です。また、コアリズムには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで血液やリンパの流れを良くして、腰痛や肩こり、内臓下垂、下半身太りなどもスッキリ解消させることができます。コアリズムでダイエットするやり方はとっても簡単で、コアリズムを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、コアリズムダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

コアリズムの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。コアリズムのMETsは『5~7(同じコアリズムでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)コアリズムの消費カロリーが1時間で約262.5~367.5kcalになることが分かります。下にMETsを使ったコアリズムの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのコアリズムの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、コアリズムの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、コアリズムでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

コアリズムダイエットの評価は?

コアリズムダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 2.4
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 2.8
  • 口コミ評価: 4.1

コアリズムダイエットはネットでの評価が非常に高いダイエット法です。また、コアリズムダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。このように、コアリズムダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけ多くの人の意見を参考にしたいのであれば、ぜひ一度、コアリズムダイエットにチャレンジしてみてください!

コアリズムダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「コアリズムダイエットを実践してみた」「コアリズムダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

コアリズムならいくらでも頑張れちゃう気がします。他にもいろいろなダイエットを試してきましたが このコアリズムはかなり続いています。コアリズムは、とくにウエストに効くと思いますよ♪

そろそろダイエットしないと…と思い、コアリズムダイエットを始め、現在は週に2,3回のペースで無理なく続けています。コアリズムを始めて3ヶ月で体重-12キロ、ウエスト-10㎝減りました。お腹まわりの脂肪も落ちてきてウエストラインも綺麗になってきた気がします。これからも続けます(^-^)

コアリズムダイエットの実施前と実施後で体脂肪率がどのくらい変わるのか気になったので計測してみると…実施前と実施後でなんと体脂肪率が12%も変わっていて、とても驚きました。また、コアリズムはお腹やお尻にもかなり効くし、おまけに気軽に実施できるので、超オススメです!

コアリズムダイエットを始めてから、ただいま2週目に突入してますが、お腹まわりのぜい肉がほぼ落ちて、ズボンもかなり緩くなりました。とりあえず、お気に入りのズボンが着れるようになるまでガンバってみます。

※コアリズムダイエットの口コミをまだまだ募集しております。コアリズムダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

コアリズムダイエットの体験談

コアリズムダイエット体験談

今回は、読者からのご要望が多かった「コアリズムダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5 kg、体脂肪率が21.5 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日「コアリズム」を本やDVDの指示に従って20分以上踊るというもの。また、コアリズムを行う時は、引き締めたいパーツを常に意識するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、お腹に筋肉もついてきて、ウエストもほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、コアリズムダイエットを始めて数日が経つと、猫背も少しずつ改善し、バストも心なしかアップしました。それから1週間後、コアリズムダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.4kg、体脂肪率が-2%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、コアリズムダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、コアリズムダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

コアリズムダイエットの効果とは?

コアを鍛えて理想のスリムボディに!

スリムになる(4)

コアリズムはコア(体幹)を鍛えるのに最適な運動です。とくに、コアリズムでは腰を前後左右に大きく動かすことで横隔膜や腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群を効率よく鍛えることができます。これらの筋肉が鍛えられることで、お腹にたっぷりと溜まった内臓脂肪もゴッソリと落ちて、ウエストまわりもキュッと引き締まり、誰もが羨む美しいウエストラインを手に入れることができます。

コアリズムで骨盤の歪みも解消!

骨盤の歪みを矯正する(2)

また、コアリズムには骨盤の歪みを矯正する効果も期待できます。骨盤が歪むと血液やリンパの流れが悪くなり、体温もどんどん下がって、冷え性や生理痛、基礎代謝の低下を引き起こしてしまいます。また、血液やリンパの流れが悪くなると筋肉も凝り固まり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。さらに、骨盤が歪むと内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまい、臓器の下にある腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、この内臓下垂によって腸の働きも悪くなり、便秘にもなりやすくなってしまうのです。このように、骨盤の歪みはあらゆる面でダイエット失敗の元になりかねません。コアリズムでは腰を前後左右に大きく動かすことで骨盤の歪みを矯正して、これらの症状もあっという間に解消できます。

コアリズムでしつこい脂肪もごっそり落とせる!

ウエストを引き締める(4)

さらに、コアリズムには有酸素運動としての効果も期待できます。ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体に溜まった脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、コアリズムを毎日コツコツ続けることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、有酸素運動は酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷を掛けて行う運動です。酸素が体内に取り込まれると、クエン酸回路やエネルギー産生が活性化し、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になります。この脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝が活発になることで、お腹にたっぷりと溜まった内臓脂肪も一層燃えやすくなるのです。

コアリズムはデトックスにも効果的!?

便秘を解消する(1)

その上、コアリズムで体を動かし、コア(体幹)を鍛えて骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れも良くなります。血液やリンパの流れが良くなると、内臓の働きも活発になり、体内に溜まる老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになります。この老廃物や毒素が体外に排出されることで、便秘やむくみもあっという間に解消できるのです。このように、コアリズムはデトックスにも最適なダイエット法です。

コアリズムはバストアップにも効果的!?

バストアップ(1)

そのほか、コアリズムを毎日コツコツ続けることで骨盤も本来あるべき位置に戻り、姿勢も次第に良くなっていくので、バストアップへの効果も期待できるようになります。とくに、猫背はバストアップの大敵です。コアリズムで姿勢を少しづつ矯正していくことで、豊かでハリと弾力のある美しいバストを手に入れることができます。ちなみに、コアリズムには胸を張るようなポーズもあり、このポーズにもバストアップへの効果が期待できます。

スポンサードリンク

コアリズムダイエットのやり方

毎日コアリズムを20分以上行おう!

コアリズムダイエット(2)

コアリズムでダイエットするやり方はとっても簡単で、コアリズムを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、コアリズムダイエットの効果を最大限に引き出すためには、コアリズムを正しいフォームで行う必要があります。また、コアリズムダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。コアリズムの_____やワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

引き締めたい部位を意識しよう!

ウエストを引き締める(5)

コアリズムを行うときは引き締めたい部位をしっかりと意識しましょう。とくに、コアリズムは骨盤周りからおへその下辺りにかけて存在する『コア(体幹)』を鍛えるのに効果的で、ここを意識してコアリズムを行うことでウエストをキュッと引き締めることができます。また、骨盤を意識してコアリズムを行うことで、骨盤の歪みが解消されるだけなく姿勢も次第に良くなり、バストアップへの効果も期待できるようになります。コアリズムを行うときは体幹や骨盤をしっかりと意識するようにしましょう。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(8)

コアリズムを行う前後にはストレッチもしっかりと行いましょう。コアリズムを行う前にストレッチをしっかりと行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、コアリズムを行った後にストレッチをしっかりと行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして、痛みや疲れも和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐くようにします。口から息を吐くときに筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

コアリズムダイエットの注意点

水分補給もしっかりと行おう!

水分を補給する(7)

コアリズムの前後には水分補給もしっかりと行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こしてしまい、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、運動前に消化の良いバナナやヨーグルトを、運動後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく摂取することで、コアリズムのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切なので、コアリズムの前後には水分をしっかりと補給するようにしましょう。

こんな人はコアリズムを控えよう!

注意を喚起する(1)

コアリズムでは主に腰を前後左右に大きく動かします。よって、腰を痛めている時には十分な注意が必要です。ただし、コアリズムには骨盤の歪みを矯正する効果があるように、腰を動かすことによって腰痛が改善する場合もあります。もし、症状が酷かったり悪化が心配な場合は、自分一人で勝手に決断せずに専門機関や医師に相談することをオススメします。また、妊娠中の方もコアリズムには十分に注意しましょう。というのも、妊娠中に腰を激しく動かすと、子宮が刺激されて収縮してしまい、最悪の場合、早産や流産の原因にもなってしまいます。コアリズムは出産後でも遅くはありません。体重の増加やウエストラインを気にしているのであれば、産後に行うようにしましょう。

コアリズムダイエットのメニュー

「コア・ラテラル」

  1. 直立して、足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し外側に向ける。
  2. 肘を曲げて、腕ごと肩の高さまで上げ、手のひらを床に向ける。この時、両手の指先が向かい合うように(もしくは触れ合うように)すること。
  3. 左右の膝を交互に曲げながら、自然に腰を左右に動かす。この時、肋骨が膝の上に来るようにすること。
  4. 慣れてきたら手足を広げて、腰をさらに大きく左右に動かしていく。

「コア・フレクション」

  1. 直立して、足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し外側に向ける。
  2. 肘を曲げて、腕ごと肩の高さまで上げ、手のひらを床に向ける。この時、両手の指先が向かい合うように(もしくは触れ合うように)すること。
  3. 腕の位置や膝の角度を維持したまま、背中を少し丸めて、お腹を凹ませる。
  4. 今度は、お尻を後ろに突き出して、背中を反らせる。
  5. これを交互に繰り返していく。

「コア・ローテーション」

  1. 直立して、足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先を少し外側に向ける。
  2. 肘を曲げて、腕ごと肩の高さまで上げ、手のひらを床に向ける。この時、両手の指先が向かい合うように(もしくは触れ合うように)すること。
  3. おへそを奥に押し込むようにお腹を凹ませる。
  4. 右腰を上げて、右脇腹を縮める。
  5. お腹に力を入れて右脇腹を伸ばしながら、右腰をぐいっと後ろに突き出す。
  6. 左腰を上げて、左脇腹を縮める。
  7. お腹に力を入れて左脇腹を伸ばしながら、左腰をぐいっと後ろに突き出す。
  8. これを左右交互に繰り返していく。

まとめ

コアリズムは身体の根幹(コア)を鍛えるのに最適な運動であり、この根幹(コア)を集中的に鍛えることで代謝を活発にして、脂肪も効率よく燃焼させることができます。また、コアリズムには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで血液やリンパの流れを良くして、腰痛や肩こり、内臓下垂、下半身太りなどもスッキリ解消させることができます。コアリズムでダイエットするやり方はとっても簡単で、コアリズムを1日20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「コアリズムダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP