〇〇ダイエット情報部

コーヒーダイエットの効果や成功する方法、レシピを大公開!

コーヒーダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【コーヒーダイエット】「コーヒーでダイエットしているんだけど、なかなか結果が出ない…もしかして何かやり方が間違っているの?それとも本当はまったく効果のないダイエット法なの?」とお困りではありませんか?コーヒーでダイエットに成功する人・失敗する人はさまざまいるのですが、失敗する人の多くは実は“コーヒーの選び方”や“コーヒーの飲み方”を間違えているんです。今回は、コーヒーでダイエットする本当に正しいやり方をご紹介いたします。

目次

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエット(1)

コーヒーの中には、大きなダイエット効果を秘めている成分が主に2種類あります。それが、カフェインとクロロゲン酸です。この2つの成分には、脂肪を燃焼したり、代謝をアップしたり、便秘を解消したり、体の中にたまる老廃物を排出したり…と痩せやすいカラダを作るのに必要な作用がたっぷりと含まれているんです。また、みなさんも経験したことがあるかと思いますが、コーヒーにはリラックス効果もあるので、ダイエット中に感じるストレスも軽減できます。ただし、コーヒーでダイエットするためには、守らなければいけないルールがいくつかありますので、しっかりとおさえましょう。

コーヒーのカロリーは?

コーヒーのカロリーは1杯(200g)当たり約8kcalで、これを100gに換算すると約4kcalになります。オレンジジュースが100g当たり41kcalであることを考えると、コーヒーはとても低カロリーな飲み物です。また、コーヒーの糖質量は100g当たり約0gしかなく、この糖質量だけ見ても、コーヒーはダイエットに最適な飲み物だと言えるでしょう。

コーヒーダイエットの評価は?

コーヒーダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.9
  • 即効性: 2.1
  • コスパ: 3.0
  • 栄養バランス: 1.0
  • 口コミ評価: 2.5

コーヒーダイエットはとても安価で取り組めるダイエット法です。ただし、コーヒーダイエットは「栄養バランス」がやや劣り気味なので、できるだけ健康的に痩せたい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、コーヒーダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし栄養バランスを上手く考えて食事を摂れるのであれば、ぜひ一度、コーヒーでダイエットにチャレンジしてみてください!

コーヒーダイエットで痩せた口コミは?

口コミ(5)

ネット上で「コーヒーダイエットを実践してみた」「コーヒーダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

ちょうどコーヒーダイエットが某テレビ番組で紹介されていましたので、「これならイケそう!」と思いチャレンジしてみました。実際やってみると、「脂肪が燃えてる!」と肌身で実感することができました。特に、コーヒーをブラック(無糖)で飲んでから20分後くらいにエアロバイクで有酸素運動をしていると、汗が驚くほどボタボタと流れてきました。また、お腹が空いた時もコーヒーを飲むだけで、空腹感を抑えることができました。このコーヒーダイエットは非常にオススメです。

私自身がやってみたわけではないのですが、友人がコーヒーだけで4キロも痩せたという話を以前聞かせてくれました。カフェインってダイエットにそんなに効果があるんですか?

粉よりもしっかりとドリップしたコーヒーを飲んだほうが、ダイエット効果を感じることができましたよ。あと、コーヒーを飲んだ後にウォーキングとかの有酸素運動をすると、脂肪燃焼の効果も倍増しているように感じました。キツキツだったズボンも、今ではダボダボになってしまったので、今度もう少し小さめのサイズのズボンを買いに行きます(笑)

コーヒーを飲んでからごはんを食べると、いつも食べる量の6割くらいでお腹に一杯になりました。あと、便通もよくなって、一日にトイレに行く回数も増えました。おかげで体重も減りましたし、顔のむくみも取れたので、コーヒーダイエットはオススメです。

※コーヒーダイエットの口コミをまだまだ募集しております。コーヒーダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

コーヒーダイエットの体験談

コーヒーダイエット体験談

今回は、コーヒーの効果を実感するために1週間の「コーヒーダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.0kg、体脂肪率が22.8%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、浅煎り豆をドリップしたホットコーヒーを1日4,5回に分けて飲むというもの。「朝食後に1杯、昼食後に1杯、夕食後に1杯(できれば運動前や就寝前にも1杯ずつ)」といった感じです。また、コーヒーダイエット期間中は、水分もしっかりと補給するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、血行も良くなって、代謝もちょっぴり良くなったんです。さらに、コーヒーダイエットを始めて数日が経つと、便通も少しずつ良くなり、体内の老廃物や毒素も心なしかスムーズに排出されて身も心もスッキリしました。それから1週間後、コーヒーダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1kg、体脂肪率が-1.4%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、コーヒーダイエットを終えてからというもの、代謝もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、コーヒーダイエットは気長にコツコツ続けられるダイエットだったように思います。

コーヒーダイエットの効果とは?

コーヒーを飲むだけで脂肪も燃えやすく!

脂肪を燃焼する(2)

コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸という、ダイエット効果をもった2つの成分が含まれています。カフェインは、リパーゼという消化酵素の働きを活性化させ、脂肪の分解を促進しつつ、それを血中に放出する働きをもっています。このリパーゼが脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解することによってはじめて、脂肪を燃焼しやすくできるんです。くわえて、カフェインは中枢神経を刺激してカテコールアミンという物質を分泌させます。カテコールアミンが分泌されることで、体内に蓄積されていた脂肪をエネルギーとして消費させようという働きがおこり、これが結果的に減量の手助けとなるんです。また、コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。このクロロゲン酸は、リパーゼと同様に、脂肪の分解を促進し、体に脂肪が蓄積するのを抑える働きがあります。脂肪を効率的に燃焼してくれるこのような2つの成分が、コーヒーには備わっているんです。

カフェインで新陳代謝もアップ!

代謝を上げる(4)

コーヒーに含まれるカフェインには、血行を促進させる効果があります。血行が良くなることで、血が全身に行きわたるようになり、結果的に体温を上げることができます。こうして体温が上がることで、ダイエットのしやすいカラダが出来上がるわけです。また、体温が上がることによって冷え性が改善されますし、血流が良くなることによって、血行不良が原因で起こる肩こりも解消できます。

カフェインには利尿作用やデトックス効果も!?

コーヒーダイエット(9)

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、体の中に蓄積された余分な水分や老廃物を尿として排出する働きがあります。こうして水分や老廃物を排出することによって、むくみを解消できますし、このむくみが脂肪と結合してできるセルライトも未然に防ぐことができます。セルライトは一度生成されてしまうと除去するのがなかなか難しくなってしまいます。セルライトができるのを防ぐためにも、カフェインを摂取して早めに老廃物は排出するようにしましょう。

カフェインで便秘も解消!

便秘を解消する(4)

カフェインには利尿作用にくわえ、腸の収縮を促進させる神経を刺激する働きがあります。腸の働きが活発になることで、便が排出されやすくなり、便秘が解消できるんです。

クロロゲン酸でアンチエイジング対策!

美容・アンチエイジング(3)

クロロゲン酸には抗酸化作用が含まれています。ヒトのカラダは酸化することによって、金属のように錆びついてしまうのですが、このクロロゲン酸を摂取することによって、抗酸化作用が体の錆びつきを抑制し、また活性酸素も抑制して、いつまでも若々しいカラダを保つことができるようになります。顔のシミや肌の潤いで困っている方は、ぜひコーヒーを飲むことをオススメします。

コーヒーを飲むだけでイライラも解消!

コーヒーダイエット(2)

みなさんもコーヒーを飲むとホッとできることがあるかと思いますが、実はコーヒーの香りには脳にα(アルファ)波を発生させる効果があります。α波とは気分がリラックスしているときに発生する脳波です。コーヒーの香りを嗅ぐだけで、このアルファ波を人為的に発生させることができるんです。ストレスレスなダイエットがしたいという方は、コーヒーを飲んで心身ともにリラックスしてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーはブラック(無糖)で飲もう!

コーヒーダイエット(3)

コーヒーでダイエットするやり方はとってもシンプルで、コーヒーをブラック(無糖)で飲むだけでOKです。というのも、1日にコーヒーを何倍も飲み、そのコーヒー一杯一杯に砂糖やミルクをたっぷりと入れてしまうと、1日の総摂取カロリーがオーバーしてしまい、ダイエットにも逆効果になってしまいます。また、砂糖を入れ過ぎるとカフェインが減少してしまうというデメリットもあります。どうしてもブラック(無糖)でコーヒーが飲めないという方は、砂糖やミルクの代わりに豆乳(ソイミルク)を入れて飲むようにしましょう。

コーヒー豆は『浅煎り豆』を選ぼう!

コーヒーダイエット(4)

クロロゲン酸は熱に弱いという性質をもっているため、コーヒーの豆は「深煎り」よりも「浅煎り」を選ぶようにしましょう。深煎りでは、コーヒー豆を焙煎していた時間が長すぎるため、クロロゲン酸がかなり減少してしまっています。浅煎りは味が非常にストレートで強いですが、その代わりにクロロゲン酸がしっかりと含まれているので、こちらを選ぶようにしましょう。

コーヒーはどのくらい飲めばいいの?

コーヒーダイエット(5)

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果がありますので、コーヒーは食後に飲むことをオススメします。コーヒーは飲んでから20~30分たってから効果が出始め、それから3,4時間効果が持続します。脂肪は食後3,4時間たってやっと消化をはじめるので、このタイムラグを計算すると大体食後に飲むのが一番効率的です。また、運動や入浴をする20~30分前にコーヒーを飲むことで、運動・入浴時に効率よく脂肪を燃焼したり代謝を上げたりすることもできます。コーヒーを飲む回数に関してですが、1日に4,5回を目安に飲みましょう。ただし、連続で飲んでしまっては意味がありません。先程も述べましたが、コーヒーの効果は3,4時間持続しますので、効果が切れるタイミングを見計らって飲みましょう。

コーヒーはホットで飲もう!

コーヒーダイエット(6)

アイスコーヒーよりもホットコーヒーを飲んだほうが、より大きなダイエット効果が期待できます。というのも、ホットコーヒーを飲んだほうが、体を温めることで代謝を上げることができ、エネルギー消費をより活発的に行うことができるからです。また、前述したとおり、クロロゲン酸は熱に弱いという性質をもっているので、基本的に80度前後のお湯で入れるようにしましょう。

インスタントコーヒーでもOK?

コーヒーダイエット(7)

インスタントコーヒーや市販の缶コーヒーでもダイエット効果は期待できるのですが、カフェインやクロロゲン酸の効果を最大限に引き出すには、やはりコーヒーを手間隙かけてドリップすることをオススメします。浅煎りの珈琲豆を選んで丁寧にドリップしましょう。

コーヒーにココナッツオイルを入れて飲もう!

コーヒーにココナッツオイルを入れるのもオススメです。ココナッツオイルの約9割は中鎖脂肪酸でできており、この中鎖脂肪酸にはコレステロールになりにくいという特性があります。また、中鎖脂肪酸にはエネルギー代謝や脂肪の分解を促す効果もあり、コーヒーと一緒に摂ることで、体内に溜まった余分な脂肪を徐々に落としていくことができます。ただし、ココナッツオイルの摂り過ぎには十分な注意が必要です。ココナッツオイルを摂り過ぎてしまうと、整腸作用やデトックス作用が過剰になってしまい、最悪の場合、体調不良や下痢の原因にもなってしまう可能性があります。コーヒーにココナッツオイルを入れる時は、多くても3,4杯程度に留めるようにしましょう。

バターコーヒーダイエットとは?

コーヒーに入れると良い食品の一つに「良質な無塩バター」があります。この良質な無塩バターには不飽和脂肪酸という成分が豊富に含まれており、この不飽和脂肪酸には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあります。また、不飽和脂肪酸はエネルギーとしてしっかりと消費されるので、体脂肪にもなりにくいです。このように、良質な無塩バターにはダイエットにおけるメリットが多々あり、これとコーヒーを組み合わせることで、より効率的にダイエットすることができます。

バターコーヒーを飲むのは「朝」のみ!

ただし、バターはコーヒーと同様に、摂り過ぎも体にあまり良くないので、バターコーヒーを飲むのは「朝食」のみにするようにしましょう。バターコーヒーは朝食の代わりに1~2杯程度飲むのが適当だと思います。また、バターコーヒーを作る時に、バターをコーヒーに入れ過ぎないように注意してください。バターコーヒーは「コーヒー1カップにバターを大さじ1杯入れる」だけでOKです。兎にも角にも、バターコーヒーでダイエットする時は、ぜひ朝食をバターコーヒーに置き換えるようにしましょう。

寒天コーヒーゼリーを食べよう!

また、夕食前や間食に「寒天コーヒーゼリー」を食べるのもダイエットに効果的かもしれません。というのも、夕食前や間食に寒天コーヒーゼリーを食べることで、事前にお腹の中をいっぱいに満たしておいて、夕食時に食べる食事の量を多少減らすことができるかもしれないからです。また、寒天コーヒーゼリーには、「甘い物を食べることで食事における満足感を得られる」というメリットもあります。もし、どうしてもダイエット中の間食を止められないという場合は、ぜひ寒天コーヒーゼリーを食べるようにしてください。

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーだけ飲むダイエットはNG!

いくらコーヒーにダイエット効果があるといっても、コーヒーだけ飲むダイエットはNGです。というのも、コーヒーダイエットはあくまでカフェインやクロロゲン酸などの効能を利用して痩せやすいカラダを作ることだけが目的なので、コーヒーだけではダイエット効果を実感できないかもしれないからです。また、コーヒーだけでは1日に必要な栄養をすべて補うことができないので、コーヒーだけでなく他の食事もしっかりと摂る必要があります。なので、コーヒーだけ飲むようなダイエットはしないようにしましょう。

しっかりと水分補給しよう!

水分を補給する(1)

カフェインには利尿作用が含まれています。また、脂肪を燃焼させるためには水分が不可欠です(加水分解)。水分は脂肪の運搬を行う役割を担っており、その水分が不足してしまうと脂肪燃焼に大きな影響を来してしまいます。また、カフェインはむくみ解消に効果がある「カリウム」を破壊する作用があります。カリウムは血中の塩分濃度を調節する働きをもった大事な栄養素です。このように、カフェインがカリウムを破壊してしまうことで塩分過多になり、利尿作用もどんどん活発になって、最悪の場合、浮腫みや軽い脱水症の原因にもなってしまいます。これらを防ぐためにも、コーヒーからカフェインを大量に摂取した後は、水分もしっかりと補給するようにしましょう。

カフェインの摂り過ぎに注意しよう!

コーヒーダイエット(8)

カフェインを1日に500mg以上摂取してしまうと、動悸やふるえ、めまい、頭痛、食欲不振、嘔吐などの症状を来す場合があります。このような副作用が表れた場合は、コーヒーを飲むのは控えるようにしましょう。

アイスコーヒーはNG?

先ほども述べたように、コーヒーでダイエットする時は、「アイス」よりも「ホット」のほうが適しています。アイスコーヒーを1日に何杯も飲んでしまうと、内臓が冷えて代謝も悪くなってしまい、脂肪も落ちにくい体内環境になりかねません。一方、ホットコーヒーなら内臓を過度に冷やすことなく代謝も徐々に上げることができ、脂肪も落ちやすい体を作り上げていくことができます。ただし、ダイエットにも効果のあるクロロゲン酸は熱に弱いという性質があるので、ホットコーヒーを作る時は80度前後のお湯で淹れるようにしましょう。

就寝前はコーヒーを控えよう!

睡眠を取る(1)

コーヒーを飲むと3~4時間は覚せい状態が続いてしまいます。良質な睡眠のためにも就寝時間の3,4時間前以降はコーヒーを飲まないようにしましょう。

妊婦さんもコーヒーは控えよう!

妊婦(1)

カフェインは鉄分の吸収を悪くする働きがあり、鉄分が不足しやすい妊婦さんにとっては、貧血を引き起こす原因になる場合があります。また、妊婦さんがカフェインを過剰に摂取すると、死産率が高くなるという研究結果も発表されています。おなかの赤ちゃんの将来の健康を考えて、コーヒーの飲み過ぎには十分気をつけましょう。

コーヒーダイエットのレシピ

「寒天コーヒーゼリー」

コーヒーダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・レギュラーコーヒー … 700ml
  • ・粉末寒天 … 4g
  • ・砂糖 … 大さじ3

【作り方】

  1. コーヒーに粉末寒天を振り入れて、鍋に火をかける。
  2. 沸騰したら中火にし、よく混ぜながら2~3分間煮る。
  3. 火を止めてから砂糖を加え、再度、よく混ぜる。
  4. 3を容器に移し替え、あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やす。

「ココナッツコーヒー」

コーヒーダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・ココナッツオイル … 小さじ1
  • ・インスタントコーヒー … 小さじ2
  • ・熱湯 … 250cc
  • ・低脂肪乳(豆乳でもOK) … 50cc
  • ・ハチミツ(お好みで) … 適宜

【作り方】

  1. マグカップにココナッツオイルを入れる。
  2. 1をレンジで20秒間温める。
  3. ココナッツオイルが液状になったら、インスタントコーヒーと熱湯を加えてよく混ぜる。
  4. 低脂肪乳(豆乳でもOK)を加えて、さらに軽く混ぜる。
  5. お好みでハチミツを加えて、さらに軽く混ぜる。

「りんご酢コーヒー」

コーヒーダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・インスタントコーヒー … ティースプーン2杯
  • ・お湯 … 180cc
  • ・りんご酢 … 小さじ1/2

【作り方】

  1. カップにインスタントコーヒーを入れる。
  2. カップにお湯を注ぐ。
  3. りんご酢を加えてよく混ぜる。

「豆乳きな粉コーヒー」

【材料】

  • ・水 … 大さじ2
  • ・パルスイート(砂糖でもOK) … 大さじ2
  • ・インスタントコーヒー … 小さじ1
  • ・豆乳 … 200㎖
  • ・きな粉 … 大さじ2
  • ・★すり胡麻(お好みで) … 小さじ1

【作り方】

  1. 水とパルスイート(砂糖でもOK)をマグカップに入れて、軽く混ぜ合わせ、電子レンジで30秒間温める。
  2. インスタントコーヒーを加えて、軽く混ぜ合わせ、電子レンジで15秒間温める。
  3. 豆乳を半分(100㎖)加えて、電子レンジで10~30秒間温める
  4. きな粉をよく溶かして、残りの豆乳(100㎖)も加え入れる。
  5. お好みですり胡麻(黒)を加えて、軽く混ぜ合わせる。
  6. 電子レンジで10~30秒間温める。

まとめ

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は、痩せやすいカラダ作りをサポートしてくれます。また、コーヒーでダイエットするやり方も「浅煎り豆をドリップしたホットなコーヒーを1日4,5回時間を空けて飲むだけ」なので、とてもシンプルで簡単です。しっかりとコーヒーでダイエットするメリットややり方、注意点さえ押さえれば、今日からでも始めることができます。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこのコーヒーダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP