〇〇ダイエット情報部

サーキットトレーニングダイエットの効果や方法を徹底紹介!

サーキットトレーニングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【サーキットトレーニングダイエット】隠れ肥満とも称される「バナナ型体型」にお悩みではありませんか?これまで様々なダイエットを試してきたけれども、思わしい結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率や筋トレ効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。また、筋トレ効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、ダイエット効果を十分に得ることができず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「サーキットトレーニングダイエット」です。今回はそんなサーキットトレーニングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

サーキットトレーニングダイエットとは?

サーキットトレーニングダイエット(1)

「サーキットトレーニングダイエット」とは、無酸素運動と有酸素運動を交互に行うことで筋肉量を増やしながら代謝をぐんぐん上げて、脂肪を効率よく燃焼させていくダイエット法です。また、サーキットトレーニングのように無酸素運動と有酸素運動を交互に行うことで乳酸が筋肉に溜まりにくくなり、身体も疲れにくくなるので、ダイエットも長続きさせやすくなります。サーキットトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サーキットトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数・セット数(1日20分以上)で行うだけでOKです。ただし、サーキットトレーニングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

サーキットトレーニングの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。サーキットトレーニングのMETsは『4.3~8(同じサーキットトレーニングでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)サーキットトレーニングの消費カロリーが1時間で約225.75~420kcalになることが分かります。下にMETsを使ったサーキットトレーニングの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのサーキットトレーニングの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、サーキットトレーニングの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、サーキットトレーニングでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

サーキットトレーニングダイエットの評価は?

サーキットトレーニングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 2.7
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 3.1
  • 口コミ評価: 4.0

サーキットトレーニングダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、サーキットトレーニングダイエットは消費カロリーも高いので、カロリーをできるだけ多く消費したい方にもオススメです。このように、サーキットトレーニングダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけお金をかけたくないのであれば、ぜひ一度、サーキットトレーニングダイエットにチャレンジしてみてください!

サーキットトレーニングダイエットの口コミは?

口コミ(3)

ネット上で「サーキットトレーニングダイエットを実践してみた」「サーキットトレーニングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

サーキットトレーニングダイエットを実践した結果、体重はあまり変化しませんでしたが、体脂肪は17%から10%に変わっていました。また、サーキットトレーニングをするようになってからポッコリお腹もスッキリ解消して、とても大満足してます。

サーキットトレーニングダイエットを続けて10日目で体重が3キロも減っていたんです!おまけに、ウエストも大分細くなりました(#^.^#)二の腕まわりもスッキリしてきたのでとっても嬉しいです(#^.^#)私はサーキットトレーニングを毎日30分くらいやっています。もう少し慣れてきたら、もう10分やろうと思います!

サーキットトレーニングを何気なく始めてから3か月が経ちました。体重は11キロ減、体脂肪率は13%減です。ただ、もう少しウエストを引き締めたいので、これからも根気よく続けていこうと思います。

サーキットトレーニングを頑張って毎日コツコツ続けていたら、お腹まわりが確実に引き締まりました!たまにサボったこともありましたが、なんとかここまで続けてこられました!まだまだ目標の40キロ台には届いてないので、まだまだこれからも頑張ります!

※サーキットトレーニングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。サーキットトレーニングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

サーキットトレーニングダイエットの体験談

サーキットトレーニングダイエット体験談

今回は、サーキットトレーニングの効果を(実際に)体感するために1週間のサーキットトレーニングダイエットに挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9 kg、体脂肪率が22.5 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日サーキットトレーニングと軽めの有酸素運動をそれぞれ20分以上行うというもの。また、サーキットトレーニングを行う時は、水分もしっかりと補給するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、頑固な脂肪も落ちて、見た目もほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、サーキットトレーニングダイエットを始めて数日が経つと、成長ホルモンの分泌も少しずつ活発になり、身体も心なしか痩せやすくなりました。それから1週間後、サーキットトレーニングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.9kgから68.4kgに、体脂肪率が22.5%から20.4%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、サーキットトレーニングダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、サーキットトレーニングダイエットは誰でも楽に痩せられるダイエットだったように思います。

サーキットトレーニングダイエットの効果とは?

サーキットトレーニングは脂肪燃焼に最適!

脂肪を燃焼する(3)

サーキットトレーニングは個々に見れば無酸素運動ですが、実は有酸素運動としての効果も期待できます。無酸素運動は心拍数を維持した状態で筋肉に負荷を掛けることで、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることができる運動です。一方、有酸素運動は酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷を掛けて行う運動であり、脂肪燃焼に絶大な効果を発揮します。ちなみに、脂肪を効率よく燃焼させるのに最適な心拍数は、最大心拍数の60~80%とされています。つまり、これら2つの運動を組み合わせることで、脂肪燃焼に最適な心拍数を維持しながら多くの酸素を血中に取り込み、脂肪燃焼をより促すことができるのです。

全身を引き締めて理想のボディラインに!

スリムになる(5)

サーキットトレーニングは無酸素運動と有酸素運動を兼ね備えています。無酸素運動には筋肉量を増やして代謝を促し、脂肪を落としやすくする効果が期待できます。また、有酸素運動には酸素を体内に取り込むことで血液やリンパの流れを良くして、体に溜まる余分な脂肪を効率よく燃焼させる効果が期待できます。つまり、この2つの運動が組み合わさることで、全身をキュッと引き締めて理想のボディラインを作り上げることができるのです。

成長ホルモンを分泌させて痩せ体質に!

代謝を上げる(2)

無酸素運動を行うと筋肉に乳酸が溜まり、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンには筋肉を大きくする効果だけでなく、エネルギー代謝を良くしたり脂肪を燃えやすくしたりする効果もあります。つまり、この成長ホルモンの分泌が促されることで、「痩せやすい体質」を手に入れることができるのです。

サーキットトレーニングは続けやすい!?

サーキットトレーニングダイエット(2)

先ほど既に述べたように、無酸素運動を行うと筋肉に乳酸が溜まります。この乳酸は疲労物質であり、溜まれば溜まるほど疲れやすくなってしまいます。しかし、有酸素運動には乳酸を分解してエネルギーに変える効果があるため、乳酸を溜まりにくくすることができます。つまり、サーキットトレーニングでは、たとえ無酸素運動で筋肉に乳酸が溜まったとしても、有酸素運動で乳酸を分解して減らすことができるのです。このように、サーキットトレーニングは疲れにくく続けやすいダイエット法です。

スポンサードリンク

サーキットトレーニングダイエットのやり方

毎日サーキットトレーニングを20分以上行おう!

サーキットトレーニングダイエット(3)

サーキットトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サーキットトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数・セット数(1日20分以上)で行うだけでOKです。ただし、サーキットトレーニングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。サーキットトレーニングのおすすめメニューやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(9)

サーキットトレーニングの前後には、ストレッチも忘れずに行いましょう。サーキットトレーニングを始める前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、サーキットトレーニングを終えた後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節をしっかりと伸ばして、運動による疲労感や筋肉痛も和らげることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

サーキットトレーニングダイエットの注意点

無理しすぎないように!

注意を喚起する(2)

ただし、普段あまり運動をしない人がいきなりサーキットトレーニングを無理して始めてしまうと、普段あまり使われていない筋肉や関節に負担を掛けてしまい、最悪の場合、思わぬ大怪我に繋がってしまうかもしれません。サーキットトレーニングを始めるときは、まず自分の運動レベルを把握して、様子を見ながら、少しづつ回数やセット数を増やしていきましょう。

水分補給も忘れないように!

水分を補給する(8)

サーキットトレーニングの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。運動中に水分が不足すると脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう恐れもあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、有酸素運動を始める前に消化の良いバナナやヨーグルトなどから糖分を、有酸素運動を終えた後に良質なタンパク質やビタミンをバランスよく補給することで、筋トレのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。さらに、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」には脂肪を分解する効果があり、これらを摂取してから有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、運動中の水分補給はとても大切です。サーキットトレーニングを行うときは、水分補給もしっかりと行いましょう。

サーキットトレーニングダイエットのメニュー

「サーキットトレーニング(1)」

  1. スクワットをする(10回)。
  2. ジャンプしてから屈伸をする(10回)。
  3. ジャンプしてからスクワットをする(10回)。
  4. プッシュアップ(腕立て伏せ)をする(10回)。
  5. ツイストクランチ(上体を捻りながら腹筋)をする(10回)。
  6. 1~5を1セット、余裕があれば2,3セット繰り返す。

「サーキットトレーニング(2)」

  1. 相撲スクワット(四股を踏む姿勢でスクワット)をする(10回)。
  2. 腿上げ運動(腿を高く上げてジョギング)をする(10回)。
  3. レッグレイズ(足上げ腹筋)をする(10回)。
  4. 踏み台昇降運動をする(10回)。
  5. バックエクステンション(背筋運動)をする(10回)。
  6. 腿上げ運動をする(10回)。
  7. 1~6を1セット、余裕があれば2,3セット繰り返す。

「サーキットトレーニング(3)」

  1. リバースプッシュアップ(逆腕立て伏せ)をする(10回)。
  2. 踏み台昇降運動をする(10回)。
  3. スクワットをする(10回)。
  4. シャドーボクシングをする(10回)。
  5. クランチ(腹筋運動)をする(10回)。
  6. エア縄跳びをする(10回)。
  7. 1~6を1セット、余裕があれば2,3セット繰り返す。

まとめ

サーキットトレーニングは脂肪燃焼の効率が非常に高い運動であり、無酸素運動と有酸素運動を交互に行うことで筋肉量を増やし代謝をぐんぐん上げて、脂肪を効率よく燃焼させることができます。また、サーキットトレーニングのように無酸素運動と有酸素運動を交互に行うことで乳酸が筋肉に溜まりにくくなり、身体も疲れにくくなるので、ダイエットも長続きさせやすくなります。サーキットトレーニングでダイエットするやり方はとっても簡単で、サーキットトレーニングを自分の体力や筋力に合った回数・セット数(1日20分以上)で行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「サーキットトレーニングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP