〇〇ダイエット情報部

チョコレートダイエットの効果的なやり方やレシピを大公開!

チョコレートダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【チョコレートダイエット】みなさんは、「チョコレート」でダイエットができることをご存知ですか。実は、チョコレートには脂肪を燃焼させたり代謝をアップさせたりできるダイエット成分がたっぷり含まれています。今回は、このチョコレートダイエットの驚きのダイエット効果やダイエットを成功させる方法、注意すべき点を徹底的に解説したいと思います。

チョコレートダイエットとは?

チョコレートダイエット(1)

チョコレートダイエットは、その名のとおり、あのみなさんの大好きなチョコレートを食べて痩せようというダイエット法です。実は、チョコレートにはダイエットに効果のある成分がたっぷりと含まれているんです。チョコレートでダイエットする方法はとっても簡単で、朝・昼・夜の食事の20分前にチョコレートを1回あたり17g程度摂取するだけでOKです。ただし、このチョコレートのダイエット効果を最大限に引き出すためには、いくつか注意しなければいけないポイントもあるので、しっかりとおさえるようにしましょう。

「チョコレートを食べれば痩せられる」は嘘!?

とある海外メディアで「低炭水化物にチョコレートを組み合わせることで、より高いダイエット効果を得ることができる」という論文が発表されました。しかし、しばらくして、その論文の内容が嘘であることが判明し、チョコレートのダイエット効果にも疑問符が打たれるようになりました。たしかに、「低炭水化物にチョコレートを組み合わせることで」痩せられるという内容に科学的な根拠はありません。が、高カカオのチョコレートに関して言えば、その効果も医学的に証明されています。つまり、「チョコレートを食べれば痩せられる」ということもあながち嘘ではないのです。

チョコレートのカロリーは?

チョコレートのカロリーは1食分(50g)当たり約276.7kcalで、これを100gに換算すると約553kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、チョコレートはやや高カロリーな食品です。また、チョコレートの糖質量は100g当たり約51.8gもあるので、チョコレートは糖質制限ダイエットにもあまり向かないかもしれません。

チョコレートダイエットの評価は?

チョコレートダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.9
  • 即効性: 2.0
  • コスパ: 4.0
  • 栄養バランス: 1.0
  • 口コミ評価: 1.7

チョコレートダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。ただし、チョコレートダイエットは「栄養バランス」や「口コミ評価」がやや劣り気味なので、できるだけ健康的に痩せたい方やできるだけ多くの人の意見を参考にしたい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、チョコレートダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし栄養バランスを上手く考えて食事を摂れたり、「他人の評価」なんて気にしないのであれば、ぜひ一度、チョコレートダイエットにチャレンジしてみてください!

チョコレートダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「チョコレートダイエットを実践してみた」「チョコレートダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

半信半疑で始めたチョコレートダイエットでしたが、ただルールに従ってチョコレートを食べるだけで、なんと一年で10キロも痩せることができました。

チョコレートを食べ始めてから(運動も適度に行いましたが)、お腹のまわりの脂肪がすっきり落ちて5kgも痩せられました!信じた者だけが成功できるのかもしれませんね。

甘い物を食べて痩せられるなんて、ホントに驚きです(笑)今までのきついダイエットがなんだったのやら…

食前にチョコレートを食べるようになってから1週間で1.5kgも体重が減りました。チョコレートは大好きなので、これから末永く続けられそうです。

※チョコレートダイエットの口コミをまだまだ募集しております。チョコレートダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

チョコレートダイエットの体験談

チョコレートダイエット体験談

今回は、以前から興味があった「チョコレートダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9kg、体脂肪率が22.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、食前にチョコレートを食べるというもの。「朝食前にカカオ70%以上のチョコレートを17g、昼食前にまた17g、夕食前にまたまた17g」といった感じです。また、チョコレートダイエット期間中は、食べ過ぎにも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、暴飲暴食ややけ食いの頻度も減り、食欲もちょっぴり抑えられるようになったんです。さらに、チョコレートダイエットを始めて数日が経つと、お腹の調子も少しずつ良くなり、便秘も心なしか解消しました。それから1週間後、チョコレートダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.9kgから69.1kgに、体脂肪率が22.5%から21.4%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、チョコレートダイエットを終えてからというもの、食欲もすっかり抑えられるようになりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、チョコレートダイエットは気軽に美味しく痩せられるダイエットだったように思います。

チョコレートダイエットの効果とは?

チョコレートで食欲を抑えられる!?

チョコレートダイエット(2)

チョコレートには実は、血糖値を急激に上昇させる作用があります。血糖値が急激に上昇すると、脳の満腹中枢が刺激されます。このように満腹中枢が刺激されて満腹感を感じることで、食欲を抑えることができるのです。また、チョコレートには実は、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維には水分を吸収して膨らみ腸の中でとどまるという性質があります。腸の中で食物繊維が長くとどまることによって、満腹感を味わえるというわけです。

チョコレートで便秘も解消できる!

便秘を解消する(4)

また、カカオにはタンニンという便秘解消に効果のある成分が含まれています。このタンニンにはコレステロールを排出し血行を促進する働きがあります。血行が促進することで新陳代謝も活発になり、便秘も解消するのです。また、チョコレートには食物繊維も豊富に含まれています。この食物繊維には腸の蠕動運動を活発にする働きがあります。腸の蠕動運動が活発になることで、便もスムーズに排出されるようになるのです。さらに、チョコレートに含まれるポリフェノールには収斂作用があり、腸の粘膜を縮こませたり引き締めたりして刺激する効果があります。腸の粘膜が刺激されることによって、腸の蠕動運動も活発になり、便秘を解消できるというわけです。

チョコレートで代謝もアップ!

代謝を上げる(2)

ポリフェノールには抗酸化作用があり、血中で過酸化脂質が生成されるのを抑制する効果があります。中でも「エピカテキン」という高分子ポリフェノールには超強力な抗酸化作用があり、血中に必要以上に溜まる活性酸素を一掃し血管を蘇られる効果があるのです。血中での過酸化脂質や活性酸素の生成が抑制されることで血液がサラサラになり、代謝もアップさせることができるのです。また、食物繊維には血中の悪玉コレステロールを減少させる作用があります。これにより血液の流れがスムーズになり、代謝を高めることができます。

チョコレートには他にもこんな効果が…

チョコレートダイエット(3)

エピカテキンには血液や酸素を筋肉へ届ける「毛細血管」を増やし筋肉の成長を促す効果があることが研究の結果判っています。これにより代謝も促進されるので、体重も減らす効果も期待できるのです。また、エピカテキンには脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑えて、血中に脂肪がたまるのを防ぐ働きがあります。これにより、体脂肪率も上がりにくくなり、より太りにくい体質をつくることができます。

スポンサードリンク

チョコレートダイエットの方法

食前にチョコレートを食べよう!

チョコレートダイエット(4)

チョコレートでダイエットする方法はとっても簡単で、朝・昼・夜の食事の20分前にチョコレートを摂取するだけでOKです。チョコレートの1日の摂取量目安は50gなので、1回あたり17g程度が適当でしょう。また、チョコレートをゆっくりと時間をかけて食べることで、より満腹中枢を刺激することができます。食べてから20分後くらいから満腹感を感じることができるので、食事との間は20分くらい空けるのがベストとされています。食事20分前から食事本番まで、ゆっくりと時間をかけてチョコレートを食べるようにしましょう。

カカオ70~72%以上のチョコレートを選ぼう!

チョコレートダイエット(5)

チョコ―レダイエットの効果を最大限に引き出すためにも、チョコレートはカカオの含有率が70~72%以上のものを選ぶようにしましょう。カカオの含有率が70~72%以上のチョコレートは味がほろ苦い反面、カテキンやポリフェノールを豊富に含んでいます。これらの成分には抗酸化作用があり、この作用が血液をサラサラにして代謝をぐんぐん上げ、脂肪を燃えやしてくれます。また、カテキンやポリフェノールに含まれる抗酸化作用には肌の酸化を抑える働きもあり、これがシミやそばかすなどの肌トラブルも未然に防いでくれます。このように、カカオの含有率が70~72%以上のチョコレートはダイエットにも美容にも最適なのです。なので、チョコレートでダイエットする時は、できるだけカカオの含有率が70~72%以上のチョコレートを食べるようにしましょう。

チョコレートダイエットの注意点

食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(6)

チョコレートを食べ過ぎると、糖分過多になりお腹に脂肪がついてしまって、ダイエットに逆効果になってしまいます。食べ過ぎには注意しましょう。また、チョコレートダイエットには普段の食事の量を減らす目的もあるので、食事の量を減らせていないと本末転倒です。チョコレートの満腹効果を利用して、食事の摂取量はできるだけ抑えましょう。ただし、栄養のバランスをしっかりと考えた食事を心がけてください。

適度な運動を心がけよう!

適度な運動をする(2)

ただチョコレートを食べるだけで簡単に痩せられたら、みんなこんなに苦労しません。チョコレートのダイエット効果を最大限に引き出すためにも、適度な運動をしっかりと行う必要があります。チョコレートを食べることで血液をサラサラにして基礎代謝を上げることができるので、この代謝アップを利用してウォーキングやジョギング、エアロバイク、水泳、ヨガなどの有酸素運動を行って脂肪を効率よく燃焼させましょう。

ビターチョコとブラックチョコの違いは?

「ビターチョコレート」と「ブラックチョコレート」はただ単に呼び方が違うというだけで、含まれる成分に大きな違いはありません。ちなみに、ビターチョコレートとは「ミルク成分が含まれておらず、カカオマスの含有率が40~60%のチョコレート」のことを言います。ただし、チョコレートダイエットはあくまでカカオの含有率が70~72%以上のチョコレートを使って行うので、“ビター”や“ブラック”と書かれているからといって、それらをほいほいと選ばないようにしましょう。

チョコレートダイエットのレシピ

「おからショコラ」

チョコレートダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・無塩バター … 50g
  • ・ココアパウダー(無糖) … 50g
  • ・豆乳(低脂肪乳でもOK) … 50g
  • ・卵 … 2個
  • ・砂糖 … 70g
  • ・生おから … 100g

【作り方】

  1. 製パン型に無塩バター(分量外)を塗り、強力粉(分量外)をふるって、冷蔵庫で冷やす。また、ココアパウダーもあらかじめふるっておく。
  2. オーブンを180℃に予熱する。
  3. 無塩バターと豆乳(低脂肪乳でもOK)を湯煎で溶かし混ぜ合わせる。
  4. ボウルに卵を割りほぐし、砂糖を加える。
  5. 卵と砂糖を混ぜ合わせたら、ボウルを湯煎にかけ、ハンドミキサーで泡立てる。
  6. 生地が温まり、白っぽくもっこりと泡だったら、湯煎からおろす。
  7. 別のボウルに生おからとココアパウダーを入れて、よく混ぜ合わせる。
  8. 3を7に加えて、ゴムへらでよく混ぜる。
  9. 泡立てておいた卵+砂糖(6)に8を加えて、ざっくりと切り混ぜる(全体がしっかりと混ざったらOK)。
  10. 冷蔵庫から製パン型(1)を取り出し、生地(9)を流し入れる。
  11. 生地を180℃に予熱したオーブンで30分間焼く。
  12. 生地が焼けたら、型ごと網にのせて冷ます。生地が完全に冷めたら、型から取り出す。

「チョコレートジェラート」

チョコレートダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・低脂肪乳(豆乳でもOK) … 3カップ
  • ・ココアパウダー(無糖) … 3/4カップ
  • ・砂糖 … 3/4カップ
  • ・コーンスターチ … 大さじ2

【作り方】

  1. 鍋に低脂肪乳(豆乳でもOK)を2カップ入れて、中火にかける。沸騰したら火を止める。
  2. ボウルに残りの低脂肪乳(1カップ)、ココアパウダー、砂糖、コーンスターチを入れて、よくかき混ぜる。
  3. 1に2を加えて弱火にかけ、とろみが出るまでかき混ぜる。
  4. とろみが出てきたら火を止めて、粗熱を取る。
  5. ボウルにラップをして、冷蔵庫で4~5時間(もしくは一晩)冷やす。
  6. アイスクリームメーカーがあれば、それを使ってジェラートを完成させる。アイスクリームメーカーがなければ、タネをボウルからバット(金属)に移して、冷蔵庫で冷やす。また、2~30分おきにスプーンでタネをすくってかき混ぜ、空気を入れるようにする(4~5回)。

「チョコプリン」

チョコレートダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・粉寒天 … 1g
  • ・ココアパウダー … 小2
  • ・コーンスターチ … 2g
  • ・低脂肪クリープ … 小さじ1
  • ・低カロリー甘味料(砂糖でもOK) … 小さじ2~3
  • ・水 … 80cc

【作り方】

  1. 粉寒天、ココアパウダー、コーンスターチ、低脂肪クリープ、低カロリー甘味料を鍋に入れて、泡立て器でダマがなくなるまでかき混ぜる。
  2. 鍋に水を3分の1入れて、ヘラで混ぜながら中火にかける。
  3. とろみが出てきたら、残りの水(3分の2)を少しずつ入れながら、ヘラで混ぜる。
  4. ぐつぐつ沸騰してきたら火を止め、タネを型に移して、冷蔵庫で冷やし固める。

「ダイエットチョコケーキ」

【材料】

  • ・チョコレート(カカオ70~72%以上) … 100g
  • ・生クリーム … 100cc
  • ・パルスイート(ラカントSでもOK) … 60g
  • ・卵 … 1個
  • ・生クリーム … 100cc

【作り方】

  1. オーブンを170度に予熱する。
  2. パウンド型にクッキングシートを敷く。
  3. 耐熱ボウルにチョコレート(カカオ70~72%以上)、生クリーム、パルスイート(ラカントSでもOK)を入れて、電子レンジで2分間加熱する。
  4. チョコレートをとろとろになったら、よく混ぜ合わせる。
  5. 3に卵、ホットケーキミックスを加えて、さらに混ぜる。
  6. 5を170度に予熱したオーブンで30分間焼く。

まとめ

チョコレートにはポリフェノールやタンニンなど脂肪を燃焼させたり代謝をアップさせたりする成分がたっぷりと含まれています。みなさんの大好きな甘い物でダイエットができるので、飽きることなく長く続けることもできるかと思います。チョコレートでダイエットする方法はとっても簡単で、朝・昼・夜の食事の20分前にチョコレートを1回あたり17g程度摂取するだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこのチョコレートダイエットに興味を持たれた方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP