〇〇ダイエット情報部

チアシードダイエットの効果や成功の秘訣、レシピを大公開!

チアシードダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【チアシードダイエット】みなさんは、「チアシード」というスーパーフードをご存知でしょうか?チアシードは海外を中心に数多くのハリウッドセレブやスーパーモデルに愛飲されているダイエットフードです。みなさんの中にはテレビや雑誌等で一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。しかし、そのチアシードの全貌を知る方は実は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、このチアシードの驚くべきダイエット効果と、チアシードダイエットの成功と失敗を左右する正しい取り組み方についてご紹介したいと思います。

チアシードダイエットとは?

チアシードダイエット(1)

チアシードにはダイエットをサポートするさまざまな栄養素が含まれており、少量でも満腹感を味わえるスーパーフードです。美容・アンチエイジング効果やホルモンバランスを整える効果もあるので、女性にも嬉しいダイエットフードとなっています。チアシードでダイエットするやり方はとっても簡単で、普段の食事をチアシードに置き換えるか、食前にチアシードを食べるだけでOKです。ただし、チアシードダイエットは正しい取り組み方で行わないとダイエットに逆効果になる危険性もあるので、今回はそのチアシードダイエットの効果や取り組み方、注意点などをしっかりとおさえていきましょう。

ちなみに「チアシード」とは?

チアシードとは、主にメキシコなど中南米の地域で栽培されているシソ科でミントの一種である「チア」という植物の種のことをいいます。チアはマヤ語で「力(ちから)」を意味し、中南米地域でも広く親しまれているスーパーフードです。一見、ゴマのような形状をしていますが、そのまま噛むとプチプチとした食感があり、水に浸けると10倍にも膨らみゼリー状になります。

チアシードのカロリーは?

チアシードのカロリーは大さじ1(10g)当たり約50kcalで、これを100gに換算すると約500kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、チアシードはやや高カロリーな食品です。しかし、その一方で、チアシードの糖質量は100g当たり約0.6gしかなく、この糖質量だけ見れば、チアシードはダイエットに向いている食品だと言えます。

チアシードダイエットの評価は?

チアシードダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.4
  • 即効性: 2.3
  • コスパ: 4.0
  • 栄養バランス: 4.0
  • 口コミ評価: 3.6

チアシードダイエットは非常に手軽で続けやすいだけでなく、「コスパ」や「栄養バランス」にも優れているダイエット法です。また、チアシードダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。このように、チアシードダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もし今すぐ始めたい&気長に続けたいのであれば、ぜひ一度、チアシードダイエットにチャレンジしてみてください!

チアシードダイエットの口コミは?

口コミ(4)

ネット上で「チアシードダイエットを実践してみた」「チアシードダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

面白半分ではじめたチアシードダイエットでしたが、飲み始めてたった1週間で2キロのダイエットに成功しました!お腹の中もスッキリして、毎朝快調です!

数週間ほど前にテレビでチアシードの話題を観て興味を持ち、試しに購入してみました。最初は見た目に抵抗がありましたが、意外と美味しくて食べやすく、あっという間にドはまりしてしまいました。ここ数カ月間体重に変化が見られなかったのですが、チアシードを食べ始めてからあっという間に40キロ台に突入できました!今でもチアシードは重宝しています!

私は、ヨーグルトやスムージーにトッピングして食べてますが、プチプチ感が病みつきになり、もうチアシードが手放せません。ダイエット効果もじわじわと出てきているように感じるので、もうしばらく続けてみようと思います。

おやつ感覚で食べられるので、気軽に食べ続けられています。栄養補助食としても愛用しています。

※チアシードダイエットの口コミをまだまだ募集しております。チアシードダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

チアシードダイエットの成功談

チアシードダイエット体験談

今回は、最近流行りの「チアシードダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1kg、体脂肪率が23.0%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、朝食をチアシードに置き換えるというもの。「朝はチアシードのみ、昼は普通に食べて、夜は控えめに」といった感じです。また、チアシードダイエット期間中は、食べ過ぎにも十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、暴飲暴食ややけ食いの頻度も減り、食欲もちょっぴり抑えられるようになったんです。さらに、チアシードダイエットを始めて数日が経つと、お腹の調子も少しずつ良くなり、便秘も心なしか解消しました。それから1週間後、チアシードダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70.1kgから67.3kgに、体脂肪率が23%から19%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、チアシードダイエットを終えてからというもの、食欲もすっかり抑えられるようになりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、チアシードダイエットは誰でも必ず痩せられるダイエットだったように思います。

チアシードダイエットの効果とは?

低カロリーなのに満腹感を味わえる!

チアシードダイエット(2)

チアシードは非常に低カロリーな食材として有名です。大さじ一杯で約50kcalしかありません。しかし、このチアシードには「グルコナンマン」という食物繊維が含まれています。このグルコナンマンはゼリー状の成分で、人間では消化することができず、お腹の中で水分を吸って膨張し「10倍に膨らむ」という性質をもっています。グルコナンマンがお腹の中で10倍に膨らむことによって、大さじ一杯でも十分に満腹感を味わうことができるのです。

グルコナンマンが便秘を解消してくれる!

便秘を解消する(3)

このグルコナンマンは、便秘を解消する効果も期待できます。グルコナンマンは食物繊維なのですが、この食物繊維は腸の中で水分を吸って膨張し、腸の蠕動運動を活発にさせる働きがあります。腸の蠕動運動が活発になることで、便がやわらかくなってスムーズに排出されるようになり、結果的に便秘が解消できるというわけです。また、水溶性の食物繊維には、余分な脂質や糖質の吸収を抑えて血糖値(あるいはコレステロール値)の上昇を防いだり、腸内環境を整えたりする作用があります。このような整腸作用をもつ食物繊維の摂取は、慢性的な便秘に非常に効果的な対処法ですので、しっかりと摂取するよう心がけましょう。

チアシードは美容にも効果的!

美容・アンチエイジング(7)

チアシードには実は、8種類もの必須アミノ酸が含まれています。このアミノ酸は内臓や筋肉をつくるだけでなく、コラーゲンを生成する働きもあります。コラーゲンが生成されることで、肌のキメやハリを整えることができ、また髪も美しく保つことができるようになります。また、チアシードに含まれるαリノレン酸にはアンチエイジング効果も期待できます。イライラやストレスを感じると体内で活性酸素が生成されるのですが、この活性酸素は老化の原因ともいわれています。この活性酸素の働きをαリノレン酸に含まれる抗酸化力が抑制してくれるので、結果的に体の内側からアンチエイジングができるというわけです。

オメガ3脂肪酸には女性にも嬉しい効果が…

チアシードダイエット(3)

チアシードに含まれる栄養素の中で、最近注目を集めている栄養素が「オメガ3脂肪酸」です。このオメガ3脂肪酸は、食物からしか摂取することのできない必須脂肪酸のひとつであり、身体の機能を正常に保つために必要な栄養素です。また、このオメガ3脂肪酸にはドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸、αリノレン酸など豊富な不飽和脂肪酸が含まれています。とくに、αリノレンにはホルモンバランスを整える作用があり、アレルギーの抑制やうつ症状の解消、女性特有のPMS(月経前症候群)の改善に効果があるといわれています。つまり、このオメガ3脂肪酸は女性機能を支える、女性にやさしい、女性のためのスーパーフードなのです。

また、このオメガ3脂肪酸には中性脂肪を減らしたり、代謝機能を促進させる効果があり、ダイエットにおける効果も期待されています。チアシードに含まれる良質な油は、代謝を促す効果があり、代謝が促されることによって、体脂肪が落ちやすくなります。このオメガ3脂肪酸を摂取してから運動をすることによって、より効率的に脂肪を燃焼することができるのです。

スポンサードリンク

チアシードダイエットの方法

普段の食事をチアシードに置き換えよう!

チアシードダイエット(4)

チアシードでダイエットするやり方は2種類あります。一つ目は、普段の食事をチアシードに置き換える方法です。チアシードはヨーグルトなどをかけて食べるのが通例ですが、これで「置き換えダイエット」を行うことで、大幅なカロリーカットが期待でき、また少量で満腹感を味わうことができるので、効率的にダイエットすることができます。また、普段の食事がチアシードに置き換えられることによって、腸内環境のリセットも期待でき、体質も改善できます。

食前にチアシードを食べよう!

二つ目は、食前にチアシードを食べる方法です。食前にチアシードを食べることによって、その後の食事の量を減らすことができ、多少のカロリーカットが見込めます。また、無理な食事制限もなく、ノンストレスで健康的なダイエットを行うことができます。チアシードで食前ダイエットを行う場合は、食事の30分~1時間前にはチアシードを摂取しておくようにしてください。このようにチアシードには2種類のダイエット法があるので、自分に合ったダイエット法で実践するようにしましょう。

チアシードはゼリー状にしてから食べよう!

チアシードダイエット(5)

チアシードは水に浸すと、水分を吸って膨張しゼリー状になります。この状態のチアシードは非常に腹持ちもよく、食欲やコレステロールの吸収を抑制したり、余分なモノを排泄するなどのダイエット効果が得やすくなっています。このようなダイエット効果を最大限に引き出すためにも、チアシードは必ず水で膨らませてゼリー状にしてから食べるようにしましょう。

もし、チアシードをそのまま食べる場合は、しっかりと水分を補給してください。チアシードを水につけずそのまま食べると、チアシードがお腹の中の水分を大量に吸収してしまいます。お腹の中の水分が大量に吸収されて水分不足になってしまうと、腹痛や頭痛、めまい、さらには腎機能不全や失神、循環系のトラブルを引き起こす危険性があります。チアシードをそのまま食べる場合は、しっかりと水分を摂るようにしましょう。

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いは?

チアシードダイエット(6)

チアシードには「ブラックチアシード」と「ホワイトチアシード」の2種類があるのですが、それぞれ効果に違いがあります。ブラックチアシードは一般的に売られている品種のチアシードで、食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消や腸内環境の改善に効果が期待できます。ホワイトチアシードは膨満感が高く、満腹感をより大きく味わうことができます。また、必須脂肪酸のひとつであるαリノレン酸も多く含まれているので、女性に嬉しい効果をより得ることができます。チアシードのダイエット効果はブラックでもホワイトでも得ることができるので、選り好みする必要はとくにありませんが、ホワイトチアシードのほうがオシャレで食べやすいかもしれません。

「ブラック」と「ホワイト」はどちらがダイエット向き?

「ブラックチアシード」と「ホワイトチアシード」では、「ホワイトチアシード」のほうがダイエットに向いています。まず、膨張率に関して言えば、ブラックチアシードが10倍でホワイトチアシードが14倍であり、ホワイトチアシードのほうが膨張率が高く、食べ応えや腹持ちも良いです。また、オメガ3脂肪酸の含有率はブラックチアシードが3,100mgであるのに対し、ホワイトチアシードは3,425mgです。このオメガ3脂肪酸には血液をサラサラにする効果があり、血液がサラサラになることで代謝アップやアンチエイジングへの効果も期待できます。そのほか、ホワイトチアシードにはブラックチアシードよりも多くの食物繊維が含まれており、この食物繊維が腸内環境を整えて便通も促してくれます。ちなみに、鉄やカルシウム、マグネシウムの含有率に関して言えば、ホワイトチアシードよりもブラックチアシードのほうが幾分か優れています。兎にも角にも、ホワイトチアシードはブラックチアシードよりも多くの面でダイエットに優れているのです。

チアシードダイエットの注意点

チアシードを食べるだけのダイエットはNG!

いくらチアシードにダイエット効果があるといっても、チアシードだけ食べるダイエットはNGです。というのも、チアシードダイエットはあくまで腹持ちの良さを生かして食事量を減らしたり、食物繊維や必須アミノ酸、オメガ3脂肪酸などの効能を利用して太りにくく痩せやすいカラダを作ったりすることだけが目的なので、チアシードだけではダイエット効果を実感できないかもしれないからです。また、チアシードだけでは1日に必要な栄養をすべて補うことができないので、チアシードだけでなく他の食事もしっかりと摂る必要があります。なので、チアシードだけ食べるようなダイエットはしないようにしましょう。

”お湯”ではなく”お水”に浸けよう!

チアシードダイエット(7)

チアシードに含まれるダイエット成分や美容成分、健康成分はお湯でふやかしてしまうと損なわれてしまいます。とくに、先ほどご紹介した「オメガ3脂肪酸」は”油”ですので、熱に弱く酸化しやすいという性質をもっています。せっかくのダイエット成分を損なわないためにも、チアシードは水でふやかすようにしましょう。

食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(9)

チアシードののカロリーには通説ありますが、中には一杯で高カロリーなチアシードもありますので、食べ過ぎてしまうとダイエットに逆効果になってしまいます。どのようなダイエットでも同じことがいえるのですが、食べ過ぎや栄養過多には十分注意が必要です。また、チアシードには食物繊維も豊富に含まれているので、食べ過ぎてしまうとお腹を下したり、便秘が悪化してしまう可能性もあります。チアシードは1日大さじ1杯程度におさえるようにしましょう。

“発芽毒”を避けるには…

チアシードダイエット(8)

チアシードには『発芽毒』あるという懸念もあります。発芽毒とは、種子が外敵から身を守るために発する植物性の毒素であり、気にならない程度ながらも毒性があります。この発芽毒の毒性はチアシードを水に浸けることで無くすことができます。チアシードをより安全に摂取するためにも、しっかりと水に浸けることをオススメします。

チアシードダイエットのレシピ

「バナナのチアシードヨーグルト」

チアシードダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・チアシード … 小さじ1
  • ・水 … 大さじ3
  • ・プレーンヨーグルト … 大さじ4
  • ・ハチミツ … 小さじ1/2
  • ・バナナ … 1/2本
  • ・きな粉 … 小さじ1/2

【作り方】

  1. チアシードに水を加え少しかき混ぜて、そのまま1時間ほど置いておく。
  2. チアシードがもちっとしてきたら、プレーンヨーグルトとハチミツを加えて混ぜる。
  3. バナナをひと口大にカットして器に盛り付け、その上に2をかける。
  4. 3の上にきな粉を振りかける。

「野菜サラダのチアシード入りドレッシングがけ」

チアシードダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・トマト(小) … 1個
  • ・レタス … 1枚
  • ・キュウリ … 1/2本
  • ・茗荷 … 1つ
  • ・★砂糖 … ひとつまみ
  • ・★塩コショウ … 少々
  • ・★酢 … 10cc
  • ・★チアシード … 大さじ1
  • ・★オリーブオイル … 10cc

【作り方】

  1. トマトを縦8つに切って斜め半分に切る。
  2. レタスを縦4つに裂いて1cm幅に切る。
  3. キュウリを縦2つに切って薄く斜め切りにする。
  4. 茗荷を薄く斜め切りにする。
  5. 砂糖、塩コショウ、酢、チアシード、オリーブオイルを混ぜ合わせてドレッシングを作る。
  6. トマト、レタス、キュウリを器に盛りつけて、茗荷を散らし、ドレッシングをまわしかける。

「チアシードレモネード」

チアシードダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・チアシード … 大さじ1
  • ・レモン … 1/2個
  • ・ハチミツ … 大さじ1
  • ・ミネラルウォーター … 400ml

【作り方】

  1. 前日にチアシードを水に浸して、ふやかしておく。
  2. レモンを縦半分に切って、さらに4等分にする。
  3. 上記の材料をすべてガラス瓶(メイソンジャーでもOK)に入れて、よくかき混ぜる。

まとめ

チアシードは少量でも満腹感を味わえ、さらには体内環境を整えたり美容・アンチエイジング効果も期待できる、女性に嬉しいダイエット食品です。世界中のトップモデルのも好んで食べられているスーパーフードですので、その効果も折り紙付きです。チアシードでダイエットするやり方はとっても簡単で、普段の食事をチアシードに置き換えるか、食前にチアシードを食べるだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて、少しでもこのチアシードダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP