〇〇ダイエット情報部

チーズダイエットの効果や成功するやり方、レシピを大公開!

チーズダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【チーズダイエット】みなさんは、「チーズダイエット」というものをご存知でしょうか?チーズでダイエットができると聞いて、すぐさま始める方がチラホラといらっしゃるのですが、絶対知っておかなければならないルールを知らないがために、失敗する方も多くいらっしゃいます。そこで、今回はいかにチーズがダイエットに向いていて、どのようにダイエットに取り入れればよいのかをご説明いたします。

チーズダイエットとは?

チーズダイエット(1)

実は、チーズには内臓脂肪を減らす効果があることが、とある研究の結果判明しています。チーズには、その他にも脂肪の蓄積を抑えたり腸の働きを良くする成分が豊富に含まれていますので、チーズはダイエットに最適な食材だといえるでしょう。チーズでダイエットする方法はとっても簡単で、普段の食事にチーズを取り入れるだけでOKです。ただし、チーズはその食べ方を間違えるだけで、ダイエットに逆効果になってしまうので気をつけなければなりません。

チーズのカロリーは?

チーズのカロリーは1切れ(25g)当たり約88kcalで、これを100gに換算すると約352kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、チーズはやや高カロリーな食品です。しかし、その一方で、チーズの糖質量は100g当たり約1.5gしかなく、この糖質量だけ見れば、チーズはダイエットに向いている食品だと言えます。

チーズダイエットの評価は?

チーズダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 4.0
  • 即効性: 2.3
  • コスパ: 4.0
  • 栄養バランス: 4.0
  • 口コミ評価: 3.0

チーズダイエットは非常に安価で取り組めるでなく、「栄養バランス」にも優れているダイエット法です。また、チーズダイエットは手軽で続けやすくネットでの評価も高いので、なかなか時間が取れない方やできるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。このように、チーズダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけお金をかけたくないのであれば、ぜひ一度、チーズダイエットにチャレンジしてみてください!

チーズダイエットの口コミは?

口コミ(10)

ネット上で「チーズダイエットを実践してみた」「チーズダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

カッテチーズは脂肪分があんまり含まれていないのでおすすめです。やっぱり食べ過ぎはいけないと思いますが、しっかりと運動と食事制限をすれば、私でも3カ月で5キロほどやせられましたよ。

食べ過ぎないようにすれば効果のあるダイエット法だと思います。チーズ中心の食生活にしながらも、ある程度の食事制限を行ったところ、約7~8キロやせました。

カトパンもチーズが大好きだということを聞いたのですが、あのスタイルはチーズを食べているおかげなんでしょうか...?

チーズを食べて太ったという口コミをよく見かけますが、私は逆に痩せやすくなるように感じました。というのもチーズには必須アミノ酸という筋肉をつけるのサポートしてくれる良質なタンパク質をたっぷり含んでいるからです。筋肉が維持できれば脂肪も効率的に燃焼できますよね。食べ過ぎさえ気をつければ、1カ月で2,3kgは余裕だと思いますよ。

※チーズダイエットの口コミをまだまだ募集しております。チーズダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

チーズダイエットの体験談

チーズダイエット体験談

今回は、つい最近友人に勧められた「チーズダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.0kg、体脂肪率が20.3%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、普段の食生活にチーズを取り入れるというもの。「朝食や昼食にチーズを取り入れて、夕食は控えめに」といった感じです。また、チーズダイエット期間中は、栄養バランスのとれた食生活も心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、内臓の動きも活発になって、内臓脂肪もちょっぴり減ってきたんです。さらに、チーズダイエットを始めて数日が経つと、お腹の調子も少しずつ良くなり、便秘も心なしか解消しました。それから1週間後、チーズダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69kgから67.9kgに、体脂肪率が20.3%から18.7%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、チーズダイエットを終えてからというもの、内臓脂肪もすっかり減りました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、チーズダイエットは気軽に美味しく痩せられるダイエットだったように思います。

チーズダイエットの効果とは?

ダイエット中にチーズを食べても大丈夫なの!?

チーズダイエット(2)

チーズは「脂質が多くて食べると太りやすい」と思われがちですが、実はチーズに含まれる脂肪分は、同じくチーズに含まれるタンパク質やビタミンの作用によって、ほとんどがすぐにエネルギーとして消化されてしまうので、ダイエット中に食べても太りにくいということが分かっています。また、雪印乳業の技術研究所は「チーズを摂取すると内臓脂肪が減少する」という研究結果も発表しています。このように、「チーズを食べると太る」ということは一概には言えないのです。

雪印乳業(株)技術研究所 「チーズの新しい保健機能」の調査・報告 

http://lin.alic.go.jp/alic/month/dome/2007/feb/chousa-1.htm

チーズが脂肪の蓄積を防いでくれる!

ウエストを引き締める(2)

チーズにはビタミンBが豊富に含まれています。その中でもビタミンB2には、脂肪がたまるのを防ぎ、内臓脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあります。実は、よくチーズを食べる人は、あまり食べない人に比べて脂肪の分解がスムーズに行われていて、スリムになりやすいんです。

チーズを食べるだけで健康的に痩せられる!

チーズダイエット(3)

チーズには筋肉を維持するのに欠かせない良質なタンパク質も含まれています。良質なタンパク質を摂取することにでアミノ酸が生成され、このアミノ酸を使って筋肉などの組織をつくることができます。脂肪を減らしながら筋肉の多い引き締まったカラダをつくっていくことで、健康的かつ効率的に痩せることができます。また、ビタミンB2には呼吸、消化、循環系の粘膜を健康に保ち、眼や皮膚、爪の働きを正常にして、体の健全な発育を促進する働きがあります。チーズは非常に健康的な食材といえるでしょう。

チーズは便秘解消にも最適!

便秘を解消する(1)

チーズには「動物性乳酸菌」が多く含まれています。乳酸菌の働きにより熟成されたチーズには、栄養だけなく、うまみ成分がたっぷり入っています。実は、この乳酸菌が腸の働きを助けてくれるんです。乳酸菌は腸内にウィルスや細菌が入ってくるのを防ぎ、腸内細菌のバランスを改善する効果があります。このように腸内環境を整えることによって便秘が解消され、ぽっこりとした下腹や体調不良を改善できるんです。

スポンサードリンク

チーズダイエットの方法

普段の食事にチーズを取り入れよう!

チーズダイエット(4)

チーズでダイエットする方法はとっても簡単で、普段の食事にチーズを取り入れるだけでOKです。3食すべてに取り入れる必要はなく、1日1~2食程度のチーズの取り入れだけで十分です。ただし、チーズ以外からもしっかりと栄養を補給するようにしましょう。バランスを考えて取り組むことがダイエット成功の秘訣です。

ダイエットに最適なチーズとは?

チーズダイエット(5)

特に「このチーズを食べなけらばはいけない!」という制限はないのですが、どうしてもカロリーが気になる方は、乳脂肪分の少ないカッテージチーズやレモンチーズ、パニールチーズ、ヨーグルトチーズを選ぶようにしましょう。あまり気にならないという方は、どんなチーズを選ばれても構いません。チーズダイエットは、いろいろなチーズを試したりして、楽しみながら続けられることが最大のメリットなんです。ただ、乳酸菌の効果を期待するのであれば、プロセスチーズよりもナチュラルチーズを選ぶようにします。ダイエットを長く続けていくためにも、自分のマイ・ベスト・チーズを見つけましょう。

さけるチーズでダイエットしてもOK!?

さけるチーズは一般的なチーズとは「食感」に違いがあります。さけるチーズはかなり独特な食感で食べ応えがあり、自然に咀嚼回数も増えるので、満腹中枢も適度に刺激されて、少量でも満足感を味わうことができます。また、さけるチーズの主成分は「たんぱく質」が全体の20~30%を占めており、良質なアミノ酸もたっぷりと含まれています。これらを摂取しながら適度な運動を続けることで、筋肉を効率よくつけながら代謝をぐんぐん上げて、痩せやすい体を作り上げていくことができます。さらに、さけるチーズにはビタミンB2も豊富に含まれているので、脂肪の蓄積を抑えながら脂肪の燃焼を促すこともできます。もしさけるチーズを使ってダイエットする場合は、1日2本を目安に食べるようにしてください。「1日3食のうちの1食」と「間食」に1本ずつ食べるとよいでしょう。さけるチーズは食感がよい上に、ダイエットに効果がある栄養もたっぷりと含まれているので、チーズ好きのダイエッターにぜひオススメです。

肉と卵とチーズを食べる「MECダイエット」とは?

みなさんは「MECダイエット」をご存知ですか?MECダイエットとは「肉(”M”EAT)」と「卵(”E”GG)」と「チーズ(”C”HEESE)」を中心にした食生活にすることで、不足しがちな必須栄養素をカバーしながら過剰な食欲を抑えて、且つ筋肉もつけながら代謝をぐんぐん上げて、少しずつ痩せやすい体にしていくというダイエット法です。これらのたんぱく質は食べた時の満足感は勿論のこと、野菜や穀物、豆類ではカバーしきれない“人間の体に本来必要な栄養”も補うことができます。MECダイエットの方法はとっても簡単で、1日に(最低でも?)肉を200g、卵を3個、チーズを120g食べるだけでOKです。また、一口一口よく噛んで食べることで満腹中枢を刺激して、少ない量でも満足感を味わうことができます。肉や卵、チーズが大好きな人で最近体重や体型にお悩みの方は、ぜひ一度試してみてください。

チーズダイエットの注意点

チーズだけ食べるダイエットはNG!

いくらチーズにダイエット効果があるといっても、チーズだけ食べるダイエットはNGです。というのも、チーズダイエットはあくまでタンパク質やビタミンB群、動物性乳酸菌などの効能を利用して脂肪を溜めにくくすることだけが目的なので、チーズだけではダイエット効果を実感できないかもしれないからです。また、チーズだけでは1日に必要な栄養をすべて補うことができないので、チーズだけでなく他の食事もしっかりと摂る必要があります。なので、チーズだけ食べるようなダイエットはしないようにしましょう。

食べ過ぎや栄養不足に注意しよう!

栄養バランスを考える(5)

チーズがダイエットに効果があるからといって、それを食べ過ぎたり、他の食事がおろそかにならないようにしましょう。あくまで腹八分目を意識して、食事全体の栄養のバランスを考えてダイエットに取り組みましょう。

適度な運動を心がけよう!

適度な運動をする(3)

ただチーズを食べるだけで簡単に痩せられたら、みんなこんなに苦労しません。チーズのダイエット効果を最大限に引き出すためにも、適度な運動をしっかりと行う必要があります。チーズを食べることで脂肪が溜まりにくくなるだけでなく内臓脂肪の分解も促されるので、これを多いに利用してウォーキングやジョギング、エアロバイク、水泳、ヨガなどの有酸素運動を行って体に溜まった脂肪を効率よく燃焼させましょう。

チーズダイエットのレシピ

「トマトとチーズの温冷奴」

チーズダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・絹豆腐 … 150g
  • ・トマト … 1/3個
  • ・とろけるチーズ … 1枚
  • ・塩 … 少々
  • ・ポン酢 … 大さじ1/2
  • ・ブラックペッパー (お好みで) … 適宜

【作り方】

  1. 絹豆腐を横半分にスライスし、耐熱皿に乗せる。また、トマトを輪切りにしておく。
  2. 1に輪切りトマト→塩→チーズの順に添えて、上からポン酢をかける。
  3. 電子レンジ(600W)で1分30秒ほど加熱する(チーズが溶けるくらい)。
  4. 3にお好みでブラックペッパーを振りかける。

「カッテージチーズケーキ」

チーズダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・★卵白 … 2個
  • ・★砂糖 … 30g
  • ・☆卵黄 … 2個
  • ・☆砂糖 … 60g
  • ・レモン汁 … 大さじ1/2
  • ・カッテージチーズ … 100g
  • ・プレーンヨーグルト … 100g
  • ・薄力粉 … 30g

【作り方】

  1. 型にクッキングペーパーを敷く。
  2. オーブンを180度に予熱する。
  3. ボウルに卵白と砂糖を入れて、泡立つまでよく混ぜ合わせる(メレンゲ)。
  4. 別のボウルに卵黄と砂糖を入れて、ハンドミキサーで白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。
  5. レモン汁、カッテチーズ、プレーンヨーグルトを加えて、ハンドミキサーでよく混ぜる。
  6. 茶こしで薄力粉をふるい入れて、ハンドミキサーで軽く混ぜる。
  7. メレンゲの半分を入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
  8. メレンゲの残りを入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
  9. メレンゲを型に流し入れる。
  10. メレンゲを平らにならして、オーブンで30分間焼く。

「ほうれん草と納豆のチーズ焼き」

チーズダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・ほうれん草 … 2把
  • ・納豆(タレ付き) … 2パック
  • ・とろけるチーズ … 適量

【作り方】

  1. ほうれん草を軽く水洗し、鍋にお湯を沸かして、さっと茹でる。
  2. ほうれん草を水にさらして、3cm幅に切る。
  3. ほうれん草の水気をしぼり、納豆のタレを加えて混ぜる。
  4. さらに納豆を加えて、よく混ぜ合わせる。
  5. 4を耐熱容器に入れて、とろけるチーズをたっぷりとかける。
  6. 5をトースターでチーズが溶けるまで焼く。

「豆乳ヨーグルトのチーズフォンデュ風」

【材料】

  • ・市販のヨーグルト@1カップ
  • ・無調整豆乳@大さじ1と800ml
  • ・オリゴ糖@大さじ1~2
  • ・醤油@少々
  • ・ガーリック塩@少々
  • ・セロリ@1本
  • ・ちくわ@1本
  • ・ブロッコリー@1株

【作り方】

  1. (前日の夜1)市販のヨーグルトに豆乳を大さじ1杯入れて、よく混ぜる。
  2. (前日の夜2)煮沸消毒した容器に無調整豆乳800mlを注ぎ入れて、その中に1を加える。
  3. (前日の夜3)同じく煮沸消毒したスプーンで2をよく混ぜる。
  4. (前日の夜4)3にオリゴ糖を加える。
  5. (前日の夜5)室温に一晩置く。
  6. 5を器に入れて、醤油とガーリック塩で味付けする。
  7. セロリを葉と茎に切り分けて、茎の部分を筋取りしてから、スティック状に切る。
  8. ちくわを斜め切りにする。
  9. 鍋にお湯を沸かす。
  10. ブロッコリーの房を切り分ける。
  11. ブロッコリーの軸の下の部分を切り落とし、縦半分に切ってから、横にスライスする。
  12. ブロッコリーの房を水洗いする。
  13. 鍋に塩(分量外)とブロッコリー(5,6)を入れて、ブロッコリーを茹でる。
  14. セロリ、ちくわ、ブロッコリーを別の器に盛りつける。

「ベイクドチーズケーキ」

【材料】

  • ・☆絹豆腐 … 150g
  • ・☆クリームチーズ … 100g
  • ・☆ヨーグルト … 100g
  • ・☆卵 … 2個
  • ・☆パルスイート … 20~25g
  • ・☆薄力粉 … 大さじ3
  • ・☆レモン汁 … 大さじ1~2
  • ・★アプリコットジャム … 大さじ1
  • ・★水 … 大さじ1/2

【作り方】

  1. 絹豆腐を皿の上にのせて、600wの電子レンジで2分間温める。
  2. 絹豆腐の水気を軽く切る。
  3. オーブンを160度に予熱する。
  4. 薄力粉をふるっておく。
  5. 絹豆腐、クリームチーズ、ヨーグルト、卵、パルスイート、薄力粉、レモン汁をミキサーに入れて、50秒間攪拌する。
  6. ケーキ型の側面と底にバターを塗って、小麦粉をふるい、余分な粉をはたいておく。
  7. 2をケーキ型に流し入れて、表面が平らになるようにトントンと軽く叩きつける。
  8. ケーキ型を160度に予熱したオーブンに入れて、45~50分間焼く(表面が軽いきつね色になり、竹串を刺しても生地が付かなくなるまで)。
  9. ケーキ型に入れたまま粗熱を取り、冷蔵庫で一晩冷やす。
  10. アプリコットジャムと水を600Wの電子レンジで30秒間温めて、よく混ぜ合わせる。
  11. ケーキを型から外して、その表面に10を塗る。

まとめ

チーズでダイエットする方法はとっても簡単で、普段の食事にチーズを取り入れるだけでOKです。また、チーズダイエットは、味を楽しみながらも簡単にダイエットができるので、飽きることなく長く続けることができます。私のようなチーズ好きにとってはたまらないダイエット法です(笑)今回の記事を読んでいただいて、少しでもこのチーズダイエットに興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください!

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP