〇〇ダイエット情報部

ブロッコリーダイエットの効果的なやり方やレシピを大公開!

ブロッコリーダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ブロッコリーダイエット】なかなか痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今までありとあらゆるダイエットに挑戦してきたけれど、なかなか思わしい結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「腸内環境の悪化」が原因かもしれません。腸内環境が悪くなると、体内に老廃物や毒素がどんどん溜まり、便秘になりやすくなってしまいます。また、体内に老廃物や毒素が溜まると、血液やリンパの流れも悪くなり、基礎代謝もぐんぐん下がって、脂肪も落ちにくくなってしまいます。そんな悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ブロッコリーダイエット」です。ブロッコリーにはビタミンや食物繊維、インドール、スルフォラファンなどが豊富に含まれており、ブロッコリーはダイエットだけでなく美容や健康にも最適な食材です。今回はそんなブロッコリーダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ブロッコリーダイエットとは?

ブロッコリーダイエット(1)

ブロッコリーには不溶性食物繊維やインドール、スルフォラファン、ビタミンB群が豊富に含まれており、さまざまなダイエット効果が期待できます。また、ブロッコリーは100gあたり33kcalと、カロリーがとても低いので、いくら食べても太りにくく、ダイエットに最適です。ブロッコリーダイエットは普段の食事にブロッコリーを取り入れるだけの簡単なダイエットなので、なかなか時間の取れない方にもオススメです。また、ブロッコリーをよく噛んで食べることで、スルフォラファンなどの栄養素も体内に吸収しやすくなります。ただし、ブロッコリーダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ブロッコリーのカロリーは?

ブロッコリーのカロリーはM1個(125g)当たり約41kcalで、これを100gに換算すると約33kcalになります。ご飯が100g当たり168kcalであることを考えると、ブロッコリーはとても低カロリーな食品です。また、ブロッコリーの糖質量は100g当たり約0.8gしかなく、この糖質量だけ見ても、ブロッコリーはダイエットに最適な食品だと言えるでしょう。

ブロッコリーダイエットの評価は?

ブロッコリーダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.5
  • 即効性: 2.4
  • コスパ: 4.0
  • 栄養バランス: 3.5
  • 口コミ評価: 3.0

ブロッコリーダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「手軽さ」や「続けやすさ」、「栄養バランス」にも優れているダイエット法です。また、ブロッコリーダイエットはネットでの評価も高いので、できるだけ多くの人の意見を参考にしたい方にもオススメです。このように、ブロッコリーダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけお金をかけたくないのであれば、ぜひ一度、ブロッコリーダイエットにチャレンジしてみてください!

ブロッコリーダイエットの口コミは?

口コミ(3)

ネット上で「ブロッコリーダイエットを実践してみた」「ブロッコリーダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

ブロッコリーダイエットなら、空腹に悩まされることもないし、便秘もスッキリ解消してくれるので一石二鳥♪ 体重はまだ落ちてませんが、きっと今後落ちると思うので、気ままに続けようと思います! もし興味があったら、ぜひ一度お試しあれ~(^ー^)

ブロッコリーダイエットを続けて3週間で2㌔落ちました!間食や暴飲暴食もなくなりました!ブロッコリーのダイエット効果絶大です!ブロッコリーダイエットは私に合ったダイエット法だと思います。こんなダイエット法に出会えて、すごく嬉しいです^^

ブロッコリーダイエットを始めて間食がかなり減ったし体重も大分減ったし、マジやばい!ブロッコリー好きの私にとっては、願ったり叶ったりのダイエットかも♪

テレビのダイエット特番を観て、ブロッコリーダイエットをはじめました!ブロッコリーは毎晩食べてます。あと、少し運動もしました(ジョギングとか自転車とか)そしたら、1週間で-2㎏!! ブロッコリーを食べるだけじゃなくて運動もしっかりとしたほうがイイと思います。

※ブロッコリーダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ブロッコリーダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ブロッコリーダイエットの体験談

ブロッコリーダイエット体験談

今回は、ブロッコリーの効果を実証するために1週間の「ブロッコリーダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.5kg、体脂肪率が21.5%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、普段の食生活にブロッコリーを取り入れるというもの。「朝食や昼食は普通に食べて、夕食のみブロッコリーを100g取り入れる(ただし、普段の食事は腹八分目を心がけること!)」といった感じです。また、ブロッコリーダイエット期間中は、よく噛んで食べるよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、お腹の調子も良くなって、便秘もほんのちょっぴり解消したんです。さらに、ブロッコリーダイエットを始めて数日が経つと、肌の調子も少しずつ良くなり、肌荒れも心なしか改善しました。それから1週間後、ブロッコリーダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.9kg、体脂肪率が-2.7%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ブロッコリーダイエットを終えてからというもの、便秘もすっかり解消しました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ブロッコリーダイエットは気軽に美味しく痩せられるダイエットだったように思います。

ブロッコリーダイエットの効果とは?

ブロッコリーは便秘解消に効果バツグン!

便秘を解消する(4)

ブロッコリーには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。この不溶性食物繊維には腸内で水分を吸収して数倍に膨らむ性質があり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。腸の蠕動運動が活発になることで、便通も促されて、便秘も解消させることができます。また、食物繊維には脂質を吸収して体外に排出する働きもあり、脂肪も付きにくくしてくれます。そのほか、ブロッコリーにはビタミンCやビタミンB群もたっぷりと含まれています。ビタミンCには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えてくれます。ビタミンB群には自律神経を正常に保つ働きがあり、便の排出を促してくれます。このように、ブロッコリーには便秘解消に最適な栄養素がたっぷりと詰まっているのです。便秘が解消されて腸内環境が整えられることで、その痩せにくい体質も少しづつ改善できることでしょう。

ブロッコリーが筋肉を作ってくれる!?

ブロッコリーダイエット(2)

ブロッコリーには『インドール』という植物性化学物質(別名:ファイトケミカル)が豊富に含まれています。このインドールには『エストロゲン』とよばれる女性ホルモンの働きを抑える効果があります。エストロゲンには筋肉の発達を妨げて体内に脂肪を蓄える働きがあり、これが体脂肪や皮下脂肪の原因にもなります。このエストロゲンの働きをインドールが抑えることで、『テストステロン』とよばれる男性ホルモンの働きも活発になり、筋肉も効率よく作ることができるようになるのです。

ブロッコリーは脂肪肝の予防にも効果が…

ブロッコリーダイエット(3)

ブロッコリーには『スルフォラファン』という成分が含まれています。このスルフォラファンには肝機能を高める働きがあり、脂質や糖質をどんどん分解してくれます。脂質や糖質がどんどん分解されることで、脂肪の代謝も活発に行われるようになり、肥満や脂肪肝も防止できるのです。 また、スルフォラファンには発がん物質を解毒する酵素に働きかける効果もあり、がんも未然に防ぐことができます。

ブロッコリーで貧血も防止できる!

ブロッコリーダイエット(4)

ブロッコリーには女性に嬉しい葉酸や鉄分、ビタミンB12もたっぷりと含まれています。これらの栄養素には造血作用があり、貧血も未然に防いでくれます。とくに、ダイエット中は貧血になりやすいので、ブロッコリーはぜひ食べておきたい食材です。

ブロッコリーで肌荒れも防止できる!

美容・アンチエイジング(3)

ブロッコリーにはレモン以上にビタミンCが豊富に含まれています。このビタミンCには肌の免疫力を高めシミやソバカス、肌荒れを防止する働きがあり、美白効果も期待できます。また、ブロッコリーには皮膚の粘膜を保護してくれるビタミンAをはじめ、ビタミンKやビタミンE、カロテンなども豊富に含まれており、美肌やアンチエイジングに効果抜群です。

スポンサードリンク

ブロッコリーダイエットのルール

普段の食事にブロッコリーを取り入れよう!

ブロッコリーダイエット(5)

ブロッコリーでダイエットする方法はとっても簡単で、普段の食事にブロッコリーを取り入れるだけでOKです。ブロッコリーの摂取目安量は1日あたり100g程度です。ブロッコリーは100gあたり33kcalしかなく、どれだけ食べても1日の総摂取カロリーにほとんの影響しません。また、ブロッコリーを食べて体内環境を整えることで、その痩せにくい体質も改善できます。ちなみに、ブロッコリーは茎にまでしっかりと栄養が詰まっているので、残さず食べるようにしましょう。

ブロッコリーの調理法は?

ブロッコリーダイエット(6)

ブロッコリーを茹でてしまうと、折角の栄養がお湯に溶け出してしまいます。栄養を逃がさず美味しく食べるためにも、ブロッコリーは”蒸して”食べましょう。もしブロッコリーを煮込んで食べたい場合は、栄養の溶け出したスープもしっかりと飲み干してください。

よく噛んで食べよう!

ブロッコリーダイエット(7)

ブロッコリーに含まれる『スルフォラファン』は、よく噛むことで細胞が破壊されて吸収しやすくなります。また、よく噛んで食べることで、脳の満腹中枢を刺激でき、たった少量でも満腹感を得られるようになります。このように、”よく噛む”ことでブロッコリーのダイエット効果を最大限に引き出すことができるので、ブロッコリーはよく噛んで食べるようにしましょう。

ブロッコリーダイエットの注意点

食べ過ぎに注意しよう!

注意を喚起する(9)

いくらブロッコリーがダイエットに効果的だからといって、食べ過ぎてしまうと栄養が偏ってしまいます。また、ブロッコリーには『ゴイトロゲン』という成分が含まれており、このゴイトロゲンを大量に摂取してしまうと「甲状腺機能低下症」を引き起こす危険性があります。さらに、ブロッコリーを食べ過ぎると、『コリン』という臭い物質が体内に溜まってしまい、体臭悪化の原因にもなります。ブロッコリーの摂取は1日100g程度に抑えて、くれぐれも食べ過ぎないようにして下さい。

調味料に気をつけよう!

調味料に気をつける(5)

調味料にも注意が必要です。ブロッコリーにマヨネーズなどの調味料をかけると、カロリーが高くなったり脂肪も多くなってダイエットに逆効果となってしまいます。また、ブロッコリーに塩などをかけ過ぎると、塩分過多になりむくみの原因にもなります。調味料はできるだけカロリーが低く、味も濃くないものを選びましょう。

ブロッコリーダイエットのレシピ

「ブロッコリーのアーリオオーリオ」

ブロッコリーダイエットレシピ(1)

【材料】

  • ・ブロッコリー … 200g
  • ・エリンギ … 1本
  • ・ニンニク … 1かけ
  • ・ベーコン … 1枚
  • ・赤唐辛子(好みで) … 1/2本
  • ・オリーブオイル … 大さじ1/2
  • ・鶏がらスープの素 … 小さじ1/2
  • ・塩 … 少々
  • ・粗挽き黒コショウ … 少々

【作り方】

  1. ブロッコリーを小房に分けて、茎の固い部分を切り落とし、短冊に切る。
  2. エリンギを短冊に切る。
  3. ニンニクをみじん切りにする。
  4. ベーコンを1cm幅に切る。
  5. 唐辛子の種を取って、輪切りにする。
  6. 鍋にお湯を沸かし、塩を入れる。
  7. 短冊に切ったブロッコリー(1)を鍋(6)に入れて茹でる。
  8. ブロッコリー(7)をザルにあげて、水けをきる。
  9. フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニク(3)とベーコン(4)を入れて弱火にかける(ほんわりとオリーブオイルの香りがたつまで)。
  10. 2を9に加えて中火で炒める。
  11. 8を10に加えて、鶏がらスープの素、塩、粗挽き黒コショウで味を調える。

「ブロッコリーの冷製スープ」

ブロッコリーダイエットレシピ(2)

【材料】

  • ・ブロッコリー … 200g
  • ・タマネギ … 1/2個
  • ・バター … 大さじ1
  • ・ブイヨンスープ(水+スープの素) … 1カップ
  • ・牛乳 … 1カップ
  • ・生クリーム(お好みで) … 適宜

【作り方】

  1. ブロッコリーをざく切りにする。
  2. タマネギを薄くスライスする。
  3. フライパンにバターをひいて、タマネギに焦げ目をつけないように炒める。
  4. ブロッコリーを加えて、さらに炒める。
  5. ブイヨンスープを加えて、しばらく煮る。
  6. ミキサーにかけて、滑らかになるまで攪拌する。
  7. 牛乳でのばす。
  8. 塩胡椒を加えて、味を調える。
  9. 冷蔵庫に入れて冷やす。
  10. 器に流し入れて、お好みで生クリームをかける。

「ブロッコリーの芯の塩蒸し」

ブロッコリーダイエットレシピ(3)

【材料】

  • ・ブロッコリーの芯 … 2本
  • ・水 … 大さじ2
  • ・塩(お好みで) … 適宜

【作り方】

  1. ブロッコリーの芯の皮を剥く。ただし、根に近い部分は硬いので、輪切りにした時にジャリっと音がしたり、皮の内側の色が変わっていたら、皮を厚めに剥くようにする。
  2. 1を食べやすい大きさに切る。ただし、やや太めのスティック型になるように。
  3. 2と水をシリコンスチーマーに入れて、お好みで塩を軽くまぶす。
  4. シリコンスチーマーの蓋をして、700Wのレンジで4分間加熱する。
  5. シリコンスチーマーの蓋を開けて、ザルで水気を切る。

まとめ

ブロッコリーには不溶性食物繊維やインドールが豊富に含まれており、整腸作用や便秘解消、体質改善、筋肉増強などさまざまなダイエット効果が期待できます。また、ブロッコリーにはスルフォラファンやビタミンB群も豊富に含まれており、脂肪肝予防や貧血防止、美白効果も期待できます。ブロッコリーダイエットは普段の食事にブロッコリーを取り入れるだけの簡単なダイエットなので、なかなか時間の取れない方でも気軽に始めることができます。ちなみに、ブロッコリーをよく噛んで食べることで、スルフォラファンの細胞が破壊されて体内に吸収しやすくなります。は今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ブロッコリーダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP