〇〇ダイエット情報部

ベリーダンスダイエットの効果ややり方、口コミを徹底紹介!

ベリーダンスダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【ベリーダンスダイエット】見るも無残なその洋ナシ体型にお悩みではありませんか?今まで幾つものダイエットを試してきたけれど、予想通りの結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「脂肪燃焼の効率の悪さ」や「筋トレの効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼の効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、十分に脂肪や体重を落とすことができず、なかなかシェイプアップできません。また、筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「ベリーダンスダイエット」です。毎日ベリーダンスを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら全身を引き締めて、くびれのあるボディを作っていくことができます。今回はそんなベリーダンスダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

ベリーダンスダイエットとは?

ベリーダンスダイエット(1)

「ベリーダンスダイエット」とは、毎日ベリーダンスを踊り続けることで、インナーマッスルを鍛えながら全身を引き締めて、くびれのあるボディを作っていくダイエット法です。ベリーダンスは、とくに腹直筋や腹斜筋、腹横筋を鍛えることでウエストを引き締めるのに最適な運動法できます。また、ベリーダンスには便秘やむくみ、イライラを解消する効果もあり、ベリーダンスはダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。ベリーダンスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ベリーダンスを1日20分以上踊るだけでOKです。ただし、ベリーダンスダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

ベリーダンスの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。ベリーダンスのMETsは『4.5』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)ベリーダンスの消費カロリーが1時間で約236.25kcalになることが分かります。下にMETsを使ったベリーダンスの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのベリーダンスの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、ベリーダンスの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、ベリーダンスでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

ベリーダンスダイエットの評価は?

ベリーダンスダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 1.5
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 1.7
  • 口コミ評価: 4.1

ベリーダンスダイエットはネットでの評価が非常に高いダイエット法です。また、ベリーダンスダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。ただし、ベリーダンスダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、ベリーダンスダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、ベリーダンスダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、ベリーダンスダイエットにチャレンジしてみてください!

ベリーダンスダイエットの口コミは?

口コミ(6)

ネット上で「ベリーダンスダイエットを実践してみた」「ベリーダンスダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

できるだけ毎日ベリーダンスするようにしてたら、お腹まわりの脂肪がゴッソリ落ちてウエストラインがスッキリ引き締まりました。ホントにボディラインが細くなったので、とてもビックリしています。

数週間ほど前でテレビで見たベリーダンスダイエットを只今実践中です♪ 今日お腹まわりを測ってみたら、2cmも細くなっていました♡ これからもこのベリーダンスダイエットを信じて頑張っていこうと思います!

1カ月ベリーダンスを続けただけでウエストが2.5センチ細くなりました。これからもベリーダンスを頑張って続けていこうと思います。

半信半疑で始めたベリーダンスダイエットでしたが。もう見た目に変化がでてきました! 週に2,3回40~60分程度やっています。ベリーダンスダイエットは年末年始まで続ける予定です。

※ベリーダンスダイエットの口コミをまだまだ募集しております。ベリーダンスダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

ベリーダンスダイエットの体験談

ベリーダンスダイエット体験談

今回は、ベリーダンスの効果を実体験から紐解くために1週間の「ベリーダンスダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.2kg、体脂肪率が20.8%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日ベリーダンスを20分以上踊るというもの。また、ベリーダンスを踊る時は、引き締めたいパーツを常に意識するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、インナーマッスルもついてきて、ウエストもほんのちょっぴりくびれてきたんです。さらに、ベリーダンスダイエットを始めて数日が経つと、お腹の調子も少しずつ良くなり、便秘も心なしか解消しました。それから1週間後、ベリーダンスダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が69.2kgから68.3kgに、体脂肪率が20.8%から19.5%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、ベリーダンスダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかりくびれました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、ベリーダンスダイエットは無理なく楽しく痩せられるダイエットだったように思います。

ベリーダンスダイエットの効果とは?

全身を引き締めてくびれのあるBODYに!

ウエストを引き締める(1)

ベリーダンスは深層の筋肉=インナーマッスルを鍛えるのに最適な運動です。このインナーマッスルには脂肪をエネルギー源とする『赤筋』が集中しています。赤筋には毛細血管が多く詰まっており、酸素の供給や脂肪の代謝が活発に行われています。つまり、この赤筋繊維が豊富に詰まったインナーマッスルを鍛えることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、ベリーダンスの円運動により腰まわりの筋肉を鍛えてウエストを引き締めることもできます。とくに、この円運動は普段使わない筋肉を刺激して、長年で蓄積した脂肪を燃焼し、ウエストを引き締めてくれます。このように、ベリーダンスは引き締まったくびれのあるBODYをつくるのに最適な運動なのです。

ベリーダンスで代謝を上げて「痩せやすい体」に!

代謝を上げる(5)

ベリーダンスを踊ることで、基礎代謝を上げることもできます。ベリーダンスによりインナーマッスルが鍛えられることで、血行も良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がるからです。また、ベリーダンスは酸素を体内に取り入れながら低度あるいは中等度の負荷をかけて行う運動です。酸素が体内に取り込まれると、クエン酸回路やエネルギー産生がに拍車が掛かり、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になります。このように、ベリーダンスで代謝を上げることで、「痩せやすい体」を手に入れることができるのです。

ベリーダンスで便秘やむくみ、イライラも解消!

便秘を解消する(3)

ベリーダンスはインナーマッスルを鍛えるのに最適です。このインナーマッスルを鍛えることで、内臓の働きを活性化させることができます。とくに、インナーマッスルは腸と密接な関係にあり、このインナーマッスルを鍛えることで、腸の蠕動運動を促すことができるのです。また、腸の蠕動運動が活発になれば、体内に溜まる老廃物も体外に排出されるようになり、便秘やむくみも解消できます。さらに、ベリーダンスには股関節を柔らかくする効果もあります。この股関節を柔軟に解すことで、骨盤まわりを温めることができます。骨盤まわりが温まると、ホルモンバランスも整い、生理中の情緒も安定させることができるのです。このように、ベリーダンスは生理中のイライラ解消にも効果的です。

スポンサードリンク

ベリーダンスダイエットのやり方

ベリーダンスを1日20分以上踊ろう!

ベリーダンスダイエット(3)

ベリーダンスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ベリーダンスを1日20分以上踊るだけでOKです。ただし、ベリーダンスダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ベリーダンスを正しいフォームで行う必要があります。また、ベリーダンスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。ベリーダンスの正しいフォームやおすすめエクササイズ、ワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

ベリーダンスの基本姿勢

ベリーダンスダイエット(2)

ベリーダンスのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢でベリーダンスを踊ることで、負荷をかけるべき部位に負荷をしっかりとかけて、伸ばすべき部位をしっかりと伸ばすことができるからです。とくに、以下の点に十分に注意してベリーダンスダイエットに取り組んでください。

  • ・足を肩幅に開く
  • ・お尻を締めて、腰を伸ばす
  • ・足の裏を地面にしっかりと着ける
  • ・お腹と胸を”引き上げ”る
  • ・仙骨を床と垂直にする(腰を反らさない)
  • ・息を吐きながら肋骨を腰骨の上に乗せる(肋骨は開かない)
  • ・顎(頭)を引いて、首を伸ばす
  • ・両手を横に軽く伸ばし、両肘を軽く緩める
  • ・肩の力を抜く
  • ・掌を下に向けて、指先を遠くに伸ばす

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ずベリーダンスのダイエット効果を実感できるかと思います。

ベリーダンス前後にストレッチをしよう!

ストレッチをする(10)

ベリーダンスの前後にストレッチをしましょう。ベリーダンス前にストレッチを行うことで、怪我を未然に防ぐことができます。また、ベリーダンス後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、靭帯、関節を伸ばして疲労も解消できます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。この口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

ベリーダンスダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(9)

ベリーダンスはマラソンやランニング、サイクリングと比べると体への負荷が小さい分運動強度も低いので、なかなか痩せることができません。ベリーダンスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けましょう。根気よく続けていけば、あなたも必ずダイエット効果を実感できることでしょう。

水分をしっかり補給しよう!

水分を補給する(7)

ベリーダンスの前後には水分補給も必ず行いましょう。運動中に水分が不足すると、汗をかけなくなるため体に熱がこもり、脱水症や熱中症を引き起こしてしまいます。また、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。運動中の水分補給はとても大切です。ベリーダンスを行うときは水分も忘れずに補給するよう心がけましょう。

食後は控えるように!

食後の運動を控える(3)

食後のベリーダンスには十分な注意が必要です。食後すぐにベリーダンスを踊ると、胃が揺さぶられて腹痛や吐き気を引き起こしてしまう危険性があります。逆に、お腹が空いている時は体内のブドウ糖が不足しているので、この状態で有酸素運動を行えばすぐに脂肪をエネルギーとして消費できます。なので、ベリーダンスは食後ではなく食前に行うよう心がけましょう。

いきなり長時間踊るのは控えよう!

ベリーダンスダイエット(4)

普段あまり運動をしない人がいきなりベリーダンスを始めてしまうと、普段あまり使われていない筋肉や関節に大きな負担を掛けてしまい、最悪の場合、思わぬ怪我に発展してしまうこともあります。ベリーダンスを始めるときは、まず自分の運動レベルを把握して、様子を見ながら少しづつベリーダンスする時間を延ばしていくようにしましょう。

ベリーダンスダイエットのメニュー

「シェイク」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 上半身をできるだけ動かさないように腰をひねる&ねじる(シェイクする)。とくに、「頭」と「手先」、「(左右に広げた)腕」は位置を固定して、できるだけ動かさないようにする。

「ツイスト」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 骨盤を水平に保ったまま、腰を左右に捻る(ツイストする)。この時、腰を可動域限界まで捻る(ツイストする)と、脇の筋肉をしっかりと鍛えることができる。また、腰を捻る(ツイストする)時は、腰の動きに合わせて膝も少し動かすようにする(できるだけ自然に)。

「腰のスライド」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 仙骨をまっすぐに立たせたまま、腰を左右にスライドさせる。この時、腰以外はできるだけ動かさないように注意すること。また、腕は左右に広げたまま、頭と手先の位置も固定して、できるだけ動かさないようにする。

「ヘッドスライド」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 首の後ろをリラックスさせたまま、頭を左右に水平に動かす。コツとしては、顎の下に見えないレールがあるのをイメージして、その上をなぞるように頭を左右にスライドさせるようにする。

「スネークアーム」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。
  2. 手首に一本の糸が吊るされているのをイメージして、手と腕の力を抜いたまま(リラックスさせたまま)、手首から腕をすうっと持ち上げて、すうっと下ろす。この時、腕の動きが左右対称になるよう心がけること。例えば、右腕を上げている時は左腕を下ろしていて、左腕を上げているときは右腕を下ろしている。

「ヒップアタック」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 膝の曲げ伸ばしを意識しながら、腰を左右の見えない壁に力強くぶつけるように突き出す。この時、膝の曲げ伸ばしに力を入れて溜め過ぎて、重心を移動させ過ぎないように注意すること。

「ヒップスライド」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 「重心移動」を意識しながら、腰を床と平行に左右にスライドさせる。

「フィギュアエイト」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 骨盤を床と平行に保ったまま、腰を「時計回り」に8の字に動かす。腰を大きく動かす時は、腰の動きに合わせて膝も少し動かすようにする(できるだけ自然に)。また、腰をスムーズに8の字に動かすためにも、重心もしっかりと移動させるよう心がける。
  3. 今度は、骨盤を床と平行に保ったまま、腰を「反時計回り」に8の字に動かす。以下同文。

「チェストサークル」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 胸を時計回りにスライドさせる。この時、胸以外はできるだけ動かさないように注意すること。また、腕は左右に広げたまま、頭と手先の位置も固定して、できるだけ動かさないようにする。
  3. 今度は、胸を反時計回りにスライドさせる。この時も、胸以外はできるだけ動かさないように注意すること。また、腕は左右に広げたまま、頭と手先の位置も固定して、できるだけ動かさないようにする。

「ショルダーシミ―」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 肩を左右交互に前後に出し引きする。この時、胸も連動させて動かすようにする。また、肩と胸以外、とくに頭・腕・手先の位置は固定して、できるだけ動かさないようにする。

「アンジュレーション」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 胸を上に引き上げる(持ち上げる)。
  3. 胸もしくはお腹からお尻までを前後にウェーブさせる。この時、胸、お腹、お尻以外はできるだけ動かさないように注意すること。また、腕は左右に広げたまま(あるいは腕を上げたまま)、頭と手先の位置も固定して、できるだけ動かさないようにする。

「アフリカンサークル・アミ」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして、鎖骨を左右に引っ張るイメージで肩を下げ、首の後ろをすっと伸ばす。この時、腕は左右に軽く広げて、お尻の穴はキュッと締めておく。
  2. 膝を曲げ伸ばししながら、お尻を床に対して垂直に円を描く。この時、お尻が後ろにあまり出過ぎないように注意すること。また、腕は左右に広げたまま、頭と手先の位置も固定して、できるだけ動かさないようにする。

まとめ

ベリーダンスはインナーマッスルを鍛えることで全身を引き締めて、くびれのあるボディを作るのに最適な運動法です。また、インナーマッスルには股関節を柔らかくする効果もあり、この股関節を柔軟に解すことで、骨盤まわりも温まり、ホルモンバランスも整って、生理中の情緒も安定させることができます。ベリーダンスでダイエットするやり方はとっても簡単で、ベリーダンスを1日20分以上踊るだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「ベリーダンスダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP