〇〇ダイエット情報部

バレエダイエットの効果や成功する方法、口コミを徹底紹介!

バレエダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【バレエダイエット】どうしても痩せられないその体質にお悩みではありませんか?今まで色々なダイエットを試してきたけれど、納得のいく結果を得ることができなかった―――。もしかすると、それは「筋トレの効率の悪さ」や「骨盤の歪み」が原因かもしれません。筋トレの効率が悪いと、いくらキツイ腕立てやツライ腹筋を続けても、十分なダイエット効果を得ることができず、なかなか痩せることができません。また、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「バレエダイエット」です。毎日バレエを取り入れたエクササイズを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくことができます。また、バレエには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、この骨盤の歪みを矯正することで、血液やリンパの流れも良くなり、体内に溜まる脂肪も燃えやすくなります。今回はそんなバレエダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

バレエダイエットとは?

バレエダイエット(1)

「バレエダイエット」とは、毎日バレエを取り入れたエクササイズを続けることで、インナーマッスルを鍛えながら「太りやすい体質」を「痩せやすい体質」に変えていくダイエット法です。バレエはインナーマッスルをバランスよく鍛えるのに最適な運動法で、このインナーマッスルを鍛えることで体質改善だけでなく整腸作用や便秘解消への効果も期待できます。また、バレエは骨盤矯正にも効果があり、骨盤の歪みを矯正することで、腰痛や肩こりの解消や姿勢矯正への効果も期待できます。バレエでダイエットするやり方はとっても簡単で、バレエを取り入れたエクササイズを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、バレエダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

バレエの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。バレエのMETsは『4.8~6.8(同じバレエでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)バレエの消費カロリーが1時間で約252~357kcalになることが分かります。下にMETsを使ったバレエの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのバレエの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、バレエの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、バレエでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

バレエダイエットの評価は?

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 0.9
  • 即効性: 2.9
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 1.9
  • 口コミ評価: 2.6

バレエダイエットは非常に安価で取り組めるダイエット法です。ただし、バレエダイエットを始めるには多少なりとも準備や覚悟が必要です。また、バレエダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、バレエダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間やお金に余裕があれば、ぜひ一度、バレエダイエットにチャレンジしてみてください!

バレエダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「バレエダイエットを実践してみた」「バレエダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

毎日1時間バレエして1カ月で4キロ痩せました。ダイエットは続けさえすれば必ず痩せると思います。ただ、私はここ最近忙しくて時間が取れなくなり、バレエも休みがちだったので、若干リバウンド気味です。継続って大切ですね。

バレエダイエットを始めて2週間。今のところ-1.5kgの減量に成功中ですこのまま暫くはバレエを続けてみます。

バレエを始めて2週間!まだ2キロ前後しか痩せていませんが、姿勢は大分良くなりました。バレエすると骨盤の歪みも良くなるし腰まわりもキュッと引き締まるし、嬉しいことずくめです。結局は運動と食事管理をきちんと徹底することがダイエット成功への1番の近道なんだと実感しました。これからも頑張ります!

バレエダイエットをはじめて一ヶ月です。 もともと運動は好きなほうではないのですが、バレエは珍しく長続きしています。バレエダイエットを始めて1ヶ月で5kg近く体重を落とすことができました。

※バレエダイエットの口コミをまだまだ募集しております。バレエダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

バレエダイエットの体験談

バレエダイエット体験談

今回は、バレエの効果をもっと(詳しく)調べるために1週間の「バレエダイエット」に挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が70.1kg、体脂肪率が23.0%もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日バレエを取り入れたエクササイズを20分以上行うというもの。また、バレエをする時は、ストレッチも忘れずに行うよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、インナーマッスルもついてきて、お腹の調子もほんのちょっぴり良くなったんです。さらに、バレエダイエットを始めて数日が経つと、バランス感覚も少しずつ身に付いてきて、姿勢も心なしか良くなりました。それから1週間後、バレエダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が70.1kgから68.4kgに、体脂肪率が23%から20.6%になっていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、バレエダイエットを終えてからというもの、お腹の調子もすっかり良くなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、バレエダイエットは楽しく綺麗に痩せられるダイエットだったように思います。

バレエダイエットの効果とは?

バレエでインナーマッスルを鍛えられる!

ウエストを引き締める(8)

バレエを行うことで、インナーマッスルを効率よく鍛えることができます。このインナーマッスルには「赤筋」とよばれる脂肪を燃焼させる筋肉が集中しています。赤筋には毛細血管が多く存在しており、酸素の供給やエネルギー代謝が活発に行われています。つまり、この赤筋が集中しているインナーマッスルを鍛えることで、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。また、インナーマッスルを鍛えることで、内臓の働きを活発にすることもできます。とくに、インナーマッスルは腸と密接な関係にあり、このインナーマッスルを鍛えることで、腸の蠕動運動も活発にすることができます。この腸の蠕動運動が活発になることで、腸内に溜まった老廃物も体外に排出して、便秘やむくみも解消できるのです。

バレエで骨盤の歪みを解消できる!

骨盤の歪みを矯正する(3)

バレエを行うことで、骨盤の歪みも解消できます。骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。この骨盤の歪みはインナーマッスルの委縮が原因の一つとして考えられています。つまり、この骨盤の歪みをバレエでインナーマッスルを鍛えることで解消できるのです。腰痛や肩こり、下半身太りにお悩みの方は、今日からでもバレエを始めてみてはいかがでしょうか。ちなみに、骨盤の歪みが解消されると、血行も良くなって代謝も上がるので、痩せやすい体を手に入れることもできます。

バレエで姿勢も良くなる!

姿勢を良くする(3)

バレエは姿勢矯正にも最適な運動です。というのも、バレエは「インナーマッスル」だけでなく「バランス感覚」も養うことができるからです。バランス感覚が養われると、姿勢を調整する脳の「回路」のスイッチが入りやすくなります。また、インナーマッスルは骨格や関節、内臓を正しい位置に保つ筋肉であり、この筋肉が鍛えられることで、内から姿勢を正すことができます。このように、バレエを行うことで、インナーマッスルとバランス感覚の両方を養いながら、正しい姿勢を手に入れることができるのです。

スポンサードリンク

バレエダイエットのやり方

毎日バレエを取り入れたエクササイズを行おう!

バレエダイエット(2)

バレエでダイエットするやり方はとっても簡単で、バレエを取り入れたエクササイズを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、バレエダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。バレエのおすすめエクササイズやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

バレエの前後にストレッチを!

ストレッチをする(7)

バレエの前後にストレッチを行いましょう。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足など心臓から遠い部位から順にゆっくりと伸ばしていきます。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から吐くようにしましょう。口から息を吐くときに、腱や関節をゆっくりと時間をかけて伸ばすとより効果的です。バレエ前にストレッチを行うことで、バレエ中の怪我を防ぐことができます。また、バレエ後にストレッチを行うことで、筋肉や腱、関節をしっかりと伸ばしてクールダウンさせることができ、疲れも残りにくくなります。

バレエダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(6)

バレエはランニングと比べると体への負担が少ない分運動強度も低いので、なかなかダイエット効果を得ることができません。バレエダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。最低3か月以上しっかりと行えば、必ずダイエット効果を実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(5)

有酸素運動の前後には水分補給(+塩分補給)も忘れずに行ってください。水分が不足すると、運動中に脱水症を引き起こし、それが引き金となって熱中症や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットを行うことができるのです。ちなみに、有酸素運動を行う前に消化の良いバナナやヨーグルトなどの糖質を少量補給し、運動後に良質なタンパク質やビタミンを補給することで、ダイエット効果をさらにアップさせることもできます。いずれにせよ、有酸素運動を行うときは、水分補給も忘れず行うようにしましょう。

バレエダイエットのメニュー

「プリエとルルベ」

  1. 両足のかかとをつけて、つま先からつま先までが一直線になるようにする(1番ポジション)。この時、かかと・母趾球・小趾球の3点にしっかりと重心をのせるよう心がけること。また、趾をまっすぐに伸ばし、土踏まずがつぶれないように足の甲を持ち上げるように立つ。
  2. 腹筋を引き上げて、骨盤をまっすぐに立たせる。この時、肘は外側を向けるようにする。
  3. 両手を横に広げながら、脚を股関節から開くのをイメージして、膝をつま先と同じ方向にゆっくりと広げる(プリエ)。
  4. 1~3を4回繰り返す。
  5. 1番ポジションで立ち、骨盤をまっすぐにする。
  6. 腕を斜め上に上げて肘を張りながら、手の先を内側に向けて、呼吸をゆっくりと整える。そのまま、全身を真上に引き上げるように、かかとを床から浮かせてつま先立ちになる(ルルベ)。
  7. 5~6を4回繰り返す。

「タンデュ」

  1. 1番ポジションで立つ。
  2. 腹筋を引き上げて、骨盤をまっすぐに立たせる。この時、手は腰骨に添えておく。
  3. 股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、ゆっくりとプリエの姿勢になる。
  4. (a-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、右脚をまっすぐ前に出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  5. (a-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した右脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  6. (b-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、左脚をまっすぐ後ろに出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  7. (b-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した左脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  8. (c-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、右脚をつま先の延長線上の横に出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  9. (c-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した右脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  10. (d-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、左脚をまっすぐ前に出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  11. (d-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した左脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  12. (e-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、右脚をまっすぐ後ろに出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  13. (e-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した右脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  14. (f-1)膝を曲げてつま先をつけたまま、左脚をつま先の延長線上の横に出す。この時、骨盤はまっすぐな状態を維持すること。
  15. (f-2)股関節を開いて膝をつま先と同じ方向に曲げながら、出した左脚をゆっくりと引いて、1番ポジションのプリエの姿勢に戻る。
  16. 4~15を6回繰り返す。
  17. つま先を開いて1番ポジションの姿勢を保ちながら、両膝をまっすぐに伸ばす。この時、腹筋を引き上げながら、骨盤をまっすぐに立たせること。

「デガジェ」

  1. 右(左)脚を前に出して左(右)脚に半分重ね、軸足に重心をしっかりとのせて、右(左)足のかかとを左(右)足の土踏まずにつける(3番ポジション)。この時、かかと・母趾球・小趾球の3点にしっかりと重心をのせるよう心がけること。また、趾をまっすぐに伸ばし、土踏まずがつぶれないように足の甲を持ち上げるように立つ。
  2. 体の前で肘を軽く張ったまま、プリエの姿勢になる。
  3. 腕を左右に広げながら、右(左)脚を床から離して前に伸ばす。この時、軸脚の膝もまっすぐに伸ばすこと。
  4. 両腕を真横に広げてバランスをとったら、プリエの姿勢に戻る。
  5. 今度は、腕を左右に広げながら、左(右)脚を床から離して後ろに伸ばす。この時、軸脚の膝もまっすぐに伸ばすこと。
  6. 両腕を横に広げてバランスをとったら、プリエの姿勢に戻る。
  7. 膝をまっすぐに伸ばして、3番ポジションで立つ。
  8. プリエの姿勢になる。
  9. 腕を左右に広げながら、右(左)脚を床から離して横に伸ばす。この時、右(左)足のつま先と軸脚の膝もまっすぐに伸ばすこと。
  10. 左脚を前に出して、プリエの姿勢に戻る。
  11. 3番ポジションのまま、膝をまっすぐに伸ばして立つ。

「アラベスク」

  1. 腕を左右に広げて、1番ポジションで立つ。
  2. 腕を下ろし肘を軽く曲げて、プリエの姿勢になる。
  3. 腕をおへその位置まで前に上げながら、右(左)脚を後ろに引いてまっすぐに伸ばす。この時、つま先は床につけたまま、左(右)膝も曲げたままにすること。
  4. 軸脚を伸ばして、後ろに引いた右(左)脚を上げる。同時に、両腕を肩の高さまで上げて、左(右)腕を真横、右(左)腕を前に伸ばしバランスをとる。
  5. 後ろに引いた右(左)脚を下ろし、腕を左右に広げて、1番ポジションに戻る。
  6. 1~5を左右交互に5~10回ずつ繰り返す。

「シャンジュマン」

  1. 右(左)脚を前に出して、3番ポジションで立つ。この時、肘は軽く曲げて、指先は内側に向けること。
  2. 3番ポジションのまま、プリエの姿勢になる。この時、骨盤が傾かないように注意すること。
  3. 体を引き上げながら、膝とつま先をまっすぐに伸ばして。プリエの姿勢から真上にジャンプする。
  4. 左(右)脚を前に出して、3番ポジションで着地する。この時、着地する時にかかとが上がらないように注意すること。
  5. 着地する脚を入れ替えながら、2~4を左右交互に8回ずつ繰り返す。

「アンナバンとアラセゴンド」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばして立つ。
  2. 肘を曲げながら、両手をみぞおちの位置まで前に上げる。この時、肩を上げないように注意すること(アンナバン)。
  3. 肘の高さを維持したまま、両腕を真横に大きく開く(アラセゴンド)。
  4. 2~3を5~10回繰り返す。

まとめ

バレエダイエットはインナーマッスルを効率よく鍛えることができる理想的なダイエット法です。また、バレエには骨盤の歪みを矯正する効果もあり、内臓を本来あるべき位置に戻すことで、腸の蠕動運動を活発にして、便秘やむくみも解消できます。バレエでダイエットするやり方はとっても簡単で、バレエを取り入れたエクササイズを1日20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「バレエダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP