〇〇ダイエット情報部

アシュタンガヨガダイエットの効果や成功のコツを徹底紹介!

アシュタンガヨガダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【アシュタンガヨガダイエット】見るも恥ずかしい「洋ナシ型体型」にお悩みではありませんか?これまで数々のダイエットを試してきたけれども、納得のいく結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率の悪さ」や「血行の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。また、血液やリンパの流れが悪いと、代謝もなかなか上がらず、脂肪も効率よく燃焼できません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「アシュタンガヨガダイエット」です。今回はそんなアシュタンガヨガダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

アシュタンガヨガダイエットとは?

アシュタンガヨガダイエット(1)

「アシュタンガヨガダイエット」とは、酸素を体内にたっぷりと取り込みながらゆったりとした動きで脂肪を少しずつ燃焼して全身をゆっくりと引き締めていくダイエット法です。ちなみに、”アシュタンガ”とは「8本の枝=8支則」を意味する用語であらゆるヨガの基本理念とされており、この”アシュタンガ”を意識してヨガに取り組むことで内外ともに自分を磨くことができるとされています。アシュタンガヨガでダイエットするやり方はとっても簡単で、本やDVDの指示に従ってアシュタンガヨガを毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。ただし、アシュタンガヨガダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

アシュタンガヨガの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。アシュタンガヨガのMETsは『2~4(同じアシュタンガヨガでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)アシュタンガヨガの消費カロリーが1時間で約105~210kcalになることが分かります。下にMETsを使ったアシュタンガヨガの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのアシュタンガヨガの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、アシュタンガヨガの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、アシュタンガヨガでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

アシュタンガヨガダイエットの評価は?

アシュタンガヨガダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 0.2
  • 即効性: 1.7
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 0.9
  • 口コミ評価: 4.5

アシュタンガヨガダイエットはネットでの評価が非常に高いダイエット法です。また、アシュタンガヨガダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。ただし、アシュタンガヨガダイエットを始めるには多少なりとも準備や覚悟が必要です。また、アシュタンガヨガダイエットは「エネルギー消費」や「即効性」もやや劣り気味なので、短期間で効果を出したい方や消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、アシュタンガヨガダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間に余裕があり時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、アシュタンガヨガダイエットにチャレンジしてみてください!

アシュタンガヨガダイエットの口コミは?

口コミ(4)

ネット上で「アシュタンガヨガダイエットを実践してみた」「アシュタンガヨガダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

現在、アシュタンガヨガダイエットにトライ中です。毎日40分程行っており、今月末で4週間が経つのですが、10kg近くも体重が減りましたよ♪ただ、ここ最近、停滞期なのでそろそろ軽いウォーキングも取り入れようかと思っています。

毎日、アシュタンガヨガしてます。私は食べることが大好きで、普段も食べる量が多いのですが、その分を消費するために毎日1時間ほどアシュタンガヨガするよう心がけています。体重はあまり変わりませんが、お腹まわりはスッキリしました。

週に2,3回アシュタンガヨガしてます。体重は一向に減らないけど、お腹の脂肪が明らかに落ちてキュッと引き締まりました。アシュタンガヨガは体重より見た目を重視したい方にオススメのダイエット法かもしれません。

アシュタンガヨガを始めて49kgから43kgまで痩せました。痩せすぎたので、少しご褒美として自分の好きなスイーツを1日だけ我慢せずに食べました。今は若干リバウンドして、ちょうどいいくらいの体重に落ち着いています。

※アシュタンガヨガダイエットの口コミをまだまだ募集しております。アシュタンガヨガダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

アシュタンガヨガダイエットの体験談

アシュタンガヨガダイエット体験談

今回は、テレビや雑誌のダイエット企画に影響されて「アシュタンガヨガダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.9 kg、体脂肪率が22.5 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日アシュタンガヨガを30分以上行うというもの。また、アシュタンガヨガを行う時は、「正しい呼吸」を常に意識するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、呼吸も楽になって、脂肪もほんのちょっぴり落ちやすくなったんです。さらに、アシュタンガヨガダイエットを始めて数日が経つと、血行も少しずつ良くなり、体の不調も心なしか改善しました。それから1週間後、アシュタンガヨガダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.1kg、体脂肪率が-1.6%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、アシュタンガヨガダイエットを終えてからというもの、脂肪もすっかり落ちやすくなりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、アシュタンガヨガダイエットは無理なく長く続けられるダイエットだったように思います。

アシュタンガヨガダイエットの効果とは?

アシュタンガヨガは脂肪燃焼に最適!

脂肪を燃焼する(3)

アシュタンガヨガは酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷で行う運動=有酸素運動です。とくに、ヨガは他の有酸素運動に比べて体内に取り込む酸素量が多く、この酸素が体内にたっぷりと取り込まれることで、クエン酸回路やエネルギー産生が活性化し、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になります。このように、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝が活発になることで、脂肪もより一層燃えやすくなるのです。また、有酸素運動は体内に溜まる脂肪の分解にも効果的です。というのも、ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内に溜まる脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、有酸素運動を行うことで、体内に溜まる脂肪がエネルギーとして効率よく消費されて、脂肪もぐんぐん燃焼させることができるのです。このように、アシュタンガヨガは脂肪燃焼に最適なダイエット法です。

アシュタンガヨガで血行も良くなる!

代謝を上げる(2)

アシュタンガヨガには呼吸を深めることで血行を良くする効果もあり、血行が良くなることでさらに多くのダイエット効果が期待できます。まず、血行が良くなることで発汗作用や代謝促進への効果が期待できます。というのも、血行が良くなると身体も少しづつ柔らかくなり、筋肉や関節の柔軟性も徐々に高まっていきます。このように、筋肉や関節の柔軟性が高まることで、血行もさらに良くなり、体温もぐんぐん上がって、発汗機能や代謝機能もみるみる向上していくのです。また、血行が良くなることで、ホルモンバランスの乱れも整い、自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)も安定します。この自律神経が安定することで、ダイエット中に感じやすいイライラやモヤモヤなどのストレスも未然に防ぐことができます。また、ストレスが抑えられることで、ダイエットの大敵であるやけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食なども防ぐことができます。このように、アシュタンガヨガには血行が良くなることで代謝アップやストレス抑制などへの効果も期待できるのです。

アシュタンガヨガはデトックスにも効果的!

便秘を解消する(4)

便秘やむくみ、冷え性は女性にとって大きな悩みのひとつです。これらの症状は血液やリンパの流れが悪くなり、基礎代謝もぐんぐん下がって、体内に老廃物や毒素が溜まりやすくなることで引き起こってしまいます。しかし、呼吸を深めながらアシュタンガヨガに取り組むことで、血液やリンパの流れも良くなり、体内に溜まった老廃物や毒素もスムーズに排出されるようになって、便秘やむくみもスッキリ解消できます。また、血液やリンパの流れが良くなれば基礎代謝や基礎体温も上がるので、便秘やむくみだけでなく冷え性も解消できます。

ぽっこり下腹の引き締めにも効果的!

ウエストを引き締める(8)

また、アシュタンガヨガにはポーズによってぽっこり下腹の引き締めへの効果も期待できます。とくに、スタンディングポーズには体内環境を整える効果があり、この体内環境が整えられることで、消化機能も向上し、ポッコリ下腹も解消させることができます。また、アシュタンガヨガには深い前屈や身体を大きく捻るポーズがあり、これらの運動によって身体の歪みを矯正して、消化機能をさらに向上させ下腹をなおいっそうシェイプアップさせることもできます。このように、アシュタンガヨガはポッコリ下腹の引き締めにも効果的なダイエット法です。

深層筋を鍛えて「リバウンドしない身体」に!

スリムになる(5)

さらに、アシュタンガヨガには深層筋=インナーマッスルを鍛える効果もあります。インナーマッスルは人体の根幹(コア)を為す筋肉で、表層筋=アウターマッスルだけでなくコアマッスルを鍛えることで見た目はキュッと引き締まり、しかも、ちょっとやそっとじゃリバウンドしない女性らしいボディラインを手に入れることができます。また、インナーマッスルを鍛えることで代謝促進や骨盤矯正など、その他にも様々な恩恵に与ることができます。

スポンサードリンク

アシュタンガヨガダイエットのやり方

アシュタンガヨガでダイエットするには?

アシュタンガヨガダイエット(2)

アシュタンガヨガでダイエットするやり方はとっても簡単で、本やDVDの指示に従ってアシュタンガヨガを毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。ただし、アシュタンガヨガダイエットの効果を最大限に引き出すためには、呼吸を深めながらアシュタンガヨガに取り組む必要があります。また、アシュタンガヨガダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。アシュタンガヨガの基本ルールやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

アシュタンガヨガの8支則

アシュタンガヨガダイエット(3)

アシュタンガとは「8本の枝」を意味する用語であり、あらゆるヨガの基本理念とされています。この基本理念は「ヤマ」「ニヤマ」「アーサナ」「プラーナヤーマ」「プラティヤハーラ」「ダーラナ」「ディヤーナ」「サマーディ」の8支則で成り立っており、これらを意識してヨガに取り組むことで内外ともに自分を磨くことができるとされています。

ヤマ(禁戒・道徳律)

「ヤマ」とはヨガを学ぶ人に課せられた掟のことをいいます。掟には「正直(嘘をつかない)」「不殺生(生き物を傷つけない)」「不盗(盗みをしない)」「禁欲(性欲を抑制する)」「不飲酒(お酒を飲まない)」の5つがあります。これらの掟に従うことは、ヨガを学ぶ上でとても大切なことだといわれています。アシュタンガヨガダイエットに挑みたい方は、ぜひこれらの掟を胸に日々精進するよう心がけましょう。

ニヤマ(為すべきこと)

「ニヤマ」とは自らを向上させるために行うべきことをいいます。このニヤマには「内外の清浄」や「満足」、「苦行」、「学習」、「神への祈念」という5つの行動指針が含まれています。これらの行動指針を意識して日々精進することで、必ずや「新しい自分」や「新しい人間関係」に出会い、人生を豊かにすることができるでしょう。

アーサナ(座法)

「アーサナ」とは安定かつ快適な座り方を探求することをいい、これにより心が安らいだ穏やかな状態になることができるといわれています。また、長時間のデスクワークに従事している方がこのアーサナを探求することで、仕事の生産性を上げることもできるといわれています。

プラーナヤーマ(呼吸)

「プラーナヤーマ」とはゆっくりとした深い呼吸法(あるいは調節法)のことをいいます。また、この呼吸は心や体と繋がっていると考えられており、呼吸の状態が良いほど心身の状態も良好であるとされています。

プラティヤハーラ(感覚の制御)

「プラティヤハーラ」とは日々の生活の中で起こる様々な出来事に対して平常心をもって事を為すことをいいます。欲に囚われることなく、意識を常に自分の内側に向けられるよう日々努力しましょう。

ダーラナ(集中)

「ダーラナ」とは意識を長時間集中させることをいい、この集中力が養われるとオーラが出てくるといわれています。ちなみに、集中力を持続させる方法の一つに、ある一点を4分間見続けるという方法があります。

ディヤーナ(瞑想)

「ディヤーナ」とは雑念を取り払い、無意識下で無心状態になることをいいます。

サマーディ(自己実現・悟り)

「サマーディ」とはあらゆる全てと一体となり、互いが互いを活かし合うことをいいます。また、この境地は生半可な修練では到底辿り着くことができないともいわれています。

アシュタンガヨガの呼吸法

正しい呼吸をする(4)

正しい呼吸法でアシュタンガヨガに取り組まないと、ダイエット効果も半減してしまいます。アシュタンガヨガは正しい呼吸法で行うようにしましょう。呼吸を正しく行うことで、ダイエット効果を最大限に引き出すことができるだけでなく、自律神経の乱れを整えて気持ちをリラックスさせることもできます。ヨガを行うときは「鼻から息を吸って口から息を吐く」のが基本です。また、状況に応じて腹式呼吸や胸式呼吸、片鼻呼吸(ナーディ・ショーダナ)、ウジャイ呼吸、カパラバティ呼吸、シータリー呼吸などに切り替えることで、アシュタンガヨガのダイエット効果をさらにアップさせることもできます。

アシュタンガヨガのシリーズ一覧

アシュタンガヨガダイエット(4)

アシュタンガヨガには合計6つのシリーズがあり、これらを段階を踏んで熟していくことが基本とされています。アシュタンガヨガのシリーズは以下の通りです。

  • ・プライマリー
  • ・インターミディエート
  • ・アドバンスドA
  • ・アドバンスドB
  • ・アドバンスドC
  • ・アドバンスドD

また、このシリーズの内訳にはポーズがそれぞれ20~30種類あり、これらのポーズは順番が決められています。さらに、それらのポーズを繋ぐ動作一つひとつに連動する呼吸の数が決められており、これらすべてを一連の動作で流れるように繋ぎ合わせることではじめてアシュタンガヨガの真の効果を発揮できるとされています。

アシュタンガヨガの前後にストレッチを!

ストレッチをする(1)

アシュタンガヨガの前後にはストレッチも忘れずに行いましょう。アシュタンガヨガを行う前にストレッチをすることで、怪我を未然に防ぐことができます。また、アシュタンガヨガを行った後にストレッチをすることで、筋肉や腱、靭帯、関節が伸びて、疲労や痛みも残りにくくなります。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部位から順番にゆっくりと伸ばしましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐きます。この口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間をかけてゆっくりと伸ばすとより効果的です。

アシュタンガヨガダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(6)

アシュタンガヨガはマラソンやランニング、サイクリングなどと比べると運動量が少なく負荷も小さいので、すぐには効果を実感できないかもしれません。アシュタンガヨガダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたもアシュタンガヨガのダイエット効果を必ず実感できるかと思います。

水分補給も忘れずに!

水分を補給する(9)

アシュタンガヨガの前後には水分補給も忘れずに行いましょう。水分が不足すると、運動時に脱水症や熱中症を引き起こし、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。運動時の水分補給はとても大切です。アシュタンガヨガを行うときは、水分補給も忘れずに行いましょう。

まとめ

アシュタンガヨガはヨガの基本理念とされる”アシュタンガ”を取り入れながらゆったりとした動きで脂肪を少しずつ燃焼して全身をゆっくりと引き締めていくのに最適な運動です。また、アシュタンガヨガは代謝アップやデトックス、骨盤矯正、リラックス効果も期待できる運動法であり、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果覿面です。アシュタンガヨガでダイエットするやり方はとっても簡単で、本やDVDの指示に従ってアシュタンガヨガを毎日一通り(1日20分以上)行うだけでOKです。ただし、何度も言うようですが、アシュタンガヨガダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「アシュタンガヨガダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP