〇〇ダイエット情報部

エアロビクスダイエットの効果ややり方、口コミを徹底紹介!

エアロビクスダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【エアロビクスダイエット】見るに忍びない「ひょうたん型体型」にお悩みではありませんか?これまで数多のダイエットを沢山試してきたけれども、好ましい結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「脂肪燃焼効率の悪さ」が原因かもしれません。脂肪燃焼効率が悪いと、いくらきつい運動やツライ食事制限を続けても、脂肪や体重を十分に落とすことができず、なかなか痩せることもできません。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「エアロビクスダイエット」です。今回はそんなエアロビクスダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

エアロビクスダイエットとは?

エアロビクスダイエット(1)

「エアロビクスダイエット」とは、リズミカルな運動によって心肺機能を活発にし、酸素消費量を増大させて、脂肪を効率よく燃焼させていくダイエット法です。エアロビクスは脂肪を効率よく燃焼させるのに最適な運動であり、酸素を体内にたっぷりと取り込みながら体をリズミカルに動かすことで血液やリンパの流れを良くし、基礎代謝をぐんぐん上げて、脂肪を燃えやすくすることができます。また、エアロビクスにはストレスを発散する効果もあり、ダイエット中にストレスを溜め過ぎてやけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまうのも未然に防ぐことができます。エアロビクスでダイエットするやり方はとっても簡単で、エアロビクスを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、エアロビクスダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

エアロビクスの消費カロリーは?

運動による消費カロリーの計算には、「METs」という(運動強度の)単位を使います。METsとは「安静時を『1』とした時に、その運動が何倍のエネルギーを消費するかを(運動強度として)示したもの」です。エアロビクスのMETsは『5~10(同じエアロビクスでもその運動にかかる『労力』によってMETsの値は異なる)』であり、これを「消費カロリー=METs×運動時間(h)体重(kg)×1.05」の計算式に当てはめると、(体重を50kgとした場合に)エアロビクスの消費カロリーが1時間で約262.5~525kcalになることが分かります。下にMETsを使ったエアロビクスの消費カロリーの計算ツールを用意したので、ぜひ一度、あなたのエアロビクスの消費カロリーを計算してみてください。

 

これらのことからもわかるように、エアロビクスの消費カロリーは、あなたの体重や運動時間、運動強度によって異なります。なので、エアロビクスでダイエットする時は、あなたの体重や目標に合わせて運動時間や運動強度を設定するようにしましょう。

エアロビクスダイエットの評価は?

エアロビクスダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: B  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 2.7
  • 即効性: 2.4
  • コスパ: 3.0
  • エネルギー消費: 2.8
  • 口コミ評価: 4.5

エアロビクスダイエットはネットでの評価が非常に高いダイエット法です。また、エアロビクスダイエットは安価で取り組めるので、あまりお金をかけたくない方にもオススメです。このように、エアロビクスダイエットを一度試してみる価値は十分にあるので、もしできるだけ多くの人の意見を参考にしたいのであれば、ぜひ一度、エアロビクスダイエットにチャレンジしてみてください!

エアロビクスダイエットの口コミは?

口コミ(8)

ネット上で「エアロビクスダイエットを実践してみた」「エアロビクスダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

エアロビクスダイエットを1カ月続けて体重が5kgも落ちました。個人的に、引き締めたい部分を意識しながらやると効果的だと分かりました。痩せていた頃の写真を励みにこれからも頑張って続けていきます。

先々週末からエアロビクスを始めて、毎日やるのが多少面倒臭くなってきましたが、みなさんの口コミを頼りにしながら何とか頑張って続けています。とりあえず1か月間続けてみて、体重-6kg減、体脂肪率-7%減を目指します。

先月からエアロビクスを始めて、とりあえず5キロ痩せました!一応、エアロビクスは3ヵ月くらい続ける予定なので、それまでにもうあと5キロ痩せたいです!

昨夏からエアロビクスやってます。エアロビクスをやると体がぽかぽかになって運動後には汗すごい出ます!エアロビクスはテレビを観たり音楽を聴いたりしながら行うと長続きできる気がします! 個人的には、すっごくオススメです^-^

※エアロビクスダイエットの口コミをまだまだ募集しております。エアロビクスダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

エアロビクスダイエットの体験談

エアロビクスダイエット体験談

今回は、以前から興味があった「エアロビクスダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.3 kg、体脂肪率が21.0 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日エアロビクスを20分以上行うというもの。また、エアロビクスを行う時は、運動前にアルコールを摂取しないように十分に気をつけていました。

すると、ほんの少しずつですが、頑固な脂肪も落ちて、見た目もほんのちょっぴりスッキリしたんです。さらに、エアロビクスダイエットを始めて数日が経つと、イライラやストレスも少しずつなくなり、暴飲暴食ややけ食いも心なしか抑えられるようになりました。それから1週間後、エアロビクスダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-1.4kg、体脂肪率が-2%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、エアロビクスダイエットを終えてからというもの、見た目もすっかりスッキリしました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、エアロビクスダイエットは無理なく楽しく痩せられるダイエットだったように思います。

エアロビクスダイエットの効果とは?

エアロビクスは脂肪燃焼に最適!

脂肪を燃焼する(5)

エアロビクスは酸素を体内に取り込みながら低度あるいは中等度の負荷を掛けて行う運動=有酸素運動です。この酸素が体内に取り込まれると、クエン酸回路やエネルギー産生が活性化し、脂質や糖質、タンパク質のエネルギー代謝も活発になります。つまり、エアロビクスは脂肪を効率よく燃焼させるのに最適な運動なのです。また、ヒトは有酸素運動を行うと、まず血中のブドウ糖をエネルギーとして消費します。このブドウ糖が不足すると、今度は体内の脂肪をエネルギーとして消費し始めます。つまり、そういった意味でも、エアロビクスは体内に溜まる余分な脂肪を効率よく燃焼させるのに最適な運動なのです。

エアロビクスで持久力もアップ!

エアロビクスダイエット(2)

また、エアロビクスには呼吸機能や循環機能を高める効果もあります。これらの機能が高まると、呼吸も深くなり、心臓も強くなるので、持久力も徐々に高まっていきます。また、持久力がつくと、ちょっとやそっとじゃ疲れにくくなり、日々の運動量も少しづつ増えてくるので、ダイエットの効率もグンっとアップします。さらに、呼吸機能や循環機能が高まることで、体内に取り込まれる酸素の量も次第に増えていき、血液も体の隅々まで行き渡るようになるので、代謝もぐんぐん上がって脂肪も燃えやすくなります。

ストレスを発散しながら楽しくダイエットできる!

ストレスを解消する(3)

これまでエアロビクスのメリットを数々と列挙してきましたが、最大のメリットは何といっても「楽しくダイエットができる」ことでしょう。ストレスはダイエットの大敵です。ダイエット期間中にこのストレスが溜まってしまうと、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食に走ってしまい、ダイエットどころか、逆に太る原因になりかねません。また、ストレスは身体的にも精神的にも悪影響であり、最悪の場合、ストレスの溜め込み過ぎで体調を崩してしまう恐れだってあります。しかし、エアロビクスはリズムに合わせて体全体を大きく動かしながら、ストレスを発散させて楽しくダイエットできるので、それらの症状にも陥りにくく、ダイエットも成功させやすいです。

スポンサードリンク

エアロビクスダイエットのやり方

エアロビクスを1日20分以上行おう!

エアロビクスダイエット(3)

エアロビクスでダイエットするやり方はとっても簡単で、エアロビクスを1日20分以上行うだけでOKです。ただし、エアロビクスダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。エアロビクスのおすすめレッスンやワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

エアロビクス前にはストレッチも忘れずに!

ストレッチをする(5)

エアロビクスの前後にはストレッチも忘れずに行いましょう。エアロビクスの前後にストレッチをしっかりと行うことで、怪我を未然に防ぐことができるだけでなく、疲労や痛みを残りにくくさせることができます。ストレッチの目安は10~15分程度です。手足や足先など心臓から遠い部分から順番にゆっくりと伸ばしていきましょう。また、ストレッチを行うときは、鼻から息を吸って口から息を吐くようにします。口から息を吐くときに、筋肉や腱、靭帯、関節を時間を掛けてゆっくりと伸ばすことで、ストレッチ効果をさらにアップさせることができます。

エアロビクスダイエットの注意点

エアロビクス前の水分補給も忘れずに!

水分を補給する(3)

エアロビクスを行う前後にはストレッチも忘れずに行いましょう。ヒトは体内の水分が不足すると、運動時に脱水症や熱中症を引き起こしてしまい、これらが引き金となって脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまう危険性もあります。つまり、運動時に水分をこまめに補給することで、より健康的にダイエットすることができるのです。また、エアロビクスを行う前に、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」や「カフェイン」、卵や乳製品、レバー、甘酒などに含まれる「ビタミンB2」を摂取することで、脂肪燃焼効果を高めて、有酸素運動の効率をグンっとアップさせることもできます。いずれにせよ、運動時の水分補給はとても大切なことです。エアロビクスを行うときは、水分補給も忘れずに行いましょう。

エアロビクス前のアルコール摂取は厳禁!

飲酒を控える(5)

エアロビクスのような運動の直前にアルコールを摂取してしまうのは非常に危険です。というのも、エアロビクスのような全身を激しく動かす運動を行う前にアルコールを摂取してしまうと、全身にアルコールが回りやすくなってしまい、血液の循環が急激に促進されて、頭痛や吐き気、めまいを引き起こしてしまう恐れがあるからです。また、アルコールの作用により関節を痛めてしまう恐れもあり、アルコールを摂取したことによって怪我のリスクも無駄に高めてしまいます。アルコールを摂取した直後は、絶対にエアロビクスを行わないようにしましょう。

まとめ

エアロビクスは脂肪を効率よく燃焼するのに最適な運動であり、酸素を体内にたっぷりと取り込みながら体をリズミカルに動かすことで血液やリンパの流れを良くし、基礎代謝をぐんぐん上げて、脂肪を燃えやすくすることができます。また、エアロビクスはストレスを発散しながら楽しくダイエットできるので、ダイエット中にストレスが溜まり過ぎることもなく、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食も未然に防ぐことができます。エアロビクスでダイエットするやり方はとっても簡単で、エアロビクスを1日20分以上行うだけでOKです。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「エアロビクスダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP