〇〇ダイエット情報部

30秒ドローイングダイエットの効果や成功のコツを徹底紹介!

30秒ドローイングダイエットアイキャッチ
スポンサードリンク

【30秒ドローイングダイエット】どうしても太りやすい体質にお悩みではありませんか?これまで色々なダイエットを試してきたけれども、満足のいく結果を得ることができなかった―――――。もしかすると、それは「インナーマッスルの弱さ」が原因かもしれません。インナーマッスルが弱っていると、姿勢を正しく保つことができなくなり、骨盤も少しずつ歪んでいって、より痩せにくい身体に変わってしまいます。また、骨盤が歪んでいると、血液やリンパの流れも悪くなり、最悪の場合、腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。そんなお悩みをお持ちのアナタにオススメしたいダイエット法が「30秒ドローイングダイエット」です。今回はそんな30秒ドローイングダイエットの魅力をたっぷりとご紹介いたします。

30秒ドローイングダイエットとは?

30秒ドローイングダイエット(1)

「30秒ドローイングダイエット」とは、腹式呼吸を意識しながらお腹を凹ませて、その状態を30秒間キープすることでインナーマッスルを鍛えるダイエット法です。30秒ドローイングは、とくにお腹まわりを締めるコルセットのような筋肉群を鍛えるのに最適な運動法であり、腹式呼吸を意識しながらお腹を30秒間凹ませることで、ウエストを効率よく引き締めることができます。また、30秒ドローイングは時間や場所に縛られることもなく、誰でも気軽に実践できます。30秒ドローイングでダイエットするやり方はとっても簡単で、30秒ドローイングを1日10回×2セット行うだけでOKです。ただし、30秒ドローイングダイエットにはいくつか注意点もあるので、ここでしっかりとおさえていきましょう。

30秒ドローイングダイエットの評価は?

30秒ドローイングダイエットレーダーチャート

  • 【総合評価: C  】
  • 手軽さ・続けやすさ: 3.8
  • 即効性: 0.1
  • コスパ: 5.0
  • エネルギー消費: 0.1
  • 口コミ評価: 4.2

30秒ドローイングダイエットは非常に安価で取り組めるだけでなく、「口コミ評価」にも優れているダイエット法です。また、30秒ドローイングダイエットは手軽で続けやすいので、なかなか時間が取れない方にもオススメです。ただし、30秒ドローイングダイエットは3か月ほど続けないと効果を実感できないかもしれません。また、30秒ドローイングダイエットは「エネルギー消費」もやや劣り気味なので、消費カロリーを重視したい方には不向きなダイエット法かもしれません。が、30秒ドローイングダイエットを一度試してみる価値は十分にあると思います。もし時間をかけてじっくりと効果を実感したかったり、「消費カロリー」よりも「ダイエット効果そのもの」を重視したいのであれば、ぜひ一度、30秒ドローイングダイエットにチャレンジしてみてください!

30秒ドローイングダイエットの口コミは?

口コミ(2)

ネット上で「30秒ドローイングダイエットを実践してみた」「30秒ドローイングダイエットで本当に痩せた」とつぶやかれている方々の口コミを集めてみました。

毎日2セット30秒ドローイングしています。朝体重計で体重を計ってみると、好きな物なんて全然我慢してないのに、1週間で2キロ近くも体重が減っているときがあります。ちなみに、30秒ドローイングを1カ月続けて4キロ痩せることができました。30秒ドローイングダイエット、すっごくオススメです!

できるだけ早めに起きて、バイトや学校に行く前に30秒ドローイングしています。30秒ドローイングを始めてウエストが少しずつ引き締まってきた気がします。30秒ドローイングはお気に入りのダイエット法です (*・v・*)ヾ

ダイエットに30秒ドローイングを取り入れるようになって10日目、お尻が大分引き締まってきて、ウエストもだんだん細くなってきました。あと、以前は便秘に悩まされていたのですが、少し解消したような気がします。30秒ドローイングは過度なトレーニングも必要としないので、ダイエットも長続きさせやすいです☆

30秒ドローイングはとても簡単なのですが、着々と痩せてきているような気がします。体重は49kg→47kgまで落ちました。テレビを観たり音楽を聴いたりしながら30秒ドローイングすると、楽しく続けることができるかもしれません。

※30秒ドローイングダイエットの口コミをまだまだ募集しております。30秒ドローイングダイエットの体験談や成功談をお聞かせいただける場合は、「お問い合わせ」ページをご利用ください。皆様からの口コミを心よりお待ちしております。

30秒ドローイングダイエットの体験談

30秒ドローイングダイエット体験談

今回は、読者からのリクエストが多かった「30秒ドローイングダイエット」に1週間だけ挑戦してみました。ちなみに、私はこの時、体重が69.2 kg、体脂肪率が20.8 %もありました。チャレンジ内容はいたってシンプルで、毎日30秒ドローイングを10回×2セット行うというもの。また、30秒ドローイングを行う時は、「正しい姿勢」を常に意識するよう心がけていました。

すると、ほんの少しずつですが、お腹に筋肉もついてきて、ウエストもほんのちょっぴり引き締まったんです。さらに、30秒ドローイングダイエットを始めて数日が経つと、猫背も少しずつ改善し、姿勢も心なしか良くなりました。それから1週間後、30秒ドローイングダイエットを終えて改めて体重計に乗ってみると、なんと体重が-0.4kg、体脂肪率が-0.6%も減っていました(意識的に痩せた感も否めませんが…)。おまけに、30秒ドローイングダイエットを終えてからというもの、ウエストもすっかり(キュッと)引き締まりました。今回の1週間チャレンジを改めて振り返ってみると、30秒ドローイングダイエットは無理なく楽しく痩せられるダイエットだったように思います。

30秒ドローイングダイエットの効果とは?

誰でもいつでもどこでも気軽にできる!

30秒ドローイングダイエット(2)

30秒ドローイングの最大のメリットは「時間を全く取らない」ことです。30秒ドローイングは通勤や通学、買い物などのちょっとした時間を有効活用するだけで実践できます。また、30秒ドローイングは運動の得意不得意に関係なく、誰もが気軽に実践できるダイエット法です。たった30秒間お腹を凹ませるだけでOKなので、腕立てや腹筋が全くできない方でも時間や場所に縛られず気軽に実践できるのも30秒ドローイングのメリットのひとつといえるでしょう。

30秒ドローイングはウエストの引き締めに効果抜群!

ウエストを引き締める(7)

30秒ドローイングはウエストの引き締めに効果的なダイエット法です。とくに、30秒ドローイングを行うことで腹直筋や腹斜筋、腹横筋をはじめ、脊柱起立筋や腸腰筋など、ウエストを締めるコルセットのような筋肉群を多岐に渡って効率よく鍛えることができます。また、この30秒ドローイングには即効性もあり、数日間続けるだけでもウエストの引き締め効果を目に見えて実感できます。このように、30秒ドローイングは短期集中でダイエットがしたい方にもオススメのダイエット法です。

ウエスト周りの筋肉を鍛えて「痩せやすい身体」に!

スリムになる(3)

前述したように、30秒ドローイングは腹直筋や腹斜筋、腹横筋などウエスト周りの筋肉を鍛えるのに効果的なダイエット法です。これらの大きな筋肉が鍛えられることで、血液やリンパの巡りも良くなり、基礎代謝もぐんぐん上がっていきます。基礎代謝が上がれば脂肪も燃えやすくなり、徐々に「痩せやすい身体」に変わっていきます。このように、30秒ドローイングはウエスト周りの筋肉を鍛えて「痩せやすい身体」を作り上げていくのに最適なダイエット法なのです。

30秒ドローイングで姿勢も良くなる!

姿勢を良くする(3)

何度も言うように、30秒ドローイングはお腹まわりのコルセットのような筋肉群をバランスよく鍛えるのに最適なダイエット法です。このコルセットのような筋肉群がバランスよく鍛えられることで、姿勢もみるみる美しくなっていきます。猫背にお悩みの方は、今日からでも30秒ドローイングを始めてみてはいかがでしょうか。

30秒ドローイングには他にも…

30秒ドローイングダイエット(3)

また、30秒ドローイングには骨盤の歪みを矯正し内臓下垂を改善する効果もあります。例えば、骨盤が歪むと、内臓が本来あるべき位置から下に垂れてしまい、臓器の下に位置する腸が押し潰されて炎症を引き起こしてしまいます。つまり、内臓下垂によって腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。また、骨盤が歪むと、血液やリンパの流れも滞り、十分な血液(あるいは血液中の酸素や栄養)を体の隅々まで送ることができなくなってしまいます。さらに、血液やリンパの流れが滞ると、筋肉も凝り固まり、最悪の場合、むくみや冷え性、生理痛、さらには腰痛や肩こり、下半身太りの原因にもなってしまいます。これらの症状はウエスト周りの筋肉を鍛えて姿勢を矯正することで解消できます。このように、30秒ドローイングは便秘やむくみ、冷え性、生理痛の解消にも最適なダイエット法なのです。

スポンサードリンク

30秒ドローイングダイエットのやり方

30秒ドローイングでダイエットするには?

30秒ドローイングダイエット(4)

30秒ドローイングでダイエットするやり方はとっても簡単で、30秒ドローイングを1日10回×2セット行うだけでOKです。ただし、30秒ドローイングダイエットの効果を最大限に引き出すためには、30秒ドローイングを正しい姿勢で行う必要があります。また、30秒ドローイングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3か月以上は根気よく続けるようにしましょう。30秒ドローイングの基本やワンポイントアドバイスについては下記をご参照ください。

30秒ドローイングの基本姿勢

30秒ドローイングダイエット(5)

30秒ドローイングのダイエット効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を意識してダイエットに取り組む必要があります。なぜなら、正しい姿勢で30秒ドローイングに取り組むことで、酸素を体内にしっかりと取り入れながら引き締めたい部分にキュッと力を入れることができるからです。とくに、以下の点に十分に注意して30秒ドローイングダイエットに取り組んでください。

  • ・背筋を伸ばして姿勢を正す
  • ・胸を少し張る
  • ・左右の肩甲骨を中央に寄せるように肩を引く
  • ・顎を軽く引く
  • ・お尻をキュッと締めて「えくぼ」をつくる
  • ・丹田(へその下三寸)に力を入れる
  • ・足を前後に交差させる(右足の土踏まずを左足のかかとに合わせる)
  • ・後ろ足に重心をかける(前足:後ろ足=10%:90%)

もし、なかなかダイエット効果を実感できない時は、基本姿勢が崩れてしまっている可能性が高いです。以上に挙げた点をひとつひとつ確認しながら姿勢を修正していきましょう。姿勢を正してダイエットに取り組めば、必ず30秒ドローイングのダイエット効果を実感できるかと思います。

30秒ドローイングの基本手順

30秒ドローイングダイエット(6)

こちらは最も基本的な「30秒ドローイング」のひとつです。この30秒ドローイングを行うときに「どの部分を引き締めたいのか」をしっかりと意識することで、引き締めたい部分をきちんと引き締めることができます。はじめは焦らずにひとつひとつの動作を確認しながら、引き締めたいパーツをしっかりと意識して、ゆっくりと30秒ドローイングに取り組むようにしましょう。30秒ドローイングの基本手順は以下の通りです。

  1. お腹に空気を溜め込むイメージで大きく息を吸う
  2. 一旦息を止めて、1で溜め込んだ酸素が体中を巡るのをイメージする
  3. 膨らませたお腹を凹ませるように、溜め込んだ空気をお腹から絞り出す
  4. 空気をお腹から絞り出し切ったら、凹ませた状態を30秒間キープする

以上が30秒ドローイングの基本です。1~4×10回を1セットとして、最低でも1日2セットは行うようにしましょう。早い人だと10日目にはウエストの引き締め効果を目に見えて実感できるかと思います。ただし、30秒ドローイングのダイエット効果を最大限に引き出すためには、30秒ドローイングを正しい姿勢で行う必要があります。以上のポイントを意識しながら正しい姿勢で30秒ドローイングに取り組みましょう。

有酸素運動もしっかりと行おう!

適度な運動をする(7)

残念ながら、30秒ドローイングだけでは脂肪を効率よく燃焼させることができません。ダイエットにおいて30秒ドローイングが決して無意味なわけではないのですが、30秒ドローイングはあくまでウエストを引き締めたり、代謝を上げて痩せやすい身体を作るための一手段に過ぎません。30秒ドローイングのダイエット効果を最大限に引き出すためには、30秒ドローイングと並行してウォーキングやランニングなどの有酸素運動もしっかりと行う必要があります。30秒ドローイングと並行して有酸素運動を行うことで、体内の脂肪をエネルギーとして消費して、脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。30秒ドローイングダイエットを実践するときは、有酸素運動もしっかりと行うようにしましょう。

30秒ドローイングダイエットの注意点

すぐには痩せられない!?

注意を喚起する(5)

30秒ドローイングはマラソンやランニング、サイクリングなどと比べると運動量が少なく負荷も小さいので、すぐには効果を実感できないかもしれません。30秒ドローイングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。根気よく続ければ、あなたも30秒ドローイングのダイエット効果を必ず実感できるかと思います。

食べ過ぎに注意しよう!

食べ過ぎに注意する(1)

いくら30秒ドローイングがダイエットに効果的だからといって、やけ食いやストレス食い、過食、暴飲暴食を続けてしまうと消費カロリーが摂取カロリーを一向に超えないためダイエットになりません。30秒ドローイングダイエットを実践するときは、食べ過ぎにも十分に注意しましょう。

30秒ドローイングダイエットのメニュー

「30秒ドローイング(基本)」

  1. 背筋をまっすぐに伸ばし、左右の肩甲骨を寄せるように肩を引いて、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  2. お腹に酸素を溜め込むイメージで、鼻から息を大きく吸う。
  3. 息を止めてお尻の穴をキュッと締め、吸った酸素を体中にぐるぐると巡らせるイメージをする。
  4. 口から息を吐きながら、膨らませたお腹をへそ(丹田)を中心にゆっくりと凹ませていく。
  5. お腹から空気をすべて絞り出したら、そのお腹を凹ませた状態を30秒間キープする。
  6. 2~5を10回×2,3セット繰り返す。

「座りながら30秒ドローイング」

  1. 椅子に浅く腰かける。
  2. 背筋をまっすぐに伸ばし、左右の肩甲骨を寄せるように肩を引いて、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  3. お腹に酸素を溜め込むイメージで、鼻から息を大きく吸う。
  4. 息を止めてお尻の穴をキュッと締め、吸った酸素を体中にぐるぐると巡らせるイメージをする。
  5. 口から息を吐きながら、膨らませたお腹をへそ(丹田)を中心にゆっくりと凹ませていく。
  6. お腹から空気をすべて絞り出したら、そのお腹を凹ませた状態を30秒間キープする。
  7. 2~5を10回×2,3セット繰り返す。

「寝ながら30秒ドローイング」

  1. 床に仰向けになる。
  2. 背筋をまっすぐに伸ばし、左右の肩甲骨を寄せるように肩を引いて、お腹とお尻にキュッと力を入れる。
  3. 息を止めてお尻の穴をキュッと締め、吸った酸素を体中にぐるぐると巡らせるイメージをする。
  4. お腹に酸素を溜め込むイメージで、鼻から息を大きく吸う。
  5. 口から息を吐きながら、膨らませたお腹をへそ(丹田)を中心にゆっくりと凹ませていく。
  6. お腹から空気をすべて絞り出したら、そのお腹を凹ませた状態を30秒間キープする。
  7. 3~6を10回×2,3セット繰り返す。

まとめ

30秒ドローイングはお腹まわりの深層筋を鍛えるのに最適な運動であり、この深層筋を鍛えることで、基礎代謝をぐんぐん上げて、体脂肪を燃えやすくすることができます。また、30秒ドローイングは時間や場所を気にせずに実践できるのもメリットのひとつと言えます。30秒ドローイングでダイエットするやり方はとっても簡単で、30秒ドローイングを1日10回×2セット行うだけでOKです。ただし、何度も言うようですが、30秒ドローイングダイエットは決して即効性のあるダイエットではないので、最低でも3ヵ月以上は根気よく続けるようにしましょう。今回の記事を読んでいただいて少しでもこの「30秒ドローイングダイエット」に興味があるという方はぜひ一度試してみてください。

スポンサードリンク

〇〇ダイエット情報部を応援しよう!

〇〇ダイエット情報部はブログランキングに参加しています。もし宜しければ、下記の応援ボタンを1日1回ずつクリックして下さい。あなたの応援クリックが当ブログ運営の励みになります!


▲TOP